« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

(有)北海道フィールドワーク[札幌市]

弁護士一任

水産物・青果物・洋菓子販売の北海道フィールドワーク(札幌市中央区北13条西20丁目1番20号)は10月31日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約1億円。

自社ホームページ「北海道の味仙人」で道内産の水産物、有名洋菓子店のロールケーキなどを販売していた。しかし夏場以降、受注の急激な減少で収益が大幅に悪化、従来から金融依存度の高い運営だったため支え切れず、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2006/11/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)日高富士生コン[日高町(門別)]

弁護士一任

コンクリート製品・生コン製造販売の日高富士生コン(沙流郡日高町富川西3丁目9番10号)は10月31日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億円(平成18年3月期時点)。

本年度に入っても思うような受注を確保できなかったため、夏頃より資金繰りが苦しくなり不渡り回避のため資産売却により資金を調達していたが、売却資産もなくなり、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2006/11/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年10月30日 (月)

(株)山信畠山組[釧路市]

破産手続開始(平成18年(フ)第439号)

(株)山信畠山組(釧路市堀川町6番4号)は10月30日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は那知哲弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年12月8日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年2月1日午後3時。

2006/11/09
http://kanpou.npb.go.jp/

2006年10月26日 (木)

(株)宝石のありもとダイヤモンド友の会[札幌市]

ありもと友の会も破産 積立金半額、会員に返金へ

宝石貴金属の店ありもと(二十三日に自己破産申請)の子会社「宝石のありもとダイヤモンド友の会」(札幌)は二十六日、札幌地裁に自己破産を申請した。顧問弁護士などによると負債総額は約二億円。

同社は、会員から一口二千円の積立金を毎月集め、一年後の満期に一口分を上乗せする手法で、ありもとの商品を販売していた。現在の会員数は約一万二千人。

破産申請に伴い、会員から集めた前受け金二億七千万円の半額が割賦販売法で保全され、北海道経済産業局が今後、同法の還付手続きに従って会員に返金する。

北海道新聞
2006/10/27
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2006年10月25日 (水)

大宇流通(有)[札幌市]

弁護士一任

水産物販売の大宇流通(札幌市手稲区前田10条19丁目12番1号)は10月25日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億2000万円。

今年に入り、船主責任保険代理店業務を無許可で行ったことで対外信用が低下。金融機関との取引関係が継続できなくなり、資金繰りが悪化していた。

東京商工リサーチ
2006/11/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)小林青果[帯広市]

弁護士一任

青果物販売の小林青果(帯広市稲田町南8線14番地16)は10月25日、弁護士に事後処理を一任した。負債総額は約2500万円。

本店のほかテナントを構え、南十勝地区への販売も手掛けていたが、減収に歯止めがかからず、収益面も多額の繰越欠損を抱えていた。

東京商工リサーチ
2006/11/06
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)ユニコ・コーポレーション[札幌市|JQ 8569]

ユニコ 更生法申請 社長、以前から粉飾認識 負債891億円

粉飾決算と債務超過が判明した総合リース業道内大手のユニコ・コーポレーション(札幌)は二十五日、東京地裁に会社更生法の適用を申請、同地裁から保全管理命令を受けた。同社によると、負債総額は八百九十一億円。道内では、今年に入り最大の経営破たんで、戦後九番目の大型倒産となった。

山田洋司社長は同日、札幌市内で記者会見し、他の役員、監査役六人とともに、保全管理人に同日付で辞表を提出したことを明らかにした。同社は事業を継続しながらスポンサー企業を見つける方針。複数の企業が名乗りを上げているといい、保全管理人に選ばれた永沢徹弁護士(東京)は「年内にも支援先のめどをつけたい」と語った。

ユニコは八月初旬、割賦販売した商品代金を先に一括で売上高に計上する方法などで、粉飾決算を行っていたと公表。九月下旬には貸倒引当金の大幅増額などを監査法人に迫られた結果、二〇〇四年十二月期から債務超過に陥っていたことを発表した。これらについて、山田社長は会見で「結果的に事後に分かったが、(販売自体は)架空ではないので気にしていなかった」と述べ、以前から不正を把握していたことを初めて認めた。

同社は九月下旬、金融機関に債務返済の三カ月の猶予を要請。この間にスポンサー企業を見つける計画だったが、今月に入り、複数の金融機関が貸出金回収を実行したため、金融団の統一的な協力が得られないと判断し、会社更生法の適用を申請した。

一方、ジャスダック証券取引所は二十五日、同社の現在の監理ポストから更生法申請を受けて、二十六日、上場廃止を前提とした整理ポストに移行すると発表。十一月二十六日付で上場廃止にする。また、ユニコは三十日、札幌市内で第一回債権者集会を開く。

北海道新聞
2006/10/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2006年10月24日 (火)

(株)和光/日光産業(株)[旭川市]

和光と関連会社 自己破産申請へ 負債総額9億円

【旭川】旭川家具の中堅メーカー「和光」(旭川)とグループ会社「日光産業」(同)が二十四日、業績不振のため事業を停止し、自己破産申請の準備に入った。帝国データバンク旭川支店によると、負債総額は和光が約七億七千万円、二社合わせると約九億六千万円。

和光は民芸調の家具を得意とし、オリジナルブランド「カントリーオーク」などで知られた。一九九六年十二月期には十二億五千万円を売り上げたが、高級家具市場の需要不振でその後減少。二〇〇四年に工場などの焼失もあり、〇五年十二月期は四億七百万円に落ち込んだ。日光産業は〇五年八月、和光に事実上吸収され、休眠会社だった。弁護士によると、従業員五十三人は同日付で全員解雇された。

北海道新聞
2006/10/25
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

破産手続開始(平成19年(フ)第164号)

(株)和光(旭川市工業団地1条1丁目2番3号)は3月28日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は竹本康志弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年5月7日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年7月11日午後2時。

2007/04/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

 

破産手続開始(平成19年(フ)第424号)

日光産業(株)(旭川市工業団地1条1丁目2番6号)は7月30日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は竹本康志弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年9月10日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年10月24日午後3時。

2007/08/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(株)丸三三田酒店[釧路市]

弁護士一任

酒・食料品販売の丸三三田酒店(釧路市幸町6丁目7番地2)は10月24日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約7000万円。

近年は大型量販店との競合が激化するなど環境が悪化し、売上高は減少するなど厳しい経営を強いられていた。

東京商工リサーチ
2006/11/06
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年10月23日 (月)

(有)明上[中川町]

再生手続開始(平成18年(再)第2号)

(有)明上(中川郡中川町字中川371番地1)は10月23日、旭川地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成18年11月20日まで、一般調査期間は平成18年12月18日から平成19年1月5日まで。

2006/11/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所)

 

破産手続開始(平成19年(フ)第143号)

(有)明上(中川郡中川町字中川371番地1)は3月12日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は廣瀬隆司弁護士。

破産債権の届出期間は平成19年4月16日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年6月13日午後4時10分。

2007/03/20
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(株)宝石貴金属の店ありもと[札幌市]

宝石販売ありもと 自己破産申請 負債総額22億円

一回目の不渡りを出し全事業を停止していた貴金属販売道内大手の「宝石貴金属の店ありもと」(札幌)は二十三日、札幌地裁に自己破産を申請した。顧問弁護士によると、負債総額は約二十二億円。

同社は一九五九年創業で、宝石類の購入資金を積み立てる会員組織の子会社「宝石のありもとダイヤモンド友の会」(札幌)を使った独自の商法を考案。会員向けの展示会を道内で頻繁に開いて売り上げを拡大した。

しかし、今年に入り、販売方法をめぐるトラブルが発覚。道内景気低迷による売り上げ不振と重なり、経営難に陥っていた。一方、「友の会」も近く自己破産を申請する方針。負債総額は二億円を超える見込み。会員は約一万二千人に上り、影響が懸念されている。

北海道新聞
2006/10/23
http://www.hokkaido-np.co.jp/

金井遠洋(株)/朝日漁業(株)[釧路市]

金井漁業関連2社特別清算へ

【釧路】経営再建を目指して新会社を設立した道内最大手の水産会社、金井漁業(釧路市)の関連会社だった金井遠洋(同)と朝日漁業(同)は二十三日にも、釧路地裁に特別清算を申請する。

帝国データバンク釧路支店によると、負債総額は金井遠洋が約百二十四億円、朝日漁業が約三十七億円の見込みだが、負債の大半は旧金井遠洋(現・金井マリーン)からの借り入れ。

金井遠洋は一九八四年、朝日漁業は一九六七年に旧金井漁業の関連会社として設立。金井遠洋はイワシやサバなどの近海まき網漁を、朝日漁業はタラはえ縄漁を行っていた。水揚げ減少に伴って事業を縮小し、二〇〇五年十二月期の累積赤字額は金井遠洋が八十四億千八百万円、朝日漁業が二十九億六百万円に上っていた。

両社の漁業部門は二日に新会社に吸収され、事業分割後の両社は四日に解散していた。金井マリーンは両社の特別清算が完了後、特別清算手続きに入る見通し。

北海道新聞
2006/10/20
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2006年10月21日 (土)

(有)大本塗装工業[室蘭市]

弁護士一任

塗装工事の大本塗装工業(室蘭市八丁平5丁目42番4号)は10月21日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約1300万円。

受注減少による減収に加え、受注単価の低下に伴う収益性の低下などで資金繰りが悪化していた。

東京商工リサーチ
2006/11/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年10月20日 (金)

(有)酒のいとう[帯広市]

弁護士一任

酒小売の酒のいとう(帯広市西2条南27丁目20番地)は10月20日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2233万円。

大型スーパーおよびディスカウント店、コンビニエンスストアとの競合から減収推移をたどっていた。打開策としてイベントホールを兼業したが、今年度に入っても厳しい運営が続いていた。

東京商工リサーチ
2006/11/06
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)カネ一大野商店[小樽市]

弁護士一任

家庭金物卸のカネ一大野商店(小樽市住吉町5番6号)は10月20日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約3200万円。

大手ホームセンターの台頭などから売り上げは減少傾向をたどり、近年は赤字決算が続いて多忙な資金繰りにあった。

東京商工リサーチ
2006/11/06
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年10月19日 (木)

(有)旭川趣味商会[旭川市]

破産手続開始(平成18年(フ)第516号)

(有)旭川趣味商会(旭川市6条通22丁目左2号)は10月19日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は廣瀬隆司弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年1月18日午前11時。

2006/11/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

2006年10月18日 (水)

小林木工(株)[旭川市]

破産手続開始(平成18年(フ)第655号)

小林木工(株)(旭川市工業団地1条1丁目2番15号)は10月18日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は廣瀬隆司弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年11月20日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年2月7日午後4時。

2006/11/01
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

北園観光開発(株)[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3870号)

北園観光開発(株)(札幌市中央区大通西16丁目1番13号)は10月18日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は沼上剛人弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年12月26日午後3時30分。

2006/10/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年10月17日 (火)

(株)道央管理[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3883号)

(株)道央管理(札幌市中央区南29条西11丁目3-5)は10月17日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は難波徹基弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年11時30分まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年1月23日午前10時。

2006/10/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年10月16日 (月)

三高建設(株)[和寒町]

破産手続開始(平成18年(フ)第484号)

三高建設(株)(上川郡和寒町字三笠96番地)は10月16日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林孝幸弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年2月7日午後3時30分。

2006/10/27
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(株)チニカ[札幌市]

弁護士一任

介護用品販売のチニカ(札幌市西区二十四軒3条5丁目2番1号)は10月16日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約1億1000万円。

大量のパソコンを買い付けし販売した利益を還元するという手法で顧客から出資金を搾取し社会問題化した札幌市内の投資会社に数千万円の不良債権が発生し資金繰りが悪化、厳しい運営を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
2006/11/27
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年10月13日 (金)

(有)マルホ堀商店[池田町]

破産手続開始(平成18年(フ)第372号)

(有)マルホ堀商店(中川郡池田町字東1条16番地)は10月13日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は村上英二弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年11月27日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年1月25日午後1時30分。

2006/10/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

(株)丸井食堂部[小樽市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3843号)

(株)丸井食堂部(小樽市稲穂1丁目4番1号)は10月13日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は増谷康博弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年1月18日午前11時。

2006/10/23
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年10月12日 (木)

(有)ボストン企画[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3803号)

(有)ボストン企画(札幌市白石区南郷通14丁目南2番2-303号)は10月12日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山崎昌彦弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年1月25日午後1時30分。

2006/10/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年10月11日 (水)

(有)石出自動車用品[北広島市]

再度の資金ショート

自動車用品販売の石出自動車用品(北広島市山手町5丁目4番地9)は10月11日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

東京商工リサーチ
2006/10/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

東建工業(株)[釧路市]

弁護士一任

管工事の東建工業(釧路市昭和町1丁目2番3号)は10月11日までに事務所を閉鎖し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億2800万円。

赤字工事の散発や未回収債権が発生するなど厳しい状態が続いていた。既往の赤字累積から多額の繰越欠損を内包していたことに加え、大型物件での手直し工事の発生などもあったことから資金計画に狂いが生じ今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2006/10/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)五光札幌店[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3829号)

(株)五光札幌店(札幌市中央区南6条西11丁目1284番9号)は10月11日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は神戸俊昭弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年12月11日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年1月18日午後1時30分。

2006/10/19
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)サンセーサッシ工業[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3758号)

(有)サンセーサッシ工業(札幌市北区新川西3条4丁目6番23号、商業登記簿上の本店所在地石狩市花川南7条4丁目42番地)は10月11日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は斎藤正道弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年11月30日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年1月16日午前10時30分。

2006/10/19
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年10月10日 (火)

(有)札建工房[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3832号)

(有)札建工房(札幌市中央区南9条西4丁目3番15号)は10月10日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は荻野一郎弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年12月8日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年1月18日午後2時。

2006/10/24
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年10月 8日 (日)

(株)北海道ダイト[帯広市]

再度の資金ショート

建築工事の北海道ダイト(帯広市西17条南5丁目11番11号)は10月8日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約3億円。

近年は同業他社との競合などによる受注低迷で完工高は減少し、収益も低下していた。

東京商工リサーチ
2006/10/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年10月 7日 (土)

(有)佐竹地下工業所[岩内町]

佐竹地下工業所が営業停止

東京商工リサーチ小樽支店によると、さく井工事の佐竹地下工業所(本社・岩内)がこのほど代表者死亡と同時に営業を停止し、札幌の弁護士に事後処理を一任した。負債額は調査中。

1959年創業。86年からさく井工事の事業を乗り出し、温泉掘削を中心に営業展開。リゾート地や過疎地域の温泉開発ブームで地盤を築いたが、多額の不良債権や赤字工事で厳しい資金繰りが続いていた。2006年3月期の売上高は8900万円。

北海道建設新聞
2006/10/07
http://e-kensin.net/

2006年10月 6日 (金)

菱栄商事(株)[滝川市]

滝川の菱栄商事 特別清算を申請

【滝川】空知管内を中心に八月まで食品スーパー「りょーゆー」を展開していた菱栄商事(滝川)が六日午前、札幌地裁に特別清算を申請した。負債総額は十七億円前後の見込み。

経営悪化のため事業継続を断念することをすでに発表していた。店舗はイオングループのジョイ(札幌)などに譲渡。レストラン、CD書籍などのフランチャイズ店経営は実質親会社の北星(滝川)が継承した。

北海道新聞
2006/10/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)ホーワ技建[札幌市]

再度の資金ショート

防水工事のホーワ技建(札幌市中央区南14条西7丁目3番22号)は10月6日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約3000万円。

受注減少により減収に歯止めがかからず、収益も低迷し今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2006/10/16
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年10月 5日 (木)

セントラルオフィス(株)[札幌市]

再度の資金ショート

映像処理・CM製作のセントラルオフィス(札幌市中央区北1条西24丁目2番22号)は10月5日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約5000万円。

近年は過年度からの設備投資負担に加え、事業多角化を目的に運営した宅配ピザ店の失敗もあり、厳しい運営が続いていた。

東京商工リサーチ
2006/10/16
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年10月 4日 (水)

(有)オートパーツ札幌[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3741号)

(有)オートパーツ札幌(札幌市中央区北2条東7丁目 ラポール永山公園1F)は10月4日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は道尻豊弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年11月17日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年1月18日午後3時。

2006/10/18
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年10月 3日 (火)

(株)札幌ビデオ音響[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3660号)

(株)札幌ビデオ音響(札幌市東区北20条東1丁目325番地)は10月3日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は鈴木一嗣弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年1月11日午前10時30分。

2006/10/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年10月 2日 (月)

(有)木村商店[音更町]

破産手続開始(平成18年(フ)第369号)

(有)木村商店(河東郡音更町大通6丁目3番地)は10月2日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は武部雅充弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年12月22日午後1時30分。

2006/10/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

(有)旭川パークホテル[旭川市]

破産手続開始(平成18年(フ)第599号)

(有)旭川パークホテル(旭川市高砂台3丁目8番38号)は10月2日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は古田渉弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成19年1月24日午後2時。

2006/10/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

長原商産(株)[帯広市]

弁護士一任

コンビニエンスストア・貸しビルの長原商産(帯広市西23条南5丁目44番地)は10月2日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億1000万円。

同業との競合から業績は低迷、過去からの設備投資に要した借入金負担もあり、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2006/10/16
http:/www.tsr-net.co.jp/

サンユー物流(株)[苫小牧市]

弁護士一任

産業廃棄物収集運搬・一般貨物自動車運送のサンユー物流(苫小牧市新明町2丁目5番6号)は10月2日、資金ショートを起こすと同時に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億円(平成18年6月期時点)。

コンテナ輸送が低迷を続け、また燃料価格の高騰など経費負担が大きくなり、採算確保が困難な状態となっていた。

東京商工リサーチ
2006/10/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)鈴木建設工業[北見市]

鈴木建設工業が2回目の不渡り 負債額は8000万円内外

【北見】鈴木建設工業(北見市文京町614の10)は2日、9月29日に続く2回目の不渡りを出した。東亜リサーチによると、負債額は8000万円内外。

1987年設立の管工事業者で、土木や水道施設工事も手掛けていた。北見市など官公庁の工事も受注し、ピーク時の年商は7000万円前後だった。

しかし、営業力の弱体化と安値受注で収益不足が続き、2006年3月期の売り上げは3800万円台にまで低下。資金繰りが限界に達していた。

北海道建設新聞
2006/10/06
http://e-kensin.net/

(株)山重阿部商店[厚岸町]

破産手続開始(平成18年(フ)第393号)

(株)山重阿部商店(厚岸郡厚岸町字港町26番地)は10月2日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士。

2006/10/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)

(有)グリーンキャロット[釧路市]

釧路最大手のスーパー破産

【釧路】食品スーパー道内中堅のグリーンキャロット(釧路)は二日午前、釧路地裁から破産手続き開始の決定を受けた。信用調査会社の帝国データバンク釧路支店によると、負債総額は七億四百万円。

同社は一九九九年三月設立。最盛期には釧路、札幌、北見の三市に計十店舗を展開し、二〇〇四年二月期に売上高六十一億六千七百万円を計上、釧路の地場最大手スーパーに成長した。しかし、積極的な店舗展開に伴う費用や大手スーパーなどとの競合もあり採算が悪化。〇六年二月期は売上高四十四億七千百万円にまで減少していた。

現在は釧路市内三店、札幌市内二店、北見市内二店の計七店舗。

北海道新聞
2006/10/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
地場スーパー相次ぎ破産 淘汰の波またも 客は困惑「買い物に苦労」
【写真説明】「グリーンキャロットアベニュー店」があったアベニュー946の1階。売り場はビニールシートで覆われた 掲載 2006/10/03

 

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »