« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »

2002年6月

2002年6月27日 (木)

松本建設(株)[北広島市]

松本建設に破産宣告

松本建設(本社・北広島、本店・札幌)は、二十六日に札幌地裁に自己破産を申請し、二十七日、同地裁から破産宣告を受けた。帝国データバンク札幌支店によると、負債額は七億三千百万円程度とみられる。

破産管財人は奥田真与弁護士(札幌市中央区大通西一四ノ一ノ一三、北日本南大通ビル)。債権届け出期間は七月三十日まで。第一回債権者集会は九月六日に予定している。

同社は一九五八年四月創業、六○年二月の設立。札幌市など官公庁のほか大手ゼネコンを受注先として、土木を主体に建築も手掛けてきた。九五年三月期の売上高は十四億八千三百万円程度を計上していたが、二○○一年同期は七億九千三百万円程度まで落ち込み、苦しい資金繰りが続いていたもよう。社長は北広島市建設業協会の前会長。

北海道建設新聞
2002/06/29
http://e-kensin.net/

2002年6月25日 (火)

北海道国際航空(株)[札幌市]

エア・ドゥ、きょう再生法申請 全日空が全面支援へ 運航継続、航空券は有効

経営危機に直面している北海道国際航空(エア・ドゥ、本社・札幌)は二十四日、自主再建を断念し民事再生法の適用を申請する方針を固めた。二十五日に正式決定し、同日午後にも東京地裁に申請する。負債総額は約六十億円。これを受け、エア・ドゥとの包括的な提携交渉を進めていた全日本空輸は運航、整備、営業、資金面などでの全面的な支援策を同日発表する。

スカイマークエアラインズ(東京)とともに格安運賃を掲げて航空業界に新規参入した「道民の翼」は、就航から三年半で事実上破たんし、民事再生法下で再建を目指す。

国内航空会社の同法申請は初めてだが、国土交通省は「安全運航が確保できれば通常通り運航は可能」としている。同社は再生法申請後も運航を続行、既に販売された航空券や回数券などは利用できる。予約業務も通常通り行う予定だ。

エア・ドゥは一九九八年十二月に新千歳−羽田線に就航したが、二十二億円に上る開業費の償却や年間十八億円の空港使用料など固定費が経営を圧迫。加えて、航空大手各社の割引運賃攻勢などで売り上げも伸びず、経営難に陥っていた。

二〇〇〇年十二月、道、札幌市、道内経済界から総額二十五億円の融資や出資を受け、〇一年二月には経営再建のため元道幹部の石子彭培(みちます)氏が社長に就任。同年七月にも道から約二十億円の支援を受けたが、米中枢同時テロによる航空保険料の高騰や、客単価の低迷で収支は悪化を続けた。〇二年三月期決算では、累積赤字が七十五億三百万円に膨らみ約三億円の債務超過に陥っていた。

エア・ドゥは近く、資本金七十一億九千九百万円の減資と道内外の企業による増資、道、札幌市、北洋銀行の計約三十億円の債権カットなどを盛り込んだ再生計画をまとめ、債権者集会で同意を求める。

また、全日空の債務保証で日本政策投資銀行に対し融資をあらためて要請する。運航、整備、企画部門など航空会社経営の中枢には全日空からの人材派遣を求め、共同運航や航空券販売委託などで全面的な支援を受ける方向だ。

北海道新聞
2002/06/25
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2002年6月21日 (金)

(有)クリオネット[網走市]

破産宣告(平成14年(フ)第11号)

(有)クリオネット(網走市南4条東1丁目10番地2)は6月21日、釧路地裁網走支部から破産宣告・破産廃止決定を受けた。

2002/07/15
http://kanpou.npb.go.jp/

2002年6月20日 (木)

原部建設(株)[札幌市]

弁護士一任

土木工事の原部建設(札幌市北区新川3条5丁目8番8号)は6月20日、札幌信金鉄北支店で不渡りを出し事業を停止、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億5000万円。

近年の市況低迷を受けて完工高はジリ貧で推移していた。

東京商工リサーチ
2002/07/22
http:/www.tsr-net.co.jp/

2002年6月19日 (水)

(株)ノジュール[札幌市]

破産宣告(平成14年(フ)第2568号)

(株)ノジュール(札幌市中央区北4条西13丁目1番地2)は6月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は大場佐和子弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年7月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年9月4日午後3時。

2002/07/02
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2002年6月18日 (火)

(株)コマスタジオ[釧路市]

破産宣告(平成14年(フ)第239号)

(株)コマスタジオ(釧路市新橋大通6丁目1番21号)は6月18日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市)。

債権届出期間は平成14年7月31日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年9月4日午後1時30分。

2002/06/20
釧路地方裁判所

2002年6月17日 (月)

(株)春藤建設[紋別市]

破産宣告(平成14年(フ)第344号)

(株)春藤建設(紋別市渚滑町1丁目21番地の2)は6月17日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は竹本康志弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成14年8月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年9月10日午後3時30分。

2002/06/19
旭川地方裁判所民事部破産係

2002年6月14日 (金)

(株)森建設[岩見沢市]

破産宣告(平成14年(フ)第173号)

(株)森建設(岩見沢市中幌向町438番地3)は6月14日、札幌地裁から岩見沢支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は磯田丈弘弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年7月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年8月14日午前10時。

2002/06/28
http://kanpou.npb.go.jp/

白老砂利(株)[白老町]

破産宣告(平成14年(フ)第164号)

白老砂利(株)(白老郡白老町字北吉原547番地)は6月14日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は開本英幸弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年7月15日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年9月6日午後2時30分。

2002/06/27
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部)

2002年6月13日 (木)

(有)北見緑化樹木センター[北見市]

銀行取引停止

造園工事の北見緑化樹木センター(北見市桂町3丁目168番地22)は6月12日と13日、北洋銀北見支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

販売不振と造園工事の減少からジリ貧推移を余儀なくされ、収益面も累積欠損金を抱えていた。このため市中金融の利用により凌いでいたものの、支えられず今事態に至った。

東京商工リサーチ
2002/07/08
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)丸営北海道改修センター[札幌市]

破産宣告(平成14年(フ)第2488号)

(株)丸営北海道改修センター(札幌市白石区菊水8条2丁目1番45号)は6月13日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川正也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年7月16日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年8月22日午後4時。

2002/06/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2002年6月12日 (水)

(有)くりや[帯広市]

破産宣告(平成14年(フ)第157号)

(有)くりや(帯広市西17条北1丁目52番19号)は6月12日、釧路地裁帯広支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は松浦護弁護士(帯広市)。

債権届出の期間は平成14年7月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年8月13日午前10時。

2002/06/25
http://kanpou.npb.go.jp/
(釧路地方裁判所帯広支部破産係)

(株)アキタ[札幌市]

再生手続開始(平成14年(再)第9号)

(株)アキタ(札幌市白石区北郷4条9丁目2番47号)は6月12日、札幌地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成14年7月3日まで、一般調査期間は平成14年7月31日から平成14年8月14日まで。

2002/06/26
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2002年6月11日 (火)

東洋鑿井工業(株)[札幌市]

弁護士一任

さく井工事の東洋鑿井工業(札幌市東区北8条東8丁目2番34号)は6月10日と11日、札幌信金光星支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約3200万円。

近年は設備市況の低迷から売上高は減少、大幅な繰越欠損を抱え余裕のない推移が続いていた。

東京商工リサーチ
2002/07/01
http:/www.tsr-net.co.jp/

2002年6月10日 (月)

平和建設(株)[旭川市]

再生手続開始(平成14年(再)第1号)

平和建設(株)(旭川市豊岡9条7丁目6番15号)は6月10日、旭川地裁から再生手続開始決定を受けた。

再生債権の届出期間は平成14年7月15日まで、一般調査期間は平成14年8月12日から平成14年8月26日まで。

2002/06/28
http://kanpou.npb.go.jp/

(株)橋本建設[札幌市]

弁護士一任

型枠工事の橋本建設(札幌市東区東雁来9条1丁目8番5号)は6月7日と10日、道銀札苗支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約1億8000万円。

受注不振に苦しみ完工高は低迷。収益面も欠損含みで低調な推移を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
2002/07/01
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)松村建設[利尻富士町]

銀行取引停止

土木工事の松村建設(利尻郡利尻富士町鬼脇字鬼脇150番地)は5月10日と6月10日、稚内信金利尻富士支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円(平成13年3月期末時点)。

収益面は低調に推移し、さらに今年に入ってからも受注が減少、1回目の不渡り発生後に取引先に支援を要請したが不調に終わり支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2002/06/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

ニューバイオ産業(株)[函館市]

破産宣告(平成14年(フ)第350号)

ニューバイオ産業(株)(函館市千歳町11番11号)は6月10日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐藤憲一弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成14年7月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年8月14日午後1時30分。

2002/06/24
http://kanpou.npb.go.jp/

2002年6月 6日 (木)

(株)龍八製作所[札幌市]

銀行取引停止

鉄骨工事の龍八製作所(札幌市北区篠路4条4丁目1番12号)は5月10日と6月6日、北門信金篠路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

下請け受注主体で収益面は低調に推移していた。

東京商工リサーチ
2002/07/08
http:/www.tsr-net.co.jp/

2002年6月 5日 (水)

山丁佐々木建設工業(株)[函館市]

銀行取引停止

建築工事の山丁佐々木建設工業(函館市美原5丁目50番12号)は5月20日と6月5日、渡島信金亀田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

在庫となっていた販売用不動産の売れ行きが鈍化し資金の固定化を招いていたところに、売上高が低下するなど、多忙な資金繰りを強いられていた。

東京商工リサーチ
2002/07/01
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)川原カーゴ[旭川市]

銀行取引停止

運送業の川原カーゴ(旭川市東旭川北3条6丁目3番19号)は5月27日と6月5日、札銀永山支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

後発ということもあり安定した受注基盤を確保できず、さらに同業他社との競合から受注単価安で資金面も多忙に推移していた。

東京商工リサーチ
2002/06/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)智祥エンジニアリング[札幌市]

弁護士一任

設計測量の智祥エンジニアリング(札幌市北区北37条西4丁目3番12号)は5月31日と6月5日、道銀札幌駅北口支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約4500万円。

従来より収益性は低く資金面は余裕のない推移が続いており、今期に入って受注も伸び悩み支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2002/06/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

日本孔版印刷(株)[旭川市]

弁護士一任

標識・看板製造販売の日本孔版印刷(旭川市永山町10丁目65番地15)は6月5日と6日、北洋銀旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約4500万円(平成14年2月期決算時点)。

収益面は厳しく余裕のない資金繰りを強いられ、かろうじて黒字経営を維持するのが精一杯の厳しい状況となっていた。さらにハラダ総業に焦げ付きが発生し、手形決済の目処が立たなくなった。

東京商工リサーチ
2002/06/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)栗虫組[札幌市]

札幌の栗虫組 営業を停止 負債約10億円

土木、建築工事の栗虫組(本社・札幌、従業員二十二人)は五日、一回目の不渡り手形を出し、営業を停止した。事後処理を札幌の高橋司弁護士に一任し、近く自己破産の申し立てを行う方針。東京商工リサーチ北海道支社によると、負債総額は約十億円。

同社は一九五五年設立。官庁中心の土木工事受注が主体で、九五年に二十六億六千万円の完成工事高を上げたが、ここ数年は減収が続いていた。グループ会社への債務保証も重荷になった。

北海道新聞
2002/06/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2002年6月 3日 (月)

北都リース(株)[札幌市]

北都リース特別清算 負債70億円 事業拡大の負担重く

道内独立系リース、不動産賃貸の北都リース(本社・札幌)は三日までに、事業の継続を断念し、札幌地裁に特別清算を申請した。負債総額は七十億円以上とみられる。

同社は一九八一年、不動産開発、タクシー会社など経営の小林企業グループのリース部門として発足。主力の自動車リースのほか、九九年、イトーヨーカドー旭川店と大型ショッピングセンター「アクロス北見」の土地・建物を購入し、不動産賃貸も手がけていた。北洋銀行が主力行で、同年、北都リースの発行済み株式の三%を取得した。

売上高のピークは二〇〇一年三月期の約四十億円だったが、バブル期の不動産担保融資など事業拡大に伴う資金負担から実質的には経営内容は悪化しており、今年三月には自動車リース債権など約百億円を北洋銀の子会社に売却して、負債を圧縮。ショッピングセンターの土地・建物も、同行の子会社の交洋不動産に約六十億円で売却した。

北都リースの特別清算申請により、北洋銀は三日、同リース向け債権六十八億七千九百万円が取り立て不能の恐れが出たと発表した。同行は〇二年三月期で全額引き当て済みで、業績への影響はないとしている。

北海道新聞
2002/06/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)アイエムエフ[札幌市]

破産宣告(平成14年(フ)第2319号)

(株)アイエムエフ(札幌市東区北22条東7丁目1番37号)は6月3日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は樋川恒一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年7月3日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年8月6日午後2時。

2002/06/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)八千代ビル[札幌市]

銀行取引停止

喫茶店ほかの八千代ビル(札幌市中央区南14条西12丁目2番37号)は5月30日と6月3日、石狩中央信金札幌支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2002/07/08
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)岡音[旭川市]

銀行取引停止

食品仕出し・弁当製造販売の岡音(旭川市東旭川町旭正223番地)は5月31日と6月3日、旭川信金東旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億6000万円。

業績低迷が続き累積欠損を内包するなど資金面に余裕はなく、さらに平成13年10月には道内資本の大手スーパーとの取引がなくなるなど業績低下に歯止めがかからず、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2002/06/10
http:/www.tsr-net.co.jp/

札幌冷食(株)[札幌市]

破産宣告(平成14年(フ)第1955号)

札幌冷食(株)(札幌市手稲区星置2条7丁目5番1号)は6月3日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は難波徹基弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年6月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年7月24日午後2時。

2002/06/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »