« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月28日 (火)

新成運輸(株)[比布町]

弁護士一任

一般貨物自動車運送の新成運輸(上川郡比布町基線4号)は2月28日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億5000万円。

同業他社との競合もあって減収に転じ、今期に入り燃料の値上がりでコストが大幅に上昇。さらに大雪の影響で冬場の稼働率が低下し収益が悪化、先行き見通しが立たないよして今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2006/03/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

たつみ商事(有)[恵庭市]

破産手続開始(平成18年(フ)第638号)

たつみ商事(有)(恵庭市恵み野西1丁目23番10)は2月28日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は八木宏樹弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年4月3日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年4月20日午前11時。

2006/03/14
http://kanpou.npb.go.jp/

2006年2月27日 (月)

上富良野生コン(株)[上富良野町]

特別清算開始(平成18年(ヒ)第4号)

清算会社 上富良野生コン(株)(空知郡上富良野町丘町4丁目)は2月27日、旭川地裁から特別清算開始決定を受けた。

2006/05/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所)

2006年2月24日 (金)

(株)かしま薬局[函館市]

かしま薬局が自己破産

薬局経営のかしま薬局(函館市中島町26)は24日までに、函館地裁に自己破産を申請し、事後処理を弁護士に一任した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ函館支店によると、負債総額は3億5000万円とみられる。

同社は、1959年3月創業の老舗薬局で、函館市内を拠点に医薬品や健康食品、化粧品などを扱っていた。同市内3店舗と江差町、七飯町の計5店舗を展開し、ピークの2001年3月期は11億3000万円を売り上げていた。

だが、大手ドラッグストアやホームセンターの相次ぐ進出で、業界内での競争が激化。主力だった同市内の店舗で売り上げが低迷し、苦境を迎えていた。

既存店舗の改装なども手掛けたが収益は改善せず、売上高は05年3月期で8億4500万円に。設備投資も膨らみ、4800万円の債務超過に陥っていた。

函館新聞
2006/02/25
http://www.hakodateshinbun.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
かしま薬局が自己破産申請 負債3億5000万円
【写真説明】閉鎖されたかしま薬局の大森店 掲載 2006/02/25

 

(株)高野建設[小樽市]

破産手続開始(平成18年(フ)第31号)

(株)高野建設(小樽市塩谷2丁目11番3号)は2月24日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は柴田誠一弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年6月7日午後4時。

2006/03/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所小樽支部)

(株)箱崎[遠軽町]

箱崎が再生法申請 負債22億円 建設需要減で

【遠軽】建設工事業の箱崎(網走管内遠軽町)は二十四日、札幌地裁に民事再生手続き開始を申し立て、同日、財産保全命令を受けた。東亜リサーチなどによると、負債総額は約二十二億円。営業は継続し、再建を目指す。

箱崎は一九一五年(大正四年)に創業した遠軽を代表する老舗企業のひとつ。集合住宅などの建築を手がけ、北見市、札幌市にも支店を置き、ピークの九七年三月期は約七十四億円の売上高があったが、民間建築需要の低迷から、二〇〇五年三月期には約三十七億九千万円に減少していた。

北海道新聞
2006/02/25
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
遠軽・建築会社「箱崎」の再生法申請*町民は早期復活願う 地元経済への影響懸念も
【写真説明】民事再生手続き開始を申し立てた遠軽町清川の箱崎本社 掲載 2006/02/26

 

遠軽の箱崎 破産申請 再生手続き廃止

民事再生手続き中だった建設工事業の箱崎(網走管内遠軽町)が札幌地裁から再生手続き廃止の決定を受け、同地裁に破産申請したことが二十八日、分かった。関係者によると、支援企業が見つからず、再生困難と判断された。

箱崎は一九一五年(大正四年)に創業の遠軽を代表する老舗企業。集合住宅建築などを手がけ九七年三月期には約七十四億円の売上高があったが、民間建築需要の低迷などから二〇〇五年三月期は約三十八億円に減少。今年二月に約二十二億円の負債を抱えて、再生手続き開始を申し立てていた。

北海道新聞
2006/07/29
http://www.hokkaido-np.co.jp/

北海電業(株)[北見市]

破産手続開始(平成18年(フ)第37号)

北海電業(株)(北見市美山町49番地65)は2月24日、釧路地裁北見支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は荻原怜一弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月31日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年5月22日午後1時30分。

2006/03/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所北見支部破産係)

2006年2月23日 (木)

(有)長尾水産[豊浦町]

破産手続開始(平成18年(フ)第21号)

(有)長尾水産(虻田郡豊浦町字船見町101番地)は2月23日、札幌地裁室蘭支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は奈良秦哉弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月24日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年4月28日午後3時。

2006/03/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部)

2006年2月22日 (水)

村田煖房工業(株)[札幌市]

村田煖房工業が自己破産 負債額は4億4300万円

村田煖房工業(札幌市中央区北2西20の2の24)が自己破産を申請し、札幌地裁から破産手続き開始の決定を受けた。

2月22日に申請、24日に決定を受けたもので、帝国データバンク札幌支店によると負債額は債権者62人に対して4億4300万円。

同社は1921(大正10)年創業、50年設立の老舗の管工事業者で、格付けは北海道開発局B、道建設部A、札幌市Aにランク。札幌市、小樽市を中心に道内各地の官公庁工事や、民間工事を幅広く手掛けてきた。

しかし、公共事業の減少を受け受注が伸び悩み、近年のピークとなる2001年2月期の売上高で9億500万円を計上したが、じり貧傾向が続き05年2月期は4億7800万円まで落ち込んでいた。

北海道建設新聞
2006/03/01
http://e-kensin.net/

2006年2月21日 (火)

大釧自動車工業(株)[釧路市]

再生手続開始(平成18年(再)第1号)

大釧自動車工業(株)(釧路市星が浦南2丁目5番3号)は2月21日、釧路地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成18年3月24日まで、一般調査期間は平成18年5月26日から平成18年6月2日まで。

2006/03/03
http://kanpou.npb.go.jp/

2006年2月18日 (土)

(株)ベンコメムロ[芽室町]

ベンコメムロ 自己破産申請

【芽室】農機具メーカーのベンコメムロ(十勝管内芽室町)は十七日、釧路地裁帯広支部に自己破産を申請、破産手続き開始の決定を受けた。東京商工リサーチ帯広支店によると負債総額は十五億八千万円。

同支店によると、ベンコメムロは一九六七年創業。当初、農機具の下請け製造が主力だったが、七四年には国内初の飼料用コーン刈りとり機を製作するなど独自技術を開発し、九六年には、木工用機械、プレカット事業、車両販売などに乗り出し経営を多角化。九九年一月期には売上高が十億円を超えた。

しかし、農機具分野で同業他社との競合が激化する一方、車両販売が採算が会わずに撤退など売上高が低迷し、二〇〇五年一月期には六億三千百万円まで減少。多角化に伴う設備投資が負担となり、資金繰りが悪化した。

北海道新聞
2006/02/18
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2006年2月17日 (金)

(有)工藤組[札幌市]

再度の資金ショート

墓石工事の工藤組(札幌市白石区東札幌5条4丁目2番10号)は2月17日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約3400万円(平成17年9月期時点)。

低調な収益推移から自己資本の充実に至らず、借入金に依存した経営が続いていた。

東京商工リサーチ
2006/02/27
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)テラニシ[札幌市]

建築工事業テラニシ 事後処理を弁護士に一任

建築工事業のテラニシ(本社・札幌)は17日、事後処理を肘井博行弁護士(札幌市中央区南1西12)に一任した。東京商工リサーチ道支社によると、負債総額は約5億円。

同社は1988年3月設立。当初は大手ハウスメーカーの下請けが主体だったが、米国、カナダなどから資材輸入を手掛け、96年以降は一般個人からの元請け受注がほぼ100%を占めていた。

北米調のデザインと内装や機能性を加味した注文住宅の評判で、ピーク時の2000年12月期には7億8832万円の完工高を上げたが、その後、輸入住宅の需要が拡大せず、資材在庫を抱えていた。また同業者とも競合、デザイン重視の営業スタイルで工事原価が高騰し、厳しい状況が続いていた。

今月末までに札幌地裁に自己破産を申し立てる予定。

北海道建設新聞
2006/02/21
http://e-kensin.net/

2006年2月16日 (木)

(株)サンプラン[小樽市]

破産手続開始(平成18年(フ)第32号)

(株)サンプラン(小樽市花園3丁目19番12号)は2月16日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は菰田尚正弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月31日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年5月31日午後4時。

2006/03/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所小樽支部)

(株)カネスイサトー食品[遠軽町]

自己破産申請 負債総額4億7650万円

遠軽町学田の(株)カネスイサトー食品が16日、釧路地裁北見支部に自己破産を申請。同日、破産手続き開始が決定した。東亜リサーチによると負債総額は4億7650万円。

同社は平成7年に創業したホタテなどの水産加工業者。16年には年商約15億7千万円を上げたが、収益面では採算割れが続き、創業時の設備投資が重荷となって経営を圧迫した。

今年に入り、資金繰りの悪化から業務を停止していた。

経済の伝書鳩
2006/02/23
http://denshobato.com/bd/news/page/4675.html

(株)サブストラクション[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第475号)

(株)サブストラクション(札幌市中央区南2条西1丁目5番地 丸大ビル)は2月16日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は堀江健太弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月16日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年5月9日午前11時30分。

2006/03/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)プラスインテリア[当別町]

破産手続開始(平成18年(フ)第400号)

(株)プラスインテリア(石狩郡当別町太美町1473番地142)は2月16日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は村上英治弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年4月20日午後3時30分。

2006/03/02
http://kanpou.npb.go.jp/

2006年2月14日 (火)

(株)札幌会館[札幌市]

ホテル札幌会館 自己破産を申請 負債総額11億円

ホテル経営の札幌会館(札幌)は十五日までに札幌地裁に自己破産を申請、破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は約十一億六千万円。

同社は一九五九年の設立。札幌市北区北十七条西四丁目の「ホテル札幌会館」を経営し、二〇〇四年十二月期に売上高約六億四千万円を計上したが、札幌中心部のホテルとの競合で売上高の頭打ちが続いていた。従業員四十人は自己破産申請に合わせ解雇された。

北海道新聞
2006/02/15
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
北大隣りの「ホテル札幌会館」自己破産 苦戦する都心周辺施設 「修学旅行客減」が直撃
【写真説明】自己破産のため営業を停止した「ホテル札幌会館」 掲載 2006/02/22

 

2006年2月13日 (月)

共進工業(株)[札幌市]

再度の資金ショート

内装工事の共進工業(札幌市東区伏古11条4丁目8番19号)は2月13日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約2000万円。

完工高の減少と受注単価の低迷で厳しい運営が続いていた。

東京商工リサーチ
2006/02/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年2月10日 (金)

松下建設(株)[江別市]

破産手続開始(平成18年(フ)第392号)

松下建設(株)(江別市弥生町23番地13)は2月10日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は樋川恒一弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月24日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年5月23日午前10時。

2006/02/27
http://kanpou.npb.go.jp/

2006年2月 9日 (木)

(株)エビス[小樽市]

破産手続開始(平成18年(フ)第26号)

(株)エビス(小樽市長橋3丁目10番16号)は2月9日、札幌地裁小樽支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は柴田誠一弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月31日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成18年5月17日午後3時。

2006/02/27
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所小樽支部)

(株)美松商事[札幌市]

特別清算開始(平成18年(ヒ)第9号)

(株)美松商事(札幌市中央区南3条西5丁目14番地、清算人橋本昭夫氏)は2月9日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

2006/02/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年2月 8日 (水)

ヒドゲン工業(株)[釧路市]

破産手続開始(平成18年(フ)第37号)

ヒドゲン工業(株)(釧路市昭和中央1丁目3番1号)は2月8日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月20日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年4月26日午後4時。

2006/02/23
http://kanpou.npb.go.jp/

2006年2月 7日 (火)

(有)贈答社ウエスト[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第346号)

(有)贈答社ウエスト(札幌市豊平区美園3条8丁目1番1号)は2月7日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は八十島保弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月17日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年4月13日午前10時。

2006/02/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年2月 6日 (月)

(株)遠藤酒販[旭川市]

再度の資金ショート

酒類販売の遠藤酒販(旭川市東光7条4丁目3番23号)は2月6日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約5億円。

ライバル業者の進出や酒類販売の規制緩和が進んだ影響で、ダンピング競争も熾烈を極めたことで思うような業績を確保できず、苦戦を強いられるようになっていた。

東京商工リサーチ
2006/02/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)マイテレホン[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第299号)

(株)マイテレホン(札幌市中央区南8条西16丁目3番12号)は2月6日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は小笠原至弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月20日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年5月16日午後2時30分。

2006/02/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年2月 5日 (日)

(有)加藤商事[本別町]

弁護士一任

ガソリンスタンドの加藤商事(中川郡本別町南4丁目1番地)は2月5日、事業を停止し事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約3000万円。

同業他社との価格競争などから売上高は落ち込み、採算割れの状態が続いていた。

東京商工リサーチ
2006/02/27
http:/www.tsr-net.co.jp/

2006年2月 3日 (金)

(有)プラマサービス[旭川市]

破産手続開始(平成18年(フ)第19号)

(有)プラマサービス(旭川市永山4条2丁目3番4号)は2月3日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は井上雄樹弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年4月20日午後1時45分。

2006/02/20
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

サクライ開発(株)[札幌市]

再生手続開始(平成18年(再)第1号)

サクライ開発(株)(札幌市清田区平岡2条3丁目9番1号)は2月3日、札幌地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成18年2月24日まで、一般調査期間は平成18年3月17日から平成18年3月31日まで。

2006/02/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2006年2月 2日 (木)

旭栄産業(株)[札幌市]

旭栄産業が事業を停止 負債額3億6000万円

旭栄産業(札幌市豊平区豊平3の6の1の33)は2日、事業を停止し事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチ道支社によると、負債額は3億6000万円。7日に債権者説明会を予定している。

同社は1972年8月設立の建築工事、土木資材販売業者。地場ゼネコンを営業基盤に90年1月期で24億9200万円の売上高を計上したが、2004年同期は12億7868万円まで低下。05年同期には15億5573万円に回復したものの、受注状況に改善の兆しが見られず今回の措置となった。

債権者説明会は、7日午後1時半から道銀ビル(札幌市中央区大通西4)の11階で行われる予定。一任先の弁護士は太田勝久氏(同中央区大通西4)。

北海道建設新聞
2006/02/04
http://e-kensin.net/

カネキタ北魚(株)[根室市]

破産手続開始(平成18年(フ)第2号)

カネキタ北魚(株)(根室市花咲港374番地17)は2月2日、釧路地裁根室支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は久保田庸央弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月22日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年5月11日午後1時30分。

2006/02/16
http://kanpou.npb.go.jp/

2006年2月 1日 (水)

東北建設(株)[芦別市]

東北建設、自己破産申請へ

【芦別】土木工事の東北建設(芦別)は一日までに一回目の不渡りを出し、営業を停止した。近く自己破産を申請する。東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は約七億六千百万円。

一九四八年創業。二〇〇〇年三月期には約二十二億六千万円の売上高を計上したが、公共工事の減少で〇五年三月期は約九億七千万円に落ち込んだ。従業員は三十人。社長は一九九七年から芦別商工会議所会頭。

北海道新聞
2006/02/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)大徳興業[札幌市]

破産手続開始(平成18年(フ)第186号)

(株)大徳興業(札幌市白石区米里1条3丁目11番7号)は2月1日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は森谷瑞穂弁護士。

破産債権の届出期間は平成18年3月15日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年4月18日午前11時。

2006/02/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)フロンティアホームズ[釧路市]

破産手続開始(平成18年(フ)第26号)

(有)フロンティアホームズ(釧路市愛国東2丁目4番3号)は2月1日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は久保田庸央弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年4月25日午後3時。

2006/02/15
http://kanpou.npb.go.jp/

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »