« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月31日 (火)

北海道スクレーパ(株)[札幌市]

民事再生法を申請 負債総額は13億円

土木工事の北海道スクレーパ(札幌)は三十一日までに、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、財産保全命令を受けた。東京商工リサーチ北海道支社によると、負債総額は約十三億円。

同支店によると、同社は一九六九年設立。大手建設業者下請け工事を主に受注しピーク時の九八年二月期は三十四億九千百万円の完工高があった。しかし景気低迷から業績が伸び悩み二〇〇四年三月に民事再生法適用を申請した大木建設(東京)向けの債権が焦げ付き資金繰りが悪化した。

北海道新聞
2005/06/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)北開建設[滝川市]

破産手続開始(平成17年(フ)第118号)

(株)北開建設(滝川市幸町2丁目1番13号)は5月31日、札幌地裁滝川支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は丸山健弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年9月13日午後3時。

2005/06/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所滝川支部)

(有)出口住設機器[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第2292号)

(有)出口住設機器(札幌市白石区北郷3条9丁目2番9号)は5月31日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は芝池俊輝弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年7月1日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年7月26日午前11時。

2005/06/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)熊谷左官工業[北見市]

再度の資金ショート

左官工事の熊谷左官工業(北見市桜町5丁目63番地1)は5月31日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約2500万円。

受注の低迷から完工高は減少し、赤字決算が続き余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2005/06/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年5月30日 (月)

穂刈銘木(株)[札幌市]

再度の資金ショート

家具建具製造の穂刈銘木(札幌市手稲区手稲本町2条5丁目5番30号)は5月30日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

東京商工リサーチ
2005/06/06
http:/www.tsr-net.co.jp/

ゼブラ・プラネッツ(株)[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第2272号)

ゼブラ・プラネッツ(株)(札幌市中央区大通東2丁目2番地)は5月30日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は開本英幸弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年9月13日午前10時。

2005/06/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

相内運輸(株)[北見市]

相内運輸が自己破産申請

【北見】相内運輸(北見市相内町214の4)は5月30日、釧路地裁北見支部に自己破産を申請した。民間信用調査機関の東亜リサーチによると、負債額は2億円内外。

同社は1981年3月に設立。木材運送を主力にピーク時の年商は3億円を超えていたが、運送業界、木材業界の低迷で2004年3月期の扱い高は1億9847万円にまで落ち込んでいた。

申請代理人は北見市の永井哲男弁護士。

北海道建設新聞
2005/06/02
http://e-kensin.net/

 

破産手続開始(平成17年(フ)第142号)

相内運輸(株)(北見市相内町214番地4)は5月31日、釧路地裁北見支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は荻原怜一弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年7月15日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年9月1日午前11時。

2005/06/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所北見支部破産係)

2005年5月27日 (金)

サン食品(株)[苫小牧市]

破産手続開始(平成17年(フ)第2261号)

サン食品(株)(苫小牧市糸井150番地)は5月27日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は八代眞由美弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年8月30日午後4時。

2005/06/09
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年5月26日 (木)

(有)エリナ写真館[旭川市]

破産手続開始(平成17年(フ)第342号)

(有)エリナ写真館(旭川市常盤通2丁目)は5月26日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林孝幸弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年8月31日午後3時30分。

2005/06/09
http://kanpou.npb.go.jp/

日東電機工業(株)[浦河町]

破産手続開始(平成17年(フ)第57号)

日東電機工業(株)(浦河郡浦河町大通2丁目5番地)は5月26日、札幌地裁浦河支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は海川道郎弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年6月30日、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年7月21日午後1時30分。

2005/06/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所浦河支部)

2005年5月25日 (水)

(株)興亜電機製作所[札幌市]

札幌の興亜電機 民事再生法申請 負債11億5千万円

配電盤メーカーの興亜電機製作所(札幌)は二十五日までに、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は十一億五千万円。

同支店によると、同社は一九四〇年(昭和一五年)創業の配電盤製作、取り付け業者。電力会社や設備工事会社を得意先に持ち、ピーク時の二〇〇一年一月期には十六億一千万円の売上高を計上したが、九〇年の本社工場、九一年の苫小牧工場の建設に伴う借入金負担や、受注減から採算が悪化。〇四年一月期の売上高は十一億五千万円に落ち込み、債務超過の状態が続いていた。

北海道新聞
2005/05/25
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

破産手続開始(平成17年(フ)第3789号)

(株)興亜電機製作所(札幌市西区発寒14条12丁目1番25号)は9月12日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は坂口唯彦弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年10月31日午前11時。

2005/09/27
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年5月24日 (火)

真幸産業(株)[石狩市]

再生手続開始(平成17年(再)第8号)

真幸産業(株)(石狩市花川南2条1丁目31番1)は5月24日、札幌地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成17年6月13日まで、一般調査期間は平成17年7月11日から平成17年7月25日まで。

2005/06/06
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年5月23日 (月)

(株)モズ[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第2141号)

(株)モズ(札幌市中央区南2条西5丁目6番地)は5月23日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は薄木宏一弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年7月25日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年8月25日午後1時30分。

2005/06/03
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年5月20日 (金)

松村建設工業(株)[旭川市]

破産手続開始(平成17年(フ)第301号)

 

土木建築工事の松村建設工業(旭川市7条西5丁目)は5月20日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。破産管財人は八重樫和裕弁護士。負債総額は約1億円。

公共工事削減の影響を受けて完工高は減少し、多額の赤字決算となり資金繰りが悪化。官公庁の指名ランクが低下し、事業継続が困難と判断して今回の事態となった。財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年8月18日午後4時。

東京商工リサーチ
2005/05/30
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)北聖工産[函館市]

再度の資金ショート

土木工事の北聖工産(函館市上湯川町53番8号)は5月20日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約3000万円。

近年は受注の低迷が続き完工高は減少、余裕のない資金操作が続いていた。

東京商工リサーチ
2005/06/06
http:/www.tsr-net.co.jp/

山口電気(株)[小樽市]

弁護士一任

電気工事の山口電気(小樽市住吉町11番17号)は5月20日、事業を停止し事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億3000万円。

公共工事の削減などで完工高は減少、また平成5年に実施した本社新築による投資負担が資金繰りを悪化させ、余裕のない状況が続いていた。

東京商工リサーチ
2005/05/30
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)オーデン[函館市]

破産手続開始(平成17年(フ)第303号)

(株)オーデン(函館市末広町11番1号)は5月20日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は藤原秀樹弁護士。

2005/06/01
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

(有)創遊[函館市]

破産手続開始(平成17年(フ)第302号)

(有)創遊(函館市美原1丁目3番1号)は5月20日、函館地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は藤原秀樹弁護士。

2005/06/01
http://kanpou.npb.go.jp/
(函館地方裁判所)

2005年5月19日 (木)

(有)松見屋[釧路市]

再度の資金ショート

呉服販売の松見屋(釧路市美原3丁目1番1号)は5月19日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約4500万円。

長引く個人消費低迷から売り上げは伸び悩み、不良在庫の増加や売掛金の回収不能も目立ち、資金繰りは悪化していた。

東京商工リサーチ
2005/05/30
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)くにぼん[恵庭市]

破産手続開始(平成17年(フ)第2053号)

(有)くにぼん(恵庭市柏陽町3丁目17番18号)は5月19日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は松田竜弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年8月4日午前10時。

2005/05/31
http://kanpou.npb.go.jp/

札幌石川機工(株)[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第2093号)

札幌石川機工(株)(札幌市白石区北郷2405番地21)は5月19日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は見野彰信弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年9月1日午後1時30分。

2005/05/31
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年5月17日 (火)

旭川ケーブルテレビ(株)[旭川市]

旭川CATV、再生法あすにも申請 負債29億円 事業は継続

【旭川】旭川市の旭川ケーブルテレビ(CATV)は十七日までに、民事再生法の適用を申請する方針を固めた。同日午後に開かれる臨時取締役会で正式決定し、十八日にも東京地裁に申請する。負債総額は約二十九億円。テレビ放映やインターネット高速接続サービスなどの各事業は継続する。

道内のCATVは十社あるが、民事再生法の申請は初めて。

北海道新聞
2005/05/17
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2005年5月16日 (月)

(有)旭栄パーツ[旭川市]

破産手続開始(平成17年(フ)第285号)

(有)旭栄パーツ(旭川市旭岡3丁目6番地の12)は5月16日旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は千葉健夫弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年7月27日午後3時50分。

2005/05/27
http://kanpou.npb.go.jp/

七星紙製品(株)[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第1977号)

七星紙製品(株)(札幌市中央区南4条西16丁目1番15号)は5月16日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は荻野一郎弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年6月16日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年9月20日午前10時。

2005/05/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年5月13日 (金)

(有)安岡木工[網走市]

破産手続開始(平成17年(フ)第28号)

(有)安岡木工(網走市字呼人535番地の7)は5月13日、釧路地裁網走支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は河邊雅浩弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年6月30日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年9月30日午後3時。

2005/05/26
http://kanpou.npb.go.jp/

林建設興業(株)/大麗自動車運輸(株)/林産業(株)[旭川市]

再度の資金ショート

砂利砕石採取販売・土木工事の林産業興業(旭川市東旭川町旭正35番地11)、大麗自動車運輸(同)、林産業(同)は5月13日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は3社合計で約8億円。

公共工事の削減の影響で砂利、砕石の需要が低下して全体の売上高は激減し、設備投資負担もあって資金繰りは多忙を極めていた。

東京商工リサーチ
2005/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

大野水産(株)[札幌市]

再度の資金ショート

漁業・水産物製造販売の大野水産(札幌市中央区大通西17丁目2番地31ダイスイビル3階、旧本社=稚内市港町1丁目3番8号)は5月13日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約24億円。

相次ぐ減船や安価な輸入魚に押され売上高は減収基調を強いられ、慢性的な赤字決算が続き債務超過に陥るなど厳しい状況が続いていた。本社を移転し営業部門の強化を図ったが、業績は回復せず決済の目途が立たなくなった。

東京商工リサーチ
2005/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)玉貴産業[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第2025号)

(株)玉貴産業(札幌市西区琴似2条3丁目1番3-706号)は5月13日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は増谷康博弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年7月26日午後1時30分。

2005/05/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)共栄工業[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第1965号)

(有)共栄工業(札幌市東区北49条東13丁目2番2号)は5月13日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は神戸俊昭弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年7月1日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年8月4日午前11時。

2005/05/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)富士観光ホテル[蘭越町]

再生手続開始(平成17年(再)第1号)

(株)富士観光ホテル(磯谷郡蘭越町字湯里376番地)は5月13日、札幌地裁岩内支部から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成17年6月3日まで、一般調査期間は平成17年7月8日から7月15日まで。

2005/05/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩内支部)

 

破産手続開始(平成18年(フ)第7号)

(株)富士観光ホテル(磯谷郡蘭越町字湯里376番地)は1月30日、札幌地裁岩内支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は菰田尚正弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成18年5月12日午後3時。

2006/02/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩内支部)
 

フォト海道(道新写真データベース)
1月に破産 蘭越のホテル 倒壊5カ月 資金難で放置 町「景観損なう」撤去要望
【写真説明】断熱材など建材がそのまま残り、景観の悪化が懸念される「富士観光ホテル」 掲載 2006/06/14

 

2005年5月12日 (木)

(株)札幌エスパー[札幌市]

再生手続開始(平成17年(フ)第9号)

(株)札幌エスパー(札幌市西区西野8条4丁目7番26号)は5月12日、札幌地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成17年6月2日まで、一般調査期間は平成17年6月30日から平成17年7月14日まで。

2005/05/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)コイズミ[室蘭市]

再度の資金ショート

土木工事のコイズミ(室蘭市柏木町30番5号)は5月12日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約3000万円。

近年は採算性の低い工事受注が多くなり、徐々に収益が圧迫されたことにより事業規模を縮小していた。

東京商工リサーチ
2005/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年5月11日 (水)

(有)ユウダイ建設[美唄市]

再度の資金ショート

土木工事のユウダイ建設(美唄市字美唄1440番地)は5月11日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約8000万円。

公共工事を主体に稼働していたが、従来から収益性に乏しく余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2005/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年5月10日 (火)

士別観光開発(株)[士別市]

士別観光開発自己破産へ 「プリンスホテル」経営 営業やめ従業員解雇 負債総額3億数千万円

【士別】市内大通一で士別プリンスホテルを経営する士別観光開発は二月二十八日、自己破産の申請手続きに入った。今月中旬にも旭川地裁に自己破産を申請する。負債総額は三億数千万円と見られる。

申し立て代理人の近藤伸生弁護士(旭川)によると、ホテルは一日以降営業を取りやめ、従業員十数人を二月二十八日限りで解雇した。

同店は市内の有志が出資し、一九七九年七月に設立。八〇年六月に三十六室七十二人の収容能力を持つ同ホテルを新築オープンした。

八一年度には二億六千万円の売り上げを記録したが、主力の婚礼・宴会部門が思うほど伸びず、近年は売り上げが減少していた。また初期投資の借入金の返済なども重荷となっていた。さらに土地や建物の固定資産税も未納状態で、ともに士別市に差し押さえられていた。

一月には不採算のレストラン部門を休止。従業員数も半分近くに減らして経営立て直しを図っていたが、資金繰りに行き詰まった。

同ホテルは市内でも比較的規模の大きい宿泊施設だっただけに、突然の営業休止に関係者の間では動揺が広がった。

同社も加盟していた士別旅館業組合の組合長は「夏のスポーツ合宿や冬の自動車メーカーの走行試験などで、大人数を受け入れられるホテルがなくなるのは残念だ」とコメント。また、士別グランドホテルの社長は「同業者としてはさびしい限り。社長を個人的によく知っているが、責任感のある経営者だった」と話していた。

北海道新聞(名寄・士別版)
2005/03/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

破産手続開始(平成17年(フ)第299号)

士別観光開発(株)(士別市大通西1丁目)は5月10日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は林孝幸弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年6月10日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年8月4日午後1時30分。

2005/05/24
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)
 

フォト海道(道新写真データベース)
士別観光開発 自己破産申請へ 「プリンスホテル」経営 営業やめ従業員解雇 負債総額3億数千万円
【写真説明】自己破産の申請手続きに入り、営業を取りやめた士別プリンスホテル 掲載 2005/03/02

 

広富建設(株)[浦幌町]

再度の資金ショート

土木工事の広富建設(十勝郡浦幌町字幸町18番地)は5月10日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約6000万円。

公共事業の減少から完工高は落ち込み、加えて過去の不良債権を内包していたため多忙な資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2005/06/06
http:/www.tsr-net.co.jp/

三光道路(株)[函館市]

再度の資金ショート

舗装工事の三光道路(函館市白鳥町6番9号)は5月10日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約9000万円。

民間工事を主体に稼働していたが、減収傾向をたどり資金繰りが悪化していた。

東京商工リサーチ
2005/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

藤根建設興業(株)[札幌市]

再度の資金ショート

運送・土木建築工事・除雪作業請負の藤根建設興業(札幌市白石区川下574番地57)は5月10日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約5億978万円。

過去の設備投資過多で債務超過に陥っていたため、カネタカグループの傘下となり資金援助を受けていたが、グループのカネタカ太陽開発工業が破綻したことで、資金繰りが悪化していた。

東京商工リサーチ
2005/05/16
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年5月 9日 (月)

ウカワ工業(株)[栗山町](20年ぶり2回目)

再生手続開始(平成15年(再)第1号)

ウカワ工業(株)(夕張郡栗山町中央3丁目244番地)は6月23日、札幌地裁岩見沢支部から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成15年8月6日まで、一般調査期間は平成15年9月1日から平成15年9月16日まで。

2003/07/10
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩見沢支部)

 

破産手続開始(平成17年(フ)第114号)

ウカワ工業(株)(夕張郡栗山町中央3丁目244番地)は5月9日、札幌地裁岩見沢支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は神戸俊昭弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年10月3日午後2時。

2005/05/18
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩見沢支部)

2005年5月 6日 (金)

(株)西田建設[紋別市]

再度の資金ショート

土木工事の西田建設(紋別市大山町1丁目35番地90)は5月6日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。負債総額は約1億円。

近年は公共投資工事の削減から受注量は減少、収益面も妙味に欠き資金繰りは多忙な状態が続いていた。

東京商工リサーチ
2005/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年5月 3日 (火)

(有)天野デザイン印刷[栗山町]

弁護士一任

印刷の天野デザイン印刷(夕張郡栗山町桜丘1丁目123番地8)は5月3日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約8600万円。

長引く市況低迷から近年の受注は伸びず、余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2005/07/04
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年5月 2日 (月)

(株)学設社[札幌市]

再度の資金ショート

文具販売の学設社(札幌市東区北36条東27丁目3番22号)は5月2日、再度の資金ショートを起こし、行き詰まりが表面化した。

東京商工リサーチ
2005/05/16
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)梶組[倶知安町]

内整理

土木・建築工事の梶組(虻田郡倶知安町北3条東5丁目5番地)は5月2日、資金ショートを起こし事務所を閉鎖して事業を停止した。負債総額は約3億1000万円(平成16年12月期決算時点)。

公共工事の削減の影響を受けて減収傾向をたどり、近年は建築工事にも注力していた。しかし従来から借入金が多く資金繰りは多忙で、決済が不可能として全従業員を解雇する旨を通知していた。

東京商工リサーチ
2005/05/16
http:/www.tsr-net.co.jp/

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »