« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

(株)アスト札幌[札幌市]

弁護士一任

ネオンサイン看板製作・取付工事のアスト札幌(札幌市北区北22条西3丁目1番37号)は12月31日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約1億2000万円。

近年は主力取引先だった大手パチンコチェーン店に取引を全面的に解消され業績不振に陥っていた。従来から内部留保に乏しく金融機関からの借入金に依存した財務内容だったために業績悪化で資金繰りが急速に悪化していた。

東京商工リサーチ
2007/01/29
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年12月28日 (木)

北海道エルピーガス(株)[札幌市]

特別清算開始(平成18年(ヒ)第79号)

北海道エルピーガス(株)(札幌市北区屯田5条8丁目9番18号、代表清算人廣岡得一郎氏)は12月28日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

2007/01/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)福士[足寄町]

弁護士一任

製麺・冷菓製造の福士(足寄郡足寄町北1条2丁目3番地)は12月28日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約4700万円。

消費需要の低迷から減収を余儀なくされ、収益も低迷。さらに平成9年に新築した工場の設備負担が財務内容を圧迫していた。

東京商工リサーチ
2007/01/15
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年12月27日 (水)

タケショウ機材(株)[留萌市]

事後処理を弁護士に一任

【留萌】タケショウ機材(留萌市春日町2の6の7)が昨年12月27日付で事業を停止、事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチ道支社によると、負債額は5億1400万円。

1985年に設立された同社は、建設機械リース・レンタルを主力に事業を拡大し、2002年3月期には33億1000万円の売上高、2944万円の当期利益を計上していた。しかしその後、不良債権の発生などで同年8月にリース・レンタル事業から撤退。03年3月期の売上高は17億円までに減少し、1億9500万円の当期損失を計上した。近年は、土木工事や不動産収入で黒字を維持していたものの、06年3月期に、所有する機械の評価損で再び赤字に転落していた。

北海道建設新聞
2007/01/06
http://e-kensin.net/

(有)平田建設[富良野市]

破産手続開始(平成18年(フ)第758号)

(有)平田建設(富良野市日の出町12番21号)は12月27日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は富川泰志弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月29日午後2時。

2007/01/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(株)網走ビール[網走市]

網走ビール 再生法申請 負債3億円

【網走】地ビール製造・レストラン経営の網走ビール(網走、資本金九千八百五十万円)は釧路地裁網走支部に民事再生法の適用を申請し二十七日、財産保全命令を受けた。同社によると、負債総額は約三億三千五百万円。営業は継続し、支援企業を探す。

同社は一九九八年、東京農大や網走市、地元企業など産学官の協力を受け設立。翌九九年にレストランを併設した「網走ビール館」を開業した。

ピークの二〇〇一年三月期の売上高は約一億八千万円だったが、地ビールブームの衰退や景気低迷で同館の利用者数が減少。地元特産のホタテを使った発泡酒などを展開し一時持ち直したが、〇五年三月期以降の売上高は一億七千万円前後で推移し、同館建設の借入金約三億五千万円が重荷となっていた。

道内の地ビール会社はピーク時の二〇〇〇年までに三十三社あったが、現在は網走ビールを含め二十五社になっている。

北海道新聞
2006/12/28
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2006年12月26日 (火)

(株)クレアットホーム[札幌市]

再度の資金ショート

建築工事のクレアットホーム(札幌市東区北45条東8丁目2番3号)は12月26日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

丸八太陽ハウスの関連会社として一般戸建住宅の建築を主業務としていたが、平成14年に同社が倒産、その後は同社からの受注がなくなったことや信用低下もあり大幅な規模縮小を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
2007/01/22
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年12月25日 (月)

(有)白鳥建業[余市町]

破産手続開始(平成18年(フ)第312号)

(有)白鳥建業(余市郡余市町黒川町12丁目78番地)は12月25日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は関口正雄弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月14日午後3時。

2007/01/15
http://kanpou.npb.go.jp/

(有)ホテルウエスト[帯広市]

破産手続開始(平成18年(フ)第471号)

(有)ホテルウエスト(帯広市西6条南8丁目2番地)は12月25日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は長谷川亮弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月27日午前10時40分。

2007/01/15
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)柳谷建設[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第4788号)

(株)柳谷建設(札幌市豊平区美園6条3丁目3番15号)は12月25日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は伊東浩弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年2月26日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年4月10日午後2時30分。

2007/01/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年12月22日 (金)

日成化学(株)[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第4730号)

日成化学(株)(札幌市中央区北9条西19丁目35番地の1)は12月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は八代眞由美弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月20日午前11時30分。

2007/01/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

新出電気工事(株)[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第4772号)

新出電気工事(株)(札幌市手稲区西宮の沢2条4丁目14番15号)は12月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は松田大剛弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月8日午前11時30分。

2007/01/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)稲葉畳産業[旭川市]

破産手続開始(平成17年(フ)第824号)

(株)稲葉畳産業(旭川市東旭川北1条6丁目10番15号)は12月22日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は竹本康志弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年2月28日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年3月16日午後2時。

2006/01/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

2006年12月19日 (火)

(株)丸三鶴屋[釧路市]

丸三鶴屋が特別清算へ

【釧路】丸井今井グループの子会社で、釧路の老舗百貨店だった丸三鶴屋が十九日にも特別清算を釧路地裁に申請することが、十五日分かった。信用調査会社の帝国データバンク釧路支店によると、負債額は八億四千万円。

丸三鶴屋は一九〇六年(明治三十九年)創業の呉服販売業が前身で、三〇年(昭和五年)設立。経営不振のため九六年、丸井今井に営業権を譲渡し百貨店から撤退、所有する土地と建物を八月に閉店した旧丸井今井釧路店に賃貸していた。

北海道新聞
2006/12/15
http://www.hokkaido-np.co.jp/

釧路パシフィックホテル(株)[釧路市]

再生法適用を申請 負債18億円

【釧路】ホテル運営の釧路パシフィックホテル(釧路)は十九日までに、釧路地裁に民事再生法の適用を申請した。信用調査会社の帝国データバンク釧路支店によると負債総額は約十八億円。営業は当面継続する。市内に相次ぎ進出した全国チェーンのビジネスホテルと競合し採算が悪化していた。

同社は一九七六年設立。七八年、市内中心部で都市型ホテル「釧路パシフィックホテル」を開業。九一年には隣接地に宴会専用の新館を開設した。また、八二年にビジネスホテル「釧路パシフィックイン」を開業したが、現在は休業中。

二〇〇一年三月期の売上高は約七億五千五百万円に上ったが、企業の会合の減少や施設の老朽化に加え、大手ホテル進出の影響もあって宿泊、料飲ともに落ち込んだ。債務超過の状態が続き、〇六年三月期の売上高は約四億一千四百万円だった。従業員は正社員、パートを合わせて七十七人。

北海道新聞
2006/12/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
【写真説明】昨年12月に民事再生法の適用を申請した釧路パシフィックホテル=釧路市栄町2 掲載 2007/01/17

 

破産手続開始(平成19年(フ)第38号)

釧路パシフィックホテル(株)(釧路市栄町2丁目6番地)は2月8日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山崎俊之弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年4月26日午後4時30分。

2007/02/22
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)
 

フォト海道(道新写真データベース)
パシフィックホテル 今月末で営業終了 再建断念、破産手続きへ 釧路
【写真説明】31日で営業を終了することになった釧路パシフィックホテル=釧路市栄町2 掲載 2007/01/26

 

(株)ノーバリース[札幌市]

ノーバリースが民事再生法申請 ユニコ関連3社目

建設機械レンタル・リース業のノーバリース(札幌)は十九日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請した。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は約二十二億円。ユニコ・コーポレーション(同)関連の倒産で、連鎖倒産は三社目。

ノーバリースは一九九二年の設立以来、大手道路工事業者などを得意先とする建機リースを主力に、中古機械販売を手がけていた。二〇〇六年三月期の公表売上高は十億五千八百万円。九三年にユニコから出資を受け、資金、業務両面で関係を深めていたが、ユニコが会社更生法の適用を申請した十月以降、支援を得る見通しが立たず、資金繰りが悪化した。

北海道新聞夕刊
2006/12/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2006年12月18日 (月)

(株)白木屋[旭川市]

破産手続開始(平成18年(フ)第745号)

(株)白木屋(旭川市7条通15丁目右1号)は12月18日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は富川泰志弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月7日午後3時。

2007/01/09
http://kanpou.npb.go.jp/

2006年12月14日 (木)

(株)さっぽろ古本市場[札幌市]

特別清算開始(平成18年(ヒ)第76号)

(株)さっぽろ古本市場(札幌市白石区南郷通19丁目北1番35号)は12月14日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

2006/12/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年12月13日 (水)

(有)建翔工業[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第4583号)

(有)建翔工業(札幌市手稲区星置2条1丁目14番1-701号)は12月13日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は伊藤考一弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月8日午後2時。

2006/12/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年12月11日 (月)

丸惣建設(株)[札幌市]

事後処理を弁護士に一任

丸惣建設(札幌市中央区南15西14の1の28)は、11日に事業を停止、任意整理するため事後処理を弁護士に一任した。帝国データバンク札幌支店によると、負債は債権者50人に対して約2億円。

同社は1960年10月の設立。札幌市、道などの土木工事受注を主体に、建築工事も手掛け、99年3月期には4億5800万円の売上高を計上した。しかし、その後は受注が減少。2005年同期は3億400万円、06年同期は1億3600万円と減収に歯止めがかからず、資金繰りが悪化していた。

北海道建設新聞
2006/12/15
http://e-kensin.net/

2006年12月 8日 (金)

(株)一山堀商店[旭川市]

破産手続開始(平成18年(フ)第791号)

(株)一山堀商店(旭川市宮下通26丁目490番地)は12月8日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は千葉健夫弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年1月12日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月1日午前11時。

2006/12/19
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

北成建設(株)[稚内市]

北成建設が自己破産申請 負債額約8億円

北成建設(稚内市抜海村バッカイ116)は8日、旭川地裁に自己破産を申請した。帝国データバンク旭川支店によると、負債額は約8億円。

同社は1979年1月に設立の土木業者。道路改修、浚渫などを手掛け、2001年3月期は売上高8億円を計上した。しかし、その後は受注が低迷。03年同期の売上高は6億円にとどまり、民間受注を確保した06年同期に6億4200万円まで回復したが、収益面で厳しい状況が続いていた。

北海道建設新聞
2006/12/12
http://e-kensin.net/

2006年12月 7日 (木)

(有)加藤工務店[紋別市]

破産手続開始(平成18年(フ)第466号)

(有)加藤工務店(紋別市大山町1丁目21番地の11、商業登記簿上の本店所在地紋別市大山町1丁目29番地の6)は12月7日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は須田保幸弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月7日午後3時50分。

2006/12/18
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(株)白金ゴルフ倶楽部[美瑛町]

民事再生法を申請 負債総額117億円

上川管内美瑛町でゴルフ場を運営する「白金ゴルフ倶楽部」(東京)は六日までに、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。代理人の弁護士によると、負債総額は約百十七億円(うち預託金は約五十二億円)。同社は同日、旭川市内で債権者説明会を開き、親会社「関東管財マネージメント」の支援を受けて営業継続する方針などを説明した。

白金ゴルフ倶楽部は一九八七年五月からこのゴルフ場を経営。クラブハウス建て替えやホール増設を行うなど、積極的に投資した。しかし、利用者減少や値下げ競争などの影響で業績が悪化。赤字経営が続き、二〇〇五年十二月期の売上高は八千万円に落ち込んだ。

今年十月末時点の債務超過額は約二十三億円。クラブハウス建設などに伴う借入金の返済や預託金返還などが困難な状況に陥っていた。

北海道新聞
2006/12/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)日本工芸社[札幌市]

再度の資金ショート

建築工事の日本工芸社(札幌市北区北7条西4丁目2番地27)は12月7日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

東京商工リサーチ
2006/12/18
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)テクノビジネス[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第4529号)

(株)テクノビジネス(札幌市中央区南1条西7丁目12番地)は12月7日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は武部悟弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年1月19日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年2月27日午前10時。

2006/12/20
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

山内建設(株)[函館市]

山内建設に破産手続き開始決定

山内建設(函館市高盛町3の1)は、7日に函館地裁へ自己破産を申請し、8日に破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンク函館支店によると、負債額は3億200万円。

同社は1946年創業し、60年に法人改組している。建築が主体で、寺社建築でも実績を残すなど、ピーク時の93年10月期に8億7000万円の売上高を計上した。しかし、2005年4月期には2億8900万円まで落ち込み、06年同期は4億5000万円としたものの、安値受注で収益の確保が厳しくなっていた。

北海道建設新聞
2006/12/12
http://e-kensin.net/

2006年12月 6日 (水)

(株)三和ペイント工業[札幌市]

再度の資金ショート

塗装工事の三和ペイント工業(札幌市白石区北郷8条4丁目2番14号)は12月6日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約6000万円。

北海道や札幌市などの官公庁を主体に受注基盤を確立していたが、近年は受注減少による完工高の低下に加え、収益低迷もあり、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2006/12/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)平野金物[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第4344号)

(株)平野金物(札幌市北区新琴似12条9丁目2番6号)は12月6日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は佐々木潤弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月6日午後3時。

2006/12/14
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

北友テクノス(株)[札幌市]

民事再生法の適用を申請

北友テクノス(札幌市北区太平12の2の2の13)は、8日に札幌地裁に民事再生法の適用を申請し同日、保全命令を受けた。帝国データバンク札幌支店によると負債額は3億8000万円。

同社は1978年4月の創業。地盤改良、法面など土木工事を中心に、建設機械のリースレンタルも行い、97年にはユニココーポレーション(10月25日に会社更生法の適用申請)と業務提携を行っていた。2006年4月期には3億1600万円の売上高を明らかにしていたが、資金繰りが悪化。ユニココーポレーションの倒産で支援が得られる見通しが立たず、今回の処置となった。

北海道建設新聞
2006/12/12
http://e-kensin.net/

2006年12月 5日 (火)

(株)てしお[士別市]

破産手続開始(平成18年(フ)第759号)

(株)てしお(士別市東1条3丁目303番地)は12月5日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は須田保幸弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年1月19日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年2月22日午後1時30分。

2006/12/14
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(株)アールアンドアイ[札幌市]

再度の資金ショート

解体工事のアールアンドアイ(札幌市西区発寒6条5丁目3番43号)は12月5日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

当社の関連企業で10月末で事業を停止していた井越産業に連鎖し今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2006/12/18
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)新琴似ガラス[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第4201号)

(有)新琴似ガラス(札幌市北区新琴似10条5丁目2番2号)は12月5日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は佐々木潤弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月6日午後2時。

2006/12/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年12月 1日 (金)

現代設計工房(株)[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第4321号)

現代設計工房(株)(札幌市中央区南4条西1丁目15番2)は12月1日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は綱森史泰弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年3月1日午後1時30分。

2006/12/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »