« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

(有)ライジング[札幌市]

弁護士一任

タイヤ・自動車部品販売のライジング(札幌市東区東苗穂6条2丁目11番15号)は1月29日までに事業を停止し、事後処理を渡邊太郎弁護士(札幌市中央区大通西9丁目)に一任した。負債総額は約3000万円。

平成18年3月期に北欧のメーカーのタイヤに欠陥が発生したことなどもあり赤字を計上。以降も業績悪化に歯止めが掛からず、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2010/02/08
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)島牧建設[島牧村]

島牧建設が自己破産申請

島牧建設(島牧村千走80の3)は1月29日、函館地裁に自己破産を申請した。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は約1億6000万円。申し立て代理人は富岡俊介弁護士(札幌市中央区大通西10)ほか。

同社は1962年9月設立の土木工事業者。主に島牧村や後志支庁など発注の道路・河川改修を元請けや下請けで受注していたほか、骨材などの運送業を手掛け、ピークの99年4月期には6億9400万円の売上高を上げていた。しかし、公共工事の減少などから受注が低迷し、2007年4月期の売上高は1億8800万円に低下。厳しい資金状況が続いていたという。

北海道建設新聞
2010/02/03
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第42号)

島牧建設(島牧郡島牧村字千走80番地の3)は2月16日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は堀田剛史弁護士(菅原法律事務所、函館市新川町23-1 函新ビル)。

破産債権の届出期間は平成22年3月26日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年5月27日午前11時30分。

2010/03/01
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

カネホシ干野漁業(株)[釧路市]

自己破産を申請

沖合底引き網漁業のカネホシ干野漁業(株)(釧路)は1月29日、釧路地裁に自己破産を申請した。帝国データバンク釧路支店によると、負債総額は約12億円。

同社は1912年(大正元年)創業。北洋サケ・マス漁を主体に操業を続けたが、200カイリ時代を迎えて沖合底引き網漁に転換。スケソウダラやマダラなどを水揚げしてきた。だが、96年の新しい漁獲量制限制度の導入に伴い収益が悪化。2009年6月期は3億5000万円を売り上げていたものの、債務超過の体質から抜け出せず、決済難に陥った。従業員は16人。

北海道新聞
2010/02/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/213365.html

(株)ユニオン[石狩市]

事業を停止し破産申請へ

外壁材製造販売のユニオン(石狩市新港西1丁目719番地10)は1月29日までに事業を停止し、事後処理を吉川正也弁護士らに一任した。今後は破産を申し立てる予定だという。東京商工リサーチによると、負債額は約8億円。

同社は1972年8月の設立。外壁材製造販売を主体に住設機器販売や車両のボディー製造、リフォーム工事も手掛け、本州にも販路を広げていた。ピークとなった96年6月期の売り上げは51億4994万円。以後は需要低下や主力取引先からの受注減によって減収基調に転じ、2009年3月期の売り上げは16億3895万円に落ち込んだ。また06年3月期から4期連続で赤字が続くなか再建に取り組んできたが回復がみられず、事業の継続を断念したという。

2010/02/01
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第248号)

(株)ユニオン(石狩市新港西1丁目719番地10)は2月2日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は高橋剛弁護士(誠信法律事務所、札幌市中央区南1条西10丁目4番地 南大通ビルアネックス4階)。

破産債権の届出期間は平成22年3月19日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年6月18日午後1時30分。

2010/02/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年1月28日 (木)

(株)SAP[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第3570号)

(株)SAP(札幌市中央区南1条東3丁目10-6)は1月28日、名古屋地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は西脇明典弁護士(名古屋市中区錦1丁目20番8号 カーニープレイス名古屋伏見ビル7階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年5月12日午後4時。

2010/02/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(名古屋地方裁判所民事第2部)

2010年1月27日 (水)

(株)KAZ-FOOD[函館市]

破産手続開始(平成21年(フ)第504号)

(株)KAZ-FOOD(函館市入舟町5番13号)は1月27日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は藤田裕弁護士(エスト法律事務所、東京都豊島区西池袋2丁目29番19号 KTビル9階)。

破産債権の届出期間は平成22年2月24日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月30日午前11時。

2010/02/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(東京地方裁判所民事第20部)

(株)中央堂[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第4001号)

(株)中央堂(札幌市東区北46条東9丁目3番1号)は1月27日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は八代眞由美弁護士(河谷・八代法律事務所、札幌市中央区大通西5丁目11番地 大五ビル5階)。

破産債権の届出期間は平成22年3月1日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年5月21日午前11時。

2010/02/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)翔工社/(有)リミテッド[札幌市]

翔工社が事業停止

翔工社(札幌市中央区北1東7の80の14)と同社の100%子会社リミテッド(同)が事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。帝国データバンク札幌支店によると、自己破産を申請する見込みで、負債額は2社合わせて約1億円。

翔工社は1989年8月に創業、90年に法人改組した。地元建設会社や大手ゼネコンの下請けを中心に商業施設や病院などの改修、解体などを手掛け、2009年5月期には4億2000万円の売上高を計上していた。

北海道建設新聞
2010/01/27
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第237号・第238号)

(株)翔工社(札幌市中央区北1条東7丁目80番14)・(有)リミテッド(同)は2月1日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は荻野一郎弁護士(札幌市中央区大通西12丁目 あいおい損保・札幌大通ビル6階)。

翔工社の破産債権の届出期間は平成22年3月19日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年5月19日午前10時。

2010/02/10
2010/02/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年1月22日 (金)

(株)山セ火石商店[新ひだか町静内]

破産手続開始(平成22年(フ)第53号)

(株)山セ火石商店(日高郡新ひだか町静内御幸町6丁目3番63号)は1月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は花形満弁護士(札幌市中央区大通西9丁目1番地1 大通公園ビル4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年5月11日午後1時30分。

2010/02/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)塩見薬局[栗山町]

破産手続開始(平成21年(フ)第255号)

(有)塩見薬局(夕張郡栗山町中央3丁目7番地)は1月22日、札幌地裁岩見沢支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は清水智弁護士(札幌市中央区南3条西10丁目 54山京ビル7階)。

破産債権の届出期間は平成22年2月24日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月23日午前11時。

2010/02/01
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩見沢支部)

2010年1月18日 (月)

北海道観光(株)[釧路市]

破産手続開始(平成22年(フ)第4号)

北海道観光(株)(釧路市芦野5丁目15番17号)は1月18日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は簑島弘幸弁護士(稲澤優法律事務所、釧路市鶴ヶ岱1丁目10-47)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月21日午後4時。

2010/01/27
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)

(有)オフィスワシオ[旭川市]

破産手続開始(平成21年(フ)第646号)

(有)オフィスワシオ(旭川市豊岡11条8丁目7番11号)は1月18日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林孝幸弁護士(旭川市2条通9丁目 道銀ビル6階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月22日午後1時30分。

2010/01/27
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

2010年1月15日 (金)

(株)クリーンサービス道央[江別市]

再度の資金ショート

産業廃棄物収集運搬のクリーンサービス道央(江別市緑町西1丁目107番地2)は1月15日までに再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1億円。

運搬業のほか解体業も兼業し、札幌市内の中堅建設業者からの受注を主体としていたが、収益は低調に推移していたため資本蓄積も進まず、資金繰りは余裕のない状態が続いていた。

東京商工リサーチ
2010/01/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

2010年1月14日 (木)

(株)R&D・システムズ[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第4332号)

(株)R&D・システムズ(札幌市中央区南7条西14丁目2番21-706号)は1月14日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は斎藤陽子弁護士(札幌市中央区大通西10丁目南大通ビル2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月21日午前10時30分。

2010/01/28
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)旭ホテル[洞爺湖町(虻田)]

自己破産を申請

(株)旭ホテル(資本金1000万円、虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉91、代表白井一貫氏)は、1月14日に札幌地裁室蘭支部へ自己破産を申請した。

申請代理人は開本英幸弁護士(札幌市中央区南1条西12丁目 新栄ビル6階)。

当社は、1954年創業、63年12月に法人改組した温泉ホテル経営業者。73年6月に現在の本店所在地に新館(客室数50室)を建設し、名称を「旭旅館」から「旭ホテル」へ変更し、89年3月期決算では年収入高約2億5000万円を計上していた。

しかし、2000年3月の有珠山の噴火によって約5カ月間の休業を余儀なくされたほか、湖畔に面していない地理的なハンディ、大型ホテルとの価格競争激化などから、収入高は年々減少していた。

2008年7月には北海道洞爺湖サミットが開催され、一時的に宿泊者は増加したがその効果は長続きせず、景気低迷の影響から最近では年収入高も1億円程度にとどまるなど、厳しい経営状況が続き、先行きの見通しも立たないことから今回の措置となった。

負債は約5億円。
(帝国データバンク)

外食ドットビズ
2010/01/18
http://www.gaisyoku.biz/pages/credit/credit_details.cfm/86.2

 

破産手続開始(平成22年(フ)第2号)

(株)旭ホテル(虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉91番地)は1月18日、札幌地裁室蘭支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山崎昌彦弁護士(田中・山崎法律事務所、札幌市中央区大通西4丁目1 道銀ビル9階)。

破産債権の届出期間は平成22年2月18日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月12日午後3時。

2010/01/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年1月13日 (水)

(有)神田書店[函館市]

破産手続開始(平成21年(フ)第24434号)

(有)神田書店(函館市万代町14番28号)は1月13日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は須崎利泰弁護士(阿部・井窪・片山法律事務所、東京都中央区八重洲2丁目8番7号 福岡ビル9階)。

破産債権の届出期間は平成22年2月10日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月22日午前10時。

2010/01/27
http://kanpou.npb.go.jp/
(東京地方裁判所民事第20部)

(株)三永[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第15号)

(株)三永(札幌市東区北15条東15丁目3番7号)は1月13日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は村上英治弁護士(札幌市中央区大通南10丁目 南大通ビル2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は4月20日午前10時。

2010/01/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)ピースウェブ[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第4274号)

(株)ピースウェブ(札幌市西区発寒8条5丁目2番2-101号)は1月13日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は中込律子弁護士(野田信彦法律事務所、札幌市中央区大通南13丁目4番地 札幌ABEビル4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は5月11日午前10時。

2010/01/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年1月12日 (火)

(株)妹尾商店[釧路市]

妹尾商店が破産を申請 負債10億円

【釧路】スーパー経営の妹尾商店(釧路市)は12日、自己破産を釧路地裁に申請した。帝国データバンク釧路支店によると、負債総額は約10億9200万円。

同社は1961年創業で77年に法人化した。セオチェーングループとして食料品などを販売。釧路市内を中心に一時期7店舗を展開し、近年のピークとしては2004年2月期に35億9200万円の売上高があった。

しかし、設備投資に伴う借入金が膨らむ中で、大手スーパーとの競争が激化した。市内の5店舗に減らすなどして、経営改善を目指したが、2009年2月期の売り上げは20億1000万円に落ち込み、3期連続で赤字となっていた。

北海道新聞
2010/01/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/209724.html

 

破産手続開始(平成22年(フ)第1号)

(株)妹尾商店(釧路市新橋大通1丁目2番15号)は1月12日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は荒井剛弁護士(釧路市幸町6丁目1-2)。

破産債権の届出期間は平成22年3月12日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月21日午後2時30分。

2010/01/20
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)

北海道メーター工業(株)[札幌市]

破産手続開始(平成22年(フ)第10号)

北海道メーター工業(株)(札幌市白石区菊水9条2丁目4番18号)は1月12日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は須田布美子弁護士(鈴木貞司法律事務所、札幌市中央区北1条西10丁目 札幌弁護士会館6階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月21日午後2時。

2010/01/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)丸ア阿部商店[札幌市]

特別清算開始(平成21年(ヒ)第34号)

清算株式会社 (株)丸ア阿部商店(札幌市白石区流通センター7丁目9番35号)は1月12日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

2010/01/22
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年1月11日 (月)

大竹土木基礎(株)[帯広市]

事後処理を弁護士に一任

【帯広】大竹土木基礎(帯広市西7南31の2)は11日に事業を停止し、事後処理を斉藤道俊弁護士(帯広市東3南14)に一任した。25日にも破産手続き開始を申請する。東京商工リサーチ帯広支店によると、負債総額は約1億4000万円。

同社は1981年創業の土木工事会社。大型掘削機を所有し、管内や道内外で基礎工事、掘削工事を手掛け、1992年8月期にはピークととなる6億5444万円の売り上げを計上した。しかし、公共事業の削減や民間設備投資の落ち込みに伴い、2009年8月期の売り上げは9699万円に落ち込んでいた。

北海道建設新聞
2010/01/13
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成22年(フ)第10号)

大竹土木基礎(株)(帯広市西7条南31丁目2番地)は1月27日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は中島和典弁護士(帯広市東8条南8丁目1)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月22日午前11時25分。

2010/02/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

2010年1月 8日 (金)

(有)ヘアークリエイト研究所[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第4132号)

(有)ヘアークリエイト研究所(札幌市豊平区平岸4条6丁目1番28号)は1月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は神戸俊昭弁護士(札幌市中央区南1条西11丁目 コンチネンタルビル6階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月22日午後1時30分。

2010/01/19
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)中澤[恵庭市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1号)

(有)中澤(恵庭市恵み野北5丁目1番1)は1月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は川村昭範弁護士(楡法律事務所、札幌市中央区北1条西10丁目 原田ビル5階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は4月13日午前10時。

2010/01/19
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年1月 7日 (木)

(株)花田電気工業[札幌市]

再度の資金ショート

電気工事の花田電気工業(札幌市豊平区月寒東2条3丁目5番18号)は1月7日までに再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約7000万円。

市況悪化による受注減少から減収基調となり、過去の赤字で債務超過の状態であった。

東京商工リサーチ
2010/01/18
http:/www.tsr-net.co.jp/

2010年1月 5日 (火)

丸十運輸(株)[帯広市]

破産手続開始(平成22年(フ)第1号)

丸十運輸(株)(帯広市西2条南25丁目9番地)は1月5日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は木野村英明弁護士(帯広市大通南9丁目4番地 帯広大通ビル1階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月22日午前11時40分。

2010/01/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

遠藤商事(株)[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第4232号)

遠藤商事(株)(札幌市中央区南1条西27丁目1番4-508号)は1月5日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は斎藤正道弁護士(札幌市中央区南3条西12丁目 東和ビル4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成22年4月19日午前10時。

2010/01/14
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2010年1月 4日 (月)

道南興発(株)[札幌市]

弁護士一任

砂利採取・販売の道南興発(札幌市北区北39条西5丁目2番8号)は1月4日、事後処理を菊地克保弁護士(札幌市中央区北1条西19丁目)に一任した。負債総額は約1億9000万円。

平成19年に当時の代表者が死去したことから営業が弱体化。その後は公共事業の削減による砂利需要の低迷もあって減収に歯止めが掛からなくなり、事業継続を断念した。

東京商工リサーチ
2010/01/11
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)小樽シーフーズ海商/(株)小樽海商/(株)シーフーズ海商[小樽市]

小樽「海商」事業停止 2スーパー 4日で閉店

【小樽】生鮮魚介類販売の小樽シーフーズ海商(小樽)は31日、小樽と札幌にある会員制スーパー「バッタランド」2店舗を4日で閉店し、事業を停止することを決めた。2店の店舗運営やレストラン経営などの関連会社3社とともに任意整理する方向で、事後処理を弁護士に任せる。東京商工リサーチ小樽支店によると、2008年12月期決算時の負債総額は38億8500万円。

同社は1996年3月、小樽市銭函に安売りスーパー「シーフーズ海商」を開業。安さと伊藤社長自ら店頭に立つ対面商法で年々売り上げを伸ばした。08年10月に札幌市北区新川に会員制の「バッタランド」をオープンし、09年1月には銭函店も会員制へ移行した。08年12月期には年商70億円に達したが、事業拡大が裏目に出て資金繰りが悪化していた。

スーパー以外でも札幌・ススキノなどにレストラン3店(銭函店は閉鎖済)を経営し、ネット通販にも力を入れたが、09年春に経営危機がうわさされ、一部の取引業者が商品供給を一時ストップ。全従業員をいったん解雇して再雇用するなど立て直しを図っていた。

社長は取材に対し「一度失った信用を取り戻せなかった。ギフト用商品の売り上げが半減し、万策尽きた」と話した。関連会社を含めた従業員120人は解雇する予定。

「バッタランド」の2店舗は元日と2日は休み、3、4日に閉店セールを行う。会員約3万人の入会金500円については「09年秋に会員以外も入店可能にした際、還元セールを実施済み」として、会員に還元を終えたとの認識を示している。

北海道新聞
2010/01/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

海商が任意整理へ 負債総額は60億円

【小樽】生鮮魚介類販売の小樽シーフーズ海商(小樽)は5日、同社の関連会社2社とともに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチ小樽支店によると、負債総額は3社合わせて約60億円。今後はいずれも任意整理を進める見通しだ。

関連会社はレストラン2店運営の小樽海商(同)と、4日に閉店した会員制スーパー「バッタランド」2店運営のシーフーズ海商(小樽)。弁護士によるとレストラン2店は年末年始休業中だが、比較的負債の少ないシーフーズ海商に営業権を移し、負債を整理して事業再開の道を探る方針という。

北海道新聞
2010/01/05
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »