« アイ・シー実業(株)[札幌市] | トップページ | ノザワ工業(株)[札幌市] »

2002年11月25日 (月)

(有)早田牧場/(株)セントラル・ブラッドストック・サービス[静内町]

ナリタブライアンを生産 早田牧場が破産 関連の2社も 負債計58億円

【新冠、静内】三冠馬ナリタブライアンを生産した日高管内新冠町の名門軽種馬牧場「農事組合法人資生園早田牧場」が、資金繰りに行き詰まり札幌地裁に自己破産を申請、二十五日に破産宣告を受けた。申し立て代理人の山崎昌彦弁護士によると、関連二社を合わせた三社の負債総額は約五十八億円に上る。

同牧場のほかに破産宣告を受けたのは、軽種馬の種付け権利を管理している株式会社セントラル・ブラッドストック・サービス(CBサービス)と有限会社早田牧場で、いずれも同管内静内町に本社がある。CBサービスは、ナリタブライアンの父で、日本有数の種牡馬・ブライアンズタイムの管理も行っている。

負債額は、資生園が約五十億五千万円、CBサービス約四億九千万円、有限会社が約二億六千万円。債権者は日高信金(本店・同管内浦河町)、静内町、新冠町両農協をはじめ百五十を超すとみられる。

グループ三社は、不況による生産、育成馬の売り上げ低迷などで業績が伸び悩み、二〇〇〇年度から赤字経営が続いていた。従業員は二十人。

資生園早田牧場は一九九四年に皐月(さつき)賞、日本ダービー、菊花賞の三冠を制したナリタブライアンや、菊花賞(九三年)、春の天皇賞(九四年)を制したビワハヤヒデを輩出。主事務所は福島県桑折(こおり)町に置いているが、新冠町を中心として五カ所に支場や分場を持ち、二百頭余りを管理、所有している。関係者によると、同牧場は明治時代に福島県で創立した名門。七〇年代、北海道へ進出した。

北海道新聞
2002/11/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
早田牧場破産 驚き隠せぬ馬産地 厳しい軽種馬不況象徴 新冠
【写真説明】新冠町明和の早田牧場。軽種馬不況は名門牧場も巻き込んだ=26日午後 掲載 2002/11/27

 

« アイ・シー実業(株)[札幌市] | トップページ | ノザワ工業(株)[札幌市] »

07 日高」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/34191495

この記事へのトラックバック一覧です: (有)早田牧場/(株)セントラル・ブラッドストック・サービス[静内町]:

« アイ・シー実業(株)[札幌市] | トップページ | ノザワ工業(株)[札幌市] »