« (株)飛鳥札幌機設[札幌市] | トップページ | (株)伸興開発工業[札幌市] »

2008年8月29日 (金)

エー・アイ・エム(株)[北広島市]

民事再生法の適用を申請

金属造形物・建築装飾物製作のエー・アイ・エム(北広島市大曲工業団地5丁目2番地5)は8月29日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。申請代理人は田中宏弁護士(札幌市中央区南1条西10丁目)。監督委員は山崎昌彦弁護士(札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀ビル9階)。帝国データバンクによると、負債総額は約26億9000万円(平成20年7月期末時点)。

同社は昭和41年7月創業、42年1月の設立。モニュメントやオブジェなどの金属造形物、建築装飾物のデザイン、設計、製作、取り付け工事を手がけ、ピーク時の平成5年3月期には48億9575万円をあげていた。しかし、近年は受注単価が伸び悩み売り上げは徐々に減少、平成20年3月期の売上高は約19億6800万円まで落ち込んでいた。またこの間、資材価格の高騰で収益が圧迫され欠損を散発。さらに過去の設備投資負担や未収金の発生などで、借り入れ負担は重く財務内容は悪化していた。

なお、債権者説明会を9月8日午後4時よりウェルシティ札幌(北海道厚生年金会館)で開催予定。

 

破産手続開始(平成20年(フ)第3818号)

エー・アイ・エム(株)(北広島市大曲工業団地5丁目2番地5)は11月11日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山崎昌彦弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年1月16日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年3月10日午後2時。当庁平成20年(再)第14号民事再生事件において再生債権の届出をした者は、破産債権の届出をすることを要しない。

2008/11/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

« (株)飛鳥札幌機設[札幌市] | トップページ | (株)伸興開発工業[札幌市] »

01 石狩」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/46237544

この記事へのトラックバック一覧です: エー・アイ・エム(株)[北広島市]:

« (株)飛鳥札幌機設[札幌市] | トップページ | (株)伸興開発工業[札幌市] »