« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

(有)北海道マルシェSapporo[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第1049号)

(有)北海道マルシェSapporo(札幌市中央区宮ヶ丘2丁目1番2号)は3月31日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は花形満弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月27日午後1時30分。

2006/04/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)日邦機器[札幌市]

弁護士一任

管材販売の日邦機器(札幌市西区八軒3条東3丁目5番32号)は3月31日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約5000万円。

従来から収益面は低調で財務基盤の充実に至っていなかったことに加え、技研設備に不良債権が発生した影響で今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2006/04/10
http:/www.tsr-net.co.jp/

宮川建築デザイン事務所(有)[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第209号)

宮川建築デザイン事務所(有)(札幌市白石区栄通18丁目4番1号)は3月31日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は森谷瑞穂弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月27日午前11時。

2006/04/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年3月30日 (木)

(株)道東住宅システム[釧路市]

破産手続開始(平成18年(フ)第130号)

(株)道東住宅システム(釧路市鶴野50番地2070)は3月30日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山崎俊之弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年5月19日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月16日午前11時15分。

2006/04/13
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)飯塚商店[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第1125号)

(株)飯塚商店(札幌市中央区北10条西21丁目1番3号)は3月30日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は名倉一誠弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年5月8日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月29日午後1時30分。

2006/04/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年3月29日 (水)

(株)まるかじり・かに番屋[紋別市]

破産手続開始(平成18年(フ)第74号)

(株)まるかじり・かに番屋(紋別市北浜町3丁目7番1号)は3月29日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は辻本純成弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年7月20日午後1時30分。

2006/04/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(有)本前産業[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第1017号)

(有)本前産業(札幌市白石区平和通9丁目北10番21号)は3月29日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林眞紀世弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月15日午後2時。

2006/04/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)金誉星名取金物店[函館市]

破産手続開始(平成18年(フ)第146号)

(株)金誉星名取金物店(函館市豊川町18番12号)は3月29日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は嶋田敬弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年4月28日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成18年6月6日午後2時30分。

2006/04/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

2006年3月28日 (火)

(有)仙田重機[旭川市]

破産手続開始(平成18年(フ)第149号)

(有)仙田重機(旭川市豊岡12条2丁目2番1号)は3月28日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は千葉健夫弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月22日午後1時50分。

2006/04/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

東北商事(株)[芦別市]

破産手続開始(平成18年(フ)第53号)

東北商事(株)(芦別市北1条東1丁目5番地)は3月28日、札幌地裁滝川支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は花形満弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年7月18日午後4時。

2006/04/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所滝川支部)

(有)リトルウイング[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第1014号)

(有)リトルウイング(札幌市西区八軒8条東5丁目3番5号)は3月28日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は木場知則弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月22日午前10時。

2006/04/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)マイルストーンズ[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第1014号)

(有)マイルストーンズ(札幌市中央区南2条西3丁目8番地、登記簿上の本店所在地札幌市西区八軒8条東5丁目3番5号)は3月28日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は木場知則弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月22日午前10時。

2006/04/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年3月27日 (月)

(株)八洲工機[函館市]

破産手続開始(平成18年(フ)第181号)

(株)八洲工機(函館市浅野町4番8号)は3月27日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は熊谷義郎弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年4月28日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成18年5月22日午後1時30分。

2006/04/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

2006年3月24日 (金)

(有)若葉興業[新冠町]

破産手続開始(平成18年(フ)第73号)

(有)若葉興業(新冠郡新冠町字大狩部581番地3)は3月24日、札幌地裁苫小牧支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は成田史郎弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年4月28日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月16日午後4時。

2006/04/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

(有)鎌田建設[帯広市]

破産手続開始(平成18年(フ)第70号)

(有)鎌田建設(帯広市西16条南6丁目23番17号)は3月24日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は佐々木涼太弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年5月23日午後1時30分。

2006/04/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

2006年3月23日 (木)

(有)リョウマート[札幌市]

再度の資金ショート

酒類販売のリョウマート(札幌市南区川沿4条3丁目4番8号)は3月23日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約4000万円。

「ラッキー川沿店」にて一般客を主体とした営業を行っていたが、消費低迷による業績の伸び悩みから店舗を移転、地元飲食店に対する営業強化で巻き返しを図ったものの個人客への販売が低下し、厳しい資金状況に陥っていた。

東京商工リサーチ
2006/03/27
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年3月22日 (水)

(株)丸カ一片原商店[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第1002号)

(株)丸カ一片原商店(札幌市南区定山渓温泉東2丁目128番地)は3月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は長田正寛弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年4月28日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月15日午前10時。

2006/04/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)新栄トレーディング[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第983号)

(株)新栄トレーディング(札幌市中央区南1条西13丁目4番地60 ニューシティレジデンス大通公園402号)は3月22日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は坂本泰朗弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月27日午前10時。

2006/04/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

伊藤断熱工業(株)[旭川市]

破産手続開始(平成18年(フ)第52号)

伊藤断熱工業(株)(旭川市忠和8条5丁目10番4号)は3月22日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は須田保幸弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年5月19日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月22日午後1時30分。

2006/04/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

2006年3月20日 (月)

北永工業(株)[伊達市]

弁護士一任

土木工事の北永工業(伊達市末永町61番地)は3月20日をもって事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約5000万円。

近年は公共事業削減等もあって取り巻く環境が徐々に厳しくなり、受注低迷から赤字決算を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
2006/03/27
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年3月17日 (金)

(有)カインド[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第847号)

(有)カインド(札幌市西区山の手2条9丁目1番1-205号)は3月17日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は澤田昌廣弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月20日午後4時30分。

2006/04/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年3月16日 (木)

(有)丸国米永製氷店[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第880号)

(有)丸国米永製氷店(札幌市中央区北2条西22丁目235番地)は3月16日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は市毛智子弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月20日午前10時。

2006/04/03
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)みしな[新得町]

弁護士一任

飲食店経営のみしな(上川郡新得町本通北5丁目4番地)は3月16日、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約4000万円。

大手ファミリーレストラン店の進出などから売上高は年々減少。最近は藤丸店の独立や緑ヶ丘店の閉鎖などで厳しい運営を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
2006/03/27
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年3月15日 (水)

コロナエンジニアリング(株)[札幌市]

再度の資金ショート

節水器具製造販売のコロナエンジニアリング(札幌市白石区中央1条5丁目5番15号)は3月15日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約3億1400万円(平成16年11月期時点)。

同業他社との競合や代理店の減少などで減収を余儀なくされ売上高は落ち込み、収益面も低調に推移、関連会社に対する貸付金や長期未収金などの資金負担も大きく今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2006/03/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年3月14日 (火)

(有)ブルームーンファインアート[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第884号)

(有)ブルームーンファインアート(札幌市中央区北3条西26丁目3番8号 N2ビル2F)は3月14日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は藤田美津夫弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月29日午後2時30分。

2006/03/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年3月10日 (金)

(株)三浦総業[函館市]

破産手続開始(平成18年(フ)第144号)

(株)三浦総業(函館市美原4丁目14番12号)は3月10日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は嶋田敬昌弁護士。

2006/04/03
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

(有)マルトミ鋼業[芽室町]

弁護士一任

仮設資材賃貸のマルトミ鋼業(河西郡芽室町東6条2丁目2番地2)は3月10日、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約3350万円。

公共事業の減少や取引先の倒産による不良債権の発生などの外部環境悪化により売上高は低迷。収益性も妙味ない推移を余儀なくされ、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2006/03/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

(医)社団三楡会北斗循環器病院[札幌市]

札幌・北斗循環器病院 民事再生法を申請

札幌市東区の医療法人三楡(さんゆ)会北斗循環器病院(従業員約百三十人)は十日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、同日開始決定を受けた。東京商工リサーチ北海道支社によると、負債総額は約十九億七千七百万円。病院は心臓手術などで実績があり、今後も診療を続ける方針という。

同理事長が一九九八年、北斗循環器内科・外科として創業。二〇〇〇年に既存の医療法人を買収し、法人化した。〇四年には八十四床の病院を移転・新築し、心臓血管外科を拡充した。

しかし病院移転の際に建物所有者へ支払う多額の建設協力金や家賃がかさんだ上、過剰な設備投資に充てる借入金が資金繰りを圧迫。規模拡充の効果や心臓手術などの実績から、〇五年四月期売上高は前年比約35%増の十八億六千万円に伸ばしたが、二億三千二百万円の純損失を計上し、債務超過に陥った。

病院側によると平常通りの診療を行っており、今後も別の医療法人の支援を受け診療を継続する方向で協議中という。

北海道新聞
2006/03/11
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2006年3月 9日 (木)

(株)マキノ時計店[札幌市]

再度の資金ショート

時計・宝石・貴金属小売のマキノ時計店(札幌市中央区南1条西4丁目5番地1)は3月9日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約3億7000万円。

近年は卸販売の増加に伴う粗利益率の低下や、経費負担のかかる展示会で相応の売上高を確保できずに採算割れとなるなど業績低迷を余儀なくされ、また多額の在庫負担などから厳しい資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2006/03/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年3月 8日 (水)

粧連(株)[北広島市]

破産手続開始(平成18年(フ)第825号)

粧連(株)(北広島市大曲工業団地3丁目5番地1)は3月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は矢吹徹雄弁護士。

2006/03/18
http://kanpou.npb.go.jp/

(有)ダイテック[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第507号)

(有)ダイテック(札幌市東区本町2条10丁目3番15号)は3月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は橋場弘之弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月1日午後1時30分。

2006/03/24
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

アグロ技術(株)[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第803号)

アグロ技術(株)(札幌市中央区大通西12丁目4番地99 札幌大通ビル)は3月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は川島英雄弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年4月21日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月1日午後3時。

2006/03/23
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年3月 7日 (火)

(株)マクトラ[幕別町]

破産手続開始(平成18年(フ)第67号)

(株)マクトラ(中川郡幕別町字新川64番地16)は3月7日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は斉藤道俊弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年4月7日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成18年5月16日午前10時30分。

破産法204条1項2号の規定による簡易配当をすることにつき異議のある破産債権者は、裁判所に対し一般調査期日の終了時までに異議を述べなければならない。

2006/03/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

(株)ミヤコシ[芦別市]

破産手続開始(平成18年(フ)第43号)

(株)ミヤコシ(芦別市上芦別町180番地)は3月7日、札幌地裁滝川支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は丸山健弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月6日午後4時30分。

2006/03/23
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所滝川支部)

(株)北幸物流[北斗市(上磯)]

再度の資金ショート

運送の北幸物流(北斗市追分4丁目2番3号)は3月7日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約7000万円。

市況の低迷、同業者との競合から業績はジリ貧となり、赤字決算が続いていた。

東京商工リサーチ
2006/04/10
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年3月 3日 (金)

(資)舟橋商店[苫小牧市]

再度の資金ショート

酒類・一般食料品販売の舟橋商店(苫小牧市新富町1丁目7番21号)は3月3日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1億円(平成17年2月期時点)。

コンビニエンスストアやディスカウント店の進出により減収が続き売上高は低迷。採算面でも赤字が続き、一時は取引先からの支援を受けるなどして凌いでいたが、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2006/03/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)TAKIKEN[苫小牧市]

破産手続開始(平成18年(フ)第53号)

(株)TAKIKEN(苫小牧市字沼ノ端217番地68)は3月3日、札幌地裁苫小牧支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は海川道郎弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月31日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年5月30日午後4時30分。

2006/03/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

2006年3月 2日 (木)

(株)北町夢屋[小樽市]

再度の資金ショート

ミニテーマパーク運営の北町夢屋(小樽市築港11番5号)は3月2日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

平成16年7月にウイングベイ小樽においてMr.マリック氏が監修を手掛けた「小樽超魔術館」を運営していた。しかし初年度から来館者数は計画を大幅に下回って業績面は苦戦し、1月末に閉館していた。

東京商工リサーチ
2006/03/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

サッポロ産機(株)[札幌市]

サッポロ産機の破産手続き開始 札幌地裁が決定

札幌地裁は二日、民事再生手続き廃止を決めたサッポロ産機(札幌)について、破産手続きの開始決定を下した。破産管財人の大川哲也弁護士(同)によると、現時点の負債総額は約十七億円。

今後、不動産などの残余財産を売却して、会社を清算する運び。

北海道新聞
2006/03/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2006年3月 1日 (水)

伊藤商行(株)[留萌市]

留萌の伊藤商行 民事再生法申請

【留萌】建設資材販売の伊藤商行(留萌市)は一日、旭川地裁に民事再生法の適用を申請した。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は約二十四億円。

同社は一九五三年創業。地場の大手中堅建設業者を主要取引先に業績を伸ばし、ピークの九九年十二月期には売上高六十四億五千万円に達した。

しかし、公共工事削減の影響でその後は減収基調に陥り、二〇〇〇年と〇二年には多額の赤字を計上。従業員の削減や、生コン部門縮小などスリム化を進めたが、〇四年十二月期の売り上げは三十億四千万円に落ち込んでいた。

北海道新聞
2006/03/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)創北建設[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第744号)

(株)創北建設(札幌市南区南37条西10丁目2番5号)は3月1日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は坂原正治弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年4月14日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月20日午後3時。

2006/03/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)丸正土建[釧路市]

再度の資金ショート

とび土工・コンクリート工事の丸正土建(釧路市星が浦南1丁目4番7号)は3月1日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1億2000万円。

公共工事の減少などで受注は好転せず、また減収から収益も低迷し、厳しい経営が続いていた。規模を縮小して経営の立て直しを図っていたが落ち込みに歯止めがかからなかった。

東京商工リサーチ
2006/03/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

丸オたむら水産(株)[小樽市]

水産物卸 丸オたむら水産株式会社 特別清算開始決定受ける 負債51億円

企業コード:060060092
丸オたむら水産(株)(資本金1300万円、登記面=小樽市色内3-2-4、清算人桶谷治氏)は、2月21日開催の臨時株主総会で解散を決議していたが、3月1日に札幌地裁小樽支部へ特別清算を申請し、同月13日に同地裁より特別清算開始決定を受けた。

申請代理人は桶谷治弁護士(札幌市中央区南1条西10-4-167、電話011-281-2226)

当社は、1992年(平成4年)5月に設立。ロシア産を主体とする輸入水産物や国内水産物の卸を手がけ、97年2月期には年売上高約39億8700万円を計上していた。しかし、従前取引先へ不良債権が発生したことなどから、その後は実質的に休眠状態が続き、近時は係争していた取引先に対する債権の回収業務に専念していた。

負債は約51億円の見込み。
帝国データバンク
2006/03/27
http://www.tdb-news.com/

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »