« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

(株)長岡新貴工業[札幌市]

長岡新貴工業が事業を停止

長岡新貴工業(札幌市東区北25条東9丁目2の6)は、6月30日付で従業員を解雇して事業を停止、事後処理を弁護士に一任した。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は2億5000万円で、任意整理を予定している。

同社は1963年5月に創業、66年2月に法人改組した管工事業者。札幌市や道など官公庁の配水管、水道施設を手掛けていたほか、付帯する土木、電気工事も行い、ピーク時には5億円の売上高を計上していた。

しかし、公共工事の減少やマンション関連の工事も伸び悩み、2007年5月期は1億8800万円までダウン。太陽光発電システムの販売などで、10年同期は2億8000万円まで回復したが、ことしにに入り受注が低迷し、7月以降の資金繰りのめどが立たなかったという。

北海道建設新聞
2010/07/02
http://e-kensin.net/

村上建設(株)[釧路市]

村上建設が事業停止

村上建設(釧路市昭和中央1丁目36の30)は、6月30日に事務所を閉鎖し、事業を停止した。帝国データバンク釧路支店と東京商工リサーチ釧路支店によると、2009年4月決算期の負債総額は17億700万円だが、さらに膨らむ可能性もあるとしている。

1979年5月設立の土木業者。下請けを主体としながらも03年には北扇建設、06年にはマルゲン建設をそれぞれ吸収合併して規模を拡大。地元元請けを得意先として業績を伸ばし、国や道、釧路市などの元請けとしても受注。08年4月期は売上高約27億2150万円を計上し、3期連続増収増益としていた。

しかし、積極的な設備投資で減価償却負担が重く、08年8月の中村組(標茶)破産で約1億4000万円の焦げ付きが発生するなどで資金繰りが悪化。行き詰まったという。

現時点での元請け工事としては、釧路開建が5月に発注した44号厚岸町上尾幌橋補修ほか一(工期末12月2日)がある。

北海道建設新聞
2010/07/01
http://e-kensin.net/

(株)ミヤタケ[天塩町]

ミヤタケが近く破産手続き開始を申し立て

【留萌】ミヤタケ(天塩町更岸1364の11)は6月30日、中原猛弁護士(札幌市中央区大通西11丁目)を代理人に破産申し立ての準備に入った。近く旭川地裁に手続き開始の申し立てをする。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は6267万円。

1955年5月設立の生コン、コンクリート2次製品製造メーカー。留萌北部を中心にピーク時は年間4億円を超える売上高を確保していたが、近年は工事量減少の影響で減収基調となり、2009年3月期の売上高は約1億2300万円に落ち込んでいた。

直近では、5月末に天塩町発注の産士東3線横断函渠取り換えその2を受注している。

北海道建設新聞
2010/07/01
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第290号)

(株)ミヤタケ(天塩郡天塩町字更岸1364番地の11)は7月14日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は佐藤達弁護士(つばさ法律事務所、旭川市1条通14丁目131番地1 114池尻ビル2階A号室)。

破産債権の届出期間は平成22年9月16日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月21日午後1時30分。

2010/07/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

北成建設(株)[当別町]

当別の北成建設が事業停止−負債総額18億円

北成建設(当別町園生54)は6月30日、解散を決議し事業を停止した。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は18億円、特別精算の申請を予定している。

同社は1930年5月に創業、ことし80周年を迎えた老舗の土木業者。札幌開建や札幌土現などを主な受注先に、農業、道路、浚渫など土木工事全般にわたって請け負い、40億円を超える売上高を計上した時期もあった。

しかし、公共土木工事の急激な減少を受け、2009年5月期は12億5000万円までダウン。資金繰りが悪化していた。

北海道建設新聞
2010/07/06
http://e-kensin.net/news/article/6211.html

当別の北成建設、自己破産を申請

土木工事業の北成建設(石狩管内当別町)は14日、札幌地裁に自己破産を申請した。帝国データバンク札幌支店によると、同社は6月末の株主総会で解散を決議し、特別清算を申請する予定だったが、特別清算に必要な債権者からの同意が得られない見通しとなったため、自己破産に切り替えた。負債総額は約18億円。

北海道新聞
2010/07/14
>http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/241454.html

 

破産手続開始(平成22年(フ)第2178号)

北成建設(株)(石狩郡当別町園生54番地、代表清算人工藤清隆氏)は7月15日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は荻野一郎弁護士(札幌市中央区大通西12丁目 あいおい損保・札幌大通ビル6階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年11月2日午後2時。

2010/07/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年6月29日 (火)

(株)大商[札幌市]

大商が事業停止、自己破産申請へ

大商(札幌市北区百合が原2丁目5の5)は、6月29日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は1億円で、自己破産を申請する見通しという。

同社は1985年2月の設立。左官用樹脂モルタル卸を中心に建築資材、機械工具も扱い、2007年1月期には3億900万円の売上高を計上していた。

しかし、09年同期は2億1400万円、10年同期は1億3100万円と減収に歯止めが掛からず、過去の設備投資に伴う借入金もあり、資金繰りは悪化していた。

北海道建設新聞
2010/07/02
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第2533号)

(株)大商(札幌市北区百合が原2丁目5番5号)は8月18日、札幌地裁から破産手続決定を受けた。

破産管財人は林賢一弁護士(米屋・林法律事務所、札幌市中央区南1条西10丁目3番地 南1条道銀ビル4階)。

破産債権の届出期間は平成22年9月17日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年11月16日午前10時。

2010/08/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)丸晶工業[余市町]

破産手続開始(平成22年(フ)第137号)

(株)丸晶工業(余市郡余市町富沢町9丁目19番地)は6月29日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は堀江健太弁護士(札幌市中央区南1条西9丁目 第2北海ビル3階)。

破産債権の届出期間は平成22年8月27日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年9月28日午後3時30分。

2010/07/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所小樽支部)

2010年6月25日 (金)

(株)マルハ[旭川市]

破産手続開始(平成22年(フ)第277号)

(株)マルハ(旭川市8条通8丁目41番地8)は6月25日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林孝幸弁護士(旭川市2条通9丁目 道銀ビル6階)。

破産債権の届出期間は平成22年9月7日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月7日午後1時30分。

2010/07/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(有)イエス春採[釧路市]

破産手続開始(平成22年(フ)第158号)

(有)イエス春採(釧路市春採7丁目15番5号)は6月25日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は小西憲臣弁護士(釧路市富士見2丁目1番35号)。

破産債権の届出期間は平成22年7月30日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年9月21日午後4時。

2010/07/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)

(有)ジャスティス[江別市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1900号)

(有)ジャスティス(江別市いずみ野20番地の3)は6月25日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は内藤裕次弁護士(円山・参道前法律事務所、札幌市中央区南1条西24丁目1-8 エスターアベニュー301号)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月12日午後3時。

2010/07/05
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)タナカ[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1441号)

(株)タナカ(札幌市清田区北野5条2丁目6番12号)は6月25日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は朝倉靖弁護士(札幌市中央区南1条西11丁目327番地 一条ビル2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月12日午後2時。

2010/07/05
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年6月24日 (木)

(株)大雪しずく本舗[旭川市]

破産手続開始(平成22年(フ)第259号)

(株)大雪しずく本舗(旭川市神居3条15丁目1番8号)は6月24日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は須田保幸弁護士(旭川市常盤通3丁目1970-78 ライオンズガーデン旭川常盤公園604)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年9月8日午後3時10分。

2010/07/05
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(有)アスキーファイブ[伊達市]

破産手続開始(平成22年(フ)第73号)

(有)アスキーファイブ(伊達市竹原町10番地10)は6月24日、札幌地裁室蘭支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は清水智弁護士(札幌市中央区南3条西10丁目 54山京ビル7階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年9月10日午後3時。

2010/07/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部破産係)

2010年6月23日 (水)

(有)丸勝小野寺商店[枝幸町]

破産手続開始(平成22年(フ)第242号)

(有)丸勝小野寺商店(枝幸郡枝幸町音標266番地12)は6月23日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は富川泰志弁護士(旭川市5条通12丁目1086番3)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年9月30日午後1時30分。

2010/07/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(株)濱本水産[函館市](3年ぶり2回目)

破産手続開始(平成22年(フ)第277号)

(株)濱本水産(函館市宇賀浦町19番21号)は6月23日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は和根崎直樹弁護士(米塚茂樹法律事務所、函館市新川町23-25 共栄火災ビル4階)。

破産債権の届出期間は平成22年9月3日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年11月11日午後4時。

2010/07/01
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

2010年6月22日 (火)

武田オート(有)[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1908号)

武田オート(有)(札幌市東区北28条東21丁目101番13号)は6月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は福田直之弁護士(札幌総合法律事務所、札幌市中央区北5条西11丁目17-2)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年9月29日午前11時30分。

2010/06/30
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年6月21日 (月)

(株)平成建創[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1871号)

(株)平成建創(札幌市東区苗穂町12丁目2番8号)は6月21日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は綱森史泰弁護士(札幌市中央区南1条西9丁目 第2北海ビル3階)。

破産債権の届出期間は平成22年7月23日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月5日午後4時20分。

2010/06/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)ショップオーナメント中村[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1870号)

(株)ショップオーナメント中村(札幌市東区苗穂町12丁目2番8号)は6月21日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は綱森史泰弁護士(堀江・大崎・綱森法律事務所、札幌市中央区南1条西9丁目 第2北海ビル3階)。

破産債権の届出期間は平成22年7月23日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年10月5日午後4時。

2010/06/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年6月18日 (金)

(株)ジョイワークス[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1855号)

(株)ジョイワークス(札幌市豊平区豊平2条1丁目1番1号)は6月18日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は八十島保弁護士(札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル9階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は10月14日午後1時30分。

2010/06/28
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)余澤陸送[札幌市]

余澤陸送が自己破産申請へ

余澤陸送(札幌市東区北41東1の1の29)は、18日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は1億円で、自己破産を申請する予定だ。

1972年11月設立の同社は、札幌市内の鉄工所や鋼材メーカーを得意先に鉄構関連の運送を手掛けていた。99年3月期には1億1000万円の売り上げを計上していたが、2009年同期は7000万円にダウンしていた。

北海道建設新聞
2010/06/25
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第2093号)

(有)余澤陸送(札幌市東区北41条東1丁目1番29号)は7月7日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は竹間朗子弁護士(札幌市中央区大通西11丁目4番地 登記センタービル4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は10月14日午後4時15分。

2010/07/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年6月17日 (木)

(株)高拓建設[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1601号)

(株)高拓建設(札幌市西区西野4条6丁目8番1号)は6月17日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は澤田昌廣弁護士(楡法律事務所、札幌市中央区北1条西10丁目 原田ビル5階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は10月5日午後3時。

2010/06/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年6月15日 (火)

(株)穴吹工務店札幌[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1846号)

(株)穴吹工務店札幌(札幌市中央区南1条西24丁目1番6号)は6月15日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は太田三夫弁護士(札幌市中央区大通西9丁目 キタコーセンタービルディング8階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は10月5日午前11時30分。

2010/06/21
http://kanpou.npb.go.jp/

2010年6月14日 (月)

(有)コムレード[旭川市]

破産手続開始(平成22年(フ)第247号)

(有)コムレード(旭川市東光10条9丁目1番2号)は6月14日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は皆川岳大弁護士(旭川総合法律事務所、旭川市3条通9丁目551番地2)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は8月25日午後3時50分。

2010/06/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(有)サワ・コーポレーション[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1791号)

(有)サワ・コーポレーション(札幌市中央区南7条西24丁目4番地)は6月14日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林眞紀世弁護士(パークフロント法律事務所、札幌市中央区大通西12丁目4 札幌大通ビル7階)。

破産債権の届出期間は平成22年7月14日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年9月15日午後4時30分。

2010/06/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)ノグチ[函館市(南茅部)]

運送業のノグチが事後処理を弁護士に一任

貨物自動車運送業のノグチ(函館市川汲町728)は、14日に事業を停止し、事後処理を藤原秀樹弁護士(函館市美原1丁目29の13)に一任した。東京商工リサーチ函館支店によると、負債額は約1億1000万円。

同社は2000年10月の創業。主に水産物の輸送を手掛け、ピーク時には2億円程度の売上高を計上していたが、近年は競合過多により売上高が減少。燃料の高騰もあり、資金繰りが悪化していたという。

北海道建設新聞
2010/06/18
http://e-kensin.net/

2010年6月11日 (金)

協同印刷(株)[美唄市]

破産手続開始(平成22年(フ)第87号)

協同印刷(株)(美唄市西1条南3丁目1番28号)は6月11日、札幌地裁岩見沢支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林佑介弁護士(八幡・林法律事務所、札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル6階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は9月10日午前11時。


2010/06/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩見沢支部)

日本天然素材(株)[網走市]

日本天然素材が事業を停止、近く自己破産申請へ

【網走】ホタテの貝殻を原料に焼成カルシウムを製造していた日本天然素材(網走市能取港町3の3の5)は事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。帝国データバンクによると、負債額は4億5000万円で、近く自己破産を申請する見通しだ。

同社は2004年3月の設立。焼成カルシウムを製造し、食品添加物として大手商社などを経由して販売していた。ベンチャーキャピタルなどからの出資を得て業容を拡大してきたが、設備投資や研究開発費などの負担を吸収できるまでの売り上げを確保できず、設立以来、毎期欠損計上を続けていたという。

北海道建設新聞
2010/06/12
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第38号)

日本天然素材(株)(網走市能取港町3丁目3番地5)は9月10日、釧路地裁網走支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は川瀬敏朗弁護士(オホーツク北斗ひまわり基金法律事務所、網走市南6条西2丁目4-1 フロムワンビル1階)。

破産債権の届出期間は平成22年10月8日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年12月15日午後1時30分。

2010/09/22
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所網走支部)

(株)北海ビル[網走市]

網走の北海ビルが民事再生法申請

【網走】網走市や北見市などでテナントビルを展開する不動産賃貸業の北海ビル(網走市)は16日までに、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。帝国データバンク北見支店によると、負債総額は約10億4000万円。

同社は1980年4月設立。網走市や北見市、オホーツク管内美幌町に貸しビルを所有し、駐車場経営も行った。ピーク時の96年9月期の売上高は約3億4000万円だったが、景気後退によるテナント倒産や不動産投資の失敗などで経営が悪化。2009年9月期の売上高は約1億2000万円まで落ち込んでいた。

北海道新聞
2010/06/16
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/237073.html

 

再生手続開始(平成22年(再)第8号)

(株)北海ビル(札幌市北区西茨戸2条1丁目10番7号)は6月25日、札幌地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成22年7月16日まで、一般調査期間は平成22年8月20日から平成22年9月3日まで。

2010/07/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年6月10日 (木)

(有)グリーンメディカル[上川町]

破産手続開始(平成22年(フ)第200号)

(有)グリーンメディカル(上川郡上川町南町2番地1、商業登記簿上の本店所在地上川郡上川町南町10番地)は6月10日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は川上義尚弁護士(八重樫法律事務所、旭川市1条通12丁目2082番地2)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は8月25日午後2時40分。


2010/06/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

国策工業(株)(旧・国策建設(株))[札幌市]

特別清算開始(平成22年(ヒ)第9号)

国策工業(株)(札幌市白石区南郷通20丁目北3番28号)は6月10日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

2010/06/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 
同社は1938年創業、63年の設立。建築は農業用倉庫や貯蔵庫、工場などの大型物件を主力とし、土木では公共工事に関する受注が多かった。03年5月期には52億2456万円を売り上げたが、以降は公共事業削減と市況悪化による設備投資減少の影響を受け、08年5月期の売り上げは33億9584万円にとどまった。

借入負担が資金繰りを圧迫したため、3月1日には会社分割により新たに「国策建設」を設立、工事部門を譲渡し、同時に商号を「国策工業」に変更した。新たに設立された国策建設の営業は継続されている。東京商工リサーチによると、2009年11月期時点の負債総額は12億3611万円。

2010/06/22
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

(株)日本環境循環機構[札幌市]

民事再生法の適用を申請

産業廃棄物処理業者の日本環境循環機構(小樽市銭函4丁目161の7)は10日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、同日監督命令を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は7億5000万円。

同社はボーリング工事のほっかい(札幌市北区)が2000年7月に設立。医療消耗品や家庭ごみ、プラスチック廃材などの処理を行い、舗装用樹脂ブロックの開発などを手掛けていた。しかし、実質的に稼働したのは小樽市銭函に工場を建設した07年6月からで、事業が軌道に乗るまでには至らなかった。この間、ほっかいが資金支援をしていたが、ほっかいが09年7月に事業を停止し、任意整理に入ったことから連鎖した。

帝国データバンクによると、現在、道内企業がスポンサーとして名乗りを上げて交渉中という。

北海道建設新聞
2010/06/23
http://e-kensin.net/

 

再生手続開始(平成22年(再)第7号)

(株)日本環境循環機構(札幌市中央区南22条西10丁目5番1号)は7月5日、札幌地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成22年6月8日まで、一般調査期間は平成22年7月13日から平成22年7月27日まで。

2010/07/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 

保全管理命令・再生計画不認可(平成22年(再)第7号)

(株)日本環境循環機構(札幌市中央区南22条西10丁目5番1号)は6月24日、札幌地裁から保全管理命令・再生計画不認可決定を受けた。(民事再生法174条2項2号該当:再生計画が遂行される見込みがない)。

保全管理人は桶谷和人弁護士(植物園法律会計事務所、札幌市中央区北2条西10丁目1-6 アーデンコート植物園1401)。

2011/07/05
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年6月 7日 (月)

(株)クリエイティブ・ビジョン[札幌市]

再度の資金ショート

広告制作業のクリエイティブ・ビジョン(札幌市中央区南1条西22丁目1番3号)は6月7日までに再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約9000万円。

パッケージや広告のデザインを主力としていたが、平成18年6月期以降は受注が減少。業績低迷の打開策として保冷ケースの製造も開始したが、思うように販売が伸びず、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2010/06/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)スティリー[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1750号)

(有)スティリー(札幌市中央区南3条西8丁目11番4号)は6月7日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は吉田康紀弁護士(中山博之法律事務所、札幌市中央区大通西13丁目 パシフィックレジデンス大通公園2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は9月15日午前11時30分。

2010/06/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年6月 3日 (木)

(株)巧建装[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1720号)

(株)巧建装(札幌市東区北35条東26丁目3番22号)は6月3日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は伊藤隆道弁護士(札幌市中央区南1条西12丁目 新永ビル2階)。

破産債権の届出期間は平成22年7月8日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年9月14日午後4時。

2010/06/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 

破産手続きの開始決定受ける

巧建装(札幌市東区北35条東26丁目3の22)が、3日に札幌地裁から破産手続き開始決定を受けていたことが明らかになった。帝国データバンクによると、負債額は1億4800万円。

同社は1993年7月に設立。マンションや商業施設、病院など大型建築の大工工事を請け負い、建具なども手掛けていた。2009年3月期には、13億9700万円の売上高を計上していたが、その後、急激な受注不振に陥り、資金繰りが悪化していたという。

北海道建設新聞
2010/06/12
http://e-kensin.net/

(株)日高マンキ[新ひだか町静内]

破産手続開始(平成22年(フ)第1631号)

(株)日高マンキ(日高郡新ひだか町静内山手町1丁目4番1号)は6月3日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は後藤雄則弁護士(誠信法律事務所、札幌市中央区南1条西10丁目4番地 南大通ビルアネックス4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は9月15日午後2時。

2010/06/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年6月 1日 (火)

(有)ペイントナカシズ[石狩市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1064号)

(有)ペイントナカシズ(石狩市花川北2条6丁目54番地)は6月1日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は平岩篤郎弁護士(札幌市中央区大通西12丁目 あいおい損保札幌大通ビル)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年9月7日午後1時30分。

2010/06/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)測図社[旭川市]

事後処理を弁護士に一任

測図社(旭川市南5条通22丁目1975の326)は1日、業績不振から事後処理を金子利治弁護士(旭川市2条通9丁目)に一任した。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は1億9000万円(2009年9月期)。

1985年創業、88年設立の測量設計業者。従業員18人。札幌と苫前に営業所を置き、上川管内をはじめ道内各地で設計、測量、積算など公共事業の委託業務を受注。2億円を超える売り上げを確保していた。近年は公共投資削減の影響から、09年9月期の売上高は約1億7800万円に落ち込んでいた。

北海道建設新聞
2010/06/05
http://e-kensin.net/

(株)クレビス[札幌市]

クレビスが自己破産を申請

クレビス(札幌市中央区北3条西24丁目2の12)は1日、札幌地裁に自己破産を申請した。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は1億3000万円。

同社は1984年1月に設立。携帯端末向けの気象情報サービスなど、環境や気象観測、調査にかかわるソフトウエア開発を手掛け、2006年8月期には2億3800万円の売上高を計上していた。しかし近年は景気低迷に加え、北海道開発局からの受注が急減し、09年8月期は1億900万円までダウン。大幅な欠損計上などで債務超過となっていたもようだ。

北海道建設新聞
2010/06/03
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第1709号)

(株)クレビス(札幌市中央区北3条西24丁目2番12号)は6月7日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は鈴木一嗣弁護士(札幌市中央区北2条西13丁目1番地1 K2BLD6階)。

破産債権の届出期間は平成22年7月9日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年9月16日午前10時45分。

2010/06/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »