« 2003年3月 | トップページ | 2003年5月 »

2003年4月

2003年4月30日 (水)

(株)サンブロス[札幌市]

銀行取引停止

パチンコ店運営のサンブロス(札幌市白石区南郷通7丁目北2番1号)は3月31日と4月30日、三井住友銀行札幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2003/06/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)旭光商会[森町]

銀行取引停止

ガソリンスタンドの旭光商会(茅部郡森町字赤井川140番地)は3月31日と4月30日、札銀函館支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

主力取引先であった坂本組が倒産、不良債権の発生とともに売上高が激減していた。

東京商工リサーチ
2003/05/26
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)ファクト[苫小牧市]

弁護士一任

建築工事のファクト(苫小牧市緑町2丁目7番11号)は4月30日、営業を停止し事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約5800万円。

東京商工リサーチ
2003/05/26
http:/www.tsr-net.co.jp/

翔和建設工業(株)[苫小牧市]

銀行取引停止

建築工事の翔和建設工業(苫小牧市柏木町6丁目7番6号)は4月28日と30日、室蘭信金苫小牧中央支店・室蘭商工信組糸井支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6500万円。

一部工事代金の未収も発生し、仕入先および外注先に対して支払いを延長、債権者会議を開き再度延期を要請していたが、すべての債権者からの同意を得るまでには至らなかった。

東京商工リサーチ
2003/05/12
http:/www.tsr-net.co.jp/

山サ齊藤水産(株)[伊達市]

銀行取引停止

水産食品加工の山サ齊藤水産(伊達市北黄金町27番地9)は3月31日と4月30日、室蘭商工信組本輪西支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

近年は長引く不況で受注量が伸び悩み、資金面も多忙となり3月10日をもって工場を閉鎖していた。

東京商工リサーチ
2003/05/12
http:/www.tsr-net.co.jp/

トウモク建材(株)[当麻町]

銀行取引停止

建設資材販売のトウモク建材(上川郡当麻町4条西4丁目9番1号)は3月31日と4月30日、北陸銀行旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6950万円。

2期連続赤字となり、また設立初年度から焦げ付きが多発するなど、取引先の信用も低下していた。

東京商工リサーチ
2003/05/12
http:/www.tsr-net.co.jp/

北海鐵工(株)[釧路町]

銀行取引停止

鋼構造物工事の北海鐵工(釧路郡釧路町中央2丁目2番地19)は3月31日と4月30日、釧路信金本店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6億円。

市況の低迷に呼応する形で受注はジリ貧に推移し、多額の繰越欠損を抱え財務面は逼迫した状態にあった。今年に入ってからは急速に受注量が低下、金融機関および主力取引先へも支援を要請したが不調に終わり、ここに来て支え切れず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2003/05/05
http:/www.tsr-net.co.jp/

楢崎サービス(株)[室蘭市]

破産宣告(平成15年(フ)第1966号)

楢崎サービス(株)(室蘭市祝津町1丁目127番地)は4月30日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は中嶋恭介弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成15年5月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年7月15日午後10時30分。

2003/05/14
http://kanpou.npb.go.jp/

2003年4月28日 (月)

(株)シンク[札幌市]

破産宣告(平成15年(フ)第1862号)

(株)シンク(札幌市東区苗穂町11丁目1番10号)は4月28日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は八十島保弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成15年5月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年7月1日午後3時。

2003/05/14
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)石川博敏商店[函館市]

弁護士一任

豆腐・蒟蒻原料販売の石川博敏商店(函館市大手町12番6号)は4月25日と28日、道銀十字街支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約6000万円。

得意先の廃業、末端需要の低迷から売上高は減少を続け、赤字決算に転落していた。

東京商工リサーチ
2003/05/19
http:/www.tsr-net.co.jp/

鳳星被服工業(株)[小樽市]

弁護士一任

繊維製品加工の鳳星被服工業(小樽市入船1丁目2番12号)は4月28日、営業を停止し事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約1億2000万円。

取引先の予算削減や安価な中国製品との競合によって売上高は下降線をたどっていた。

東京商工リサーチ
2003/05/05
http:/www.tsr-net.co.jp/
 

「鳳星被服」自主廃業へ 海外製品に押され 負債総額1億2000万円 従業員は解雇方針 小樽
【写真説明】売り上げ減少のため自主廃業する鳳星被服工業 掲載 2003/05/02

(株)美幌地方卸売市場[美幌町]

美幌卸売市場も民事再生法申請

【美幌】網走管内美幌町の美幌地方卸売市場は二十八日午前、釧路地裁北見支部に民事再生法の適用を申請した。北見市内の信用調査会社・東亜リサーチによると、負債総額は約五億五千万円。

同社は大口仕入れ先で金融支援を受けていた北見魚菜卸売市場(本社・北見)が、十四日に民事再生法を申請して以来、営業停止状態だった。北見魚菜卸売市場関連の経営破たんは、北見の曽我水産、マルゲンに続いて三社目。

美幌地方卸売市場は、美幌魚菜市場として一九三〇年(昭和五年)に創業。二〇〇一年十二月期決算の売上高は約十二億円。

北海道新聞夕刊
2003/04/28
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

美幌卸売市場が事業再建を断念 再生手続き廃止へ

【美幌】民事再生手続き中の美幌地方卸売市場(網走管内美幌町)は二十一日、釧路地裁北見支部に再生手続き廃止の申し立てを行った。

同市場は昨年四月、大口仕入れ先で、金融支援を受けていた北見魚菜卸売市場破たんの余波を受けて、同支部に民事再生法適用を申請。十二月には、再生債権の95%をカットし、残り約二千三百万円を五年間で返済していく再建計画が認可された。

しかし、その後も信用不安が続いて運転資金を確保できなかったほか、売上高が計画目標を大きく下回り、今月末の一回目の返済が困難となった。九月末にも破産宣告が出される見通し。

北海道新聞
2004/06/22
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2003年4月25日 (金)

(有)藤テック[札幌市]

銀行取引停止

消防施設工事の藤テック(札幌市北区北33条西10丁目7番11号)は4月10日と25日、札幌中央信組北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

マンションの消防施設工事を主に手掛けていたが、収益面は欠損計上が続き余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2003/06/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)楢崎製作所[室蘭市]

再生法申請 「本体」の再建を決断 収益体質再構築へ

橋りょう・機械メーカーの楢崎製作所(本社室蘭)は25日、同社で記者会見し、子会社で産業機械製作の郡山楢崎製作所(本社福島県郡山市)と建材販売の楢崎サービス(同室蘭)の自己破産申請とともに、同社も札幌地裁に民事再生法適用を申請したことを明らかにした。3社の負債総額は約80億円。社長は「これ以上の子会社の債務負担は、当社にとって致命傷になりかねないと判断した」とし、金融機関の意向を受け、自己再建を断念、不採算部門を切り離し、同法適用で楢崎製作所本体の再建に踏み切る決断をした。5月1日に室蘭市内で債権者説明会を行う。

経営難に陥ったのは、郡山楢崎製作所の経営不振が要因。現地機械メーカーからの受注が平成3年の年間1100台(売上高約46億円)をピークに減少。最近は200台以下になり、13年度の売上高は19億円程度に激減していた。このため、郡山楢崎の負債額は16億7000万円(15年3月期)に達した。

楢崎製作所はここ数年、公共事業関連の削減で売上高は減少したが、15年3月期は同57億円で、黒字を確保している。ただ、負債額は郡山楢崎の債務保証10億円を含めると約56億円。このため、メーンバンクの北洋銀行が主力行となる札幌北洋ホールディングスから抜本的な改革を求められており、約1年間の経営相談などを受けてきたが「将来的な再生が見えず、郡山の債務保証や、損失の影響が厳しく、根本的に手をつけられなかった」と、最終的に自己再建を断念し、同法申請に至った経緯を説明した。

郡山楢崎製作所と楢崎サービス(負債額5億円)は24日付で破産申し立てを行った。郡山の従業員73人と、サービス同19人に解雇通告をした。楢崎総合メンテナンス(本社室蘭、従業員11人)は法的措置を取らずに今年秋に解散する予定だが、従業員は解雇する。製作所本体の解雇者はいない。楢崎造船については、業績は順調で、将来性もあり、ナラサキ産業のグループ傘下になる。

会見には、社長ほか、常務、民事再生法申し立て代理人の水原清之弁護士らが出席。同法申請に伴う再生計画について、澤田社長は「不採算子会社を清算し、本体は身軽になった。今後、橋りょう事業を主軸に収益体質を再構築したい。社内的にも合理化し、コスト競争力をつけていく」と述べた。再生計画案は8月中に策定する方針。債権者説明会は5月1日午前10時半から蓬來殿で開かれる。

室蘭民報
2003/04/26
http://www.muromin.mnw.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
楢崎製作所の再生法申請 「ものづくりのマチ」激震 本体の雇用は維持 「郡山」「サービス」全員解雇
【写真説明】民事再生法を申請した楢崎製作所の工場=室蘭市崎守町 掲載 2003/04/26

 

2003年4月24日 (木)

(株)照井石油商会[根室市]

破産宣告(平成15年(フ)第42号)

(株)照井石油商会(根室市西浜町1丁目40番地)は4月24日、釧路地裁根室支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は柴田岳彦弁護士(根室市)。

債権届出の期間は平成15年5月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年7月3日午後1時30分。

2003/05/16
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)アイゼン[札幌市]

破産宣告(平成15年(フ)第1822号)

(株)アイゼン(札幌市北区北27条西5丁目2番11号)は4月24日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐藤光子弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成15年5月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年7月2日午後1時30分。

2003/05/09
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2003年4月23日 (水)

(有)松竹食品[音更町]

営業停止

漬物製造の松竹食品(河東郡音更町木野西通9丁目3番地)は4月23日、札銀釧路支店で1回目の不渡りを出し従業員を解雇、本社・工場を閉鎖した。負債総額は約2億8000万円(平成14年3月期末時点)。

消費低迷や同業他社との競合から減収を余儀なくされ、繰越欠損を抱え債務超過に陥っていた。

東京商工リサーチ
2003/05/05
http:/www.tsr-net.co.jp/

2003年4月22日 (火)

(有)札幌ホッカイ[札幌市]

銀行取引停止

機械工具販売の札幌ホッカイ(札幌市白石区菊水5条1丁目6番2号)は4月15日と22日、北洋銀白石中央支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2003/05/26
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)北南産業[門別町]

破産宣告(平成15年(フ)第1735号)

(株)北南産業(沙流郡門別町字緑町170番地の1)は4月22日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は海川道郎弁護士(静内町)。

債権届出の期間は平成15年5月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年7月8日午前11時。

2003/05/06
http://kanpou.npb.go.jp/

2003年4月21日 (月)

(株)道順組[雄武町]

道順組が2回目の不渡り

道順組(雄武町雄武七一四)は二十一日、二回目の不渡りを出した。民間信用調査機関の東亜リサーチによると、債権カットや経営譲渡などを模索したが不調に終わり、事業継続を断念。負債は六億一千万円程度に上るという。

北海道建設新聞
2003/04/22
http://e-kensin.net/

2003年4月18日 (金)

札幌住機(株)[札幌市]

銀行取引停止

管工事の札幌住機(札幌市西区宮の沢4条3丁目3番21号)は4月17日と18日、道銀琴似支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

近年は収益面に恵まれず欠損計上含みで低調な推移にあった。

東京商工リサーチ
2003/05/26
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)マルゲン[北見市]

「ぽん鱈」を生産 北見のマルゲン自己破産を申請

【北見】珍味の「ぽん鱈(たら)」で知られる水産加工業のマルゲン(本社・北見)は十八日午前、釧路地裁北見支部に自己破産を申請した。北見市内の信用調査会社、東亜リサーチによると、負債総額は約五十三億円で、原料輸入に伴う為替損失などが響いた。

十四日に民事再生法の適用を申請した北見魚菜卸売市場(本社・北見)とは三十年来の大口取引があり、手形の保証などで同市場に約五十億円の簿外損失を与えていた。同市場関連では十七日、北見の水産加工業、曽我水産が自己破産を申請している。

マルゲンは一九七四年の創業。従業員はパートを含め九三人で、二〇〇二年十一月期の売上高は約九十一億円。

北海道新聞夕刊
2003/04/18
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
どうなる珍味「ぽん鱈」 マルゲン自己破産 市民から心配の声
【写真説明】破産したマルゲンの代表商品「ぽん鱈」 掲載 2003/04/19

 

2003年4月17日 (木)

アイ・シー実業(株)[札幌市]

破産宣告(平成15年(フ)第1707号)

アイ・シー実業(株)(札幌市北区東茨戸1条1丁目27番地109)は4月17日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は増谷康博弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成15年5月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年7月3日午前10時。

2003/05/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)曽我水産[北見市]

曽我水産が自己破産申請

【北見】水産加工業の曽我水産(本社・北見)は十七日午前、釧路地裁北見支部に自己破産を申請した。民間信用調査機関の帝国データバンク北見支店によると、負債総額は約十一億円。十四日に、仕入れ先の北見魚菜卸売市場(本社・北見)が民事再生法の適用を申請したことに伴って、資金繰りが悪化した。

同社は一九七六年の創業。従業員はパートを含めて約四十人で、二〇〇二年十二月期の売上高は約二十三億六千万円。網走や紋別への支店開設などの設備投資が経営の重い負担となり、北見魚菜卸売市場には支払いの繰り延べなどで約七億円の支援を受けていた。

北海道新聞夕刊
2003/04/17
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2003年4月15日 (火)

ユニオン化成(株)[札幌市]

銀行取引停止

塗装・化学工業製品販売のユニオン化成(札幌市東区北丘珠2条2丁目11番26号)は4月14日と15日、北洋銀白石本郷支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約4000万円。

同業他社との競合による受注の減少に加え、売り上げは減少傾向をたどり支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2003/05/12
http:/www.tsr-net.co.jp/

札昂建設(株)[札幌市]

銀行取引停止

土木工事の札昂建設(札幌市北区篠路町上篠路64番地21)は3月17日と4月15日、道銀篠路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

近年は物件自体の減少もあり、収益面も黒字確保がやっとの状態が続いていた。

東京商工リサーチ
2003/05/05
http:/www.tsr-net.co.jp/

ヤマグチ建設(株)[札幌市]

破産宣告(平成15年(フ)第1631号)

ヤマグチ建設(株)(札幌市南区真駒内柏丘11丁目1番75号)は4月15日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は磯田丈弘弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成15年5月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年6月17日午後3時。

2003/04/24
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2003年4月14日 (月)

しょくひん橋本(有)[追分町]

破産宣告(平成15年(フ)第213号)

しょくひん橋本(有)(勇払郡追分町白樺2丁目16番地)は4月14日、札幌地裁苫小牧支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川忠利弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成15年5月16日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年9月4日午後1時30分。

2003/05/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

山一観光開発(株)[名寄市]

破産宣告(平成15年(フ)第359号)

山一観光開発(株)(名寄市西1条南8丁目1番地19、登記簿上の本店所在地名寄市西3条南8丁目1番地1)は4月14日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は中村元弥弁護士(旭川市)。

債権届出の期間は平成15年6月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年8月26日午後3時。

2003/04/17
旭川地方裁判所民事部

北見魚菜卸売市場(株)[北見市]

北見魚菜市場再生法を申請 負債134億円

【北見】北見市公設卸売市場を運営する北見魚菜卸売市場(本社・北見市)は十四日午前、釧路地裁北見支部に民事再生法の適用を申請した。負債総額は百三十四億円に上る。

同社は、網走管内留辺蘂、置戸両町内にも卸売市場を運営しており、鮮魚や青果、冷凍食品、花卉(かき)、食肉などを網走管内全域に流通させている。

同社の二〇〇二年十二月期決算で負債総額は約三十七億円だったが、これとは別に三十年にわたる北見市内の大口取引先の水産加工会社に対する手形の保証などで、簿外債務が膨らんでいたことが四月に入って発覚、資金繰りに行き詰まった。

同社の二〇〇二年十二月期決算の売上高は約二百四十億円は、網走管内の全業種を通じて第二位。経常利益も約一億一千万円を計上していた。一九一二年(明治四十五年)、前身の野付牛魚菜市場として創業。資本金千八百万円、従業員はパートを含め約百三十人。

北海道新聞夕刊
2003/04/14
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
北見魚菜卸売市場が再生法申請 「まさか」地元に衝撃 巨大債務なぞ多く 営業は通常も集荷に不安
【写真説明】民事再生法の適用を申請した北見魚菜卸売市場 掲載 2003/04/15

 


北見魚菜市場 自己破産を申請

【北見】北見魚菜卸売市場(本社・北見)は一日、民事再生法の適用を断念し、釧路地裁北見支部に自己破産を申請した。負債総額は約百四十億円。

同社は北見市公設地方卸売市場の運営会社。四月十四日に民事再生法の適用を申請したが、北見市から支援要請を受けた旭一旭川地方卸売市場(同・旭川、中川竹志社長)が出資する新会社「マルキタ」(同・北見)が公設市場の運営業務を引き継いで一日に営業を開始したことなどから、再建を断念した。従業員約百五十人の大半は新会社に採用された。

北見魚菜卸売市場は一九一二年に野付牛魚菜市場として創業。網走管内留辺蘂、置戸両町にも分場を持ち、鮮魚や青果、花卉(かき)などを扱っていた。資本金千八百万円。

北海道新聞夕刊
2003/05/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2003年4月10日 (木)

(株)澤川組[滝川市]

銀行取引停止

土木工事の澤川組(滝川市江部乙町西12丁目3番57号)は3月31日と4月10日、北門信金江部乙支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約2億1000万円。

受注単価の下落から収益面は低調な推移を余儀なくされ、資金繰りは苦しい状態が続き、近年は市中金融の利用も恒常化していた。

東京商工リサーチ
2003/04/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)丸協[中標津町]

特別清算開始申し立て

建材・家具・建具販売の丸協(標津郡中標津町東2条南6丁目1番地)は4月10日、釧路地裁根室支部に特別清算を申し立てた。負債総額は約6億円。

建設市況の低迷から低調に推移し年商は落ち込みジリ貧となり、また前経理担当者による不正経理処理が発覚し、損益修正損を計上したことで財務面は一気に悪化。以降も営業力が大幅に低下するなど厳しい経営環境が続き、事業継続を断念し今度の事態となった。

東京商工リサーチ
2003/04/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

青葉建設(株)[札幌市]

青葉建設が自己破産 負債23億円

土木・建築工事の青葉建設(本社・札幌)は十日までに、札幌地裁に自己破産を申請し、同日午前、破産宣告を受けた。民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると負債総額は約二十三億円。

同社は一九七五年に創業、公共工事受注のほか小樽市内で宅地造成なども手がけたが、公共事業削減や景気低迷による分譲住宅の販売不振で業績が悪化。二〇〇二年三月期の売上高は十五億八千万円と、ピーク時(九五年三月期)の約三割にまで落ち込んだ。

北海道新聞夕刊
2003/04/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/

青葉建設株式会社に対する債権の取立不能のおそれに関するお知らせ(1896 大林道路)

2003年4月 9日 (水)

(株)モードサンユウ[札幌市]

再生手続開始(平成15年(再)第6号)

(株)モードサンユウ(札幌市東区北6条東5丁目1番地4)は4月9日、札幌地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成15年4月30日まで、一般調査期間は平成15年5月28日から平成15年6月11日まで。

2003/04/23
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

北海道振興(株)/振興サービス(株)[札幌市|札証 8837]

道振興が再生法申請 負債総額は346億円 バブル期投資響く

札幌・ススキノを中心に「グリーンビル」「グリーンホテル」を展開する不動産賃貸・ホテル道内大手の北海道振興(本社・札幌)は九日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し同日手続きの開始決定を受けた。負債総額は約三百四十六億円。久末聖治社長は札幌市内で会見し「バブル期の巨額投資が現在まで財務内容を圧迫した」と破たん理由を述べた。

建物管理を行う子会社・振興サービス(同)も同日、民事再生法手続き開始決定を受けた。負債総額は約十一億円。

北海道振興の従業員は二百三十人。札幌市内十二カ所の賃貸ビルのほか、同市内四カ所のグリーンホテルと桧山管内奥尻町、後志管内倶知安町、十勝管内幕別町、網走管内佐呂間町にあるホテルは営業を継続する。

橋本昭夫弁護士によると、(1)約二百九十億円に上る金融機関の債権カット(2)資本金約十五億円の全額減資(3)ススキノ地区の営業強化と不採算ホテルの整理―を盛り込んだ再生計画案を七月中旬までに同地裁に提出する。主力行の北洋銀行や取引先から出資を募り、久末社長らは退陣する。

同社は一九四九年にせっけん原料油製造の北海道化成として設立。五九年に社名変更し飲食店ビル管理業に進出。七三年には札証に上場した。

だが、八九年に八十五億円をつぎ込んだ函館のテーマパーク建設計画が頓挫しリゾートホテルが苦戦。二〇〇二年三月期は売上高六十七億円、経常赤字一億三千万円だった。保有資産の時価評価の結果、昨年十二月には約百七十億円の債務超過に陥っていた。

北海道新聞
2003/04/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)佐川呉服店[森町]

破産宣告(平成15年(フ)第203号)

(有)佐川呉服店(茅部郡森町字御幸町111番地1)は4月9日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は和根崎直樹弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成15年5月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年6月24日午後1時30分。

2003/04/22
http://kanpou.npb.go.jp/

2003年4月 8日 (火)

空知観光バス(株)[芦別市]

破産宣告(平成15年(フ)第99号)

空知観光バス(株)(芦別市上芦別町56番地67)は4月8日、札幌地裁滝川支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は丸山健弁護士(滝川市)。

債権届出の期間は平成15年6月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年7月8日午後1時30分。

2003/04/28
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所滝川支部)

(有)北信商事[札幌市]

銀行取引停止

クリーニング用洗剤・副材販売の北信商事(札幌市豊平区平岸4条2丁目5番25号)は4月7日と8日、北洋銀西線支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

大手チェーンの増加などにより取引先は減少傾向をたどっていた。

東京商工リサーチ
2003/05/12
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)テレウィズ[札幌市]

銀行取引停止

携帯電話・有機肥料販売のテレウィズ(札幌市北区拓北6条3丁目1番29号)は4月7日と8日、札幌信金幌北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2003/05/05
http:/www.tsr-net.co.jp/

北国運輸(株)[釧路市]

銀行取引停止

運送の北国運輸(釧路市大楽毛185番地1)は4月7日と8日、釧路信組大楽毛支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6億円。

ここ数年は同業他社との競合が激しく、受注単価の低迷など厳しい展開を強いられ、大幅な受注減となっていた。この間に焦げ付きの散発や単価安から利幅が低下するなど資金繰りは多忙であった。

東京商工リサーチ
2003/04/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

濱屋水産(株)・恵久漁業(株)[根室市]/浜屋冷蔵(株)[釧路市]

浜屋水産に破産宣告 負債215億円 グループ2社も

【釧路】釧路地裁は八日、農林中央金庫札幌支店が第三者破産を申請していた浜屋水産(本社・根室)とグループ二社に破産を宣告した。三社の負債総額は約二百十五億円。浜屋水産の負債額は約百四十億円で、帝国データバンク釧路支店によると、道内の漁業会社の倒産としては、一九八八年に自己破産した北海道漁業公社(同・札幌)の負債額百三十八億円を上回り、過去最大規模。

破産宣告を受けた他の二社は浜屋冷蔵(同・釧路市)と恵久漁業(同・根室)。破産管財人には稲沢優弁護士(釧路市)が選任された。同じグループの日幸漁業(本社・日高管内浦河町)も同日までに札幌地裁から破産宣告を受けた。負債額は約一億七千万円。

浜屋水産は一九五八年の設立で、スケソウ漁などを手がけ、最盛期には四社合計で年間百五十億円の売り上げがあった。しかし、漁獲量の減少で経営が悪化。四社の漁業権や営業権を売却した上で、今年一月に四社の解散を決議していた。解散まで浜屋水産の社長を務めていた浜屋久氏は八日、北海道新聞の取材に対し「一月の解散は、債務返済の見通しが立たなくなり、苦渋の決断だった。今後については破産管財人に委ねたい」と述べた。

北海道新聞
2003/04/09
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
浜屋水産破産宣告 地元関係者に衝撃 「北洋漁業の終えん象徴」
【写真説明】破産宣告を受けた浜屋水産の釧路支社=釧路市寿3丁目 掲載 2003/04/09

 

2003年4月 7日 (月)

(株)ニッポー・エーシージー/日邦商事(株)/日邦興業(株)[札幌市]

日邦建設工業関連3社自己破産

健康ランド経営のニッポーエーシージー(本社・札幌)、建設工事業の日邦商事(同)、不動産業の日邦興業(同)の三社は、七日までに札幌地裁に自己破産を申請し、破産宣告を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は三社計約四十二億三千八百五十万円。

同支店によると、三社は、今月三日、同地裁に民事再生法の適用を申請した道内土木・建築中堅の日邦建設工業(同)の関連会社。同社の民事再生法申請に伴って、資金調達などが困難となった。

北海道新聞
2003/04/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)斉藤土木[札幌市]

銀行取引停止

土木工事の斉藤土木(札幌市豊平区西岡5条12丁目12番22号)は3月31日と4月7日、道銀西岡支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2003/05/05
http:/www.tsr-net.co.jp/

2003年4月 4日 (金)

今井木材商事(株)[旭川市]

銀行取引停止

製材・素材販売の今井木材商事(旭川市東光1条2丁目2番9号)は3月31日と4月4日、北洋銀旭川中央支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2000万円。

建築不況に加え家具製造業者の倒産廃業なども重なって減収傾向に転じ、その後もジリ貧状態が続いて2期連続の赤字決算となった。さらに平成14年2月、丸利光栄木材産業に不良債権が発生したことに加え、大口販売先がなくなったことで資金繰りが悪化していた。

東京商工リサーチ
2003/04/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

2003年4月 3日 (木)

日邦建設工業(株)[札幌市]

日邦建設工業 再生法を申請 負債54億円

道内土木、建築中堅の日邦建設工業(本社・札幌)は三日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、四日、同地裁から財産保全命令を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は関連会社三社の保証債務を含めて約五十四億円。

日邦建設工業は一九五五年設立。公共工事を中心に関連会社で健康ランド経営や不動産業を手掛け、売上高はピーク時(九三年三月期)で八十七億千二百万円あったが、公共工事の削減に関連会社への貸付金約十七億円の回収不能も重なり、経営が行き詰まった。

北海道新聞
2003/04/05
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)札幌アカシアロード[札幌市]

銀行取引停止

食料品販売の札幌アカシアロード(札幌市東区北8条東6丁目25番地)は4月2日と3日、北洋銀光星支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2003/05/12
http:/www.tsr-net.co.jp/

武石建設(株)[小樽市]

破産宣告(平成15年(フ)第91号)

武石建設(株)(小樽市潮見台1丁目1番21号)は4月3日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は古屋敏彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成15年5月16日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年6月11日午後1時30分。

2003/04/16
http://kanpou.npb.go.jp/

ふじ電設(株)[北見市]

破産宣告(平成15年(フ)第100号)

ふじ電設(株)(北見市常盤町2丁目3番7号)は4月3日、釧路地裁北見支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は永井哲男弁護士(北見市)。

債権届出期間は平成15年5月6日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成15年7月9日午後1時30分。

2003/04/05
釧路地方裁判所北見支部

2003年4月 2日 (水)

(有)オートショップ共栄[札幌市]

銀行取引停止

タイヤ・ホイール・中古車販売のオートショップ共栄(札幌市東区丘珠町203番地1)は3月31日と4月2日、北陸銀行麻生支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7700万円。

近年は専門大型店の出店などからジリ貧推移で、欠損を計上していた。

東京商工リサーチ
2003/04/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)中村建設[芦別市]

銀行取引停止

土木工事の中村建設(芦別市北3条西2丁目8番地)は3月31日と4月2日、北門信金芦別支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8300万円(平成14年8月期)とみられるが簿外債務もあるもよう。

最近は工事量が総体的に減少した影響で減収を余儀なくされ、収益面は辛うじて黒字を確保していたが、余力に乏しかったことから余裕のない資金繰りを強いられ、市中金融の利用で凌いでいた。

東京商工リサーチ
2003/04/14
http:/www.tsr-net.co.jp/

2003年4月 1日 (火)

札樽自動車販売(株)[札幌市]

弁護士一任

中古車・新車販売の札樽自動車販売(札幌市東区北40条東19丁目1番10号)は3月31日と4月1日、北陸銀行苗穂支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約1億3000万円。

従来より収益性は低く慢性的な資金不足の状態にあり、営業マンの削減などで内部体制の立て直しを図っていたものの支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2003/04/21
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)函館コンピューターシステム[函館市]

破産宣告(平成15年(フ)第5458号)

(株)函館コンピューターシステム(函館市若松町2番5号)は4月1日、東京地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は安部隆弁護士(東京都千代田区)。

債権届出の期間は平成15年4月30日まで、第1回債権者集会・債権調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成15年7月3日午後1時30分。

2003/04/18
http://kanpou.npb.go.jp/

« 2003年3月 | トップページ | 2003年5月 »