« (有)多津美寿し[札幌市] | トップページ | (株)パトス[札幌市] »

2012年4月 2日 (月)

(有)オークラ[白老町]

オークラスパランド閉鎖 震災の影響、関係者に動揺 白老

白老町竹浦で温泉宿泊施設「オークラスパランド」を経営するオークラ(同町竹浦、資本金900万円、従業員16人)が2日付で事業停止し、自己破産を申請する見通しであることが帝国データバンク苫小牧支店の調べで分かった。負債総額は1億3500万円。虎杖浜温泉で有数の規模を誇る同施設の閉鎖に、関係者の間では動揺が広がっている。

同社は2002年7月、前経営者から同施設の運営を継承。和洋10の客室や露天風呂、ウオータースライダー付き25メートルプールを備え、家族連れを中心に人気を集めたほか、温泉とプールが格安利用できる年会員制度「スパメイト」で固定客を獲得。ピーク時の06年5月期には年間売上高1億8000万円を記録した。だが、近年は築20年を経過した施設の老朽化や同業者との競合などで客足が伸び悩み、東日本大震災以降は予約客が激減。11年5月期の売上高は1億3600万円にまで落ち込んだ。

2日、同ホテルの正面玄関には「臨時休業」の張り紙が掲げられた。関係者によると、1日までは通常営業していたという。オークラを含め、8社が加盟する虎杖浜温泉郷旅館組合の平間但組合長は「(スパランドは)国道沿いで虎杖浜温泉の入り口にあり、温泉街の顔だった。寂しい限り」と無念さをにじませた。同組合には、スパランドの従業員から「雇ってほしい」との問い合わせが寄せられているというが、平間組合長は「どの施設もぎりぎりの状態で営業している」と、受け皿の確保は厳しいとの見通しを示した。

近隣の物産店の関係者は「ホテルが一つ無くなることは、自分たちにとっても影響は大きい」と話し、別の宿泊施設の経営者は「個々の経営努力ではもう限界。まちぐるみで戦略を練っていかなくては次の倒産がいつ出てもおかしくない」と危機感をあらわにした。

苫小牧民報
2012/04/03
http://www.tomamin.co.jp/

 

破産手続開始(平成24年(フ)第54号)

(有)オークラ(白老郡白老町字竹浦112番地1)は4月13日、札幌地裁室蘭支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は開本英幸弁護士(札幌市中央区南1条西12丁目 新永ビル6階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成24年6月27日午前11時。

2012/04/27
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部破産係)

オークラスパランド
(写真)オークラスパランド(同社HPより)

« (有)多津美寿し[札幌市] | トップページ | (株)パトス[札幌市] »

06 胆振」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/44737406

この記事へのトラックバック一覧です: (有)オークラ[白老町]:

« (有)多津美寿し[札幌市] | トップページ | (株)パトス[札幌市] »