« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月29日 (金)

(有)豊里購買センター/(有)ティケィサービス[赤平市]

弁護士一任

食料品小売の豊里購買センター(赤平市豊栄町2番地3)と、訪問介護のティケィサービス(同)は7月29日をもって事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は豊里購買センターが約3000万円、ティケィサービスが約1000万円。

炭鉱の閉山で過疎化が進むなど地域的要因から減収が続き、資金状況の悪化に加え後継者難もあって事業継続を断念し、今回の事態となった。ティケィサービスは豊里購買センターの系列企業で、同社の事業停止に伴い今回の措置となった。

東京商工リサーチ
2005/10/03
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)フジタ[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第3346号)

(株)フジタ(札幌市南区藤野2条10丁目13番17号)は7月29日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は小笠原至弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年10月13日午後1時30分。

2005/08/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年7月28日 (木)

松岡繊維(株)[旭川市](19年ぶり2回目)

破産手続開始(平成17年(フ)第521号)

松岡繊維(株)(旭川市1条通10丁目右4号)は7月28日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は富川泰志弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年8月31日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年9月28日午後1時30分。

2005/08/12
http://kanpou.npb.go.jp/

(有)松坂海鮮[室蘭市]

再度の資金ショート

水産物販売の松坂海鮮(室蘭市中央町1丁目2番20号)は7月28日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1000万円。

近年は店舗閉鎖や地域人口減少などの要因もあって売上高は減少し、採算性は低下していた。

東京商工リサーチ
2005/08/01
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)パインフォレスト[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第3263号)

(有)パインフォレスト(札幌市中央区大通西14丁目1番地13 北日本南大通ビル607号室)は7月28日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は道尻豊弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年10月25日午後1時30分。

2005/08/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

分部石油(有)[上富良野町]

破産手続開始(平成17年(フ)第502号)

分部石油(有)(空知郡上富良野町本町1丁目2番33号)は7月28日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は千葉健夫弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年9月28日午後4時。

2005/08/10
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)キャリウェイサービス[七飯町]

破産手続開始(平成17年(フ)第475号)

(株)キャリウェイサービス(亀田郡七飯町字本町460番地の27)は7月28日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は和根崎直樹弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年9月20日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成17年10月20日午後1時30分。

2005/08/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

2005年7月27日 (水)

中岡建設(株)[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第3260号)

中岡建設(株)(札幌市北区新琴似11条1丁目5番12号)は7月27日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は斎藤正道弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年8月29日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年10月27日午後1時30分。

2005/08/05
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年7月22日 (金)

(株)オオノ[旭川市]

破産手続開始(平成17年(フ)第489号)

(株)オオノ(旭川市永山町9丁目11番地2)は7月22日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は竹本康志弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年10月5日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年10月26日午後3時30分。

2005/08/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

2005年7月21日 (木)

(有)富岡建設[深川市]

破産手続開始

土木工事の富岡建設(深川市8条14番37号)は7月21日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。破産管財人は廣田善康弁護士。負債総額は約2500万円。

公共工事の削減から受注量は減少し、収益面も低調で余裕のない資金繰りが続いており、今後の見通しも立たなくなり今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2005/08/15
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)宮崎組[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第3135号)

(株)宮崎組(札幌市中央区南22条西10丁目1203番地)は7月21日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は菅野直樹弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年8月22日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年10月20日午後1時30分。

2005/08/03
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年7月19日 (火)

(株)大幸[弟子屈町]

破産手続開始(平成17年(フ)第307号)

(株)大幸(川上郡弟子屈町泉3丁目13番1号)は7月19日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は稲沢優弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年8月26日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成17年10月7日午後1時30分。

2005/08/01
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)

2005年7月15日 (金)

(株)溝江重量作業[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第2838号)

(株)溝江重量作業(札幌市白石区菊水元町6条4丁目1番3号)は7月15日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山下史生弁護士。

2005/07/28
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年7月14日 (木)

鈴木鉄工(株)[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第3066号)

鈴木鉄工(株)(札幌市東区東雁来3条1丁目2番40号)は7月14日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は野並正彦弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年8月15日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年9月8日午後2時。

2005/07/28
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

桂木重機工業(有)[札幌市]

再生手続開始(平成17年(再)第12号)

桂木重機工業(有)(札幌市手稲区新発寒7条10丁目7番5号)は7月14日、札幌地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成17年8月4日まで、一般調査期間は平成17年9月8日から平成17年9月22日まで。

2005/07/28
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年7月13日 (水)

(株)メンズ・ユニ[札幌市]

再度の資金ショート

紳士・婦人服製造販売のメンズ・ユニ(札幌市中央区南12条西6丁目1番20号)は7月13日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

オーダーメイドを中心として営業していた。

東京商工リサーチ
2005/07/18
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年7月 8日 (金)

石山ブロック工業(株)[札幌市]

石山ブロック工業が破産 負債6億5000万円

石山ブロック工業(札幌市中央区北10西20の1の1)は8日、札幌地裁から破産開始決定を受けた。東京商工リサーチ道支社によると、負債額は約6億5000万円。

同社は1953年の設立。2001年10月に天塩町に本社を置く石山組が、札幌に本社を置き経営不振に陥っていた石山組を吸収合併して、現在の石山組(本社・札幌)が誕生しているが、石山ブロックはこの札幌の石山組の系列企業として発足、石山組の合併時に自社株を買い取り独立した経緯がある。

ブロック、PCパネル、カイザースラップ、インターロッキングなどを製造する一方で、下請けの施工なども行い、01年3月期は10億円を超える売上高を確保していたが、05年3月期は5億円にまで落ち込み、資金繰りが行き詰まっていた。

北海道建設新聞
2005/07/09
http://e-kensin.net/

2005年7月 7日 (木)

(有)涼風[紋別市]

破産手続開始(平成17年(フ)第335号)

(有)涼風(紋別市本町5丁目2番25号)は7月7日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は辻本純成弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年9月1日午後2時30分。

2005/07/04
http://kanpou.npb.go.jp/

2005年7月 5日 (火)

(株)北ナカムラ工業[札幌市]

弁護士一任

内装工事の北ナカムラ工業(札幌市豊平区豊平3条4丁目2番31号)は7月21日、再度の資金ショートを起こし、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約1億2500万円。

従来より収益性には乏しく厳しい資金繰りを強いられていた。なお、債権者に対する説明会はすでに開催されている。

弁護士一任

鋼材加工の植田機械産業(札幌市白石区北郷2346番地)は7月5日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約6000万円。

従来から収益性には乏しく債務超過の状態にあったため、余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2005/08/01
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)翁建築[津別町]

再度の資金ショート

建築工事の翁建築(網走郡津別町字豊栄10番地3)は5月27日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1500万円。

従来より収益性は低調に推移し、今期に入っても受注はほとんどなく資金繰りは悪化していた。

弁護士一任

鋼材加工の植田機械産業(札幌市白石区北郷2346番地)は7月5日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約6000万円。

従来から収益性には乏しく債務超過の状態にあったため、余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2005/07/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)善知鳥[札幌市]

再度の資金ショート

石油販売の善知鳥(札幌市白石区菊水3条5丁目2番3号)は7月5日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

同社は最低資本金未達成により平成8年6月に商業登記簿上では解散していた。

東京商工リサーチ
2005/07/11
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年7月 4日 (月)

(有)アリス薬局[札幌市]

再度の資金ショート

医薬品販売のアリス薬局(札幌市中央区南4条西2丁目16番地)は7月4日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

東京商工リサーチ
2005/07/11
http:/www.tsr-net.co.jp/

(資)アップストーン[札幌市]

再度の資金ショート

食料品販売のアップストーン(札幌市白石区東札幌2条5丁目3番1号)は7月4日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

東京商工リサーチ
2005/07/11
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)丸義林設備工業[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第2915号)

(株)丸義林設備工業(札幌市東区北19条東13丁目6番8号)は7月4日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山口均弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年10月6日午前11時。

2005/07/19
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年7月 1日 (金)

(有)鹿嶋土建[芽室町]

弁護士一任

土木工事の鹿嶋土建(河西郡芽室町東3条南2丁目9番地1)は7月1日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約5200万円。

下請工事に注力し完工高は回復傾向にあったが、収益面での妙味はなく債務超過に陥っていた。今期に入っても受注不振に加え不良債権の発生も重なり、厳しい状況が続いていた。

東京商工リサーチ
2005/07/11
http:/www.tsr-net.co.jp/

千登世開発(株)/(有)アイ・エム・アイ[札幌市]

今井前社長関連2社が自己破産 負債総額、計111億円

丸井今井(札幌)の今井春雄前社長の資産管理会社だった千登世開発(札幌)とアイ・エム・アイ(同)の二社が札幌地裁に自己破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けていたことが二十一日、明らかになった。破産管財人によると、負債総額は千登世開発が約四十二億円、アイ・エム・アイが約六十九億円。

千登世開発は丸井今井系の商業ビル「マルサ2」(札幌市中央区、二〇〇四年にパルコ=東京=に売却)の土地・建物や創業者一族の不動産などを所有していた。アイ・エム・アイは今井前社長による米国の不動産投資のための会社だった。

両社とも休眠状態にあった。丸井今井は両社向けにそれぞれ数億円の債権を持っているが、「いずれも引き当て済みであり、破産による今後の業績への影響はない」としている。

北海道新聞
2005/07/22
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »