« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

(株)ビジュアルシステムズ[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第2295号)

(株)ビジュアルシステムズ(札幌市中央区南3条西8丁目2番1号)は7月30日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は佐藤昭彦弁護士(岩本・佐藤法律事務所、札幌市中央区大通西9丁目 キタコーセンタービルディング6階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年11月4日午前10時30分。

2010/08/09
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)前商店[岩見沢市]

破産手続開始(平成22年(フ)第120号)

(株)前商店(岩見沢市1条西9丁目1番地2)は7月30日、札幌地裁岩見沢支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は高橋剛弁護士(誠信法律事務所、札幌市中央区南1条西10丁目4番地 南大通ビルアネックス4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年11月19日午前10時。

2010/08/09
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩見沢支部)

(医)伊勢内科小児科クリニック[千歳市]

「伊勢内科小児科」 資金難で事業停止

【千歳】市内春日町3の伊勢内科小児科クリニックは2日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。今後、破産を申請する予定。

帝国データバンク苫小牧支店によると、負債は約1億3900万円(2009年8月期末)だが、今後変動する可能性がある。

同クリニックは1963年の創業。41床の一般病院として経営してきたが、2004年から19床の診療所となった。外来患者数の減少に加え、入院ベッド数を減らしたことで収入の落ち込みが続き、資金繰りに行き詰まった。

北海道新聞(千歳恵庭版)
2010/08/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第2632号)

(医)伊勢内科小児科クリニック(千歳市春日町3丁目5番1号)は8月30日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は桶谷治弁護士(札幌市中央区南1条西10丁目4-167 南一条法務税務センター9階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年12月1日午前10時30分。

2010/09/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年7月28日 (水)

(有)大中工業[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第2310号)

(有)大中工業(札幌市西区平和1条6丁目9番7号)は7月28日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は伊藤めぐみ弁護士(札幌市中央区大通西14丁目1-9 ダイアパレス大通701)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年11月2日午前11時30分。

2010/08/05
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年7月23日 (金)

(株)ライズ・コーポレーション[恵庭市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1920号)

(株)ライズ・コーポレーション(恵庭市島松沢1番地)は7月23日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は木下尊氏弁護士(札幌市中央区大通西13丁目4番地 ジェネシスビル5階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月21日午後1時30分。

2010/08/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)アルコン[札幌市]

特別清算開始(平成22年(ヒ)第27号)

清算株式会社 (株)アルコン(札幌市白石区平和通15丁目北1番21号)は7月23日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

2010/08/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)ノーステック[白老町]

事後処理を弁護士に一任

【苫小牧】ノーステック(白老町石山68の13)は、23日付で事業を停止し、事後処理を三木明弁護士(札幌市中央区南1条西10丁目)に一任した。帝国データバンク苫小牧支店によると、負債総額は2009年8月期で約1億9500万円。

同社は05年9月に設立。上下水道用バルブの設計製作や水門設備設計を手掛け、止水関連の商材製造を得意としてきた。ピークの08年8月期には売上高5億9298万円を計上したが、原材料価格の高騰や景気後退の影響を受け、09年8月期は1億606万円の債務超過に陥った。

その後も業況は改善されず、先行きの見通しも立たないことから事業停止を決断したという。

北海道建設新聞
2010/07/24
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第117号)

(株)ノーステック(白老郡白老町字石山68番地13)は8月18日、札幌地裁室蘭支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は土屋俊介弁護士(札幌協和法律事務所、札幌市中央区南1条西10丁目 タイムスビル8階)。

破産債権の届出期間は平成22年9月17日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年11月8日午前11時。

2010/08/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部破産係)

2010年7月22日 (木)

(有)アネスト[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第2195号)

(有)アネスト(札幌市東区北37条東4丁目1番7号)は7月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は清水智弁護士(札幌市中央区南3条西10丁目 54山京ビル7階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月20日午後1時30分。

2010/07/30
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年7月21日 (水)

(株)トウセイ[当別町]

弁護士一任

建設機械レンタルのトウセイ(石狩郡当別町若葉1368番地)は7月21日までに事業を停止し、事後処理を川村昭範弁護士(札幌市中央区北1条西10丁目)に一任した。負債総額は約1億4000万円。

親会社で主力販売先であった北成建設の業績不振から受注が減少し、債務超過の状態に陥っていた。7月に親会社が破産を申請したことで、連鎖する形となった。

東京商工リサーチ
2010/07/26
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)テス・カンパニー[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第2224号)

(株)テス・カンパニー(札幌市中央区南3条西2丁目 テス3・2ビル4階、商業登記簿上の本店所在地札幌市中央区南3条西3丁目5番地2)は7月21日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は藤田美津夫弁護士(札幌市中央区南2条西10丁目 第2サントービル4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月28日午前10時30分。

2010/07/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)中岫リース産業[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第2183号)

(有)中岫リース産業(札幌市白石区川下589-249、商業登記簿上の本店所在地札幌市白石区北郷7条4丁目4番28号)は7月21日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は薄木宏一弁護士(札幌市中央区南1条西11丁目 コンチネンタルビル3階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月26日午前11時。

2010/07/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年7月20日 (火)

浦河製材(株)[浦河町]

破産手続開始(平成22年(フ)第2102号)

浦河製材(株)(浦河郡浦河町堺町東4丁目2番9号)は7月20日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山口均弁護士(札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル8階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月28日午前11時30分。

2010/07/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

大慶建設工業(株)[札幌市]

任意整理の意向

不動産賃貸の大慶建設工業(札幌市南区澄川1条1丁目4番16号、登記上=札幌市南区澄川1条1丁目3番14号)は7月20日までに事業を停止し、事後処理を磯田健人弁護士(札幌市中央区大通西5丁目)に一任した。負債総額は約5億円。

住宅の建築工事業を主力としていたが、その後不動産賃貸業に傾注し積極的な投資を行っていたが、年商を大きく上回る借入金を抱え、立て直しを図るも業況は改善しなかった。こうしたなか、不動産を売却し債務の圧縮を進めていた。

東京商工リサーチ
2010/07/26
http:/www.tsr-net.co.jp/

2010年7月19日 (月)

コウノウ建設(株)[浜中町]

事後処理を弁護士に一任

コウノウ建設(浜中町茶内栄35)は19日までに事業を停止し、事後処理を加藤義明弁護士(釧路市宮本2丁目13の14)に一任した。東京商工リサーチ釧路支店によると、負債総額は約6億円で、今後任意整理をする意向だ。

同社は1948年に茶内興農建設として設立。土木、建築の公共・民間元請け工事を手掛け、ピークの80年3月期には11億3269万円の完工高を上げた。その後は、公共事業削減に伴う減収基調をたどり、2009年5月は5億5722万円まで低下した。

09年には是広建設(本社・釧路市)との合併構想が浮上したものの不調に終わった。ことし6月には、取引先の村上建設(同)が事業停止したことで決済難に陥り、事業継続を断念した。

同社は浜中町が3月24日に入札した浜中幹線汚水管渠その7と、6月10日に入札した琵琶瀬住民センター増改修を受注したが、7月に入り辞退届を提出。ともに工期は9月までで、町は出来形確認や設計積算作業などを経て残工事を発注し直す方針だ。

北海道建設新聞
2010/07/21
http://e-kensin.net/

2010年7月14日 (水)

(有)恒久工業[石狩市]

破産手続開始(平成22年(フ)第2150号)

(有)恒久工業(石狩市樽川9条2丁目167番地)は7月14日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は太田宏樹弁護士(長田法律事務所、札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル9階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月15日午前10時。

2010/07/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

今岡建設(株)[小樽市]

今岡建設が事業停止 負債額4.5億円 自己破産申請へ

【小樽】今岡建設(小樽市新光1の11の1)は、14日付で事業を停止し、事後処理を関口正雄弁護士(小樽市稲穂2丁目11の3)に一任した。今後、自己破産を申請する予定。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は約4億5000万円の見込み。

同社は1951年創業、53年設立で建築が主力。道や小樽市などの公共工事受注を主体に、98年には約20億3400万円の売上高を計上した。

しかし、公共工事削減の影響による受注減に歯止めがかからないことに加え、関連会社の今友興業(本社・小樽)へ売却した不動産の販売代金回収が進まず固定化し、資金繰りが悪化。採算確保に努めたものの、2010年3月期の売上高は約3億2000万円まで落ち込み、先行きの見通しが立たなくなったため、事業継続を断念した。

今友興業の事後処理も同弁護士に一任している。

北海道建設新聞
2010/07/15
http://e-kensin.net/

 

今岡建設が破産手続きの開始決定受ける

【小樽】事業停止していた今岡建設(小樽市新光1の11の1)は、札幌地裁小樽支部に自己破産を申請し、20日に破産手続き開始決定を受けた。債権届け出を9月10日まで受け付け、10月19日に財産状況報告集会の開催を予定している。

北海道建設新聞
2010/07/22
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第156号)

今岡建設(株)(小樽市新光1丁目11番1号)は7月20日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は桶谷和人弁護士(植物園法律会計事務所、札幌市中央区北2条西10丁目1-6 アーデンコート植物園1401)。

破産債権の届出期間は平成22年9月10日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月19日午後4時。

2010/08/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所小樽支部)

2010年7月13日 (火)

(名)下田商店[函館市]

破産手続開始(平成22年(フ)第279号)

(名)下田商店(函館市本町2番13号)は7月13日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山内良輔弁護士(北都法律事務所、函館市中道2丁目24-15 KIビル2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告はの期日は平成22年11月18日午後4時30分。

2010/07/23
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

札幌給水工業(株)[札幌市]

事後処理を弁護士に一任

札幌給水工業(札幌市豊平区豊平4条7丁目4の17)は、13日までに事後処理を弁護士に一任した。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は1億円で自己破産を申請する見通しだ。

同社は1956年4月に設立した管工事業者。札幌市などを受注先に衛生設備、冷暖房、空調などを請け負ってきた。2003年3月期には2億6600万円の売上高を計上していたが、09年同期は8300万円までダウン。資金繰りが悪化していた。

北海道建設新聞
2010/07/14
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第2278号)

札幌給水工業(株)(札幌市豊平区豊平4条7丁目4番17号)は7月29日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は津田秀太郎弁護士(弁護士法人ほくと総合法律事務所札幌オフィス、札幌市中央区大通西10丁目4-16 ダンロップSKビル7階)。

破産債権の届出期間は平成22年8月27日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月22日午前11時。

2010/08/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年7月 9日 (金)

日胆測量(株)[苫小牧市]

破産手続開始(平成22年(フ)第168号)

日胆測量(株)(苫小牧市山手町1丁目1番7号)は7月9日、札幌地裁苫小牧支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は吉川忠利弁護士(苫小牧市栄町2丁目1-25)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月6日午後1時30分。

2010/07/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

(株)香川商会[帯広市]

破産手続開始(平成22年(フ)第188号)

(株)香川商会(帯広市西4条南1丁目15番地)は7月9日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は中島和典弁護士(帯広市東8条南8丁目1番地)。

破産債権の届出期間は平成22年9月9日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月14日午前11時。

2010/07/20
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

2010年7月 8日 (木)

(株)雪の花酒造[小樽市]

雪の花酒造 20日で廃業 小樽

「小樽港」「雪の花」などの銘柄を持つ酒造会社・雪の花酒造(小樽)が、20日で出荷を停止し、廃業する。販売不振で資金繰りに行き詰まり、親会社の岸本医科学研究所(苫小牧)が不採算部門を整理、敷地の売却を決めたため。従業員3人は今月末で解雇され、会社は来月にも清算される。

同社は1961年設立で日本酒のほか、梅酒、焼酎、リキュール類を製造。東京商工リサーチ小樽支店によると、売上高は83年9月期には6億5000 万円だったが、90年代後半には2億円台に落ち込んだ。2005年に同研究所の傘下に入り、赤字体質の立て直しを図ったが、09年9月期の売上高は 8000万円に激減、昨年秋には新酒の醸造を休止していた。

北海道新聞
2010/07/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/240484.html

 

破産手続開始(平成23年(フ)第11号)

雪の花酒造(株)(小樽市真栄1丁目8番1号)は3月17日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は清水彰弁護士(札幌市中央区南1条西3丁目 札石ビル5階)。

破産債権の届出期間は平成23年5月13日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成23年6月14日午後3時。

2011/03/31
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所小樽支部)

2010年7月 6日 (火)

(株)敷島商会[釧路市]

破産手続開始決定(平成22年(フ)第187号)

(株)敷島商会(釧路市住吉2丁目13番28号)は7月6日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市宮本1丁目3-11)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月12日午後3時。

2010/07/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)

2010年7月 5日 (月)

オギハラ測量設計(株)[苫小牧市]

破産手続開始(平成22年(フ)第159号)

オギハラ測量設計(株)(苫小牧市桜木町1丁目15番26号)は7月5日、札幌地裁苫小牧支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は谷口晃太朗弁護士(中山博之法律事務所、札幌市中央区大通西13丁目 パシフィックレジデンス大通公園2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月7日午後4時。

2010/07/14
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

(有)協和建設[千歳市]

再度の資金ショート

建築・防音工事の協和建設(千歳市住吉1丁目6番2号)は7月5日までに再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約7000万円。

景気低迷による受注の落ち込みから売り上げは減少。収益面においても赤字含みで推移し、債務超過の状態が続くなど厳しい経営となっていた。

東京商工リサーチ
2010/07/12
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)ジヤコム[札幌市]

ジャコムが事業停止

ジャコム(札幌市中央区大通東8丁目1)は5日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチ道支社によると、負債額は3億円で、近日中に破産を申請するという。

同社は試験・実験装置製造業者で、土木や水理に関連する各種装置の製造、販売を手掛け、衝撃加速度測定装置、三軸圧縮試験装置、多方向造波装置などを扱っていた。売上高が減少する中、借入依存が高まり資金繰りが悪化していたもよう。

北海道建設新聞
2010/07/07
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第2114号)

(株)ジヤコム(札幌市中央区大通東8丁目1番地)は7月12日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は矢吹徹雄弁護士(札幌市中央区南1条西12丁目322番地)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月13日午前11時30分。

2010/07/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年7月 2日 (金)

(株)平和タイヤ商会[札幌市]

弁護士一任

タイヤ販売の平和タイヤ商会(札幌市白石区菊水元町6条3丁目6番37号)は7月2日までに事業を停止し、事後処理を末長宏章弁護士(札幌市中央区南1条西11丁目)を代理人として破産申請の準備に入った。負債総額は約3000万円。

運送業者を主体に販路を構築し、廃タイヤ収集や自動車部品販売も手掛けていたが、市況悪化による受注低迷から苦しい運営が続いていた。

東京商工リサーチ
2010/07/12
http:/www.tsr-net.co.jp/

牧野航空旅行(株)[札幌市]

牧野旅行自己破産へ 負債3億7千万円 顧客450人に影響

道内中堅の旅行会社、牧野航空旅行(札幌)は2日、同日付で事業を停止し、札幌地裁に自己破産を申請した。同社によると、6日以降出発の主催旅行は中止となり、宿泊付き航空券の購入者ら450人程度に影響が出るという。東京商工リサーチ北海道支社によると負債総額は3億7千万円。

従業員22人は2日付で解雇する。

日本旅行業協会(東京)の弁済制度が適用されるが弁済総額に上限があり、顧客が払い込んだ代金が全額返還されるかどうかは微妙だ。

同社は1961年に設立。官公庁や企業への航空券販売や出張手配を主体にツアー旅行の主催も手がけ、北海道国際航空(エア・ドゥ)発足当初の航空券販売を受託した。ピークの92年3月期には61億6400万円の売上高があった。

しかし、旅行需要の低迷や同業他社との競争激化で売り上げが減少。債務超過に陥った2007年には、香港資本のエキスプレス・グループの傘下に入ったが、同グループが日本から撤退。牧野航空旅行の役員らが株を買い取って08年11月に独立系として再生を期したものの、業績は回復せず、09年3月期の売上高は29億4700万円に落ち込んだ。

さらに今年4月、航空会社から旅行代理店に入るチケット販売手数料が引き下げられた影響などで、資金繰りに行き詰まった。

北海道新聞
2010/07/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/239624.html

 

破産手続開始(平成22年(フ)第2096号)

牧野航空旅行(株)(札幌市中央区南1条西5丁目7番地)は7月7日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は吉川武弁護士(札幌市中央区北2条西13丁目1番地1 K2ビル6階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月28日午後2時。

2010/07/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)工働館[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1986号)

(有)工働館(札幌市手稲区前田4条10丁目3番15号)は7月2日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は多田絵理子弁護士(野田信彦法律事務所、札幌市中央区大通西13丁目4番 札幌ABEビル4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月19日午後1時30分。

2010/07/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »