« (株)オオクボ[小樽市] | トップページ | 北海道特殊土木(株)[江別市] »

2005年4月 4日 (月)

(株)愛善ビル[紋別市]

テナント減、道都大撤退が影響

賃貸ビル経営等の(株)愛善ビル(紋別市幸町6)が、4日までに旭川地裁に自己破産を申請し、破産決定を受けた。同ビルは今後、管財人の管理となるが、同社によれば、入居するテナントは従来どおり営業できるとしている。負債総額は約2億6000万円。

78年に飲食店とスーパーマーケットを併設した第一愛善ビルを市幸町に建設。以降、第2ビル、第3ビルを完成させた。最盛期にはテナント32軒を有した。だが、95年ごろから徐々に飲食店街の客足の伸びが落ち始め、軌を一にするようにテナント撤退も続いた。さらに、03年4月に主力テナントのスーパーが、第3セクターの氷紋の駅に移転し、ビルの空き店舗が目立つ状況となっていた。最近では、テナントは8軒まで減少していた。

同社では、テナント減を埋めるために焼肉・寿司などの直営店をオープンさせたほか、物販事業もスタートさせ、好調を維持していたが、03年にアメリカでBSEが発生し牛肉輸入が全面停止したことで仕入れコストが増大。さらにアルバイトや顧客として同店を支えていた道都大学学生が、学部の撤退で皆無となるなど先行き不安要素も重なった。

オホーツク新聞
2005/04/05
http://www.okhotsk-np.co.jp/

« (株)オオクボ[小樽市] | トップページ | 北海道特殊土木(株)[江別市] »

11 網走」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/33795732

この記事へのトラックバック一覧です: (株)愛善ビル[紋別市]:

« (株)オオクボ[小樽市] | トップページ | 北海道特殊土木(株)[江別市] »