« (株)ヒオキ[帯広市] | トップページ | (株)銀泉閣[上川町] »

2011年8月30日 (火)

田島工業(株)[旭川市]

田島工業が事業停止

田島工業(旭川市永山町7丁目2の22)は8月30日、事業を停止し、千葉健夫、小田嶋真悟両弁護士を代理人として破産の申し立て準備に入った。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債額は2010年12月期で9億9000万円。

同社は、1953年9月創業の田島工業所が前身で、従業員は46人。鉄骨加工や産業機械や車両、水門製造で事業を拡大。02年にはグループの田島マテリアル、田島マシナリーの3社を合併した。

鉄骨性能評価で道内最上位に位置する「Hグレード」の一画を占める。高付加価値の加工技術を得意とし、札幌ドームやJR旭川駅の四叉柱、旭山動物園園舎のほか、道外でも高度な加工を必要とする物件を多く手掛けてきた。

直近3年の売上高は10―12億円。設備投資の低迷などを背景に、09年同期は7億8000万円の特別損失を計上。再建を図っていた。

31日、告示書が張り出された同社に社員の姿はなく、加工場には仕掛かり鋼材が残されたままだった。旭川市は、従業員の雇用対策に向けて関係機関と連携した体制づくりを開始。佐々木恵一経済観光部長は、旭山動物園園舎など「メンテナンスなども含め、技術継承が今後の課題」とコメントした。

道内の鉄骨加工業関係者は「業界全体が需要の激減から過当競争にあり、加工費の低迷が著しい」と窮状を説き、同社について「高付加価値の案件に特化して再建を進めていた様子。加工の利幅が少ない中、とりわけ厳しい状況だったのでは」と話している。

北海道建設新聞
2011/09/01
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成23年(フ)第396号)

田島工業(株)(旭川市永山町6丁目9番地の5)は10月17日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は成川毅弁護士(旭川市3条通11丁目2229-19)。

破産債権の届出期間は平成23年11月18日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成24年1月25日午後2時30分。

2011/10/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

« (株)ヒオキ[帯広市] | トップページ | (株)銀泉閣[上川町] »

08 上川」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/41557337

この記事へのトラックバック一覧です: 田島工業(株)[旭川市]:

« (株)ヒオキ[帯広市] | トップページ | (株)銀泉閣[上川町] »