« (株)アドカップ[札幌市] | トップページ | 道南興発(株)[札幌市] »

2010年1月 4日 (月)

(株)小樽シーフーズ海商/(株)小樽海商/(株)シーフーズ海商[小樽市]

小樽「海商」事業停止 2スーパー 4日で閉店

【小樽】生鮮魚介類販売の小樽シーフーズ海商(小樽)は31日、小樽と札幌にある会員制スーパー「バッタランド」2店舗を4日で閉店し、事業を停止することを決めた。2店の店舗運営やレストラン経営などの関連会社3社とともに任意整理する方向で、事後処理を弁護士に任せる。東京商工リサーチ小樽支店によると、2008年12月期決算時の負債総額は38億8500万円。

同社は1996年3月、小樽市銭函に安売りスーパー「シーフーズ海商」を開業。安さと伊藤社長自ら店頭に立つ対面商法で年々売り上げを伸ばした。08年10月に札幌市北区新川に会員制の「バッタランド」をオープンし、09年1月には銭函店も会員制へ移行した。08年12月期には年商70億円に達したが、事業拡大が裏目に出て資金繰りが悪化していた。

スーパー以外でも札幌・ススキノなどにレストラン3店(銭函店は閉鎖済)を経営し、ネット通販にも力を入れたが、09年春に経営危機がうわさされ、一部の取引業者が商品供給を一時ストップ。全従業員をいったん解雇して再雇用するなど立て直しを図っていた。

社長は取材に対し「一度失った信用を取り戻せなかった。ギフト用商品の売り上げが半減し、万策尽きた」と話した。関連会社を含めた従業員120人は解雇する予定。

「バッタランド」の2店舗は元日と2日は休み、3、4日に閉店セールを行う。会員約3万人の入会金500円については「09年秋に会員以外も入店可能にした際、還元セールを実施済み」として、会員に還元を終えたとの認識を示している。

北海道新聞
2010/01/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

海商が任意整理へ 負債総額は60億円

【小樽】生鮮魚介類販売の小樽シーフーズ海商(小樽)は5日、同社の関連会社2社とともに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチ小樽支店によると、負債総額は3社合わせて約60億円。今後はいずれも任意整理を進める見通しだ。

関連会社はレストラン2店運営の小樽海商(同)と、4日に閉店した会員制スーパー「バッタランド」2店運営のシーフーズ海商(小樽)。弁護士によるとレストラン2店は年末年始休業中だが、比較的負債の少ないシーフーズ海商に営業権を移し、負債を整理して事業再開の道を探る方針という。

北海道新聞
2010/01/05
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (株)アドカップ[札幌市] | トップページ | 道南興発(株)[札幌市] »

03 後志」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/33799321

この記事へのトラックバック一覧です: (株)小樽シーフーズ海商/(株)小樽海商/(株)シーフーズ海商[小樽市]:

« (株)アドカップ[札幌市] | トップページ | 道南興発(株)[札幌市] »