« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月31日 (月)

(株)三島[士別市]

スーパー「三島」民事再生法申請

【士別】士別市と近郊で食品スーパー六店舗を経営する「三島」(士別)は三十一日までに、旭川地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、財産保全命令を受けた。負債総額は約十七億五千万円。店舗の営業は継続し、従業員も当面雇用を続ける。

同社は一九六二年に創業。九〇年代半ばに士別のほか、旭川、北見などで食品スーパー二十店舗を経営していたが、その後、競合店の増加などで売り上げは落ち込み、二〇〇四年三月期は三十八億五千万円と、前期を十億円ほど下回っていた。今後は六店舗のうち、二店舗を閉鎖し、残り四店舗は営業譲渡する方針。

北海道新聞
2005/01/31
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
スーパー「三島」民事再生法申請 地元経済界に衝撃
【写真説明】民事再生法を申請した三島の本部が入るサンバリュ士別食品館 掲載 2005/02/01

 

(株)大雄工業[函館市](18年ぶり2回目)

銀行取引停止

建築工事の大雄工業(函館市昭和3丁目13番11号)は1月31日、再度の資金ショートを起こして事業を停止、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億円。

収益面では外注費の負担などから低調な推移が続き、累積赤字を内包する一方、近年は受注環境の厳しさから工事高は落ち込むなど、苦しい運営を強いられていた。

東京商工リサーチ
2005/02/28
http:/www.tsr-net.co.jp/

北海道エザキ(株)[室蘭市]

特別清算開始(平成16年(ヒ)第2号)

北海道エザキ(株)(室蘭市祝津町1丁目124番地20)は1月31日、札幌地裁室蘭支部から特別清算開始決定を受けた。

2005/02/15
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部)

2005年1月28日 (金)

丸光商事(株)[江別市]

破産手続開始(平成17年(フ)第265号)

丸光商事(株)(江別市緑町西1丁目95番地1)は1月28日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は桶谷治弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月4日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月12日午後4時。

2005/02/09
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)清和機械製作所[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第311号)

(株)清和機械製作所(札幌市白石区菊水6条2丁目9番8号)は1月28日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は山崎昌彦弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月1日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月26日午後1時30分。

2005/02/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)緑化ビルド[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第288号)

(株)緑化ビルド(札幌市南区石山256番地2、主たる事務所札幌市清田区清田1条1丁目4番30号エスアイ石田ビル3階)は1月28日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は猪野亨弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年3月24日午前11時。

2005/02/08
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

シントク建設(株)[中標津町]

破産手続開始(平成17年(フ)第4号)

シントク建設(株)(標津郡中標津町東37条北4丁目5番地)は1月28日、釧路地裁根室支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は福岡定吉弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月18日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月21日午後1時30分。

2005/02/08
http://kanpou.npb.go.jp/

2005年1月26日 (水)

(株)津田商店[釧路市]

破産宣告(平成16年(フ)第597号)

(株)津田商店(釧路市桜ケ岡5丁目7番4号)は1月26日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山崎俊之弁護士(釧路市)。

債権届出期間は追って指定する日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成17年4月25日午後2時、計算報告の期日は追って指定。

2005/02/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)

2005年1月25日 (火)

成田土木工業(株)[芽室町]

破産手続開始(平成17年(フ)第13号)

成田土木工業(株)(河西郡芽室町西2条5丁目2番地)は1月25日、釧路地裁帯広支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は村上英二弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月11日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成17年4月22日午後2時。

2005/02/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

(有)エースメンテック[札幌市]

銀行取引停止処分

消臭剤販売のエースメンテック(札幌市豊平区西岡2条14丁目6番10号)は1月25日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2005/01/31
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年1月24日 (月)

(株)帯広グランドホテル[帯広市]

帯広グランドホテル自己破産

【帯広】帯広市内で都市型ホテルを経営する帯広グランドホテルは二十四日、釧路地裁帯広支部に自己破産を申請した。東京商工リサーチ帯広支店によると、負債額は約八億八千万円。

同社は一九七二年に設立。翌年に同市内に、帯広初の都市型ホテル、帯広グランドホテル(八階建て、客室数六十二室)を開業した。結婚式や宴会などを主体に九一年三月期の売上高は九億五千万円に上ったが、市内に大型ホテルの開業が相次ぎ、利用者が減少。ここ数年は赤字が続き、二〇〇四年三月期の売上高は四億三千八百万円に落ち込んでいた。

北海道新聞
2005/01/25
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
帯広グランドホテル破産 地裁支部に申請 負債8億8000万円
【写真説明】自己破産を申請した帯広グランドホテル 掲載 2005/01/25

 

(株)影山組[千歳市]

千歳の影山組が自己破産 負債総額8600万円

民間の信用調査機関、東京商工リサーチによると、千歳市内の建設工事業、影山組は二十一日、札幌地裁に自己破産を申し立て、二十四日に破産宣告を受けた。負債総額は約八千六百万円。

同社は一九五八年四月創業、六四年四月に法人化した。一般住宅の元請け、下請けのほか、内装工事や防音工事を手掛け、九三年完工高は一億七千七百万円を上げた。しかし、ここ数年は市況低迷で受注面が低下し、〇四年二月期は完工高九千五百万円まで低下。収益面も低調に推移していた。

千歳民報
2005/01/25
http://www.tomamin.co.jp/group/chimin.html

 

破産手続開始(平成17年(フ)第180号)

(株)影山組(千歳市緑町3丁目1番8号)は1月24日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は森谷瑞穂弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年2月25日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月21日午後1時30分。

2005/02/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年1月20日 (木)

(有)クスリのたにぐち[函館市]

内整理

医薬品・日用雑貨小売のクスリのたにぐち(函館市山の手2丁目53番2号)は1月20日、資金ショートを起こし事業を停止した。負債総額は約1000万円。

市況の低迷に加え、大型量販店との競合から売上高はジリ貧傾向をたどり、収益面も低調な推移となっていた。

東京商工リサーチ
2005/02/28
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)若松[函館市]

函館・湯の川 旅館「わか松」再生法を申請 負債総額13億円

【函館】函館・湯の川温泉の老舗旅館「わか松」を経営する若松は二十日、函館地裁に民事再生法を申請した。東京商工リサーチ函館支店によると、負債総額は約十三億円。営業は当面、通常通り行う方針。

一九二二年(大正十一年)の創業で、一九五七年には昭和天皇が宿泊した。客室数が二十九と少なく、湯の川温泉街でも高級旅館としての地位を確立していた。

九四年に十六億円を投じ、新館をオープン。九七年七月期には四億五千八百万円の売り上げを計上したものの、新館の投資が重荷となったのに加え、高級路線などもあって客数が伸びず、二〇〇四年七月期には二億六千万円の累積債務を抱えていた。社長は当面、社長職にとどまり、従業員十八人もそのまま継続雇用される見通し。

北海道新聞
2005/01/21
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
函館・湯の川温泉の老舗旅館が再生法申請 地元資本の苦境浮き彫り「伝統だけでのれん守れぬ」
【写真説明】民事再生法を申請した湯の川温泉街の高級旅館「わか松」 掲載 2005/01/28

 

デーケーホンダ販売(株)[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第153号)

デーケーホンダ販売(株)(札幌市中央区北2条東10丁目93番地38)は1月20日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は石川和弘弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月22日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月19日午後3時。

2005/02/01
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年1月19日 (水)

(有)アクア[札幌市]

破産手続開始(平成17年(フ)第139号)

(有)アクア(札幌市東区北32条東10丁目1番43号)は1月19日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は八代眞由美弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月12日午後2時。

2005/01/31
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年1月18日 (火)

(有)東進工業[赤平市]

破産手続開始(平成17年(フ)第1号)

(有)東進工業(赤平市昭和町6丁目13番地、商業登記簿上の本店所在地赤平市北文京町3丁目1番地)は1月18日、札幌地裁滝川支部から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は丸山健弁護士。

財産状況報告集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月26日午後4時30分。

2005/01/28
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所滝川支部)

(株)札幌とりげん[札幌市]

銀行取引停止処分

農産物加工販売の札幌とりげん(札幌市豊平区中の島1条2丁目4番1号)は1月18日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2005/01/31
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)木村工務店[苫小牧市]

銀行取引停止処分

建築工事の木村工務店(苫小牧市新中野町1丁目8番4号)は1月18日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

近年では受注は低下し完工高は低下、収益面においても受注単価低迷により債務超過に陥るなど、余裕のない状態にあった。

東京商工リサーチ
2005/01/31
http:/www.tsr-net.co.jp/

新生運輸(株)[北広島市]

破産手続開始

運送の新星運輸(北広島市大曲770番地20、登記上=札幌市清田区北野3条2丁目9番26号)は1月18日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。破産管財人は荻野一郎弁護士。負債総額は約6200万円。

近年は受注低迷から資金繰りは多忙を極めていた。破産債権の届出期間は平成17年2月28日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月12日午後3時。

東京商工リサーチ
2005/02/07
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)共栄商店[白糠町]

共栄商店自己破産 閉鎖惜しむ買い物客ら 大型店の影響指摘の声も

【白糠、標茶】白糠、標茶両町でスーパーストアを経営する共栄商店(白糠)が十八日までに自己破産を申請し、二店舗を閉鎖したが、両町とも買い物客は閉鎖を惜しんでいる。経済関係者の間では、釧路市郊外に進出が相次いだ大型店の影響を指摘する声もある。

十八日の午後三時すぎ、いつものように買い物をしようと白糠町市街地の本店を訪れた主婦たちは、破産宣告の張り紙に一様に驚きの表情を浮かべた。同町刺牛の主婦(五六)は「三十年以上も、毎日のように買い物に来ていました。野菜も鮮度が良かったし…。これからどこに行けばよいのか」とがっかりした表情。

JR標茶駅前の標茶店でも、町内の主婦(四二)が「特売日には客が結構来ていたので、まさかという感じ。不便になります」と残念そうに話した。

白糠町内の同店は、コープさっぽろ白糠店と並ぶ二大スーパーだっただけに、町内経済への影響も懸念される。町商工会の会長は「これだけ大きい店の閉店は初めて。(隣接している)駅前の商店街に影響が出ないよう対策を考えなければ」と険しい表情だ。

関係者によると、白糠町の食料品の消費規模は年間三十億円程度。コープさっぽろと共栄商店が三分の二を占め、残りは個人商店と釧路市などへの流出客とみられる。イオン、ポスフールといった釧路地域の大型店を利用する町民は年々増えているとみられ、会長は「商品の質はもちろん、接客などでも魅力的な店づくりをこれまで以上に心がけないといけない」と創業六十七年を誇る老舗の閉店に危機感を強めている。

北海道新聞(釧路・根室版)
2005/01/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

破産手続開始(平成17年(フ)第12号)

(株)共栄商店(白糠郡白糠町東2条南2丁目1番地23)は1月18日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月28日まで、財産状況報告集会・一般調査の期日は平成17年4月11日午後2時。

2005/01/27
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)
 

フォト海道(道新写真データベース)
共栄商店自己破産 閉鎖惜しむ買物客ら 大型店の影響指摘の声も
【写真説明】自己破産を申請した白糠の共栄商店。事情を知らない買い物客が18日も次々と訪れていた 掲載 2005/01/19

 

2005年1月17日 (月)

(株)ダイトク[札幌市]

銀行取引停止処分

不動産売買のダイトク(札幌市白石区本通12丁目北1番26号)は1月17日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。なお、同社は平成14年12月に解散している。

東京商工リサーチ
2005/01/31
http:/www.tsr-net.co.jp/

大福興産(株)[釧路市]

破産宣告(平成16年(フ)第581号)

大福興産(株)(釧路市黒金町13丁目26番地)は1月17日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は久保田庸央弁護士(釧路市)。

債権届出期間は追って指定する日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成17年3月16日、計算報告の期日は追って指定。

2005/02/01
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)イズム[釧路市]

イズムが自己破産

不動産管理、賃貸業のイズム(釧路市黒金町13、資本金8000万円)がこのほど釧路地裁に自己破産を申請し、17日、破産手続き開始決定を受けた。負債は26億円内外と見られる。破産管財人は釧路市住吉町6の荒井剛弁護士。

釧路新聞
2005/01/19
http://www.news-kushiro.jp/05/kn05_0119.html
 

フォト海道(道新写真データベース)
不安感募らすテナント 「イズム」自己破産 保証金戻らず
【写真説明】5月にはビジネスホテルがオープンする旧イズムビル 掲載 2005/01/19

 

2005年1月14日 (金)

山村建設(株)[札幌市]

銀行取引停止処分

とび・土工工事の山村建設(札幌市白石区北郷2384番地18)は1月14日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4759万円。

同業他社との競合も激しく、完工高は落ち込んでいた。

東京商工リサーチ
2005/01/24
http:/www.tsr-net.co.jp/

北陸建設(株)[長沼町]

再生手続開始(平成16年(再)第2号)

北陸建設(株)(夕張郡長沼町銀座南1丁目2番15号)は1月14日、札幌地裁岩見沢支部から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成17年2月18日まで、一般調査期間は平成17年3月18日から平成17年4月1日まで。

2005/01/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩見沢支部)

(有)高橋装建[札幌市]

破産手続開始

建築工事の高橋装建(札幌市豊平区月寒東2条18丁目7番108号)は1月11日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けた。破産管財人は菅野直樹弁護士。負債総額は約9500万円。

従来より債務超過にあったため資金繰りは多忙を極めており余裕のない運営が続いていた。破産債権の届出期間は平成17年2月25日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年3月22日午前10時30分。

東京商工リサーチ
2005/02/07
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年1月13日 (木)

(株)川井[札幌市]

弁護士一任

解体工事・産業廃棄物収集処理の川井(札幌市東区中沼町6番地5)は1月13日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約5億1600万円。

従来からの累積欠損金もあって債務超過の状態が続いていた。損益も低調に推移、多忙な資金繰りを強いられ、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2005/01/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年1月12日 (水)

ヤマコシ産業(株)[札幌市]

銀行取引停止処分

シャワー器具販売のヤマコシ産業(札幌市西区八軒9条西4丁目7番4号、登記上=札幌市中央区大通西15丁目3番地6)は1月12日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1600万円。

最近は市況低迷から受注減少を強いられ、厳しい状況が続いていた。

東京商工リサーチ
2005/01/31
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)シバケン工業[札幌市]

銀行取引停止処分

造園工事・土木資材販売のシバケン工業(札幌市北区新川3条2丁目5番7号)は1月12日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億7800万円。

市況悪化の影響もあって業績低迷を余儀なくされ完工高は減少。資金繰りは多忙を極め、今回の事態に至った。

東京商工リサーチ
2005/01/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

2005年1月11日 (火)

(有)北星[女満別町]

銀行取引停止処分

土木工事・運送の北星(網走郡女満別町字昭和143番地11)は1月11日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億4000万円。

公共工事の削減などにより売上高は落ち込み、また同業他社との競合などから採算面も低調に推移し過去に生じた繰越欠損を解消できず、資金繰りが悪化し今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2005/01/24
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)太基工務店[札幌市]

銀行取引停止処分

とび・土工工事の太基工務店(札幌市北区篠路1条5丁目5番10号)は1月11日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5100万円。

同業者との競合などから営業損失を計上するなど損益は低迷、資金繰りに余裕な少なく、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2005/01/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)マインド・オフィス[札幌市]

破産宣告(平成16年(フ)第6263号)

(株)マインド・オフィス(札幌市豊平区豊平7条9丁目1番1号)は1月11日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は増谷康博弁護士(札幌市中央区)。

債権届出期間は平成17年2月10日まで、第1回債権者集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年3月7日午前10時30分。

2005/01/24
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年1月 7日 (金)

(有)泰成工業[八雲町]

銀行取引停止

とび土工・土木工事の泰成工業(山越郡八雲町元町12番地26)は1月7日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

受注の低迷に加え同業との競合激化から赤字決算を強いられ、多忙な資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2005/03/28
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)ツルサワ工芸社[静内町]

銀行取引停止処分

塗装工事のツルサワ工芸社(静内郡静内町吉野町3丁目2番11号)は1月7日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2005/01/31
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)ホーム機器タケヤ[函館市]

銀行取引停止処分

管工事のホーム機器タケヤ(函館市住吉町17番18号)は1月7日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

市況低迷から完工高はジリ貧傾向となり、収益面も低調な推移をたどっていた。受注単価の低迷で収益面も回復せず、資金繰りが悪化して今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2005/01/31
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)ケイズインターナショナル[札幌市]

再度の資金ショート

美容室のケイズインターナショナル(札幌市中央区大通西16丁目3番地12)は1月7日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2005/01/24
http:/www.tsr-net.co.jp/

エス・ワイ建設(株)[札幌市]

弁護士一任

建築工事のエス・ワイ建設(札幌市手稲区手稲本町4条3丁目1番24号)は1月7日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受け、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約8480万円(平成16年10月末時点)。

市況低迷の影響などから完工高は減少、焦げ付き発生など余力のない資金繰りが続き、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2005/01/24
http:/www.tsr-net.co.jp/

紋別海陸運送(株)[紋別市]

銀行取引停止処分

一般貨物自動車運送の紋別海陸運送(紋別市元紋別102番地36、登記上=紋別市落石町2丁目1番7号)は1月7日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5億円。

過去には設備投資過大で経営不振に陥った時期もあり、近年は増収傾向の推移となっていたものの、過小資本な財務面では余力の乏しい資金繰りが続き、支え切れずに今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2005/01/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)日栄[札幌市]

破産宣告(平成16年(フ)第6291号)

(株)日栄(札幌市中央区北6条西25丁目2番6号)は1月7日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は中村憲昭弁護士(札幌市中央区)。

債権届出期間は平成17年2月14日まで、第1回債権者集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年3月22日午後1時30分。

2005/01/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年1月 6日 (木)

(有)高野生花店[札幌市]

破産宣告(平成16年(フ)第1892号)

(有)高野生花店(札幌市西区琴似2条1丁目3番5号)は1月6日、東京地裁八王子支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐原專治弁護士(東京都港区)。

債権届出期間は平成17年2月7日まで、第1回債権者集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月11日午後1時30分。

2005/01/24
http://kanpou.npb.go.jp/
(東京地方裁判所八王子支部民事第4部)

大伸産業(株)[苫小牧市]

破産宣告(平成16年(フ)第482号)

大伸産業(株)(苫小牧市明野新町1丁目3番16号)は1月6日、札幌地裁苫小牧支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は壬生賢哉弁護士(苫小牧市)。

債権届出期間は平成17年2月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成17年3月29日午後4時。

2005/01/20
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

(株)ムイネグランドホテル[札幌市]

特別清算開始(平成16年(ヒ)第115号)

(株)ムイネグランドホテル(札幌市南区定山渓857番地)は1月6日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

2005/01/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2005年1月 5日 (水)

道東農林(株)[足寄町]

破産宣告(平成16年(フ)第24841号)

道東農林(株)(足寄郡足寄町螺湾本町26番地の2)は1月5日、東京地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は三村藤明弁護士(東京都港区)。

債権届出期間は平成17年2月9日まで、第1回債権者集会・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年5月12日午後3時。

2005/01/26
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)ジー・テイー・アール[札幌市]

銀行取引停止処分

自動車部品・付属品販売のジー・テイー・アール(札幌市白石区北郷5条5丁目4番12号)は1月5日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4200万円。

従来から損益面での妙味は乏しく、多忙な資金繰りを余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
2005/01/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)イワホリ[釧路市]

創業114年 釧路の老舗薬局「イワホリ」自己破産申請 ドラッグストア進出響く

一八九一年(明治二十四年)の創業で、釧路市内で最も古い薬局「イワホリ」が、五日までに店舗を閉鎖し、釧路地裁に自己破産を申請した。相次ぐドラッグストアチェーンの進出による売り上げ減少が原因で、同業者や地元商店街からは百十四年の歴史を誇る老舗の終焉を惜しむ声が上がっている。

信用調査会社の帝国データバンク釧路支店によると、負債総額は約一億二千万円。

同社は市内南大通で創業、現社長が三代目。南大通の本店のほか、コープさっぽろに統合された「くしろ市民生協」の複数の店舗に出店。また、昨年五月に閉鎖された釧路ステーションデパートが一九六一年に創立された当時からの中心テナントで、親子二代で同デパートの挙動組合の理事長も務めた。

だが、近年では売り上げは、九七年七月期の四億二千万円をピークに、〇四年七月期には一億三千万円まで落ちていた。

釧路の盛衰とともに歩んだ同薬局の閉店に、創業百七年の「勉強堂ハマノ薬局」=北大通=は「昔からの仲間がいなくなって寂しい。大型店の影響が大きかったのでは―」と言葉少な。また、南大通の商業者が加盟する啄木通り商店街の会長は「昔は商店や行政が集まり経済の中心だった南大通の衰退を象徴するようだ」と残念そうに話した。

薬局経営の厳しさが増す一因は、相次ぐドラッグストアチェーンの進出だ。釧路保健所によると、釧路管内の薬局数は一九九九年の八十二店から、二〇〇三年には百六店まで増加。釧路市と釧路町には、豊富な品ぞろえと低価格で集客する「ツルハ」が十四店、「サッポロドラッグストアー」が四店を構える。市内のある薬局経営者は「身体についてきめ細やかな相談ができる”駆け込み寺”のような役割にならないと、既存店は生き残ってはいけない」と危機感を募らせている。

北海道新聞(釧路・根室版)
2005/01/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

破産手続開始(平成17年(フ)第1号)

(株)イワホリ(釧路市南大通5丁目1番3号)は1月11日、釧路地裁から破産手続開始決定を受けた。

破産管財人は稲澤優弁護士。

破産債権の届出期間は平成17年3月16日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成17年4月6日午前10時。

2005/01/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所)
 

フォト海道(道新写真データベース)
創業114年 釧路市内の老舗薬局「イワホリ」自己破産申請 ドラッグストア進出響く
【写真説明】自己破産を申請したイワホリの南大通本店 掲載 2005/01/06

 

2005年1月 4日 (火)

(株)共栄工務店[札幌市]

銀行取引停止処分

フェンス・ガードレール工事の共栄工務店(札幌市西区福井10丁目9番14号)は1月4日、再度の資金ショートを起こし、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6300万円。

平成11年3月期に多額の赤字を計上したことで債務超過に転落、その後も市況低迷などから業績は回復せず、余裕のない運営が続いていた。

東京商工リサーチ
2005/01/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »