« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月29日 (木)

(有)ダイワ食品[留萌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第675号)

(有)ダイワ食品(留萌市五十嵐町1丁目4番25号)は1月29日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は小門史子弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年4月23日午後4時。

2009/02/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(株)協冷[紋別市]

水産加工の協冷 自己破産を申請

【紋別】水産加工業の協冷(紋別市港町一)は三十日までに旭川地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始の決定を受けた。信用調査会社の東亜リサーチ(北見)によると負債総額は約二億五千万円。

同社は一九七一年に設立。カニやホタテの加工を扱い、二〇〇三年二月期には九億七千万円を売り上げたが、市況の低迷が続き、〇八年二月期の売上高は四億七千万円まで落ち込んだ。

売り上げ減少にともない借り入れ依存度が上昇して資金繰りに行き詰まり、二十日に閉店、廃業していた。

北海道新聞(オホーツク版)
2009/03/31
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)滝川貨物[滝川市]/新日本資材(株)[三笠市]/砂川生コンクリート工業(株)[砂川市]

滝川貨物が民事再生手続き開始申し立て

生コン輸送の道内大手、滝川貨物(滝川市流通団地2の4の51)は29日、札幌地裁に民事再生手続き開始の申し立てをした。同日、関連会社で建設資材販売の新日本資材(三笠市岡山180)と、生コン製造販売の砂川生コンクリート工業(砂川市空知太西1の3の3の49)の2社は、破産手続き開始を申し立てた。

申立代理人はいずれも藤本明弁護士(札幌市中央区南1西10)ら2人。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債額は滝川貨物が8億円、新日本資材が5億2000万円、砂川生コンが4000万円。

滝川貨物は生コンを主体とする運送業者。生コンミキサー車を多数保有し、道内に加え、静岡や栃木にも拠点を持つ。近年は、道内大手の生コン製造業を顧客に受注を拡大し、2008年3月期には16億9500万円の売り上げを確保していた。

しかし、生コン輸送業は、近年の燃油価格上昇で経営が圧迫。運賃転嫁が進まない状況が続いていた。これに足元の生コン需要の大幅減が加わり、自力再建を断念したという。

ある同業者は「事業継続が不可能な低運賃が続いてきた。この影響が、ついに表面化した」と指摘する。突然の民事再生の申し立てに、荷主側関係者も今後の動向に不安を募らせる。特殊車両のミキサー車を多く保有する同社の今後の動向によっては、最需要期での車両不足による現場への輸送に懸念が生じている。

北海道建設新聞
2009/02/02
http://e-kensin.net/

 

破産手続きの開始決定受ける

滝川貨物(滝川市流通団地2丁目4-51)は15日、札幌地裁から破産手続き開始決定を受けた。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は約22億8800万円。

生コン運輸の道内大手。燃料高騰や運輸需要の大幅な落ち込みを受けて自力の再建を断念し、1月29日に民事再生手続きの開始を申し立てた。その後、「再生手続き案作成の見込みがない」として、同地裁が3月19日に民事再生廃止を決定。破産手続きの開始となった。

破産管財人は荻野一郎弁護士(札幌市中央区大通西12の4)。7月21日午前11時30分から同地裁で財産状況報告集会を開く。

北海道建設新聞
2009/04/22
http://e-kensin.net/

(株)丸井今井[札幌市]

再生法申請へ 負債総額470億円 消費低迷で業績悪化

経営再建中の丸井今井(札幌、畑中幸一社長)が自主再建を断念し、民事再生法の適用を申請する方針を固めたことが二十八日、明らかになった。負債総額は四百七十億円前後とみられる。同社は二〇〇五年に不採算部門を切り離す会社分割を実施。道内金融機関や大手百貨店・伊勢丹(東京)の支援で経営再建に取り組んできたが、消費低迷などで業績が悪化し、法的整理による経営破綻(はたん)に追い込まれた。

札幌本店の営業は継続するもようだが、旭川、函館、室蘭の地方三店舗の存廃や七百六十人の社員を含む従業員の処遇は明らかになっていない。二十九日にも役員会で正式決定し、裁判所に同法適用を申請する見通しだ。

丸井今井は経営再建に着手後、小樽、苫小牧、釧路の不採算三店舗を閉鎖する一方、旗艦の札幌本店で紳士、食品フロアなどの大型改装を相次ぎ実施して伊勢丹の運営ノウハウを注入しながら業績の改善を進め、五年後の一〇年に年商を一割伸ばして九百億円台に乗せる計画だった。

だが、個人消費の低迷や競争激化などで売上高は、逆に下降線をたどり、〇七年七月中間決算以降は赤字に転落。〇八年一月期は約四十三億円、同年七月期(六カ月の変則決算)は約九億円の純損失を計上、自己資本は五億円未満まで減少した。

このため、〇九年一月期(同)には債務超過に転落する恐れが出てきたほか、景気悪化で販売不振の長期化が懸念されることから、法的整理で抜本的な経営再建を目指す決断を下したとみられる。

北海道新聞
2009/01/29
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/maruiimai_news/48733.html

2009年1月28日 (水)

(株)岩商[札幌市]

事業停止し事後処理を弁護士に一任

岩商(札幌市北区新川4の10の6の14)は、28日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は1億5000万円、自己破産を申請する予定だ。

同社は、1993年8月に設立。米国、カナダ、チリなどから輸入した木材、水産物を販売していた。このほかにチリ産のアサード牛を食材として提供する「アサードレストランボルベール」を札幌市中央区で経営し、2004年9月期には5億4000万円の売上高を上げていた。しかし、住宅着工の落ち込みから木材需要が低迷し、07年9月期の売上高は4億4000万円までダウンするなど、資金繰りが悪化していたもようだ。

北海道建設新聞
2009/01/29
http://e-kensin.net/

2009年1月27日 (火)

(有)五十嵐重機[富良野市]

破産手続開始(平成20年(フ)第655号)

(有)五十嵐重機(富良野市6305番地の1)は1月27日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は富川泰志弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年3月19日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年4月30日午前11時。

2009/02/05
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

2009年1月26日 (月)

(株)五健ハウス[釧路町]

事務所を閉鎖し事後処理を弁護士に一任

五健ハウス(釧路町中央4の30の5)は26日に事務所を閉鎖し、事後処理を塚田渥弁護士(釧路市綜合法律事務所)に一任した。今後、破産申請する予定。東京商工リサーチ釧路支店によると、負債総額は約2億円。

同社は1987年設立の建築業者。個人を対象に、ピークの2000年4月期には、売上高6億8091万円を記録した。しかし、住宅市況低迷や競合激化で減収基調となり、08年4月期の売上高は2億7706万円に低下。保有する不動産の資金負担も含め、借入依存度の高い体質となっていた。

北海道建設新聞
2009/01/27
http://e-kensin.net/

2009年1月23日 (金)

陽光技研(株)[札幌市]

事業停止し事後処理を弁護士に一任

陽光技研(札幌市東区北28東20の3の10)は、事業を停止して事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチ道支社によると、負債額は4億3000万円、近日中に破産を申請する予定だ。

1979年5月設立の同社は、降雪センサー、ロードヒーティング、電気温風暖房機、水位監視装置などの製造販売を主軸に、ロードヒーティング工事も手掛けていた。 99年3月期には4億3800万円の売上高を上げていたが、2008年同期は2億3600万円までダウンしていた。

北海道建設新聞
2009/01/23
http://e-kensin.net/

(株)紋別ゴルフクラブ[紋別市]

自己破産申立て、負債総額7億8500万円

紋別カントリークラブ(会員数850人)を運営する(株)紋別ゴルフクラブはこのほど札幌地方裁判所に破産手続開始の申立てを行い、平成21年1月23日に破産手続開始決定を受けた。

同社によると負債総額は7億8552万円で、紋別ゴルフ場の今後の帰属先などは破産管財人(坂口唯彦弁護士=札幌市)による検討が進められているほか、債権者集会も開催される。

同社は1967年1月にゴルフ場の運営を目的に設立。当初からゴルフ場利用者は順調に増え続け、プレーの待ち時間も多くなり、利用者からホール増設の声が上がり、89年にコースを9ホール増設し、現在の18ホールで運営してきた。

93年度には3万人の利用者を記録したが、バブル経済崩壊後の景気低迷とともにゴルフ人口は年々減少。直近4年間では 2004年1万6228人、05年1万5223人、06年1万2520人、07年1万1161人と利用者減に歯止めがかからない状態が続いていた。

売上高も同様に、最盛期の94年には1億9700万円ほどだったが、07年度は8000万円にまで落ち込み、経常損失は425万円に達していた。申立て時における資産評価額は2億3652万円だった。

会員からの預託金返還要求も相次ぎ、今年は89年に入会した第一次正会員の預託金(合計1億7200万円)の返還期限となっており、今も返還請求が相次ぐことが予想されるが、同社では「現在の経営状態では到底、返還に応ずることができないことが明らかになりました。弊社を取り巻く経営環境に照らしますと、今後も営業成績の大幅な向上は見込める状況になく、生き残りをかけて民事再生手続きを利用したとしても、ゴルフ場利用者数の劇的な増大が実現できなければ、資金繰りがすぐ行き詰まることが明白なため、残念ですが破産の申立てを決意した」と今回の破産申立ての理由を話している。

なお、同社では債権者が856人に上がり、事務負担の重さや債権者集会場の確保などの事情を配慮した結果、札幌地裁に申立てを行ったとしている。

また、今後は札幌地裁から選ばれた破産管財人によって、同社の所有財産の管理、処分が進められるが、債権者に対する配当の有無や時期、ゴルフ場の帰属先などは破産管財人によって検討が進められ、今後開かれる債権者集会の中で破産管財人から報告されることになっている。

オホーツク新聞
2009/01/27
http://www.okhotsk-np.co.jp/

山一建設(株)[札幌市]

札幌の山一建設が再生法申請 負債38億円

建築工事道内中堅の山一建設(札幌)は二十三日、札幌地裁に民事再生手続きの開始を申し立てた。東京商工リサーチ北海道支社によると、負債総額は約三十八億円。

同社は一九五六年に創業。パチンコ店などの大型物件を積極的に手掛け、ピークの二〇〇六年一月期には八十二億七千万円の売上高があった。だが事業規模の拡大に対して、自己資本が手薄だったため、財務内容が急激に悪化。資金繰りのめどが立たず、法的整理を選択した。

北海道新聞
2009/01/23
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/142601.html

2009年1月22日 (木)

(有)タザキウッド工業[北斗市(上磯)]

破産手続開始(平成20年(フ)第671号)

(有)タザキウッド工業(北斗市東浜1丁目14番5号)は1月22日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は藤原秀樹弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年2月27日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成21年4月17日午前11時。

2009/02/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

(有)開発技建[岩見沢市]

破産手続開始(平成21年(フ)第7号)

(有)開発技建(岩見沢市緑町7丁目1番17号)は1月22日、札幌地裁岩見沢支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は神戸俊昭弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年2月23日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年4月24日午前10時。

2009/02/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩見沢支部)

2009年1月21日 (水)

信栄産業(有)[浦河町]

破産手続開始(平成21年(フ)第98号)

信栄産業(有)(浦河郡浦河町字上杵臼363番地の1)は1月21日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は谷田部尚弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年2月18日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年5月14日午前10時30分。

2009/02/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(東京地方裁判所民事第20部)

2009年1月20日 (火)

岡本建設(株)[幌延町]

破産手続開始(平成20年(フ)第610号)

岡本建設(株)(天塩郡幌延町2条南1丁目12番地)は1月20日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は中村元弥弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年4月16日午後3時30分。

2009/01/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

函館三菱自動車販売(株)[函館市]

破産手続き開始決定

三菱自動車系列の中堅自動車ディーラー、函館三菱自動車販売(函館市万代町22)は21日までに、函館地裁から破産手続き開始の決定を受けた。帝国データバンク函館支店によると、負債総額は2008年3月期時点で約12億9000万円。

同社は1928年10月に創業。89年2月には函館ギャラン自動車販売として設立され、同4月には別法人の函館自動車販売の商号を譲渡された。三菱製の新車販売を主力に、中古車販売や自動車修理なども手掛け、最盛期には函館市内や八雲町内に最大5店舗の営業拠点があった。

一方、2000年9月や、04年5月に相次いで発覚した三菱自動車のリコール隠し問題の影響が大きく、近年は営業面の不振に伴い次々と店舗を閉鎖。02年3月期には27億7000万円あった売り上げは、08年3月期には10億2300万円まで落ち込み、赤字決算を繰り返していた。

昨年末で実質的には事業を停止し、年明け以降も休業状態が続いていたが、今後の決済見通しが立たなくなり今回の事態となった。アフターサービスについては函館中央三菱自動車販売の各営業所が引き受ける。従業員約40人は昨年末で解雇した。

函館新聞
2009/01/22
http://www.hakodateshinbun.co.jp/

2009年1月19日 (月)

(有)岩木建設[小樽市]

破産手続開始(平成21年(フ)第1号)

(有)岩木建設(小樽市幸3丁目32番13号)は1月19日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は木場知則弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年3月13日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年4月22日午後3時。

2009/02/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所小樽支部)

(有)弟子屈ボーリング[弟子屈町]

破産手続開始(平成21年(フ)第2号)

(有)弟子屈ボーリング(川上郡弟子屈町桜丘1丁目2番10号)は1月19日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は簑島弘幸弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年4月24日午後4時。

2009/01/28
http://kanpou.npb.go.jp/
()釧路地方裁判所)

(有)マルトー東都商事[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第66号)

(有)マルトー東都商事(札幌市白石区東札幌2条3丁目5番43号)は1月19日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は龍山聴弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年2月19日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年4月15日午後3時30分。

2009/01/30
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2009年1月17日 (土)

高秀建設(株)[平取町]

事後処理を弁護士に一任

高秀建設(平取町荷菜85の5)は、17日までに事後処理を千葉悟弁護士(札幌市中央区大通西13)に一任した。同弁護士によると、負債額は現時点で1億4000万円で、今後は破産申し立てをする見込み。

北海道建設新聞
2009/01/20
http://e-kensin.net/

2009年1月16日 (金)

(有)サードワイルド[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第31号)

(有)サードワイルド(札幌市中央区南1条東2丁目3番地1 NKCビル3階)は1月16日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は内藤裕次弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年4月15日午前10時30分。

2009/01/27
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

蝦名林業(株)[深川市]

深川の蝦名林業が自己破産を申請 負債総額16億円

【深川】ピアノ用製材や集成材製造の蝦名林業(深川)は十六日までに、旭川地裁に自己破産を申請した。東京商工リサーチ旭川支店などによると、負債総額は約十六億円。従業員九十一人は解雇の見込み。

同社は一九三五年創業で、楽器のヤマハ(静岡県浜松市)の専属工場として道産材を利用したピアノの楽器材で業績を拡大。集成材なども手掛け、ピークの八五年には約七十六億円の売り上げがあった。しかし近年は楽器材の採算性が悪化、住宅需要も冷え込んだため、二〇〇八年六月期の売上高は約十四億円まで落ち込んでいた。

北海道新聞
2009/01/17
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/141268.html
 

住宅需要低迷響く 蝦名林業自己破産 従業員再就職が課題
【写真説明】破産申し立てが明らかとなった蝦名林業。看板にはヤマハピアノの文字がある 掲載 2009/01/17

 

2009年1月14日 (水)

水口建設(株)[旭川市]

事業停止し、事後処理を弁護士に一任

建築工事の水口建設(旭川市9条通13)が14日に事業を停止し、事後処理を馬場正昭弁護士(札幌市中央区大通西11)に一任した。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は約2億5000万円で、近く旭川地裁に破産手続きを申し立てる見込み。

同社は1986年設立。過去には大手ゼネコンの下請けでマンションの施工などをしていたが、20年前から一般住宅に移行した。オリジナル住宅「レンガハウス」で知名度を高め、最盛期の96年12月期には15億円超の完工高があった。 しかし、最近は住宅市況の冷え込みから年間4、5億円と低迷。資金繰りが苦しくなり、今回の事態となったという。

北海道建設新聞
2009/01/15
http://e-kensin.net/

大和プラント建設(株)[札幌市]

事業停止し、事後処理を弁護士に一任

大和プラント建設(札幌市中央区南3西12の325)は14日に事業停止し、事後処理を舛田雅彦弁護士ら2人に一任した。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は約3億円で、今後自己破産を申請する見込み。

同社は1990年5月設立。各種プラントや工場のベルトコンベヤー、リサイクル機器などの設計、製作、取り付けを主業務とするほか、付帯する管・電気工事も手掛け、2006年4月期の売上高は約5億2200万円を計上していた。得意先が官製談合問題で指名停止処分を受けた影響などから受注が伸び悩み、08年4月期売上高は約2億円に減少。従来から財務面がぜい弱なことから、余裕のない資金繰りを余儀なくされていたという。

北海道建設新聞
2009/01/15
http://e-kensin.net/

2009年1月13日 (火)

(株)タムラ自動車工業[苫小牧市]

破産手続開始(平成20年(フ)第352号)

(株)タムラ自動車工業(苫小牧市日吉町1丁目4番36号)は1月13日、札幌地裁苫小牧支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林賢一弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年4月21日午後4時。

2009/01/22
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

(有)ミヤモト商会[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第21号)

(有)ミヤモト商会(札幌市中央区界川3丁目6番18号)は1月13日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は伊藤めぐみ弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年4月14日午前10時30分。

2009/01/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2009年1月 8日 (木)

(有)大東興業[札幌市]

再度の資金ショート

とび工事の大東興業(札幌市豊平区月寒東5条11丁目6番1号)は1月8日、再度の資金ショートを起こし行き詰まりが表面化した。負債総額は約4000万円。

近年は主力受注先の不振によって売り上げは低迷していた。

東京商工リサーチ
2009/01/19
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)アドバンテクノ工房[札幌市]

再度の資金ショート

管工事のアドバンテクノ工房(札幌市白石区川下2168番地1)は1月8日、再度の資金ショートを起こし行き詰まりが表面化した。負債総額は約6300万円。

受注を維持してきたが、かねてから収益性の低さもあり、資金繰りに支障をきたした。

東京商工リサーチ
2009/01/19
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)奥井建業[札幌市]

再度の資金ショート

建築工事の奥井建業(札幌市厚別区厚別町山本751番地18)は1月8日、再度の資金ショートを起こし行き詰まりが表面化した。負債総額は約1億円(平成20年3月期時点)。

近年は住宅新築需要が鈍化したため売り上げは低下し、慢性的な赤字により債務超過の状態に陥っていた。

東京商工リサーチ
2009/01/19
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)丸〆富永商店[網走市]

弁護士に処理一任

東亜リサーチ(北見)によると、丸〆富永商店(網走市北7条東1丁目7、資本金1000万円)は1月8日までに今後の処理を川瀬哲朗弁護士(網走・オホーツク北斗ひまわり基金法律事務所)に一任し、事実上、行き詰まりが表面化した。

今後、法的措置を含め整理入りの意向だが、飲食部門として手掛けていた炉端「五十集屋」については事業を続けるとしている。

負債総額は2億5000万円とみられる。

2009/01/15
http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

丸吉鐵工(株)[札幌市]

破産手続きの開始決定受ける

札幌の老舗鉄骨加工業者、丸吉鉄工(札幌市西区発寒12の13の1の1)は8日、札幌地裁から破産手続き開始決定を受けた。Hグレードの認定工場を持つ大手で、今期は大型建築の受注が好調だっただけに衝撃が広がっている。業界関係者は、道央に10社あるHグレードのファブリケーター(鉄骨加工業者)の一角が崩れたことで、「現在進行している大型建築の鉄骨納期に影響を与える可能性がある」とみている。

帝国データバンク札幌支店によると、債権者約122人に対し負債額は約17億円。破産管財人は坂本泰朗弁護士(札幌市中央区南1西10)。債権届け出期間は2月9日まで。財産状況報告集会は4月9日午後1時半から。

1929年創業の道内大手ファブ。大手ゼネコンを顧客とし、鉄骨の組み立てや製作を請け負い、ピークの91年12月期には売上高50億7600万円を上げていた。

その後、建設投資の減少から受注が伸び悩み、債務超過状態にあったが、不動産売却などで立て直し、再建を図った。2007年12月期の売上高は、建築基準法改正の影響などで18億2000万円まで落ち込んだが、同社社員によると、今期は大型建築物件を含め、加工の受注を多数抱え、「順調にいけば(売上高は)27億円程度まで回復する見込みだった」と話す。

ただ、設計部門担当者の退職などで人材不足に陥り、予想を上回る物件受注に工場側の加工体制が追いつかず、製作工程が破たん状態にあったもよう。同社社員は「今後は納期の対応も難しく、続けたとしても負担は増加する。経営者は、これらを判断したのだろう。受注が好調だっただけに非常に残念だ」と悔しさをにじませる。業界関係者は、大型物件も含め受注も好調だった老舗企業の破たんに「正直びっくりした」と、驚きを隠さない。

大型建築の鉄骨加工は、その案件をゼネコンが複数のファブに分割発注する場合が多く、丸吉鉄工の受注案件にも、そうしたものが含まれる。すでに工場は停止していて、製作済みの部分は、破産管財人を通じ売却されるとみられる。残受注分は、他のファブに再発注する必要が生じるが、「Hグレードの多くは、同様に工程が詰まっていて、受注余力は大きくない。その扱いによっては、現場への納期に響く可能性が高い」と関係者は指摘する。

北海道建設新聞
2009/01/09
http://e-kensin.net/

2009年1月 7日 (水)

双葉商事(株)[岩見沢市]

破産手続開始(平成20年(フ)第262号)

双葉商事(株)(岩見沢市4条西12丁目3番地6)は1月7日、札幌地裁岩見沢支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は坂口唯彦弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年4月24日午前10時30分。

2009/01/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩見沢支部)

(有)プロスパァショップ沖[白糠町]

破産手続開始(平成20年(フ)第426号)

(有)プロスパァショップ沖(白糠郡白糠町西庶路東1条南2丁目3番20)は1月7日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年3月6日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年3月26日午後4時。

2009/01/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)

2009年1月 6日 (火)

(有)パレット[札幌市]

破産手続開始(平成21年(フ)第2号)

(有)パレット(札幌市中央区大通西16丁目3-12錦興産ビル7F)は1月6日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は多田絵理子弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年2月6日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年3月31日午後1時30分。

2009/01/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)ロードサービス[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第4363号)

(株)ロードサービス(札幌市東区北23条東1丁目4番11号、商業登記簿上の本店所在地札幌市東区北23条東1丁目3番12号)は1月6日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は吉岡直樹弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年3月31日午前10時。

2009/01/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)ハマガタ木材[釧路町]

事後処理を弁護士に一任

ハマガタ木材(釧路町木場1の10の11)は6日、事後処理を岸田昌洋弁護士(札幌市中央区南1西13)に一任した。東京商工リサーチ釧路支店によると、負債総額は約6500万円。

木材・建材卸の同社は、1991年創業、94年3月法人化。釧路管内の工務店などを相手に事業展開し、97年3月期には1億3720万円の売上高を計上していた。その後、建築市況の低迷や同業他社との競争激化などで、2008年3月期の売上高は6500万円前後にまで落ち込んでいたという。

北海道建設新聞
2009/01/08
http://e-kensin.net/

2009年1月 5日 (月)

(有)片桐工業[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第4336号)

(有)片桐工業(札幌市南区藤野4条8丁目283番地94)は1月5日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は酒井謙弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年2月6日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年3月24日午後3時。

2009/01/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2009年1月 4日 (日)

(株)石郷[旭川市]

事業停止し事後処理を弁護士に一任

土木資材販売の石郷(旭川市工業団地3の2)が事業を停止し、4日に事後処理を金子利治弁護士(旭川市2条通9)に一任した。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は約1億1700万円。

同社は1976年創業。旭川をはじめ宗谷、北網管内に販路をつくり、最盛期となる91年3月期には3億4500万円の完工高を確保していた。しかし、工事量の減少で需要が低迷。2008年3月期の完工高は2億円を下回り、3期連続で赤字を計上していたという。

北海道建設新聞
2009/01/07
http://e-kensin.net/

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »