« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

(株)徳川[赤平市]

破産手続開始(平成23年(フ)第12294号)

(株)徳川(赤平市幌岡町174番地)は8月31日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は渥美央二郎弁護士(紀尾井町法律事務所、東京都千代田区二番町9-8 中労基協ビル3階)。

破産債権の届出期間は平成23年9月28日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月25日午後2時30分。

2011/09/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(東京地方裁判所民事第20部)

 

最北の城「徳川」破産 赤平 負債は数億円超

【赤平】赤平市で観光施設を兼ねた節句人形製造工場「徳川城」を運営する「徳川」(赤平)が東京地裁から破産開始決定を受けたことが分かった。

東京商工リサーチ旭川支店によると、決定は8月31日付。負債額は少なくとも数億円に上るという。

同社は1990年、東京都の節句人形メーカー松沢よろい店が人形の組み立て製造を行うために設立。91年に完成した高さ30メートルの徳川城は国道38号沿いにあり、工場のほか展示場や食堂を備え、「日本最北の城」としてマチのシンボルの一つにもなっていた。

ただ、業績の伸び悩みや同社の社長の死去に伴い、2007年秋から休業していた。

北海道新聞(空知圏)
2011/09/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)岩見沢つぼ八[岩見沢市]

事業を停止し店舗を閉鎖

居酒屋経営の岩見沢つぼ八(岩見沢市日の出北4丁目2番22号)は8月31日に店舗を閉鎖し、取引先に対し支払不能である旨の通知を行い、行き詰まりが明らかになった。東京商工リサーチによると、負債総額は2010年10月期時点で約4億円。

同社は昭和55年7月に設立。岩見沢市、苫小牧市につぼ八のフランチャイザーとして店舗を運営していた。ピークとなる平成10年10月期の売上高は3億5000万円を計上したものの、設備投資負担から資金繰りは悪化。同業者との競合激化から減収傾向となり19年12月に岩見沢の店舗を閉鎖。22年同期の売上高は9100万円まで落ち込み赤字を計上。さらに23年1月には岩見沢本店が差押を受けるなど資金繰りは限界に達し、苫小牧市の「つぼ八日新町店」を閉鎖したことで今回の措置となったという。

2011/10/17
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

(株)銀泉閣[上川町]

事後処理を弁護士に一任

温泉旅館経営の銀泉閣(上川郡上川町層雲峡)は8月31日までに事後処理を金子利治弁護士(旭川市2条通9丁目)に一任した。東京商工リサーチによると、負債総額は約3億円で、今後は任意整理の意向。

同社は1955年創業、56年の設立。層雲峡温泉で36室の温泉旅館「湯元銀泉閣」を経営し相応の集客があったが、最近は低調で厳しい運営を強いられていた。こうした中、10年4月には旅館が競売となり翌年3月にブリーズベイホテル(横浜)が取得。4月からは同グループによる運営となっている。

2011/09/26
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

2011年8月30日 (火)

田島工業(株)[旭川市]

田島工業が事業停止

田島工業(旭川市永山町7丁目2の22)は8月30日、事業を停止し、千葉健夫、小田嶋真悟両弁護士を代理人として破産の申し立て準備に入った。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債額は2010年12月期で9億9000万円。

同社は、1953年9月創業の田島工業所が前身で、従業員は46人。鉄骨加工や産業機械や車両、水門製造で事業を拡大。02年にはグループの田島マテリアル、田島マシナリーの3社を合併した。

鉄骨性能評価で道内最上位に位置する「Hグレード」の一画を占める。高付加価値の加工技術を得意とし、札幌ドームやJR旭川駅の四叉柱、旭山動物園園舎のほか、道外でも高度な加工を必要とする物件を多く手掛けてきた。

直近3年の売上高は10―12億円。設備投資の低迷などを背景に、09年同期は7億8000万円の特別損失を計上。再建を図っていた。

31日、告示書が張り出された同社に社員の姿はなく、加工場には仕掛かり鋼材が残されたままだった。旭川市は、従業員の雇用対策に向けて関係機関と連携した体制づくりを開始。佐々木恵一経済観光部長は、旭山動物園園舎など「メンテナンスなども含め、技術継承が今後の課題」とコメントした。

道内の鉄骨加工業関係者は「業界全体が需要の激減から過当競争にあり、加工費の低迷が著しい」と窮状を説き、同社について「高付加価値の案件に特化して再建を進めていた様子。加工の利幅が少ない中、とりわけ厳しい状況だったのでは」と話している。

北海道建設新聞
2011/09/01
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成23年(フ)第396号)

田島工業(株)(旭川市永山町6丁目9番地の5)は10月17日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は成川毅弁護士(旭川市3条通11丁目2229-19)。

破産債権の届出期間は平成23年11月18日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成24年1月25日午後2時30分。

2011/10/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(株)ヒオキ[帯広市]

ヒオキが自己破産 今年最大の負債19億9000万円

化粧合板製造のヒオキ(帯広市西25北1)は30日、事業を停止し、弁護士に事後処理を一任した。同日、釧路地裁帯広支部から破産手続きの開始決定を受けた。民間調査機関の東京商工リサーチ帯広支店によると、負債総額は約19億9000万円。今年に入り最大の負債額で、東日本大震災関連の倒産は初めて。

同社は1954年創業、68年に法人化した。インテリアや建具、内装材に使う化粧合板の製造や卸売、建築資材の販売などを手掛けた。1997年12月期はピークとなる売上高30億7384万円を計上。一時は関東以北の同業でトップを走り、現在も道内最大手だった。従業員41人が勤務した。

需要低下から減収傾向となり、2008年には当時の社長が病気で死去。09年12月期の売上高は18億3034万円と20億円を割り、10年12月期は16億6113万円まで減少、2期連続で赤字となっていた。今期も業績は回復せず、震災による原材料不足もあって厳しい経営が続いていた。

帝国データバンク帯広支店によると、負債総額は約20億7400万円。

十勝毎日新聞
2011/08/30
http://www.tokachi.co.jp/

 

破産手続開始(平成23年(フ)第235号)

(株)ヒオキ(帯広市西25条北1丁目3番6号)は8月30日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は佐々木涼太弁護士(帯広市西5条北3丁目11-2 広瀬ビルA)。

破産債権の届出期間は平成23年10月19日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年12月1日午後2時。

2011/09/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

2011年8月29日 (月)

(株)バント[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2438号)

(株)バント(札幌市手稲区曙11条2丁目3番40号)は8月29日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は斎藤陽子弁護士(札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月8日午前11時15分。

2011/09/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 
同社は平成20年10月設立の運送業者。カネタカ高橋商事の関連会社として稼働していたが、カネタカ高橋商事が8月に破産、その後同社は事業を停止していた。

2011/09/19
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

2011年8月25日 (木)

三宝鋼産(株)[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2410号)

三宝鋼産(株)(札幌市白石区菊水元町7条2丁目6番25号)は8月25日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は神戸俊昭弁護士(札幌市中央区南1条西11丁目 コンチネンタルビル6階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月17日午後3時30分。

2011/09/05
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 
同社は1990年5月設立の建築土木資材卸業者。近年は公共工事削減や民間設備投資の減少から売り上げが落ち込み、厳しい運営が続いていたという。

2011/09/12
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

光星ハイヤー(株)[札幌市]

光星ハイヤーがきょう事業停止 負債4億8千万円

道内の老舗タクシー会社、光星ハイヤー(札幌)が、25日未明に事業を停止することを決めた。同日午前にも社員向けに説明会を開く。

同社は1949年創業。札幌では中堅でタクシー約90台、従業員約250人。

2002年に発覚した元取締役の横領で5億円以上の損害を被り、債務超過に転落した。

さらにタクシー業界の過当競争や東日本大震災後の観光客の利用減などで、資金繰りが苦しくなっていた。

東京商工リサーチ北海道支社によると、負債額は約4億8千万円で、11年3月期の売上高は前期比2%減の9億2千万円。

北海道新聞
2011/08/25
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/314044.html


光星ハイヤー 250人全員解雇 あす破産申請

25日未明に事業を停止した光星ハイヤー(札幌)は事後処理を弁護士に一任し、26日に札幌地裁へ自己破産を申請する。弁護士によると負債は約8億円。

25日午前に開いた社員向け説明会で、約250人全員に解雇を通知した。札幌を中心に展開するタクシー事業は営業譲渡を模索する。

北海道新聞
2011/08/25
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/314114.html

 

破産手続開始(平成23年(フ)第2441号)

光星ハイヤー(株)(札幌市中央区北4条西13丁目1番1号)は8月29日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は藤田美津夫弁護士(札幌市中央区南2条西10丁目 第2サントービル4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年12月26日午前10時。

2011/09/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2011年8月22日 (月)

(株)ケーズ[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2253号)

(株)ケーズ(札幌市東区北13条東14丁目2番10号)は8月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は田端綾子弁護士(札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月10日午後1時30分。

2011/08/31
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 
同社は平成19年設立の建築工事業者。当初から借入金に依存した資金繰りを強いられる中、今年に入り代表者が失跡、同年3月に事業を停止していた。

2011/09/05
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

(有)マサキ塗装工業[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2329号)

(有)マサキ塗装工業(札幌市北区篠路8条5丁目3番10号)は8月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は橋本佐和子弁護士(札幌市中央区大通西12丁目 ウエスト12ビル4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月15日午後4時30分。

2011/08/31
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2011年8月19日 (金)

長澤倉庫(株)[札幌市]

地下街で喫茶店経営 長沢倉庫自己破産申請へ

喫茶店経営や不動産賃貸の長沢倉庫(札幌市中央区)は事業継続を断念し破産申請の準備に入った。東京商工リサーチによると、負債総額は約1億5千万円。

同社が経営するさっぽろ地下街オーロラタウンの喫茶店「cafest ナガサワ」は16日から営業を停止している。

1917年(大正6年)に創業。木材加工や建築資材販売が主力だったが、65年から不動産賃貸と喫茶店に事業転換。オーロラタウンの同喫茶店は、さっぽろ地下街が開業した71年から出店しており、常連客も多かった。

婦人服や化粧品販売などの多角化で、96年3月期にはピークの約7億円を計上した。不動産取得やコンビニ出店などに伴い資金繰りが悪化し、2011年3月期の売上高は約9900万円にまで落ち込んでいた。

北海道新聞(札幌圏)
2011/08/20
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

破産手続開始(平成23年(フ)第2674号)

長澤倉庫(株)(札幌市中央区北1条西5丁目3番地)は9月26日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は名倉一誠弁護士(札幌市中央区南1条西8丁目 T・G札幌ビル4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成24年1月17日午後3時30分。

2011/10/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

北海道凸版印刷(株)[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2378号)

北海道凸版印刷(株)(札幌市東区北20条東6丁目2番33号)は8月19日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は増谷康博弁護士(札幌市中央区南1条西11丁目 一条ビル2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月17日午前11時。

2011/08/30
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 
同社は1959年4月創業、60年5月設立の印刷業者。官公庁を主体に販路を形成していたが、税金を滞納したことで官公庁の指定を得られず売り上げは減少、資金繰りの悪化から事業継続を断念したという。

2011/09/05
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

東洋建設(株)[室蘭市]

東洋建設破産へ

土木工事業の東洋建設(室蘭市東町)が今月19日から事業を停止し、破産申請の準備に入ったことが23日分かった。民間信用調査機関の東京商工リサーチ室蘭支店によると、負債総額は約9500万円。

同社は公共事業削減の影響を受け、平成9年3月期に6億7500万円に上った売り上げが、16年3月期には3億円台まで減少、さらに最近は2億円台まで落ち込んでいた。

同社は昭和42年に寿工事として設立され、西胆振地方では中堅クラスの業者。土木工事を主体に舗装やとび工事も手掛け、道路用資材販売も行っていた。

室蘭民報
2011/08/24
http://www.muromin.mnw.jp/

 

破産手続開始(平成24年(フ)第23号)

東洋建設(株)(室蘭市東町4丁目7番10号)は2月24日、札幌地裁室蘭支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は八木橋俊輔弁護士(のぼりべつ法律事務所、登別市若山町4丁目40番5号 メープル・ペット・ワン303号)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成24年5月22日午後1時30分。

2012/03/05
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部破産係)

2011年8月18日 (木)

(株)コーシン建設[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2370号)

(株)コーシン建設(札幌市東区北40条東8丁目1番23号)は8月18日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林眞紀世弁護士(札幌市中央区大通西12丁目4 札幌大通ビル7階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月21日午前10時。

2011/08/30
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 
同社は平成12年3月設立の建築業者。注文住宅やマンション建築を手掛けていたが、近年は受注が落ち込み、今回の措置となったという。

2011/09/05
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

(株)瀬崎組[函館市]

老舗土木工事 瀬崎組が倒産 負債総額2億7000万円

土木工事業の瀬崎組(函館市東雲町)は19日までに函館地裁の破産手続開始決定を受けて倒産した。東京商工リサーチ函館支店と帝国データバンク函館支店によると、負債総額は約2億7000万円。

1907(明治40)年に創業した老舗土木業者。ピークの97年3月期には北海道南西沖地震の災害復旧工事などで8億5100万円の売上高を計上。しかしその後は公共工事削減などの影響を受け伸び悩み、2011年3月期には売上高約4億5000万円に落ち込み、収益面も赤字に転落。今期に入っても業績は回復しなかった。親会社の但野三興(美唄市)は現在も営業を続けている。

函館新聞
2011/08/20
http://www.hakodateshinbun.co.jp/

 

破産手続開始(平成23年(フ)第332号)

(株)瀬崎組(函館市東雲町17番5号)は8月18日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は平井喜一弁護士(嶋田法律事務所、函館市新川町18-12)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年12月14日午後4時。

2011/08/30
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

(有)坂上工務店[苫小牧市]

破産手続開始(平成23年(フ)第159号)

(有)坂上工務店(北海道苫小牧市日新町5丁目8番8号)は8月18日、札幌地裁苫小牧支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は亀山健太弁護士(蹊憙法律事務所、札幌市中央区大通西13丁目4番地102 レジディア大通公園303)。

破産債権の届出期間は平成23年9月15日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月28日午後1時30分。

2011/08/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

 
同社は1990年4月設立の建築業者。元請けのほか同業者からの下請けも手掛けていたが、近年は債務超過の状態が続いていたという。

2011/08/29
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

(株)GMキャリア・エージェント[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2339号)

(株)GMキャリア・エージェント(札幌市中央区北1条西4丁目2番2号)は8月18日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は小川里美弁護士(札幌市中央区大通西11丁目4番地 大通藤井ビル9階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月21日午前11時。

2011/08/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)ウィル[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2267号)

(株)ウィル(札幌市西区山の手7条8丁目6番12号)は8月18日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は實重洋祐弁護士(伊東孝法律会計事務所、札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル3階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月10日午前11時。

2011/08/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2011年8月17日 (水)

あつまリゾート(株)[厚真町]

破産手続における保全管理命令(平成23年(フ)第1223号)

あつまリゾート(株)(勇払郡厚真町字高丘5番地3)は5月18日、札幌地裁から破産手続開始決定までの間の保全管理命令を受けた。

保全管理人は窪田もとむ弁護士(弁護士法人ほくと総合法律事務所札幌オフィス、札幌市中央区大通西10丁目 ダンロップSKビル7階)。

2011/05/31
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 

破産手続開始(平成23年(フ)第1223号)

あつまリゾート(株)(勇払郡厚真町字高丘5番地3)は8月17日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は窪田もとむ弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月29日午後1時30分。

2011/08/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2011年8月12日 (金)

(有)遠藤青写真工業所[札幌市]

破産手続きの開始決定受ける

遠藤青写真工業所(札幌市中央区北1条東2丁目5の8)は12日、札幌地裁に自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、債権者113人に対する負債額は2億5000万円。

設計図面などの複写業務を手掛ける同社は1970年に設立。ゼネコンや官公庁、建築設計事務所などを主な得意先とし、93年3月期には7億3000万円の売り上げを計上していた。

しかし、近年のCADシステム普及やデジタル化で、青写真の需要が落ち込み、得意先である建設業の業況悪化もあり、受注が減少。本店不動産の売却や役員報酬の減額など経費削減を図る一方、封筒や伝票などの軽印刷業務を受注するなど業況改善に努めた。2010年同期の売り上げは2億3200万円にとどまり、その後も業況は改善せず、先行きに見通しが立たないため、事業継続を断念した。

破産管財人は橋本昭夫弁護士(札幌市中央区北4西20丁目1の28)。財産状況報告集会は11月18日に開かれる。

北海道建設新聞
2011/08/13
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成23年(フ)第2334号)

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月18日午後3時。

2011/08/23
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)藤和商会[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2335号)

(有)藤和商会(札幌市中央区北1条東2丁目5番地8)は8月12日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は橋本昭夫弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告 の期日は平成23年11月18日午後3時。

2011/08/23
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2011年8月10日 (水)

(株)グラフ商会[小樽市]

再度の資金ショート

東京商工リサーチによると、中古カメラ販売・医療機器卸のグラフ商会(札幌市西区二十四軒1条5丁目1番2号、登記上=小樽市花園1丁目10番9号)は8月10日までに再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は平成22年4月期の時点で約5億6100万円。

同社は大正8年創業、昭和27年の設立。医療機器の販売のほか、中古カメラの販売・修理も手掛けていた。平成10年10月期には9億8700万円の売上高を計上していたが、その後は需要の低迷や同業者との競合から、22年同期の売上高は5億9300万円まで落ち込んでいた。ここ数年は収益面も低調に推移し、借入金に依存した厳しい運営が続いていたという。

2011/09/05
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

2011年8月 9日 (火)

桜井鉄工(株)[札幌市](7年ぶり2回目)

桜井鉄工が自己破産申請

桜井鉄工(札幌市清田区清田1条1丁目4の30)は9日、札幌地裁に自己破産を申請した。申請代理人は冨岡俊介弁護士(札幌市中央区大通西10丁目)ほか4人。帝国データバンク札幌支店によると、2011年3月期末の負債額は約12億円。

同社は1961年に桜井鉄工所(本社・東京)の札幌工場として創業し、1974年に分離独立した道内中堅の鉄骨加工業者。鉄骨製造加工のほか、橋梁の製造・加工も手掛け、2003年3月期には79億9000万円の売上高を計上した。

しかし、公共事業の削減や民間設備投資の減少で業況はじり貧となり、鋼材市況の値上がりによる収益性低下も加わるなど余裕のない資金繰りが続き、04年12月に民事再生法の適用を申請した。

05年8月に再生計画の認可決定が確定し、再生手続きは終結。業況が回復して09年3月期には売上高36億5300万円を計上したが、その後の景気後退や競争の激化などで業況は大幅に落ち込んだ。特に橋梁部門の受注減が響き、11年同期売上高は10億2800万円にダウンし、4億2800万円の当期純損失を計上していた。

取引先などからの借入金でしのいできたが、限界となり今回の措置となった。

北海道建設新聞
2011/08/10
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成23年(フ)第2296号)

桜井鉄工(株)(札幌市清田区清田1条1丁目4番30号)は8月11日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は伊藤隆道弁護士(札幌市中央区南1条西12丁目 新永ビル2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月15日午後3時 。

2011/08/19
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2011年8月 8日 (月)

(株)オーツー・ジャパン[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2276号)

(株)オーツー・ジャパン(札幌市白石区東札幌5条2丁目1番23)は8月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は冨岡俊介弁護士(冨岡公治法律事務所、札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル5階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月9日午後2時。

2011/08/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 
同社は平成18年8月設立の寝具販売業者。自社製品のほか他社製品の受託販売も行っていたが、受託元の東北の店舗が東日本大震災の影響で閉鎖。売り上げが落ち込み事業継続を断念したという。

2011/08/29
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

(株)ケアグループ北翔[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2261号)

(株)ケアグループ北翔(札幌市白石区北郷7条4丁目4番10号)は8月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は菊地輝仙弁護士(札幌双葉法律事務所、札幌市中央区南1条西13丁目317-3 フナコシヤ南1条ビル5階)。

破産債権の届出期間は平成23年9月2日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月15日午前11時。

2011/08/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)
 

札幌のデイサービス事業者が破産

介護サービス事業を手掛ける「ケアグループ北翔」(札幌市)が、8月8日付で札幌地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが分かった。負債総額は約900万円。

東京商工リサーチによると、ケアグループ北翔は昨年11月に設立された。今年2月1日に民家を利用した通所介護事業所「デイサービスセンターひまわりの丘」を同市内で開設したものの、当初の想定よりも利用者数が伸び悩んで売り上げが低迷したため、事業の継続を断念。8月5日に破産を申し立てた。

医療介護CBニュース
2011/08/24
http://www.cabrain.net/

2011年8月 5日 (金)

(株)メガネの玉屋[函館市]

メガネの玉屋事実上の倒産 負債総額3千万円

メガネ小売のメガネの玉屋(函館市松風町)は5日までに資金繰りに行き詰まり、事実上倒産した。東京商工リサーチ函館支店によると、負債総額は約3000万円。店舗は7月末で閉鎖し、従業員は解雇した。

1928(昭和3)年創業の地元では老舗のメガネ店。ピークの89年1月期には本店と豊川店の2店舗を持ち、売上高は約1億円を計上。その後は需要低迷や大手他店の進出などで減収基調となり、不採算店舗の豊川店を閉鎖し、1店舗経営を続けてきた。その後も業績は回復せず、2011年4月期の売上高は2000万円まで減少し、資金繰りが悪化した。

函館新聞
2011/08/06
http://www.hakodateshinbun.co.jp/

(株)ニシヤマ[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2241号)

(株)ニシヤマ(札幌市中央区南8条西6丁目1036番地)は8月5日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は奥山倫行弁護士(アンビシャス総合法律事務所、札幌市中央区大通西11丁目 第2大通藤井ビル8階)。

破産債権の届出期間は平成23年8月26日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年10月14日午前11時30分。

2011/08/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 

=関連記事=
一高たかはしが西山油機の事業吸収 エネルギー部門 子会社承継

液化石油(LP)ガス販売道内大手の一高(いちたか)たかはし(札幌、上戸敦社長)は二十九日、同業の道内中堅・西山油機(同、小笠原軍治社長)のLPガスなどエネルギー事業を、吸収分割により十一月十一日付で一高の100%出資子会社が承継すると発表した。これにより、一高たかはしの顧客数はLPガスが六千件増え四万九千件、灯油が七千件増の四万四千五百件となる。

一高たかはしは、二〇〇七年に山形県の同業者を買収し、LPガス顧客数四千件、灯油顧客数五千四百件を増やしているが、今回の顧客増加数はそれを上回る。

西山油機の事業を、ガス・灯油販売などエネルギー事業と、空調設備工事など不採算事業に分割。主力のエネルギー事業は一高の子会社「いちたかサンテック」(札幌)が吸収して引き継ぎ、社名を西山油機に変更する。社長には上戸社長が就任し、従業員五十三人は引き続き雇用する。一方、不採算事業は整理する。

西山油機は一九五六年設立。札幌市内でLPガス・灯油を販売し〇八年三月期の売上高は五十九億五千五百万円。しかし、原油価格の高騰などを受け、経常損益は七千八百万円の赤字だった。一高たかはしは○四年以降、同業他社の合併・買収などに力を入れ、経営規模拡大を進めている。

北海道新聞
2008/09/30
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/120561.html

2011年8月 4日 (木)

(株)札幌医大食堂[札幌市]

破産手続開始(平成23年(フ)第2138号)

(株)札幌医大食堂(札幌市手稲区前田1条12丁目3番20号)は8月4日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は高野俊太郎弁護士(弁護士小黒芳朗法律事務所、札幌市中央区南1条西5丁目19-1 郵政福祉札幌第1ビル5階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年10月26日午前11時30分。

2011/08/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 
同社は1967年4月設立の飲食業者。札幌医科大学で食堂を運営していたが、近年はコンビニエンスストアやコーヒー店が出店するなど競争が厳しさを増し、売り上げが落ち込んでいた。

2011/08/29
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

2011年8月 2日 (火)

(有)カネタカ高橋商事[札幌市]

自己破産申請へ

運送業のカネタカ高橋商事(札幌市手稲区曙11条2丁目3番40号)は8月2日までに事業を停止し、事後処理を大槻遼太弁護士(道民法律事務所、札幌市中央区北2条西2丁目1-5 リージェントビル8階)に一任した。今後は自己破産を申請する予定。負債総額は約1億2000万円の見込み。

関係会社のバント(同)も、同日付で事後処理を弁護士に一任している。

2011/08/05
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

 

破産手続開始(平成23年(フ)第2300号)

(有)カネタカ高橋商事(札幌市手稲区曙11条2丁目3番40号)は8月9日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は斎藤陽子弁護士(札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年11月8日午前10時45分。

2011/08/18
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2011年8月 1日 (月)

(有)日高ポークかとうファーム/(有)日高ポークめぐみファーム[新ひだか町静内]

日高ポークかとうファーム 再生法の適用を申請

養豚業の日高ポークかとうファーム(新ひだか町)は1日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。民間信用調査機関の帝国データバンク苫小牧支店によると、負債は約7億4000万円とみられる。

2003年に同町内の建設業者が新規事業で養豚業に参入、設立した。ブランド化を図って大手食肉業者との取引を拡大し、11年3月期には年2億7400万円の売上高を計上していた。しかし、昨年秋の出荷計画の乱れなどで資金繰りは悪化。今年に入ってからは飼料価格の高騰も加わり、採算性が悪くなっていた。

また、共同経営方式を取っていた、日高ポークめぐみファーム(同)も同日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請した。負債は約8億1000万円。

苫小牧民報
2011/08/02
http://www.tomamin.co.jp/

 

再生手続開始(平成23年(再)第5号)

(有)日高ポークめぐみファーム(日高郡新ひだか町静内神森265番地8)は9月21日、札幌地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成23年10月12日まで、再生債権の一般調査期間は平成23年11月16日から平成23年11月30日まで。

2011/10/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)
 

再生手続開始(平成23年(再)第6号)

(有)日高ポークかとうファーム(日高郡新ひだか町静内御幸町1丁目3番5号)は9月21日、札幌地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成23年10月12日まで、再生債権の一般調査期間は平成23年11月16日から平成23年11月30日まで。

2011/10/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »