« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月28日 (月)

(株)林屋[網走市]

網走の林屋が再生法を申請 負債総額約60億円

【網走】石油卸、建設資材卸の林屋(網走)は二十八日までに、札幌地裁に民事再生法の適用を申請、財産保全命令を受けた。東京商工リサーチなどによると、負債の申立額は約六十億円。

林屋は一九一九年(大正八年)に創業した網走の老舗で、石油卸や建設資材、書籍販売などの事業を展開。ピーク時の九一年には二百四十億円の売り上げを計上した。しかし、札幌地域に出店したパチンコ店の失敗などから業績不振に陥り、二〇〇三年に網走、札幌両地区のガソリンスタンドを売却するなどして経営の立て直しを図ったが、景気の低迷による各部門の不振もあって〇四年度の売り上げは九十八億円にまで減少。有利子負債は五十三億円に達していた。

網走市内の網走セントラルホテル(南二西三)などは営業を続けながら再建が図られる。

北海道新聞
2005/02/28
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
網走・林屋 再生法申請 市、相談窓口設置へ セントラルホテル通常通り営業
【写真説明】民事再生法の手続き後も通常通りの営業を続ける網走セントラルホテル 掲載 2005/03/01

 

(株)オートガーデンきたのさわ[札幌市]

銀行取引停止

自動車販売のオートガーデンきたのさわ(札幌市南区北ノ沢1744番地2)は2月28日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2200万円。

立地条件の問題などから集客力は今一歩で厳しい運営が続いていた。

東京商工リサーチ
2005/03/07
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)本川製作所[札幌市]

弁護士一任

道路標識製作の本川製作所(札幌市東区北22条東1丁目2番5号)と道路産業資材(同)は2月28日、事業を停止し事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約6175万円。道路産業資材が約585万円。

バス停留所の標識板では高い実績を有していたが、近年は競争激化によって収益面は低迷し、売上高は落ち込んでいた。

東京商工リサーチ
2005/03/07
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)島田塗装店[函館市]

内整理

塗装工事の島田塗装店(函館市山の手3丁目43番8号)は2月28日、資金ショートを起こし事業を停止した。負債総額は約2億円。

販路拡大に伴い運転資金の需要が増加する一方で、単価安の受注と外注費の増加から収益力は低調に推移し、財務内容は悪化していた。

東京商工リサーチ
2005/03/07
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)ジニアス北海道[旭川市]

破産手続開始(平成17年(フ)第61号)

(株)ジニアス北海道(旭川市5条通9丁目1703番地の30)は2月28日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は竹本康志弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月28日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年6月2日午後1時30分。

2005/03/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)
 

フォト海道(道新写真データベース)
【写真説明】ジニアス北海道は、井上被告が逮捕された昨年10月25日、経営の見通しが立たないとして事業停止、任意整理に入り、今年2月に破産が決定した。負債総額は2千万円 掲載 2005/04/16

 

2005年2月25日 (金)

理研薬品販売(株)[帯広市]

破産手続開始(平成17年(フ)第44号)

理研薬品販売(株)(帯広市西17条南5丁目5番地1)は2月25日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は村上英二弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月31日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年5月27日午後1時30分。

2005/03/11
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

2005年2月24日 (木)

(有)創建工房[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第718号)

(有)創建工房(札幌市北区北38条西5丁目1番40-205号)は2月24日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は神戸俊昭弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月19日午後2時。

2005/03/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)吉井測器店[釧路市]

銀行取引停止

測量機器販売・修理の吉井測器店(釧路市春採7丁目29番12号)は2月24日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3700万円。

公共工事の削減で売上高は落ち込み、繰越欠損を内包した経営が続いていた。

東京商工リサーチ
2005/03/07
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年2月22日 (火)

ヒグチ食品工業(株)[小樽市]

再生手続開始(平成17年(再)第1号)

ヒグチ食品工業(株)(小樽市稲穂3丁目16番6号)は2月22日、札幌地裁小樽支部から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成17年3月15日まで、一般調査期間は平成17年4月12日から平成17年4月26日まで。

2005/03/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所小樽支部)

2005年2月21日 (月)

小笠原建設(株)[美瑛町]

弁護士一任

土木・管・水道工事の小笠原建設(上川郡美瑛町幸町3丁目1番15号)は2月21日付で事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億円。

平成12年に上川支庁の農業土木談合問題で指名停止処分を受け、その後も公共工事削減の影響で売上高は落ち込んだ。

東京商工リサーチ
2005/02/28
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年2月18日 (金)

山上建設(株)/山上マテック(株)[北見市]

山上建設など再生法申請 負債32億円

【北見】建設土木会社「山上建設」(北見)と生コンクリート製造販売業「山上マテック」(同)の山上グループ二社が十八日、釧路地裁北見支部に民事再生法の適用を申請した。東京商工リサーチ北見支店によると、負債総額は山上建設が約十二億千六百万円、山上マテックが約十九億七千五百万円の計約三十一億九千百万円。

山上建設は一九一五年(大正四年)に創業した北見の老舗企業で、網走管内屈指の総合建設会社として業界をけん引する一方、札幌や帯広でも事業を展開。山上マテックは二六年(同十五年)の創業で、主要四社で構成する山上グループの一翼を担ってきた。

山上建設は、ピーク時に八十億千四百万円(九九年三月期)に達したが、民間建築や公共事業の減少で、二〇〇四年三月期には約二十九億七千二百万円まで激減し、二千四百万円の純損失を計上。山上マテックもピーク時の売上高は六十六億円だったが、年商ベースで約三十四億円に落ち込んでいた。

北海道新聞
2005/02/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
再生法の適用申請 山上グループ2社 管内関係者に衝撃 取引先への影響懸念も
【写真説明】民事再生法の適用を申請した山上建設本社=18日、北見市大町 掲載 2005/02/19

 

アスカ建設(株)[旭川市]

銀行取引停止

土木工事のアスカ建設(旭川市高砂台3丁目216番地)は2月18日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

赤字決算が続き資金繰りが悪化、債務超過に転落した。その後も受注は回復せず、取引先や下請業者への支払いが遅れ出すなど厳しい状況が続いていた。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年2月17日 (木)

桜井工事(株)[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第566号)

桜井工事(株)(札幌市清田区平岡2条3丁目9番1号)は2月17日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は磯田丈弘弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年4月28日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年6月7日午後1時30分。

2005/03/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)姿呉服[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第574号)

(有)姿呉服(札幌市厚別区上野幌3条4丁目8番11号)は2月17日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は矢吹徹雄弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月17日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月21日午前10時。

2005/03/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年2月16日 (水)

(有)成和住設工業[函館市]

銀行取引停止

管工事の成和住設工業(函館市高松町197番地1)は2月16日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3500万円。

市況の低迷で業績はジリ貧傾向をたどり売上高は減少、繰越欠損を内包していた。加えて工事代金の回収ズレで資金繰りが悪化していた。

東京商工リサーチ
2005/02/28
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)ユーセイ建設[恵庭市]

銀行取引停止

土木・造園工事のユーセイ建設(恵庭市柏陽町1丁目25番8)は2月16日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9000万円。

収益面では従来から低調な推移が続き、多忙な資金繰りを余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年2月15日 (火)

まるい建設(株)[留辺蘂町]

まるい建設が民事再生法申請

【留辺蘂】土木工事の「まるい建設」(網走管内留辺蘂町)は十五日、釧路地裁北見支部に民事再生法の適用を申請し、同日、財産保全命令を受けた。負債総額は約十億三千万円。営業は継続するが、従業員十九人から希望退職者を募る。

同社はがけの崩落を防ぐ施工技術で業績を伸ばし、一九九六年三月期の売上高は二十二億円に達した。しかしグループの中核企業が九一年に破たんしたのに伴い三億円以上の不良債権を抱え、資金繰りが悪化。主力の公共事業の受注減で二〇〇四年三月期は十二億円に落ち込んだ。

北海道新聞
2005/02/16
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)テムズテレホン[札幌市]

銀行取引停止

電気通信のテムズテレホン(札幌市豊平区平岸3条5丁目1番18号)は2月15日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。

携帯電話機の加入促進を手掛けたが、競争激化から新規契約は伸び悩んだため、通信機器に付随する商品、サービスも取り扱い事業の多角化を図ったものの業績は回復せず、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)ライフ電工[札幌市]

銀行取引停止

電気工事のライフ電工(札幌市中央区)は2月16日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億800万円。

郊外型大型専門店の受注も多く、宮城県や山形県での受注があったが、経費増などで収益面は乏しい推移が続いていた。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)ニッケンハウス[札幌市]

破産手続開始

建築工事のニッケンハウス(札幌市北区新琴似8条12丁目4番3号)は2月15日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。破産管財人は田畑綾子弁護士。負債総額は約4800万円。

市況低迷から余裕のない資金繰りが続いていた。財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年5月12日午前11時。

東京商工リサーチ
2005/03/07
http:/www.tsr-net.co.jp/

札幌パーカライジング(株)[札幌市]

特別清算開始(平成17年(ヒ)第7号)

札幌パーカライジング(株)(札幌市白石区菊水6条2丁目3番25号)は2月15日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

2005/03/01
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年2月10日 (木)

(業)大鳳建設[紋別市]

銀行取引停止

土木工事の協業組合大鳳建設(紋別市元紋別102番地16)は2月10日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。

公共工事の削減などで受注は低迷し完工高は減少、資金繰りは多忙化していたとされ、今回の事態になった。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)東海舗道[札幌市]

銀行取引停止

舗装工事の東海舗道(札幌市豊平区福住1条7丁目5番18号)は2月10日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3400万円。

従来から収益性には乏しく多忙な資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

林建設(株)[釧路市]

銀行取引停止処分

とび・土工工事の林建設(釧路市益浦2丁目22番16号)は2月10日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億5000万円。

夏場に受注が重なり外注費が大幅に増加するなど出血工事が散発し、財務内容が悪化した。従来から繰越欠損を抱えていたことで、下請け先への支払い遅延も発生するなど資金繰りは多忙を極めていた。

東京商工リサーチ
2005/02/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

極光建設工業(株)[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第545号)

極光建設工業(株)(札幌市北区北6条西6丁目2番地24)は2月10日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は坂口唯彦弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年5月19日午後1時30分。

2005/02/24
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年2月 9日 (水)

(株)タクシン建設[幌延町]

破産手続開始(平成17年(フ)第60号)

(株)タクシン建設(天塩郡幌延町元町39番地)は2月9日、旭川地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は須田保幸弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月9日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年5月12日午後2時。

2005/02/25
http://kanpou.npb.go.jp/

2005年2月 8日 (火)

共栄建設(株)[芦別市]

破産手続開始(平成17年(フ)第21号)

共栄建設(株)(芦別市上芦別町56番地50)は2月8日、札幌地裁滝川支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は丸山健弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年5月24日午後4時30分。

2005/02/23
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所滝川支部)

(有)文芸印刷工業[苫小牧市]

銀行取引停止

印刷の文芸印刷工業(苫小牧市日新町1丁目4番16号)は2月8日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)泰成工業[札幌市]

銀行取引停止

内装工事の泰成工業(札幌市北区百合が原1丁目6番6号)は2月8日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)イシダ[札幌市]

銀行取引停止

飲食店経営のイシダ(札幌市南区川沿1条5丁目2番2号)は2月8日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)木全建設[北見市]

銀行取引停止

建築工事の木全建設(北見市とん田東町576番地2)は2月8日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

受注の伸び悩みから売上高が落ち込んだことで資金繰りも悪化していた。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)サツポロ丸勝[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第479号)

(株)サツポロ丸勝(札幌市北区新琴似2条4丁目2番6号)は2月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は斎藤陽子弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月18日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月26日午前10時。

2005/02/22
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年2月 7日 (月)

兼工業(有)[中標津町]

内整理

建設機械器具賃貸の兼工業(標津郡中標津町東13条北1丁目21番地)は2月7日、再度の資金ショートを起こした。負債総額は約5000万円。

公共工事の減少などから受注減となり、売上高が落ち込んでいた。加えて、主力取引先でもあった鎌田建設が破産したことから連鎖する形となった。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

サンホーム(株)[帯広市]

弁護士一任

建築工事・不動産賃貸のサンホーム(帯広市西2条南18丁目19番地)は2月7日、事業を停止し事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約1億9400万円。

市況低迷や同業他社との競合などで減収し、平成15年6月にも資金ショートを起こすなど、厳しい運営を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
2005/02/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年2月 4日 (金)

北陽電気工業(株)[名寄市]

銀行取引停止処分

電気工事の北陽電気工業(名寄市西2条南4丁目1番地)は2月4日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

工事量の減少や同業他社との競合などから業績は悪化、支店の閉鎖に加えて取引先からの支援を受けたものの、既往の赤字から債務超過に陥っていた。

東京商工リサーチ
2005/02/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)コフネ商会[札幌市]

銀行取引停止処分


雑貨卸のコフネ商会(札幌市白石区本郷通7丁目南3番9号)は2月4日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約6000万円。

従来から収益性には乏しく余裕のない資金繰りが続き、1月末には事務所を閉鎖していた。

東京商工リサーチ
2005/02/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

日栄設備(株)[石狩市]

銀行取引停止処分

水道施設工事の日栄設備(石狩市花川南1条1丁目2番地)は2月4日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

公共工事現象に伴う完工高の低下と民間工事の単価低迷を要因に業績はジリ貧傾向にあった。

東京商工リサーチ
2005/02/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)ワイズ・エムコーポレーション[釧路市]

破産手続開始(平成17年(フ)第14号)

(有)ワイズ・エムコーポレーション(釧路市愛国東2丁目10番12号)は2月4日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は稲沢優弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月31日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成17年4月25日午前10時。

2005/02/16
http://kanpou.npb.go.jp/

2005年2月 3日 (木)

(有)クリエートハウス[帯広市]

破産手続開始(平成17年(フ)第24号)

(有)クリエートハウス(帯広市川西町基線56番地138)は2月3日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は千々和博志弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月22日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成17年5月13日午後1時30分。

2005/02/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

(株)きだ[札幌市]

銀行取引停止


呉服販売のきだ(札幌市中央区南3条西10丁目54番地、登記上=札幌市白石区川下2条4丁目1番7号)は2月3日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

長引く個人消費低迷の影響を受けて売上高は落ち込んでいた。

東京商工リサーチ
2005/02/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

北大洋恒産(株)[札幌市]

銀行取引停止処分

造園土木の北大洋恒産(札幌市豊平区平岸3条7丁目2番2号)は2月3日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3800万円。

収益面は低調な推移で資金繰りに余裕はなく、12月末には事務所を閉鎖していた。

東京商工リサーチ
2005/02/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)仁井興業[札幌市]

銀行取引停止処分

土木工事の仁井興業(札幌市厚別区厚別西3条5丁目1番13号)は2月3日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約負債総額は約8000万円。

従来から収益性には乏しく、余裕のない状況が続いていた。

東京商工リサーチ
2005/02/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)センシン[札幌市]

銀行取引停止処分

防水工事のセンシン(札幌市北区太平3条3丁目1番35号)は2月3日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約1億円。

従来から収益面は低調に推移し、余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2005/02/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)ハラダ[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第410号)

(株)ハラダ(札幌市中央区北6条西18丁目1番地18)は2月3日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は橋場弘之弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月10日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月19日午後3時30分。

2005/02/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

丸井店舗開発(株)[札幌市]

丸井店舗開発が自己破産を申請 休眠状態、負債37億円

百貨店の丸井今井(札幌)の関連会社で、不動産賃貸、管理などの丸井店舗開発(同)は十八日までに、札幌地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は約三十七億円。

丸井店舗開発は一九九四年、丸井今井のスーパー事業参入に伴い設立、札幌市内で二店舗の運営、管理などを手掛けていた。二〇〇〇年一月には、約五億円の売上高を計上したが、丸井今井経営再建の一環で、同年三月、スーパーが営業譲渡され、丸井店舗開発は休眠状態となっていた。

丸井今井は「すでに引当金を積んでおり、再建計画に影響はない」としている。

北海道新聞
2005/02/18
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2005年2月 2日 (水)

(有)日角工務店[函館市]

銀行取引停止処分

建築工事の日角工務店(函館市昭和2丁目43番10号)は2月2日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1000万円。

市況の低迷や同業者との競合から完工高はジリ貧となり、収益面も低調な推移であった。

東京商工リサーチ
2005/02/28
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)田中総合企画[苫小牧市]

銀行取引停止処分

住宅基礎工事の田中総合企画(苫小牧市花園町3丁目13番8号)は2月2日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3600万円(平成15年12月期時点)。

収益面は低調に推移し、資金計画にも甘さがみられるなど余裕のない状態に陥っていた。

東京商工リサーチ
2005/02/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)オフィスオズ[札幌市]

銀行取引停止処分

ホテル経営のオフィスオズ(札幌市豊平区豊平5条2丁目4番14号)は2月2日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2005/02/07
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年2月 1日 (火)

カープロミス販売(株)[門別町]

内整理

中古車販売のカープロミス販売(沙流郡門別町富川西4丁目1番2号)は2月1日、再度の資金ショートを起こした。

東京商工リサーチ
2005/03/07
http:/www.tsr-net.co.jp/

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »