« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

開建土木工業(株)[当別町]

事業停止

土木工事の開建土木工業(石狩郡当別町末広2280番地)は3月31日までに事業を停止した。負債総額は約1億5000万円。

公共工事の減少で減収を余儀なくされ、当期損失を計上。今期に入っても受注状況に改善はみられず、3月に入り資金ショートを起こしていた。

東京商工リサーチ
2007/04/16
http:/www.tsr-net.co.jp/

2007年3月30日 (金)

近藤鉱業(株)[白老町]

破産手続開始(平成19年(フ)第95号)

近藤鉱業(株)(白老郡白老町字森野32番地)は3月30日、札幌地裁室蘭支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は増谷康博弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年4月27日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月8日午後1時15分。

2007/04/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部)

2007年3月29日 (木)

(株)ヴューワークス[旭川市]

破産手続開始(平成19年(フ)第190号)

(株)ヴューワークス(旭川市緑が丘東1条3丁目1番6号旭川リサーチパーク旭川リサーチセンター内)は3月29日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は中村元弥弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月29日午後1時30分。

2007/04/09
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)アトランティス[札幌市]

再度の資金ショート

美容院経営のアトランティス(札幌市北区北24条西18丁目3番2号)は3月29日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1億2000万円。

札幌市中央区と西区で美容院「ATLANTIS/JAPAN」を運営していたが、店舗出店に伴う設備負担が資金繰りを圧迫し、厳しい資金状況となっていた。

東京商工リサーチ
2007/04/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

札内砕石砂利(株)/札内コンクリート(株)/(株)札内興運/和興物産(株)/(有)ふせや/(有)興隆農園[幕別町]

札内砕石砂利が自己破産申請 負債総額60億円

【幕別】十勝管内幕別町の砂利採取販売、札内砕石砂利と関連会社二社は三十日、釧路地裁帯広支部に自己破産を申請した。別の関連会社三社も近く弁護士に事後処理を一任、任意整理の手続きに入る。民間信用調査機関の東京商工リサーチ帯広支店によると負債総額は六社合わせて約六十億円。

自己破産を申請したのは札内砕石砂利のほか、コンクリート製品販売の札内コンクリートと運送業の札内興運(いずれも幕別町)。任意整理に入るのは、商事部門を担当する和興物産、衣料品販売のふせや、農産品生産販売の興隆農園(同)の各社。

札内砕石砂利は一九七〇年創業。砂利の採取販売を手掛けてきたが、公共工事減少に伴い売り上げが低迷。宅地造成や焼き肉店のフランチャイズ展開などで事業の多角化を図ったが、設備投資が経営を圧迫し、資金繰りが悪化した。

北海道新聞夕刊
2007/03/30
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)拝野工業所[江別市]

破産手続き開始の決定受ける

拝野工業所(本社・江別)は29日、札幌地裁から破産手続き開始の決定を受けた。破産管財人は開本英幸弁護士(札幌市中央区大通西10)。東京商工リサーチ道支社によると、負債額は約2億円。

配管工事業者の同社は1962年に設立。北広島市にも支店を設置し、ピークとなった97年3月期には10億3900万円の完工高を上げた。

その後、公共工事の減少に加え、下請けで受注していたハウスメーカーからの受注が減り、ここ数年は一進一退で推移。また損益の減収に伴い人件費負担などが重荷になり、2003年3月期と05年3月期に大幅赤字を計上、厳しい資金繰りを余儀なくされていた。

北海道建設新聞
2007/03/30
http://e-kensin.net/

2007年3月28日 (水)

(株)カネヒラ伊藤建設[函館市]

破産手続開始(平成19年(フ)第49号)

(株)カネヒラ伊藤建設(函館市富岡町1丁目19番5号)は3月28日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は嶋田敬弁護士。

2007/04/05
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

2007年3月27日 (火)

(有)宗谷岬えこびれっじ[稚内市]

破産手続開始(平成19年(フ)第154号)

(有)宗谷岬えこびれっじ(稚内市大字宗谷村字大岬382番地)は3月27日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は廣瀬隆司弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年5月30日午後3時40分。

2007/04/05
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)丸井商会[稚内市]

再生手続開始(平成19年(再)第1号)

(株)丸井商会(稚内市中央3丁目3番4号)は3月27日、旭川地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成19年4月24日まで、一般調査期間は平成19年5月22日から平成19年6月5日まで。

2007/04/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

 

破産手続開始(平成19年(フ)第506号)

(株)丸井商会(稚内市中央3丁目3番4号)は8月15日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は廣田善康弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年9月28日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年11月22日午後1時30分。

2007/08/23
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

2007年3月26日 (月)

(株)はせ川観光/(株)はせ川フーズ[札幌市]

札幌の飲食チェーン はせ川観光自己破産 負債総額10億円

札幌・ススキノの老舗飲食店チェーン、はせ川観光(札幌)と関連会社のはせ川フーズ(同)は二十八日までに、札幌地裁に自己破産を申請、破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は二社合計で約十億円。

はせ川観光は一九五七年創業。札幌市中心部で居酒屋を多店舗展開し、最盛期の一九九六年九月期は七店で売上高十五億円を計上したが、その後、競合激化などで経営が悪化。二〇〇四年九月期は十一億五百万円に落ち込み、旗艦店だった「北海道時代」を閉店するなど不採算店の整理を進めたが、業績回復には至らなかった。破産管財人の桶谷和人弁護士によると、二社の従業員約八十人は今月に入り、全員解雇された。

北海道新聞
2007/03/28
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2007年3月23日 (金)

日東食品工業(有)[小樽市]

破産手続開始(平成19年(フ)第55号)

日東食品工業(有)(小樽市祝津1丁目18番地)は3月23日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は関口正雄弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年7月4日午後3時。

2007/04/06
http://kanpou.npb.go.jp/

浦幌商工事業(協)[浦幌町]

破産手続開始(平成19年(フ)第89号)

浦幌商工事業協同組合(十勝郡浦幌町字北町16番地)は3月23日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は佐々木しゅり弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月26日午後4時30分。

2007/04/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

夕張木炭製造(株)[夕張市]

破産手続開始(平成19年(フ)第955号)

夕張木炭製造(株)(夕張市真谷地62番地)は3月23日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は大川哲也弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年4月27日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月7日午後3時。

2007/04/05
http://kanpou.npb.go.jp/

2007年3月22日 (木)

常光建設(株)[千歳市]

破産手続きの開始決定受ける

常光建設(千歳市高台2の1の16)は、22日に札幌地裁に自己破産を申請し、23日に破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は3億2400万円。

同社は1969年1月創業、72年2月設立。一般建築を主体に内装、土木、舗装などを手掛け、民間工事のほか千歳市、道などから受注していた。売上高は98年3月期に7億9000万円を計上したが、2006年同期には4億800万円まで落ち込んでいた。

北海道建設新聞
2007/03/24
http://e-kensin.net/

(株)北昭建設[千歳市]

破産手続開始(平成19年(フ)第891号)

(株)北昭建設(千歳市弥生3丁目21番3号)は3月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は津田秀太郎弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月21日午前10時30分。

2007/03/30
http://kanpou.npb.go.jp/

(有)島松食品[恵庭市]

破産手続開始(平成19年(フ)第919号)

(有)島松食品(恵庭市島松仲町1丁目7番3号)は3月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は森谷瑞穂弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月26日午前11時30分。

2007/03/30
http://kanpou.npb.go.jp/

2007年3月20日 (火)

北陽商事(株)[札幌市]

再度の資金ショート

化粧品・美容材料販売の北陽商事(札幌市豊平区豊平3条13丁目1番3号)は3月20日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約8000万円。

受注減少に加え、大口不良債権の発生もあり、今回の事態に至った。

東京商工リサーチ
2007/04/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)ヤマシン[旭川市]

破産手続開始(平成19年(フ)第45号)

(有)ヤマシン(旭川市神居3条3丁目1番7号)は3月20日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は井上雄樹弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月7日午後1時30分。

2007/03/30
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

2007年3月16日 (金)

(有)イワミ自動車工業[札幌市]

弁護士一任

自動車整備のイワミ自動車工業(札幌市西区発寒9条10丁目2番43号)は3月16日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2000万円。

ここ数年は受注減少で業績低迷を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
2007/04/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

2007年3月15日 (木)

日本海商事(株)[余市町]

破産手続開始(平成19年(フ)第57号)

日本海商事(株)(余市郡余市町美園町14番地の3)は3月15日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は柴田誠一弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月27日午後3時30分。

2007/03/27
http://kanpou.npb.go.jp/

(有)佐藤トラック[余市町]

破産手続開始(平成19年(フ)第56号)

(有)佐藤トラック(余市郡余市町梅川町674番地2)は3月15日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は柴田誠一弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年5月11日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月27日午後3時。

2007/03/30
http://kanpou.npb.go.jp/

(有)札幌ガラス営繕センター[札幌市]

破産手続開始(平成19年(フ)第825号)

(有)札幌ガラス営繕センター(札幌市西区発寒8条11丁目1番45号-2)は3月15日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は岸巧弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月21日午前11時。

2007/03/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)エム・グリーン[札幌市]

事業を停止、自己破産申請へ

エムグリーン(本社・札幌)は15日付で事業停止し、事後処理を千葉悟弁護士(札幌市中央区大通西13、札幌ABEビル2階)に一任した。今後、自己破産を申請する見通し。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は約1億1000万円。

造園工事業者の同社は1969年に創業、81年に法人化。公園・河川などの緑化植栽工事が主業務で、ペット用火葬炉を搭載したトラックを導入し、99年6月からペット葬儀請負業務を開始。2000年5月期の売上高は約2億300万円を計上した。

しかしその後、公共事業減少の影響で受注が伸び悩み、競合の激化に伴う工事単価の低落傾向などで06年5月期には売上高が約1億8000万円まで低下し、資金繰りが悪化していた。

北海道建設新聞
2007/03/24
http://e-kensin.net/

2007年3月14日 (水)

(有)日本サンハウス企画[札幌市]

再度の資金ショート

建築工事の日本サンハウス企画(札幌市白石区菊水元町6条4丁目1番25号)は3月14日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

主に戸建住宅のリフォーム工事を手掛け、一般客を対象に小規模に運営していたが、近年は受注減少で財務内容が悪化していた。

東京商工リサーチ
2007/04/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

2007年3月13日 (火)

(株)松下[札幌市]

特別清算開始(平成19年(ヒ)第8号)

(株)松下(札幌市東区北18条東8丁目2番15号)は3月13日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

2007/03/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

 
(旧)スーパーエース:2006/01/31エイチジーシーが買収

2007年3月12日 (月)

(株)金井商会[釧路市]

特別清算開始申立 負債総額 約35億円

(株)金井商会(釧路市入舟6丁目3-25、設立昭和42年2月、資本金6700万円、代表清算人:塚田渥弁護士)は3月12日、釧路地裁に特別清算手続開始を申し立てた。2月28日開催の株主総会決議で解散を決議していた。申立代理人は塚田渥弁護士(釧路市柏木町5-6)。負債は約35億円。

同社は昭和42年2月に旧・金井漁業(株)(現:金井マリーン(株))の関連会社として宮北漁業(株)の商号で設立された。44年5月石油製品の販売を併設するとともに現商号に変更した。金井グループの商社的役割を担い、石油製品の販売のほか生コンクリートや土木資材の販売なども併営し経営の多角化を図っていた。特に昭和の後半から平成の前半にかけて生コン部門での関連子会社の設立や買収などでプラント設備を増強し積極的に業容を拡大、ピーク時の平成3年12月期には年商130億円超をあげていた。

しかし、平成6年以降は生コン部門の不振から工場の休止が相次ぎ、石油部門でも給油所の閉鎖などを実施、加えて約27億円に及ぶ関係会社への貸付金が財務の重荷になっていた。

対応策として、16年6月に関連会社2社を吸収合併、17年3月には土木資材の販売部門の営業譲渡し、石油製品販売と不動産賃貸、生コン販売に特化。さらに、18年12月には石油部門の事業譲渡、不動産売却、コンピュータ関連事業を譲渡、同時に従業員も移管した。結果、18年12月期は年商17億4400万円にまで落ち込み、子会社損失の計上から27億円超の赤字となった。

また、この間の同18年6月30日に親会社である旧・金井漁業(株)(現:金井マリーン(株))が関連2社と伴に金融機関に対し「私的整理に関するガイドライン」に基づく再建支援の要請。再建計画に沿って18年11月金井マリーンが特別清算開始を申し立て、100%子会社の同社も清算することになった。なお、負債は大半が金融機関からの借入で一般債権はない。

東京商工リサーチ
2007/03/13
http://www.tsr-net.co.jp/new/sokuho/1176880_717.html

北日本物産運輸(株)[千歳市]

北日本物産運輸が自己破産申請 負債12億円

一般貨物自動車運送業の北日本物産運輸(千歳)は十二日までに、札幌地裁に自己破産を申請した。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は十二億五千万円。

同社は一九五四年設立。大手冷凍食品加工業者や農業関連団体などからの各種食料品の運送を手掛け、二〇〇一年三月期には売上高十三億八百万円を計上した。しかし業者間の競争激化で受注が伸び悩み、〇六年三月期には売上高九億四千三百万円に落ち込んだ。

また、原油高騰による燃料経費の上昇から収益構造が悪化。さらに二月末には取引先の事業停止の影響もあり、資金繰りに行き詰まった。

北海道新聞
2007/03/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)三重産業[札幌市]

破産手続開始(平成19年(フ)第756号)

(有)三重産業(札幌市東区東雁来9条1丁目2番5号)は3月12日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は甲斐寛之弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年5月14日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月19日午後3時。

2007/03/20
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2007年3月 9日 (金)

(有)緑友[苫小牧市]

再度の資金ショート

黒土販売の緑友(苫小牧市字沼ノ端947番地23)は3月9日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1300万円(平成18年9月期時点)。

市況の低迷に伴い業績も悪化し、事業継続が困難となったため、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2007/03/19
http:/www.tsr-net.co.jp/

2007年3月 8日 (木)

北東興産(株)[釧路市]

破産手続開始(平成19年(フ)第80号)

北東興産(株)(釧路市末広町3丁目5番地)は3月8日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は久保田庸央弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年5月24日午後4時50分。

2007/03/19
http://kanpou.npb.go.jp/

2007年3月 7日 (水)

(有)広島商店[滝上町]

破産手続開始(平成19年(フ)第93号)

(有)広島商店(紋別郡滝上町字サクルー原野基線7番地)は3月7日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は廣田善康弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月27日午後3時40分。

2007/03/16
http://kanpou.npb.go.jp/

(有)ビックス[札幌市]

破産手続開始(平成19年(フ)第711号)

(有)ビックス(札幌市中央区大通東3丁目1番地)は3月7日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は大崎康二弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年5月24日午前10時30分。

2007/03/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)丸石電気[函館市]

再度の資金ショート

電気工事の丸石電気(函館市西桔梗町824番地8)は3月7日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約2000万円。

近年は市況低迷から受注はジリ貧となり、収益も同業者との競合で低調に推移していた。

東京商工リサーチ
2007/04/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)デザインライフアルフア[札幌市]

破産手続開始(平成19年(フ)第649号)

(株)デザインライフアルフア(札幌市中央区北3条東5丁目5番95の1)は3月7日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は坂本泰朗弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月5日午後4時。

2007/03/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)PROJECT LINE[札幌市]

破産手続開始(平成19年(フ)第729号)

(有)PROJECT LINE(札幌市西区西野11条7丁目1番13号)は3月7日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は竹間朗子弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月5日午後2時。

2007/03/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

アロハゴルフコーポレーション(株)[札幌市]

破産手続開始(平成19年(フ)第614号)

アロハゴルフコーポレーション(株)(札幌市北区北7条西4丁目1番地)は3月7日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は曽我一義弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月5日午後3時。

2007/03/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2007年3月 6日 (火)

(有)浅谷工務所[砂川市]

破産手続開始(平成19年(フ)第35号)

(有)浅谷工務所(砂川市東1条南19丁目1番35号)は3月6日、札幌地裁滝川支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は神戸俊昭弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月19日午後4時。

2007/03/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所滝川支部)

(株)成田建設[苫小牧市]

破産手続開始(平成19年(フ)第44号)

(株)成田建設(苫小牧市見山町1丁目3番7号)は3月6日、札幌地裁苫小牧支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は吉川忠利弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年4月10日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年5月22日午後4時。

2007/03/20
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

ホッコン運輸(株)[江別市]

特別清算開始(平成19年(ヒ)第6号)

ホッコン運輸(株)(江別市角山71番地)は3月6日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

2007/03/19
http://kanpou.npb.go.jp/

ヤハタ小川環境(株)[札幌市]

事後処理を弁護士に一任

ヤハタ小川環境(札幌市東区丘珠町)は6日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチ道支社によると、負債額は1億1500万円。

1966年2月に設立された同社は、宅地造成や水道管、ガス管の埋設などを行う土木業者。95年2月期には完工高5億8600万円を計上したが、ここ数年間は2億円前後で推移していた。

北海道建設新聞
2007/03/10
http://e-kensin.net/

(株)寿都建設[寿都町]

寿都建設が営業を停止 負債額1.5億円

寿都建設(寿都町新栄町93)が6日までに営業を停止し、事後処理を伊藤信賢弁護士に一任した。東京商工リサーチ小樽支店によると、2006年3月期決算時の負債額は約1億5000万円。

同社は1933年創業、75年設立の土木工事業者。格付けは北海道開発局が土木D、道建設部の一般土木もD。官庁土木主体として以前は2億円台の完工高を上げていたが、公共事業の減少で04年3月期以降は1億円台に低下。赤字含みの業績推移で余力のない中、最近さらに赤字幅が拡大した。

北海道建設新聞
2007/03/10
http://e-kensin.net/

2007年3月 5日 (月)

ユウキ建設(株)[釧路市]

弁護士一任

土木工事のユウキ建設(釧路市芦野3丁目9番1号)は3月5日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約1億2000万円。

公共工事減少の影響で受注減となり、ここ数年は完工高は低下。また利益面も労務提供が主体で利益率が低かったことに加え、完工高の低迷により多額の赤字を計上、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
2007/04/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)五輪サービス[札幌市]

再度の資金ショート

不動産賃貸の五輪サービス(札幌市南区川沿2条1丁目2番54号)は3月5日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約3000万円。

1月30日に民事再生法の適用を申請した社団五輪橋内科病院のグループ会社で、同病院に関連する不動産賃貸事業を事業内容としていたが同社に連鎖する形で今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2007/03/19
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)神明輸送[幕別町]

弁護士一任

貨物自動車運送の神明輸送(中川郡幕別町字千住435番地)は3月5日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任し任意整理に入った。負債総額は約7000万円。

輸送量の減少から大幅な減収となり、また収益も業績低迷に加え、車両の設備負担、燃料高騰も重なり連続赤字を余儀なくされ債務超過に陥っていた。

東京商工リサーチ
2007/03/12
http:/www.tsr-net.co.jp/

宮崎工業(株)[美幌町]

1回目不渡り 事後処理を弁護士に一任

【網走】宮崎工業(美幌町仲町2の48)は5日、1回目の不渡りを出し、事後処理を川瀬敏朗弁護士(網走市)に一任した。今週中に釧路地裁北見支部に自己破産申請する見通し。東亜リサーチによると、負債額は3億800万円内外。

1956年創業、69年12月に法人化した設備工事業者で、管工事や水道施設工事、土木工事を手掛けていた。網走開建や網走土現、美幌町の工事を受注し、2000年3月期の完工高は8億円近くに達したが、公共工事減少の影響で06年3月期は3億3000万円台まで落ち込んでいた。

北海道建設新聞
2007/03/07
http://e-kensin.net/

(株)森脇組[月形町]

破産手続きの開始決定 負債額は3億3500万円

森脇組(月形町札比内1000の5)は札幌地裁岩見沢支部へ自己破産を申請し、5日に破産手続き開始の決定を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は債権者97人に対して約3億3500万円。このうち金融債務は1億7500万円。

1938年創業、57年設立の同社は、地元月形町や空知支庁発注の土木工事をメーンに、建築や除雪なども手掛けてきた。

岩見沢支店や札幌営業所を持ち、99年3月期には16億円超の売上高を計上。しかし、2005年4月期は5億7800万円まで落ち込み、06年同期も5億200万円と減少に歯止めがかからない状態だった。

北海道建設新聞
2007/03/07
http://e-kensin.net/

2007年3月 2日 (金)

梅田コンクリート(株)[北見市留辺蘂町]

自己破産を申請

【北見】梅田コンクリート(北見市留辺蘂町泉355)は2日付で、釧路地裁北見支部に自己破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けた。東亜リサーチと帝国データバンク北見支店の調べによると、負債額は1億1千万円内外。

1966年創業のコンクリート2次製品製造業者で、農業土木用のU字溝やV形トラフ、ボックスカルバートなどを主に製造していた。94年3月期に約3億8千万円まで売り上げを伸ばしたが、工事量の減少に伴ってその後は大きく下降。東亜リサーチによると、2007年3月期見込みは5千万円前後にまで落ち込む状況となっている。

申請代理人は伊藤昌博弁護士(北見市)。破産管財人は東内研弁護士(同)。

北海道建設新聞
2007/03/06
http://e-kensin.net/

2007年3月 1日 (木)

(有)ケーエスプランニング[札幌市]

弁護士一任

事務機器卸のケーエスプランニング(札幌市豊平区平岸2条3丁目2番19号)は3月1日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約5000万円。

法人向けの事務機器および事務用品を販売するほか、玩具小売も手掛けたが、近年は同業者との競合で収益が悪化し、累積赤字が膨らんでいた。

東京商工リサーチ
2007/03/26
http:/www.tsr-net.co.jp/

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »