« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

(有)ワークス・ドゥ[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3178号)

(有)ワークス・ドゥ(札幌市北区北21条西4丁目2番28号)は8月31日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は木場知則弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年11月28日午後1時30分。

2006/09/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年8月30日 (水)

(株)水車吉田商店[森町]

破産手続開始(平成18年(フ)第16457号)

(株)水車吉田商店(茅部郡森町字常盤町128番地)は8月30日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は本山正人弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年9月27日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年12月14日午後2時。

2006/09/14
http://kanpou.npb.go.jp/

2006年8月28日 (月)

(株)総栄佐々木コンクリート[恵庭市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3207号)

(株)総栄佐々木コンクリート(恵庭市新町40番地)は8月28日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山下史生弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年10月27日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年11月30日午後1時30分。

2006/09/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年8月26日 (土)

(株)ショッピングセンターはとや[豊頃町]

弁護士一任

食料品スーパーのショッピングセンターはとや(中川郡豊頃町茂岩本町110番地)は8月26日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約7000万円。

コンビニエンスストアや大手スーパーとの競合から売上高は低下。収益面についても単価の低迷、過年度の店舗設備負担などから多額の繰越赤字を内包していた。

東京商工リサーチ
2006/08/28
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年8月24日 (木)

(株)共伸[札幌市]

再度の資金ショート

遊技機販売の共伸(札幌市南区澄川1条1丁目3番31号)は8月24日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約4億5000万円。

ここ数年は受注が伸び悩んでいたことに加え、パチンコ店を運営する関連会社への貸付金や新冠町のファッションホテル買収で多額の借入金が発生し、厳しい資金状況が続いていた。

東京商工リサーチ
2006/09/04
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)ベアーズポー[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3062号)

(有)ベアーズポー(札幌市清田区真栄5条2丁目2番35号)は8月24日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は橋本佐和子弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年11月21日午前10時。

2006/09/01
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年8月21日 (月)

(有)クレイ[札幌市]

再度の資金ショート

販促品・ノベルティグッズ販売のクレイ(札幌市白石区北郷6条2丁目8番7号)は8月21日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

イベント催事業者や中古車販売店、パチンコ店、観光ホテルなどを販路としていたが、業況は厳しく今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2006/09/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年8月20日 (日)

(有)札幌三和建設[札幌市]

再度の資金ショート

建築工事の札幌三和建設(札幌市北区北28条西11丁目1番16号)は8月20日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

不況の影響から減収を余儀なくされ収益も低迷、累積赤字を内包した運営が続いていた。

東京商工リサーチ
2006/09/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年8月18日 (金)

(株)久保田水産[根室市]

破産手続開始(平成18年(フ)第69号)

(株)久保田水産(根室市西浜町10丁目16番地)は8月18日、釧路地裁根室支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は梅本英広弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年11月10日午前11時30分。

2006/08/28
http://kanpou.npb.go.jp/

2006年8月17日 (木)

(株)大成商事[北見市]

大成商事が近く自己破産を申請

【北見】大成商事(北見市東相内町17の111)は17日、業務を停止し、事後処理を永井哲男弁護士(北見市)に一任した。近く自己破産を申請する見通し。負債額は帝国データバンク北見支店によると約2億円、東亜リサーチの調べでは1億7000万円内外。

同社は1954年4月に設立。当初は家具卸が中心だったが、90年以降は小売りや工事関連部門にも手を広げ、91年と92年の12月期には10億円を上回る年商を上げた。

また建築工事にも参入し、一時は大手ゼネコンの下請けも積極的に行ったが、業績不振が続き2005年12月期の売上高は1億5100万円台にまで落ち込んでいた。

北海道建設新聞
2006/08/22
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成18年(フ)第160号)

(株)大成商事(北見市東相内町17番地111)は8月21日、釧路地裁北見支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は荻原怜一弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年10月20日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年11月13日午後1時30分。

2006/08/30
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所北見支部破産係)
 

フォト海道(道新写真データベース)
家具販売 大成商事自己破産へ 負債総額1億9000万円 価格競争激化で
北見市の家具販売業、大成商事が店舗を閉鎖=写真= 掲載 2006/08/19

 

2006年8月14日 (月)

(株)北海産業[札幌市]

札幌の北海産業が自己破産

北海産業(札幌市白石区菊水元町4の1の5の11)は14日に札幌地裁に自己破産を申請し、17日同地裁から破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンク札幌支店によると負債額は3億5000万円。

1968年創業、73年設立の同社は道路、外構など土木工事を主力に、2000年3月期には4億3200万円の売上高を計上したが、近年は伸び悩み、余裕のない資金繰りが続いていた。11月16日に財産状況報告集会が予定されている。

北海道建設新聞
2006/08/22
http://e-kensin.net/

(有)道東建機[足寄町]

弁護士一任

土木工事の道東建機(足寄郡足寄町西町9丁目91番地)は8月14日付で弁護士に事後処理を一任し事務所を閉鎖した。負債総額は約1億4000万円。

受注単価の低迷や機械保有による設備負担から収益面は低調で、累積欠損を抱え債務超過の状態が続いていた。

東京商工リサーチ
2006/08/28
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年8月10日 (木)

(株)元建設工業[札幌市]

再度の資金ショート

舗装工事の元建設工業(札幌市東区本町1条1丁目1番8号)は8月10日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1億円。

ここ数年は官庁工事の減少などで減収が続き、損益も受注単価の低下や諸経費の高騰により悪化、さらには不良債権の償却などで赤字が続き、多額の累積赤字を内包していた。

東京商工リサーチ
2006/08/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年8月 9日 (水)

(株)キリヤ商店[標茶町]

破産手続開始(平成18年(フ)第327号)

(株)キリヤ商店(川上郡標茶町富士3丁目1番地)は8月9日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は久保田庸央弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年9月29日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年12月7日午後4時。

2006/08/24
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)金田コーポレーション[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3033号)

(株)金田コーポレーション(札幌市白石区流通センター3丁目1番54号)は8月9日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は八代眞由美弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年10月26日午前11時。

2006/08/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)ウォークコーポレーション[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第3050号)

(株)ウォークコーポレーション(札幌市中央区南23条西14丁目1番20号)は8月9日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は神戸俊昭弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年11月7日午後2時。

2006/08/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年8月 8日 (火)

(有)マルヨダンテック[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第2891号)

(有)マルヨダンテック(札幌市東区丘珠町566番地1)は8月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は堀江健太弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年9月8日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年11月14日午前11時。

2006/08/22
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(名)小山商店[弟子屈町]

破産手続開始(平成18年(フ)第322号)

(名)小山商店(川上郡弟子屈町湯の島1丁目6番1号、清算人泉敬氏)は8月8日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は伊藤孝博弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年10月31日午後4時30分。

2006/08/17
http://kanpou.npb.go.jp/

2006年8月 7日 (月)

(有)リンクス[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第2972号)

(有)リンクス(札幌市白石区川下2169番18)は8月7日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は見野彰信弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年11月7日午前11時。

2006/08/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年8月 5日 (土)

(有)鮨の富士丸[白老町]

破産手続開始(平成18年(フ)第266号)

(有)鮨の富士丸(白老郡白老町字竹浦122番地6)は8月5日、札幌地裁室蘭支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は奈良秦哉弁護士。

2006/09/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部)

2006年8月 4日 (金)

州建設(株)[札幌市]

弁護士一任

建築・土木工事の州建設(札幌市豊平区水車町5丁目5番25号)は8月4日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億5000万円。

損益面では外注費の高騰や安値受注を繰り返したことで、大幅赤字を計上し債務超過に転落。増減資を行い表面的には債務超過を脱したものの、厳しい資金状況となっていた。

東京商工リサーチ
2006/08/28
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)モーリ[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第2980号)

(有)モーリ(札幌市東区北6条東5丁目1番4号)は8月4日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は清水勝裕弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年10月12日午後3時30分。

2006/08/18
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)北海道販売[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第2959号)

(有)北海道販売(札幌市中央区南24条西7丁目1番10号)は8月4日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は坂原正治弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年10月12日午後2時。

2006/08/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(学)小樽昭和学園[小樽市]

昭和学園再生法申請へ、四国の予備校経営支援 小樽短大など存続

【小樽】小樽短期大(小樽市)が学生数減少で経営難に陥り、同短大などを運営する学校法人小樽昭和学園は二日までに、近く札幌地裁に民事再生法の適用を申請する方針を固めた。負債総額は約三億五千万円。再建計画では、四国を中心に予備校を運営する「タカガワ」(徳島市)から経営支援を受ける。

短大を経営する道内の学校法人が経営破たんし法的整理を申請するのは道内で初めて。同学園が運営する同短大、小樽明峰高、小樽看護専門学校は存続する。

北海道新聞
2006/08/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
昭和学園再生法申請へ 定員割れ続き経営悪化 小樽短大 少子化進行響く
【写真説明】運営する小樽昭和学園が民事再生法を申請する方針を固めた小樽短期大 掲載 2006/08/03

 

2006年8月 3日 (木)

(株)志村商会[札幌市]

再度の資金ショート

測量機器販売の志村商会(札幌市豊平区西岡4条10丁目18番5号)は8月3日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約3000万円。

地元のほか、本州大手ゼネコンを営業基盤としていたが、近時は公共工事の減少に伴う影響で受注が減少していた。

東京商工リサーチ
2006/08/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)共栄[岩見沢市]

破産手続開始(平成18年(フ)第180号)

(株)共栄(岩見沢市北4条西18丁目1番22号)は8月3日、札幌地裁岩見沢支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は開本英幸弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年9月4日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年11月13日午前10時。

2006/08/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩見沢支部)

2006年8月 2日 (水)

(株)室蘭豆富センター[室蘭市]

弁護士一任

豆腐・納豆・コンニャク製造販売の室蘭豆富センター(室蘭市中島町2丁目25番13号)は8月2日付で事業を停止するとともに、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約7000万円。

最近は主力商品である豆腐・納豆・コンニャクの消費離れや大手ライバル業者との競合激化から業績は悪化、売上高はピーク時の半減までに落ち込むなど苦戦を強いられていた。

東京商工リサーチ
2006/08/07
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年8月 1日 (火)

(株)みちのく食品[札幌市](19年ぶり2回目)

みちのく食品 事実上の倒産

弁当・仕出し製造のみちのく食品(札幌市東区)は一日までに、資金繰り悪化と業績不振で事業を停止、事実上倒産した。従業員五十三人、パート約二百五十人は全員解雇された。東京商工リサーチ北海道支社によると、負債総額は約十一億円。

同社は一九七六年の創業。約七千社への納入実績があり、特に企業向け宅配弁当では札幌市内で二番目の規模を持つ。九三年一月期には売上高二十四億七千二百万円を計上したが、二〇〇六年一月期には十五億一千万円に減少していた。また過去に和議申請した経緯から、金融機関との正常な取引ができず、資金繰りに苦しんでいた。

北海道新聞
2006/08/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »