« (有)幹栄運輸[今金町] | トップページ | (有)早坂商店[陸別町] »

2013年1月 7日 (月)

(株)ティー・エム・ティー・シー[札幌市]

民事再生法申請準備に

ティーエムティーシー(札幌市豊平区西岡2条5丁目3の8)は7日、市川茂樹弁護士(札幌市中央区北5条西12丁目12の2)を代理人として民事再生法の申請準備に入った。東京商工リサーチ北海道支社によると、負債総額は約7億円。

同社は1985年設立の土木建築資材製造業者。アンカーボルト、ロックボルトなどの金属製資材の製造を主力とし、ピークとなった2000年3月期には7億7113万円の売上高を計上していた。

しかし公共事業の減少で売り上げが減少。製缶加工を開始した売り上げ維持に努めるも、11年同期の売上高は3億8732万円にとどまっていた。採算面も低調で借り入れに依存した資金繰りが続いていた。

こうした中、主要取引先だった北海鋼材が4日に事業停止し破産申請準備に入ったことで、自力での再建は困難と判断。法的手続きによる再建を図ることになったという。

北海道建設新聞
2013/01/09
http://e-kensin.net/

 

民事再生法申請

ティーエムティーシー(札幌市豊平区西岡2条5丁目3の8)は21日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請した。東京商工リサーチ北海道支社によると、負債額は約4億7000万円。申請代理人は市川茂樹弁護士(札幌市中央区北5条西12丁目12の2)。自己破産した北海鋼材(本社・札幌)の連鎖倒産となる。

同社は1985年設立の土木建築資材メーカー。アンカーボルトやロックボルトなどの各種ボルト、港湾・海岸・河川用連結金具など金属製資材を主力に資材卸売業者に販売していた。2000年3月期の売上高は7億7113万円あった。

しかし公共事業の減少から売り上げが後退し、製缶加工も開始したが、11年同期は3億8732万円まで落ち込んでいた。民間工事への営業強化で12年同期は6億592万円にまで回復したが、主要取引先の北海鋼材が4日に自己破産の準備に入ったことで自力での再建が困難となった。

北海道建設新聞
2013/01/22
http://e-kensin.net/

« (有)幹栄運輸[今金町] | トップページ | (有)早坂商店[陸別町] »

0050 札幌市豊平区」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/49516237

この記事へのトラックバック一覧です: (株)ティー・エム・ティー・シー[札幌市]:

« (有)幹栄運輸[今金町] | トップページ | (有)早坂商店[陸別町] »