« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

北洋コンサルタント(株)[苫小牧市]

北洋コンサルタントが事業停止

【苫小牧】北洋コンサルタント(苫小牧市光洋町1の2の2)は、4月30日付で事業を停止し、事後処理を壬生賢哉弁護士(苫小牧市表町2の1)に一任した。帝国データバンク苫小牧支店によると、負債総額は3億300万円。近く近く自己破産申請をする見通し。

同社は1962年設立の建設・補償コンサルタント業者。道路などの測量・調査設計のほか、区画整理などの建設コンサル、土地所有者の公共用地取得に伴う損失補償コンサルを手掛けていた。ピーク時の2003年3月期には5億100万円の売り上げを計上していたが、公共事業削減や同業者との競合激化で、08年3月期は2億7900万円に減少。受注状況が回復せず、先行きの不透明さもあり、事業継続を断念したという。

北海道建設新聞
2009/05/01
http://e-kensin.net/

(株)第一写真工芸[釧路市]

自己破産申請

【釧路】第一写真工芸(釧路市愛国東4の12の7)は、4月30日付で事業を停止し、同日釧路地裁へ自己破産を申請した。申請代理人は小笠原寛弁護士(釧路市住吉2の13)。帝国データバンク釧路支店によると、負債額は約1億3000万円。

同社は1979年創業、84年に法人改組した商業写真業者。ゼネコンなどを主な得意先とし、建築写真、航空写真、道路状況調査写真の撮影などを手掛けていた。2000年3月期には売上高約3億1400万円計上したが、建設不況下での需要低迷に加え、競合による単価引き下げも強いられ、08年3月期には売上高が約1億2800万円まで落ち込んでいたという。

北海道建設新聞
2009/05/02
http://e-kensin.net/

(有)大進建設[帯広市]

破産手続きの開始決定受ける

【帯広】大進建設(帯広市西24南2の12の3)は、4月30日に釧路地裁帯広支部から破産手続き開始決定を受けた。東京商工リサーチ帯広支店によると、負債総額は約1300万円。

同社は、大進企業の労務部門として季節労働者を雇用し、専属の下請けとして稼働。2008年3月期には売上高約6000万円を計上していたが、親会社の大進企業が4月30日に破産手続き開始を申し立てたことで、連鎖する形となった。

北海道建設新聞
2009/05/22
http://e-kensin.net/

(株)ナルミ[乙部町]

ナルミが経営破たん 自己破産申請へ

建設資材系商社のナルミ(乙部町館浦)が30日、資金繰りに行き詰まり事実上倒産した。5月中旬にも裁判所に自己破産を申請する。3月末時点での負債総額は約45億円。同社を含むグループ7社の負債総額は約70億円に上るが、今後の調査で金額が膨らむ可能性がある。同日、記者会見した社長は、景気悪化に伴う売上低迷、取引先に対する多額の貸付金が焦げ付いたことが原因と説明したが、金融機関や取引先企業は、商取引の実態が無い融通手形の振り出しや不透明な資金の流れがあると激しく反発。今後の破産手続きは難航も予想される。

社長、専務、土谷修一弁護士が、同社で開いた記者会見で明らかにした。社長は、景気低迷による業績悪化、関係企業に対する融資の焦げ付き、工事発注に伴う前渡金などの資金回収が困難になったことが破たんの原因と述べた。具体的な融資先、取引先、金額などの明言しなかった。

同社によると、資金繰りの悪化に伴い、商取引の実態が無い融通手形を企業間で振り出していた。業績が悪化し始めた2007年ごろから常態化したという。振り出し先の企業が金融機関などで現金化したが、新たな融通手形で資金を確保するという自転車操業に陥った。手形の一部は金融業者などに流出し実態がつかめないという。

同社は1912年創業。59年に会長が乙部製材として法人化。90年に社名変更。木材や骨材などの資材販売、建設、健康食品販売など多角化を進め、檜山管内最大の企業グループに成長。08年度の売上高は50億円弱。健康食品などの通販事業部は1日、同社の常務が設立する新会社が事業継承する。

グループ会社は、乙部町の丸善産業、丸協石油をはじめ、江差町や八雲町に建設会社や採石会社など7社ある。丸協石油と丸善産業は事業継続の方向。同社とグループ会社7社の従業員数は約60人。継続企業を除く約45人は30日付で解雇。建設部門では150人規模の季節労働者が雇用先を探している。

また、道南では建設業者を中心に、同社の傘下にある企業も数十社程度ある。同社が1回目の不渡りを出した3月30日以降、関係先の3社が事実上倒産。事業休止や廃業した企業も複数ある。1億円超の工事代金が支払われていない下請企業も複数あり、連鎖倒産の拡大が懸念されている。

30日には乙部町が、寺島光一郎町長をトップに課長級職員で構成する「緊急経済雇用対策会議」を設置。離職者の再就職支援や生活安定対策に当たる。檜山支庁でも高橋則克支庁長をトップに「ナルミ関連経済・雇用緊急対策会議」を設置し、連鎖倒産防止や雇用対策の検討に入った。江差町も4月21日に対策本部を立ち上げている。

函館新聞
2009/05/01
http://www.ehako.com/news/news2008a/4223_index_msg.shtml

(有)本間構造建築設計事務所[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第1371号)

(有)本間構造建築設計事務所(札幌市中央区南6条東2丁目2番地)は4月30日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は高田周一郎弁護士(村上英治法律事務所、札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年7月21日午後4時30分。

2009/05/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2009年4月28日 (火)

北日本技研(株)[岩見沢市]

北日本技研が事業停止

【岩見沢】北日本技研(岩見沢市志文町923の19)は、4月28日付で事業を停止した。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は2008年3月期時点で約5億3600万円。

同社は1985年4月に設立。官公庁を得意先に土木設計、調査、測量を受注してきた。99年3月期の年収入高は8億1300万円だったが、公共事業減少の影響で06年3月期は3億1600万円に減少。その後も業績は回復せず、過去の借入金なども負担になっていたという。

北海道建設新聞
2009/05/02
http://e-kensin.net/

(株)マル五鈴木工務店[苫小牧市]

破産手続開始(平成21年(フ)第105号)

(株)マル五鈴木工務店(苫小牧市高砂町2丁目2番9号)は4月28日、札幌地裁苫小牧支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林賢一弁護士(札幌市中央区南1条西10丁目3番地 南1条道銀ビル4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年7月23日午後3時30分。

2009/05/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

2009年4月27日 (月)

(株)大進企業[帯広市]

事業停止し事後処理を弁護士に一任

【帯広】大進企業(帯広市西20北2の6)は、27日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチ帯広支店によると、負債額は金融債権2億円を含む3億2000万円で、30日に破産手続き開始を申し立てる予定という。

同社は1977年2月設立の土木工事業者。下請けが中心だが、帯広市からの受注実績もあった。完工高は、2006年3月期が4億8150万円、07年同期が5億1389万円、08年同期が4億9669万円と5億円前後で推移してきたが、受注単価の低迷に加え機械設備の負担もあり、収益面で厳しい状況になっていたもようだ。

北海道建設新聞
2009/04/29
http://e-kensin.net/

(有)熊谷[幕別町]

事後処理を弁護士に一任

【帯広】建築工事業者の熊谷(幕別町相川475の9)は4月27日、事業を停止し、事後処理を村上英二弁護士(帯広市東11南9)に一任した。東京商工リサーチ帯広支店によると、負債総額は約5000万円。

同社は1980年の設立。農業施設工事を手掛け、地元建設業者からの下請けを主体にピーク時の2002年12月期は、1億9520万円の売上高を計上していた。その後は同業他社との競合で受注が低迷。08年同期は売上高が約2000万円に落ち込んだ。今期に入っても厳しい運営が続き、事業継続を断念したという。

北海道建設新聞
2009/05/01
http://e-kensin.net/

2009年4月24日 (金)

(有)辻建設工業[江差町]

辻建設工業が2回目の不渡り

【函館】辻建設工業(江差町本町110)は、資金繰りに行き詰まり4月24日に2回目の不渡りを出した。東京商工リサーチ函館支店によると、負債総額は約1億2000万円。ナルミの経営行き詰まりによる連鎖。

同社は1945年創業、66年設立の土木建築工事業者。公共工事や地元建設業者の下請けなどを手掛け、ピークの95年3月期には3億5475万円の売上高を計上していた。その後は受注低迷が続き、2008年度3月期の売上高は1億6000万円だった。

北海道建設新聞
2009/05/02
http://e-kensin.net/

(学)テクノプール学園[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第1338号)

(学)テクノプール学園(札幌市中央区南10条西1丁目13-49)は4月24日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は桶谷和人弁護士(植物園法律会計事務所、札幌市中央区北2条西10丁目1番地6 アーデンコート植物園1401)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年6月23日午後3時。

2009/05/14
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2009年4月23日 (木)

(株)普門塾[札幌市]

普門の飲食会社、事業停止

経営破綻した旅行会社、普門エンタープライズ(札幌)のグループ会社で、飲食店経営の普門塾(同)は二十三日、事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。

近く、自己破産を申請する予定で、従業員八十二人は解雇する。東京商工リサーチ北海道支社によると、負債総額は約十三億円。

同社は一九八九年四月に設立。札幌市内で居酒屋「炙屋(あぶりや)」四店やカニ料理の「雪華亭」二店などを展開。昨年末には富良野市内にも炙屋を開店した。

二〇〇八年四月期には十四億二千七百万円を売り上げたが、改装に伴う借り入れ負担や景気悪化などで利益が低迷。普門エンタープライズの破綻に伴い、仕入れ先への早期支払いを強いられたことなどで資金繰りが悪化した。

普門エンタープライズは三月二十三日に札幌地裁に自己破産を申請した。

北海道新聞
2009/04/24
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/161044.html

オロロン観光(株)[羽幌町]

オロロン観光が自己破産申請

【留萌】オロロン観光(羽幌町緑町6の2)は4月23日、旭川地裁に自己破産を申請した。申請代理人は林孝幸弁護士(旭川市2条通9)。帝国データバンク旭川支店によると、負債は約1億7000万円。

3月30日に同地裁から破産手続き開始決定を受けたマキタ産業、羽幌石油のグループ企業。1973年の設立で、羽幌オロロンカントリークラブを経営していたが、利用客の減少から収入が低迷。先行きの見通しが立たず資金調達が限界に達したという。

北海道建設新聞
2009/05/02
http://e-kensin.net/

(有)山口工芸[札幌市]

再度の資金ショート

建具製作・工事の山口工芸(札幌市東区北47条東17丁目1番26号)は4月23日までに再度の資金ショートを起こし行き詰まりが表面化した。

今年に入ってからは受注が大幅に落ち込み、資金繰りが限界に達した。

東京商工リサーチ
2009/05/11
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)紺俊組[江差町]

2回目の不渡りで事実上倒産

【函館】土木建築工事業者の紺俊組(江差町中歌町197の11)は、4月23日に2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。東京商工リサーチ函館支店によると、負債総額は約5億円。

同社は1931年に創業し、83年に法人化した。公共工事などを主体に、ピークだった99年3月期には8億5300万円の売上高があったが、公共工事削減などの影響から低迷。2007年3月期の売上高は3億1558万円まで減少していた。

北海道建設新聞
2009/05/02
http://e-kensin.net/

本間建設工業(株)[江差町]

事後処理を弁護士に一任

【函館】本間建設工業(江差町愛宕町88)は、4月23日に2回目の不渡りを出し、事後処理を土谷修一弁護士(東京都中央区銀座6の13の4)に一任した。東京商工リサーチ函館支店によると、負債総額は約1億5000万円。ナルミの経営行き詰まりの影響を受けた。

同社は1960年創業、75年設立の土木建築工事業者。公共工事を主体に受注し、ピークの97年3月期には4億2880万円の売上高を計上していた。その後は受注低迷がが続き、2008年度3月期の売上高は1億8000万円だった。

北海道建設新聞
2009/05/02
http://e-kensin.net/

2009年4月22日 (水)

(株)郡組[稚内市]

破産を申し立て

【稚内】郡組(稚内市港1の2の3)は22日、旭川地裁に破産申し立てをした。代理人は坂口唯彦弁護士(札幌)。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は約3億2600万円。

同社は1938年創業の建築業者。住宅の新築や増改築を手掛け、92年3月期には15億2300万円の売上高を確保していた。しかし、無理な受注や本社ビル取得に伴う費用負担が厳しかったことから、道内大手住宅メーカーから支援を受け、再建を図ってきた。最近は住宅市況の低迷で利益が出せず、後ろ盾になっていた住宅メーカーの経営破綻もあり、今回の事態となったという。

北海道建設新聞
2009/04/24
http://e-kensin.net/

2009年4月21日 (火)

(株)セイホウ[江別市]

セイホウが自己破産申請

セイホウ(江別市大麻桜木町33の3)は21日、札幌地裁に自己破産を申請した。帝国データバンクによると、負債額は1億8000万円。

同社は1990年1月設立の貨物自動車運送業者。大手運送業者の下請けを中心に軽トラックによる貨物運送を手掛けてきた。2005年から山菜の水煮製造も始め、08年5月期には4億1000万円の売上高を計上していた。

北海道建設新聞
2009/04/22
http://e-kensin.net/

北興企業(有)[苫小牧市]

破産手続開始(平成21年(フ)第101号)

北興企業(有)(苫小牧市入船町2丁目2番10号、商業登記簿上の本店所在地札幌市厚別区もみじ台南3丁目16番地1)は4月21日、札幌地裁苫小牧支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は中野正敬弁護士(弁護士法人小寺・松田法律事務所苫小牧事務所、苫小牧市表町2丁目1-14)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年8月27日午前10時30分。

2009/05/01
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

2009年4月20日 (月)

日邦建設工業(株)[札幌市](6年ぶり2回目)

事業停止し弁護士一任

日邦建設工業(札幌市白石区平和通6南3の4)は、20日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチ道支社によると、負債額は2008年3月期で約3億円、破産を申し立てる予定という。

同社は、03年4月に関連会社の債務保証も含めた54億円の負債を抱えて民事再生手続き開始決定を受けている。最盛期には87億円の売上高を明らかにしていたが、再生計画に基づき人員削減、道外拠点からの撤退など事業規模を縮小して立て直しを図ってきた。しかし受注が確保できず、08年4月期の売上高は4億2835万円と低迷。09年同期も3億円程度となり、資金調達が限界に達したという。

北海道建設新聞
2009/04/24
http://e-kensin.net/

栄木合板(株)[旭川市]

破産手続開始(平成21年(フ)第148号)

栄木合板(株)(旭川市東旭川北3条5丁目1番30号)は4月20日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は八重樫和裕弁護士(旭川市1条通12丁目2082番2)。

破産債権の届出期間は平成21年5月22日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年7月15日午後3時10分。

2009/04/30
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(有)小川興業[札幌市]

再度の資金ショート

運送の小川興業(札幌市手稲区前田11条10丁目16番6号)
は4月20日、再度の資金ショートを起こし行き詰まりが表面化した。負債総額は約1200万円。

建設市況の冷え込みが激しさを増したなかで、新たな受注確保が難しくなったことから、資金繰りが悪化していた。

東京商工リサーチ
2009/04/27
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)インプラス[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第1198号)

(株)インプラス(札幌市東区北18条東8丁目1番2号)は4月20日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は伊藤めぐみ弁護士(札幌市中央区大通西14丁目1-9 ダイアパレス大通701)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年7月22日午前10時。

2009/05/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

相互木材(株)[札幌市]

破産手続きの開始決定受ける

相互木材(札幌市豊平区美園1の5の3の)は20日、札幌地裁に自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は5億2000万円。

同社は1950年に創業、51年に法人改組。木材や建材の販売、製材を手掛けていたほか、戸建て住宅、マンションの内装も行っていた。2003年12月期の売上高は9億7800万円だったが、08年同期は6億7300万円まで減少していた。

北海道建設新聞
2009/04/21
http://e-kensin.net/

2009年4月17日 (金)

(株)ハンドメイドファニチャー[石狩市]

ハンドメイドファニチャーが事業停止

ハンドメイドファニチャー(石狩市新港東2の16の7)は、17日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチ道支社によると、負債額は1億5000万円。

同社は1988年4月設立の家具製造販売業者。システムキッチン、洗面化粧台、壁面収納棚などの制作や内装を手掛けていた。2007年2月期には2億5000万円の売上高を計上していたが、08年同期は1億9300万円までダウン。収益も悪化し、資金繰りに行き詰まった。

北海道建設新聞
2009/04/21
http://e-kensin.net/

帯広車輛塗装(協)[帯広市]

破産手続開始(平成21年(フ)第79号)

帯広車輛塗装(協)(帯広市西22条北1丁目5番地)は4月17日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は村山敬樹弁護士(帯広市西2条南7丁目17番地 ハヤカワビル3階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年7月16日午後4時20分。

2009/05/07
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)東拓[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第1161号)

(株)東拓(札幌市北区篠路1条8丁目6番87号)は4月17日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は三春裕嗣弁護士(冨岡公治法律事務所、札幌市中央区大通西10丁目 南大通ビル5階)。

破産債権の届出期間は平成21年5月18日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年7月14日午後2時。

2009/04/27
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)共和アセットコーポレーション[旭川市]

事後処理を弁護士に一任

共和アセットコーポレーション(旭川市6条通6の27の2)は17日、事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチ旭川支社によると、負債総額は2008年9月時点で16億9300万円。うち割引手形は10億100万円。

1983年設立の同社は手形割引を主体に証書貸付、手形や小切手の担保貸付など事業者向け貸金業務を展開。08年9月期の売上高は約2億円だった。近年は景気低迷に伴い、手形流通量が減少するなどで経営環境が厳しくなり、経営に行き詰まった。

北海道建設新聞
2009/04/22
http://e-kensin.net/

2009年4月15日 (水)

笠井鋼設(株)[札幌市]

再度の資金ショート

鋼構造物工事の笠井鋼設(札幌市中央区南11条西18丁目1458番地28)は4月15日、再度の資金ショートを起こし行き詰まりが表面化した。負債総額は約7000万円。

不安定な受注状況となり、しばしば赤字計上を余儀なくされていた。加えて一部業者からの回収が困難になったことで資金繰りが悪化。その後も回復の兆しが見られず資金繰りが限界に達した。

東京商工リサーチ
2009/04/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

吉田建設(株)[北見市]

業務停止、事後処理を弁護士に一任

【北見】吉田建設(北見市新生町58の66)は15日付で業務を停止し、事後処理を川瀬敏朗弁護士(網走)に一任した。東亜リサーチによると、負債総額は約2億1000万円で、今後、破産申請をする見通し。

同社は1966年創業、71年に法人化した土木工事業者。砂利などの骨材や生コンの販売、宅地分譲など不動産事業も手掛け、2009年2月期の年商は3億9000万円だった。建設市況の冷え込みで、取扱高が大きく落ち込み、採算面でも低迷。大口不良債権の発生や不動産の在庫負担などで資金繰りが厳しく、事業継続を断念したという。

北海道建設新聞
2009/04/17
http://e-kensin.net/

2009年4月10日 (金)

(有)おだこんぶ[釧路市]

破産手続開始(平成21年(フ)第114号)

(有)おだこんぶ(釧路市大町6丁目4番6号)は4月10日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は小西憲臣弁護士(釧路市富士見2丁目1-35)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は7月15日午後3時。

2009/04/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)

(株)藤田建設工業所[滝上町]

藤田建設工業所が自己破産を申請

【北見】藤田建設工業所(滝上町滝ノ上市街地2条通2の17)は10日付で、旭川地裁に自己破産申請をした。東亜リサーチによると、負債総額は1億3800万円。

同社は1930年創業、64年に法人化した老舗の土木工事業者。主に官公庁工事を受注し、94年には3億円超の完工高を上げていた。しかし、公共工事の削減で、08年の年商は1億6795万円とピーク時から半減。工事で大口欠損金が発生し、資金繰りが急速に悪化していたという。

北海道建設新聞
2009/04/14
http://e-kensin.net/

2009年4月 9日 (木)

(有)北伸舗道[札幌市]

再度の資金ショート

舗装工事の北伸舗道(札幌市厚別区厚別西3条5丁目2番24号)は4月9日、再度の資金ショートを起こし行き詰まりが表面化した。負債総額は約1900万円。

近年は単年度黒字は確保していたが、平成20年1月期は売上高が落ち込み、その後も受注確保に苦戦し、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2009/04/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)北辰商事[江差町]

2回目の不渡り

【函館】骨材・燃料販売の北辰商事(江差町砂川11の3)は、4月9日に2回目の不渡りを出し、行き詰まりが表面化した。東京商工リサーチ函館支店によると、負債総額は約5億円。

同社は1978年に創業し、81年に法人化した。地場建設業者を中心に骨材や燃料を販売。ピークだった95年12月期には4億7800万円の売上高があったが、地元での公共工事削減などの影響から、2007年12月期の売上高は2億8177万円まで減少していた。

北海道建設新聞
2009/05/02
http://e-kensin.net/

(株)フジワ[函館市]

2回目の不渡りで事実上倒産

【函館】土木建築資材販売のフジワ(函館市柏木町36の10)は、4月9日に2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。東京商工リサーチ函館支店によると、負債総額は約3億1000万円。

同社は1984年の設立。ピークだった96年2月期には18億6296万円の売上高があったものの、公共工事削減などの影響から低迷。2008年2月期の売上高は4億8241万円まで減少していた。

北海道建設新聞
2009/05/02
http://e-kensin.net/

(株)東央[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第1132号)

(株)東央(札幌市白石区栄通13丁目1番32号)は4月9日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林佑介弁護士(八幡・林法律事務所、札幌市中央区大通西10丁目南大通ビル6階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は7月8日午後2時。

2009/04/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)サン・リケン[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第1090号)

(株)サン・リケン(札幌市手稲区新発寒7条3丁目1番3号)は4月9日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は吉田康紀弁護士(中山博之法律事務所、札幌市中央区大通西13丁目 パシフィックレジデンス大通公園2階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は7月14日午後1時30分。

2009/04/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)国策[札幌市]

民事再生手続きの申し立て

造園・土木工事の国策(札幌市豊平区月寒東2条16丁目1の89)が9日、札幌地裁に民事再生手続きの申し立てをした。東京商工リサーチ道支社によると、負債総額は約16億円。

同社は 1951年創業の老舗造園業者。道内をはじめ東京や仙台に出先があり、官公庁やゼネコンなどから緑地や公園、道路の維持管理を受注していた。

98年1月期には28億3893万円の売上高があったが、2008年3月期は18億9288万円に減少。資金繰りのめどが立たなくなった。

北海道建設新聞
2009/04/10
http://e-kensin.net/

2009年4月 8日 (水)

(有)エムアンドケイ[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第5653号)

(有)エムアンドケイ(札幌市西区宮の沢2条5丁目1番41号)は4月8日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は奥田博司弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年5月7日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年7月24日午前10時30分。

2009/04/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(東京地方裁判所民事第20部)

2009年4月 7日 (火)

平田商事(有)[音更町]

弁護士一任

板金工事の平田商事(河東郡音更町大通3丁目2番地)は4月7日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2500万円。

住宅需要の低迷や同業他社との競合から売上高は落ち込み、収益性も妙味ない推移を余儀なくされていた。こうしたなか、3月27日に破産した共成ユニコンと長谷川物産に対して焦げ付きが発生し、連鎖する形で今度の事態となった。

東京商工リサーチ
2009/04/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

2009年4月 6日 (月)

(医)社団西田内科[余市町]

破産手続開始(平成21年(フ)第1079号)

(医)社団西田内科(余市郡余市町大川町7丁目29番地)は4月6日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は末長宏章弁護士(札幌市中央区南1条西11丁目 コンチネンタルビル9階)。

破産債権の届出期間は平成21年5月7日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年7月9日午後2時30分。

2009/04/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)サンエイ資材[釧路市]

再度の資金ショート

土木資材販売のサンエイ資材(釧路市星が浦大通1丁目4番41号)は4月6日、再度の資金ショートを起こし行き詰まりが表面化した。負債総額は約1億7900万円(平成20年7月期時点)。

公共工事の削減、土木市況の低迷の影響を受け減収が続き、その後焦げ付きが散発したこともあり、厳しい資金繰りを強いられ今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2009/04/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)愛生の杜[津別町]

「ホテルフォレスター」指定管理者 「愛生の杜」が再生法申請 津別

【津別】町の温泉宿泊施設「ホテルフォレスター」の指定管理者「愛生(あいおい)の杜(もり)」が、民事再生法の適用を釧路地裁北見支部に申請し、保全命令を受けていたことが十八日分かった。信用調査会社の東亜リサーチ(北見)によると、負債総額は一億六千五百万円。営業は継続し、再建を目指す。

同社は一九九八年十月に鶴雅の杜として設立され、二〇〇一年十二月に商号を愛生の杜に変更した。〇六年四月に佐呂間町の宿泊施設「悠林館」と置戸町の温泉施設の指定管理者となったが、〇七年十一月に置戸町の施設から撤退。

〇七年十一月から津別町のホテルフォレスターの指定管理者となった。同町内でラーメン店「てん馬屋」も経営している。同年四月期売上高は一億五千万円を計上したが、設備投資に伴う借入金増加と入浴客の減少などで厳しい資金繰りが続いていた。

同社は債権者説明会を三十日午後一時半からホテルフォレスターで開く。

北海道新聞(オホーツク版)
2009/03/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

再生手続開始(平成21年(再)第1号)

(株)愛生の杜(網走郡津別町字相生312番地16)は4月6日、釧路地裁北見支部から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成21年5月7日まで、一般調査期間は平成21年6月8日から平成21年6月22日まで。

2009/04/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所北見支部)

(株)丸証[札幌市]

丸証が破産手続きの開始決定受ける

丸証(札幌市白石区東札幌3の5の1の20)は6日、札幌地裁から破産手続き開始決定を受けた。東京商工リサーチ道支社によると、負債額は25億円。

同社は1961年5月設立の金融業者。中小企業を中心にした不動産・証券担保融資、手形割引、信用貸し付けなどで、95年12月期には17億8200万円の売上高を計上していた。

しかし近年、手形流通の減少で取扱高が下降線をたどり、東京商工リサーチによると、2006年12月期の売上高は3億9060万円まで落ち込み、喜茂別町に所有していたパークゴルフ場の売却損計上もあり、3億8296万円の赤字となっていた。

その後も改正貸金業法施行による金利収入の低下で、08年12月期の売上高は1億円台まで激減、資金繰りが悪化していた。

北海道建設新聞
2009/04/08
http://e-kensin.net/

(有)しふ[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第1008号)

(有)しふ(札幌市南区南沢1条1丁目3番30号)は4月6日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は土屋俊介弁護士(札幌協和法律事務所、札幌市中央区南1条西10丁目 タイムスビル8階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は7月7日午前10時30分。

2009/04/14
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2009年4月 3日 (金)

(有)サッポロ製印[恵庭市]

破産手続開始(平成21年(フ)第948号)

(有)サッポロ製印(恵庭市大町3丁目4番3号)は4月3日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は川田浩一朗弁護士(すずらん基金法律事務所、札幌市中央区北1条西10丁目 札幌弁護士会館4階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は7月7日午前10時。

2009/04/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)ティクニーク・プラン[釧路市]

破産手続開始(平成21年(フ)第84号)

(有)ティクニーク・プラン(釧路市昭和中央1丁目23番4号)は4月3日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は梅地理弁護士(釧路市幸町7丁目2-6 ハーバーシティサトウ1階)。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は7月2日午後4時。

2009/04/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)

2009年4月 1日 (水)

(株)八起商事[千歳市]

八起商事が自己破産申請

【苫小牧】八起商事(千歳市梅ケ丘3の4の12)は1日、札幌地裁に自己破産を申請した。帝国データバンク苫小牧支店によると、負債額は1億1700万円。

同社は1971年に設立した店舗企画・設計、不動産代理・仲介業者。千歳や苫小牧など道央圏の複合商業施設の土地仲介を手掛け、2002年3月期には1億4700万円の売上高を計上していたが、08年同期は6000万円まで落ち込んでいた。

北海道建設新聞
2009/04/02
http://e-kensin.net/

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »