« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

みずかみ産業(株)[北斗市(上磯)]

事業停止し事後処理を弁護士に一任

【函館】みずかみ産業(北斗市飯生1の13の30)は、8月31日に事業を停止し、事後処理を熊谷義郎弁護士(函館市深堀町5の2)に一任した。帝国データバンク函館支店によると、負債額は4億1400万円で、任意整理をする見込み。

同社は1969年4月の設立。大手セメント会社の販売店としてセメントやアスファルトなどの販売を手掛け、99年12月期には売上高約7億8100万円を計上していた。その後、公共工事削減により受注が減少。2008年5月期は約7億5000万円まで回復したものの、原油や原材料の高騰による低収益、設備投資に伴う借入金負担が重く、資金繰りが逼迫(ひっぱく)していたもよう。

北海道建設新聞
2008/09/03
http://e-kensin.net/

東洋建設工業(株)[札幌市]

事業停止し事後処理を弁護士に一任

東洋建設工業(札幌市東区北34東5の3の16)は、8月31日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。帝国データバンク札幌支店によると、自己破産を申請する見通しで、負債額は1億7000万円が見込まれている

同社は1972年4月に設立。戸建て住宅の新築や増改築、配管などを手掛け、2003年12月期には売上高2億1000万円を計上していた。しかし、07年同期は1億1000万円までダウン、収益面も低調に推移し、資金繰りに余裕がなかったもよう。

北海道建設新聞
2008/09/06
http://e-kensin.net/

2008年8月30日 (土)

ニッポーグラストン(株)[函館市]

事業停止し事後処理を弁護士に一任

【函館】ニッポーグラストン(函館市的場町16の21)は、8月30日に事業を停止し、事後処理を藤原秀樹弁護士(函館市美原1の29の13)に一任した。帝国データバンクによると、負債額は8月末時点で約2億2975万円。

同社は1977年に設立。軽量骨材やろ過材に利用されるグラストンの販売を手掛け、99年9月期には約1億6500万円の売上高を計上した。しかし、公共工事の減少や住宅着工数の伸び悩みで受注が減少。低収益に加え、近年は連続欠損を計上するなど、資金繰りが逼迫(ひっぱく)していたという。

北海道建設新聞
2008/09/06
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成20年(フ)第539号)

ニツポーグラストン(株)(函館市的場町16番21号、商業登記簿上の本店所在地函館市的場町24番4号)は10月14日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は小林紀一郎弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年11月14日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成20年12月18日午前11時。

2008/10/22
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

2008年8月29日 (金)

まつだ食品工業(株)[釧路市]

破産手続開始(平成20年(フ)第268号)

まつだ食品工業(株)(釧路市鳥取南7丁目2番15号)は8月29日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は那知哲弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月26日午前10時30分。

2008/09/09
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)

北海道パレット販売(株)[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2908号)

北海道パレット販売(株)(札幌市東区北丘珠5条4丁目732番39号)は8月29日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は佐々木潤弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年9月29日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年12月2日午前11時30分。

2008/09/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)伸興開発工業[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2891号)

(株)伸興開発工業(札幌市北区新琴似10条12丁目4番18号)は8月29日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は村上英治弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年10月3日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月26日午後1時30分。

2008/09/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 

【写真説明】自己破産を知らせる張り紙が出された札幌市北区の建設会社。景気悪化で今後、企業倒産が増える恐れは強い 掲載 2008/10/29

 

エー・アイ・エム(株)[北広島市]

民事再生法の適用を申請

金属造形物・建築装飾物製作のエー・アイ・エム(北広島市大曲工業団地5丁目2番地5)は8月29日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。申請代理人は田中宏弁護士(札幌市中央区南1条西10丁目)。監督委員は山崎昌彦弁護士(札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀ビル9階)。帝国データバンクによると、負債総額は約26億9000万円(平成20年7月期末時点)。

同社は昭和41年7月創業、42年1月の設立。モニュメントやオブジェなどの金属造形物、建築装飾物のデザイン、設計、製作、取り付け工事を手がけ、ピーク時の平成5年3月期には48億9575万円をあげていた。しかし、近年は受注単価が伸び悩み売り上げは徐々に減少、平成20年3月期の売上高は約19億6800万円まで落ち込んでいた。またこの間、資材価格の高騰で収益が圧迫され欠損を散発。さらに過去の設備投資負担や未収金の発生などで、借り入れ負担は重く財務内容は悪化していた。

なお、債権者説明会を9月8日午後4時よりウェルシティ札幌(北海道厚生年金会館)で開催予定。

 

破産手続開始(平成20年(フ)第3818号)

エー・アイ・エム(株)(北広島市大曲工業団地5丁目2番地5)は11月11日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山崎昌彦弁護士。

破産債権の届出期間は平成21年1月16日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成21年3月10日午後2時。当庁平成20年(再)第14号民事再生事件において再生債権の届出をした者は、破産債権の届出をすることを要しない。

2008/11/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)飛鳥札幌機設[札幌市]

破産手続きの開始決定受ける

飛鳥札幌機設(札幌市東区丘珠町672)は、8月29日に札幌地裁に破産手続き開始決定を受けていた。9月29日まで債権届出を受け、11月25日に同地裁で財産状況報告集会などを予定している。

北海道建設新聞
2008/09/10
http://e-kensin.net/

2008年8月28日 (木)

(株)アイムコットン[旭川市]

破産手続開始(平成20年(フ)第384号)

(株)アイムコットン(旭川市8条通6丁目左10号森山病院内)は8月28日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は小門史子弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月26日午後3時。

2008/09/09
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(有)鮮商[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2906号)

(有)鮮商(札幌市中央区北8条西18丁目2番10号)は8月28日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は内藤裕次弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年9月26日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月27日午後4時。

2008/09/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)空間[北斗市(大野)]

破産手続開始(平成20年(フ)第344号)

(有)空間(北斗市本町438番地の8)は8月28日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は大巻忠一弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年9月30日まで、一般調査期間は平成20年11月19日から平成20年11月25日まで。

2008/09/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

(株)モリーナ[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2903号)

(株)モリーナ(札幌市白石区菊水元町9条1丁目11番4号)は8月28日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は清水智弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月28日午前11時30分。

2008/09/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2008年8月27日 (水)

丸大丸翔栄建設(株)[釧路町]

破産手続きの開始決定受ける

丸大丸翔栄建設(釧路町光和8の37)は27日、釧路地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は荒井剛弁護士(釧路市)。東京商工リサーチ釧路支店によると、負債額は約8509万円。

同社は、1969年創業の丸土協立建設の営業基盤を継承し、95年10月に設立した。大手住宅メーカーや地元工務店の下請けを主体に事業を展開。太陽光発電の「P・V・ソーラーハウス」などを手掛けてきた。最盛期の売上高は97年3月期で1億6029万円。しかし、市況の低迷で2005年3月期の売上高は7830万円にまで落ち込み、その後は1億円前後で推移したが、債務超過が続いていたという。債権届け出期間は11月5日まで。財産状況報告集会は同26日午前11時から釧路地裁で開く。

北海道建設新聞
2008/08/29
http://e-kensin.net/

サンユウ物流(有)[釧路町]

破産手続きの開始決定受ける

サンユウ物流(釧路町別保原野南24線南24線66の4)は8月27日、釧路地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市宮本1の3の11)。帝国データバンク釧路支店によると、負債は約1億円。

同社は2001年設立の一般貨物自動車運送業者で、大手運送業者や土木工事業者を主な得意先としていた。07年8月期は約1億8000万円の売上高があったものの、景気低迷や競合激化で苦しい財務運営が続き、さらに燃料費高騰や大口得意先の破綻で事業継続を断念した。

北海道建設新聞
2008/09/02
http://e-kensin.net/

(有)ミカド観光[旭川市]

破産手続開始(平成20年(フ)第789号)

(有)ミカド観光(旭川市8条通1丁目1485番地の109)は8月27日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は成川毅弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年10月15日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月26日午後3時10分。

2008/09/09
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(有)豊栄建設工業[北広島市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2892号)

(有)豊栄建設工業(北広島市島松403番地1)は8月27日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は坂原正治弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月27日午後2時30分。

2008/09/05
http://kanpou.npb.go.jp/

2008年8月26日 (火)

(株)SYSTEM建材[名寄市]

破産手続開始(平成20年(フ)第395号)

(株)SYSTEM建材(名寄市東2条北3丁目16番地)は8月26日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は廣田善康弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年9月26日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月26日午後3時40分。

2008/09/09
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

2008年8月22日 (金)

稚内トラック(株)[稚内市]

自己破産申請

稚内トラック(稚内市声問4の19の5)は8月22日までに事業を停止し、旭川地裁に自己破産を申請した。申請代理人は馬場正昭弁護士(札幌)。帝国データバンク旭川支店によると、負債額は約2億7000万円。

同社は1950年設立の一般貨物自動車運送業者。石油製品、砂利、骨材、セメントなど建設関連資材の運送を手掛け、ピーク時には3億円の売上高を計上していた。しかし、公共工事の減少や燃料価格高騰などから受注が伸び悩み、売上高が減少。収益性も低調に推移していた。

北海道建設新聞
2008/09/02
http://e-kensin.net/

美深トラック(株)[美深町]

破産手続開始(平成20年(フ)第459号)

美深トラック(株)(中川郡美深町字東2条南2丁目2番地)は8月22日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は富川泰志弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年9月30日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月27日午後1時30分。

2008/09/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

北栄商事(株)[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2854号)

北栄商事(株)(札幌市白石区流通センター1丁目4番23号)は8月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は開本英幸弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年9月30日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月17日午前11時。

2008/09/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)シエル[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2817号)

(株)シエル(札幌市東区北36条東25丁目1番8号)は8月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は小笠原至弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年12月2日午後3時。

2008/09/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)鈴木組[北見市]

民事再生法適用を申請

【北見】鈴木組(北見市大町161の5)は22日、釧路地裁北見支部に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は米屋佳史弁護士(札幌市)ら4人で、監督委員は永井哲男弁護士(北見市)。東亜リサーチによると、負債総額は3億5300万円。

1954年に創業し、63年3月に法人化した老舗の土木建設工事会社。近年は9割を占める建築部門に特化した営業活動を続け、公共では北見市や道、防衛省発注工事を主に手掛けていた。

94年3月期時点で12億3772万円に上った完工高は、公共、民間の両工事量の縮小に伴い年々低下。直近の2008年度3月期の売上高は5億9116万円と伸び悩む中、大手ゼネコンからの下請け工事で7000万円を超す欠損金を出し、資金繰りが急速に悪化したという。

北海道建設新聞
2008/08/25
http://e-kensin.net/

2008年8月19日 (火)

(株)Gキャロット[釧路市]

破産手続開始(平成20年(フ)第258号)

(株)Gキャロット(釧路市鳥取大通7丁目5番8号)は8月19日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は簑島弘幸弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年11月5日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月26日午後4時。

2008/08/28
http://kanpou.npb.go.jp/

2008年8月18日 (月)

建築工房(株)[岩見沢市]

弁護士一任

建築工事の建築工房(岩見沢市北本町東1丁目5番12号)は8月18日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約4820万円。

近年は市内の建設着工数が低下し、また公共工事予算の削減に伴い減収が続き、今後の受注も期待できないと判断し、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2008/08/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

越後商会(有)[小樽市]

破産手続開始(平成20年(フ)第165号)

越後商会(有)(小樽市新光5丁目35番2号)は8月18日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は鈴木一嗣弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年10月17日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月21日午後3時。

2008/08/26
http://kanpou.npb.go.jp/

2008年8月14日 (木)

(株)亀山社中[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2799号)

(株)亀山社中(札幌市白石区北郷3条9丁目3番12号)は8月14日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は岸田洋輔弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月19日午前10時。

2008/08/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2008年8月13日 (水)

北欧住建(株)[釧路市]

自己破産申請

北欧住建(釧路市芦野5の27の22)は13日、釧路地裁に自己破産を申請した。代理人は久保田庸央弁護士(釧路市幸町6の1の2)。帝国データバンク釧路支店によると、負債額は約4800万円。

同社は1991年に設立された木造建築業者で、主に一般住宅の新築やリフォームを手掛けていた。売上高は2007年3月期に約2億2200万円を計上したが、翌期は約9800万円に低迷。赤字計上も続き、財務内容が弱体化していたという。

北海道建設新聞
2008/08/21
http://e-kensin.net/

2008年8月12日 (火)

(株)大山産業[標茶町]

破産手続きの開始決定受ける

大山産業(標茶町虹別市街3の9)は12日、釧路地裁から破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンクによると、負債額は約2億4100万円。破産管財人は簑島弘幸弁護士(釧路市鶴ケ岱1の10の47)。債権届け出期間は10月17日まで、財産状況報告集会期日は11月6日午後4時。

同社は1951年に創業し、65年に法人改組した木造建築業者。農業施設、一般住宅の建築を主体に大工やとび・土工・コンクリートも手掛け、2004年3月期の売上高は約3億1500万円に上った。しかし、05年3月期は約3100万円の赤字、その後も赤字が続き、07年3月期は2億8300万円の売り上げを計上するも、財務内容は弱体化していたという。

北海道建設新聞
2008/08/23
http://e-kensin.net/

(株)菜花[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2763号)

(株)菜花(札幌市中央区北3条西7丁目 水産ビル)は8月12日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は鈴木健司弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月27日午前10時。

2008/08/22
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)光工芸[小樽市]

破産手続開始(平成20年(フ)第163号)

(有)光工芸(小樽市入船1丁目5番1号)は8月12日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は柴田誠一弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月12日午後3時。

2008/08/21
http://kanpou.npb.go.jp/

2008年8月11日 (月)

オリオン文具(株)[稚内市]

破産手続開始(平成20年(フ)第376号)

オリオン文具(株)(稚内市中央3丁目10番22号)は8月11日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は飯塚正浩弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年9月30日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月6日午前11時30分。

2008/08/20
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

2008年8月 8日 (金)

(株)サーティワン[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2755号)

(株)サーティワン(札幌市北区新琴似6条3丁目2番17号)は8月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林賢一弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年10月30日午前10時。

2008/08/19
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)ヴイ・アイ・ピー[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2491号)

(株)ヴイ・アイ・ピー(札幌市南区真駒内254番地190)は8月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は朝倉靖弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年9月12日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月19日午後2時。

2008/08/18
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

オバタ工業(株)[函館市]

破産手続き申し立て

オバタ工業(函館市海岸町10の19)は8日、函館地裁に破産手続き開始を申し立てた。代理人は小林紀一郎弁護士(函館市大町7の11)。負債総額は約15億1000万円。

同社は1963年5月に設立。民間の建築工事のほか、官庁の建築や土木も手掛け、95年12月期には22億5411万円の売上高を計上していたものの、2007年12月期は10億186万円にまで減少。工事の受注減に加え、関連会社の宅地造成資金の固定化で重い金利負担が続いていた。

小林弁護士によると、帳簿上の財産で回収可能とみられる売掛金などは2500万円ほどで、所有する不動産には、時価を上回る抵当権が設定されているという。

北海道建設新聞
2008/08/11
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成20年(フ)第461号)

オバタ工業(株)(函館市海岸町10番19号)は9月30日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は藤原秀樹弁護士。

破産債権の届出期間は平成20年10月31日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成20年12月25日午後4時。

2008/10/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

(株)ハルク[札幌市]

ハルクが民事再生法を申請 札幌のシステム開発 負債総額100億円

医療機関向けシステム開発のハルク(札幌)は八日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。帝国データバンク札幌支店によると負債総額は約百億円で今年の道内関連では北野組(旭川)、グラウンズ(東京)に次いで三番目の規模。

同支店によると、ハルクは一九八三年創業で、総合病院などから医療情報システム開発を受託していた。本社の札幌を開発拠点とし、東京、大阪などで営業を展開、二〇〇七年三月期の売上高は約九十億円。従業員は道内外に約百五十人。

ハルクは、巨額の粉飾決算などが原因で今年四月に民事再生法の適用を申請したシステム開発のニイウスコー(東京)のグループ企業と資本関係があった。ニイウスグループの経営破たんでハルクの信用も低下し、資金繰りが悪化したとみられる。

北海道新聞
2008/08/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/110109.html

 

医療機関向けシステム開発のハルク破産へ 負債は120億円

昨年八月に民事再生法手続きを開始、再建を目指していた医療機関向けシステム開発のハルク(札幌)が三日までに、東京地裁から破産手続き開始決定を受けていたことがわかった。帝国データバンク札幌支店によると負債総額は約百二十億円。

ハルクは一九八三年創業で、総合病院などから医療情報システムの受託開発を行っていた。再生法のもとで、スポンサー企業を探して事業譲渡を模索したが不調に終わり、昨年十二月に再生手続きの廃止決定を受けていた。

管財人によると、ユーザーの病院などが事業の受け皿となる会社を東京に設立し、システムの保守運用を行っていくという。

北海道新聞
2009/03/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/150686.html

2008年8月 6日 (水)

(株)田中ボタン店[旭川市]

破産手続開始(平成20年(フ)第351号)

(株)田中ボタン店(旭川市7条通8丁目左1号)は8月6日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は小門史子弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年10月29日午後4時。

2008/08/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(株)富樫米穀[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2593号)

(株)富樫米穀(札幌市白石区菊水元町6条4丁目40番地)は8月6日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は曽我一義弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月5日午後2時30分。

2008/08/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2008年8月 5日 (火)

大協運輸(株)/共永建設(株)[釧路町]

事務所を閉鎖し事後処理を弁護士に一任

大協運輸(釧路町木場3の1)と共永建設(同)は、5日に事務所を閉鎖し、事後処理を小野塚聰弁護士(釧路市住吉1の11の37)に一任した。東京商工リサーチ釧路支店によると、負債額は大協運輸が約2億円、共永建設が約3000万円。

大協運輸は1956年設立の老舗運送会社で、とび・土工の建設業許可も有していた。土木工事業者を主な得意先に大型ダンプ20台弱を稼働。ピークの97年12月期には4億504万円の売り上げがあった。しかし、その後の売り上げは2億―3億円で推移。多額な繰越欠損を内包した財務体質が続く中、2008年4月に取引先の司建設が倒産して多額の焦げ付きが発生。7月31日に資金ショートを起こしたという。

共永建設は土木、とび・土工の許可を持ち、最近まで釧路市や釧路町から入札の指名を受けていた。

北海道建設新聞
2008/08/07
http://e-kensin.net/

システム・センサー(株)[札幌市]

破産手続きの開始決定受ける

システムセンサー(札幌市中央区北1西8の2の39)は5日、東京地裁に自己破産を申請し、同日、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人は寺本吉男弁護士(東京都中央区銀座2の5の5)。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は約4億8000万円。

同社は1988年に設立。官公庁や大手測量業者を受注先とし、主に水路・深浅測量や砂防などの地質調査を手掛け、道内のほか、東京、九州でも事業を展開。2006年3月期には約4億4400万円の売上高を計上していた。低収益で推移していたことに加え、近年は公共工事削減の影響による同業者との競合で収益性がさらに悪化。借入金負担もあり、資金繰りに余裕がなかった。今期に入っても業況が改善せず、先行きの見通しが立たなくなっていたという。

北海道建設新聞
2008/08/07
http://e-kensin.net/

(有)北拓重機[旭川市]

弁護士一任

とび・土工工事の北拓重機(旭川市永山8条18丁目1番19号)は8月5日をもって事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約1760万円(平成19年4月期時点)。

ここ数年は市況低迷から業績は落ち込んでおり、さらに旭川重機運輸の事業停止を受けて事業継続は困難と判断し、当社も同様の事態となった。

東京商工リサーチ
2008/08/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

長浦塗装工業(株)[札幌市]

再度の資金ショート

塗装工事の長浦塗装工業(札幌市西区西野8条2丁目7番12号)は8月5日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

近年は住宅着工件数の停滞や主力受注先との取引も解消されるなど苦戦が続いていた。今年に入っても受注状況は好転せず、7月末には事業を停止していた。

東京商工リサーチ
2008/08/11
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)オイルショップノサカ[札幌市]

再度の資金ショート

ガソリンスタンドのオイルショップノサカ(札幌市中央区大通東12丁目22番地)は8月5日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

近年の原油価格高騰により売り上げ不振が一層進み、今後の見通しも立たないとして事業継続を断念し、7月末までにガソリンスタンドを閉鎖していた。

東京商工リサーチ
2008/08/11
http:/www.tsr-net.co.jp/

旭川重機運輸(株)[旭川市]

事業停止し事後処理を弁護士に一任

運送会社の旭川重機運輸(旭川市永山8の18)が6日に事業を停止する方針だ。事後処理を金子利治弁護士(旭川市2条通9、北星信金ビル)に一任した。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は約4億4300万円。

同社は1961年創業。建設機械リース会社や土木会社を顧客とし、2000年12月期には売上高6億4200万円に上った。しかし、最近は公共工事の削減から取り扱う貨物量が減り、07年12月期の売上高は4億4200万円にとどまった。さらに燃料価格の高騰と併せ、富士組(本社・旭川)の倒産で焦げ付きが発生し、経営継続が困難と判断した。

北海道建設新聞
2008/08/06
http://e-kensin.net/

2008年8月 4日 (月)

(株)中村組[標茶町]

破産手続き開始決定受ける

中村組(標茶町富士1の3の16)は4日、釧路地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は久保田庸央弁護士(釧路市末広町6の4)。帝国データバンク釧路支店によると、負債額は約8億5400万円。

1916年に創業し、59年に法人化した老舗土木工事業者。官公庁からの受注を主体に草地整備や傾斜地崩壊防止、農道整備などを手掛けた。2002年4月期に売上高約10億1600万円を計上した以降は、公共予算削減の影響などで受注が減少傾向をたどり、07年4月期は約6億1200万円まで落ち込んだ。

これに伴い採算が悪化。借入金負担も重荷となり、資金繰りがひっ迫し、事業の継続を断念したという。

同社は、単体と共同体で、釧路開建の釧路川改修標茶左岸築堤ほか(3月6日入札)、釧路土現の弟子屈出張所管内道路管理パトロール(4月23日入札)、厚岸標茶線ほか標茶町交安1種統合路肩改良(6月26日入札)を受注していた。

社長は、07年4月から釧路建設業協会の2世会である釧路建親会の会長を務めていた。

北海道建設新聞
2008/08/06
http://e-kensin.net/

(株)フードクリエイト札幌[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2685号)

(株)フードクリエイト札幌(札幌市白石区栄通1丁目10番5号)は8月4日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は竹間寛弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月21日午後1時30分。

2008/08/14
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)ときめいく[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2684号)

(株)ときめいく(札幌市白石区栄通1丁目10番5号)は8月4日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は竹間寛弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月21日午後1時30分。

2008/08/14
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)ニプロ北商[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2481号)

(有)ニプロ北商(札幌市清田区真栄4条4丁目10番11号)は8月4日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は桶谷和人弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年11月6日午前11時30分。

2008/08/14
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2008年8月 2日 (土)

(株)久保組[当麻町]

事業を停止し事後処理を弁護士に一任

砂利採取と土木会社の久保組(当麻町宇園別2区)は2日に事業を停止し、事後処理を金子利治弁護士(旭川市2条通9、北星信金ビル)に一任した。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債額は約5億7300万円。

同社は1953年創業。上川管内の建設会社を相手に砂利・工事の両部門で受注基盤を形成し、15億円近い売り上げを確保していた時期もあった。2007年3月期に関係機関と協議の上、過去の不良資産を清算したことで、むしろ先行きが不安視される格好となった。08年3月期の年商は6億7200万円と盛り返したが、無理な単価が響き、利益につなげられず、先行きの見通しが立たないと判断したという。

北海道建設新聞
2008/08/05
http://e-kensin.net/

2008年8月 1日 (金)

(有)丸藤鉄筋工業[札幌市]

破産手続開始(平成20年(フ)第2653号)

(有)丸藤鉄筋工業(札幌市西区西野5条4丁目10番5号)は8月1日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は鈴木一嗣弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成20年10月23日午後1時30分。

2008/08/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »