« (株)澤川組[滝川市] | トップページ | 山一観光開発(株)[名寄市] »

2003年4月14日 (月)

北見魚菜卸売市場(株)[北見市]

北見魚菜市場再生法を申請 負債134億円

【北見】北見市公設卸売市場を運営する北見魚菜卸売市場(本社・北見市)は十四日午前、釧路地裁北見支部に民事再生法の適用を申請した。負債総額は百三十四億円に上る。

同社は、網走管内留辺蘂、置戸両町内にも卸売市場を運営しており、鮮魚や青果、冷凍食品、花卉(かき)、食肉などを網走管内全域に流通させている。

同社の二〇〇二年十二月期決算で負債総額は約三十七億円だったが、これとは別に三十年にわたる北見市内の大口取引先の水産加工会社に対する手形の保証などで、簿外債務が膨らんでいたことが四月に入って発覚、資金繰りに行き詰まった。

同社の二〇〇二年十二月期決算の売上高は約二百四十億円は、網走管内の全業種を通じて第二位。経常利益も約一億一千万円を計上していた。一九一二年(明治四十五年)、前身の野付牛魚菜市場として創業。資本金千八百万円、従業員はパートを含め約百三十人。

北海道新聞夕刊
2003/04/14
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
北見魚菜卸売市場が再生法申請 「まさか」地元に衝撃 巨大債務なぞ多く 営業は通常も集荷に不安
【写真説明】民事再生法の適用を申請した北見魚菜卸売市場 掲載 2003/04/15

 


北見魚菜市場 自己破産を申請

【北見】北見魚菜卸売市場(本社・北見)は一日、民事再生法の適用を断念し、釧路地裁北見支部に自己破産を申請した。負債総額は約百四十億円。

同社は北見市公設地方卸売市場の運営会社。四月十四日に民事再生法の適用を申請したが、北見市から支援要請を受けた旭一旭川地方卸売市場(同・旭川、中川竹志社長)が出資する新会社「マルキタ」(同・北見)が公設市場の運営業務を引き継いで一日に営業を開始したことなどから、再建を断念した。従業員約百五十人の大半は新会社に採用された。

北見魚菜卸売市場は一九一二年に野付牛魚菜市場として創業。網走管内留辺蘂、置戸両町にも分場を持ち、鮮魚や青果、花卉(かき)などを扱っていた。資本金千八百万円。

北海道新聞夕刊
2003/05/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (株)澤川組[滝川市] | トップページ | 山一観光開発(株)[名寄市] »

11 網走」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/34150231

この記事へのトラックバック一覧です: 北見魚菜卸売市場(株)[北見市]:

« (株)澤川組[滝川市] | トップページ | 山一観光開発(株)[名寄市] »