« 2002年3月 | トップページ | 2002年5月 »

2002年4月

2002年4月30日 (火)

(株)ハラダ総業[札幌市]

ハラダ総業も破産を申請へ

建設用資材販売、建設機械レンタルのハラダ総業(本社・札幌)は三十日、営業継続を断念し、事後処理を弁護士に一任した。近く札幌地裁に自己破産を申請する見込み。帝国データバンク札幌支店によると、従業員四十二人で負債総額は約二十億円。

同社は一九三三年に留萌市で創業。七八年に現在の名称に変更し、留萌管内のほか札幌、旭川などに営業所を設け、鉄鋼・建設用石材販売、機械リースを手がけた。

九五年度の売上高は六十億四千八百万円だったが、建設需要低迷で受注が伸びず、二〇〇〇年度には約四十三億円まで落ち込んでいた。

北海道新聞
2002/05/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(協)そうご電器チェーン[札幌市]

破産宣告(平成14年(フ)第1770号)

(協)そうご電器チェーン(札幌市中央区大通西3丁目11番地)は4月30日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は砂子章彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年6月3日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年7月3日午後1時30分。

2002/05/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)札幌三興アセッツ[札幌市]

レイトンニセコ、釧路 札幌三興アセッツ破産

釧路やニセコでホテルを経営する札幌三興アセッツ(本社・札幌)は三十日、札幌地裁に自己破産を申請した。負債総額は約四十六億円。

東京商工リサーチなどによると、同社は一九八〇年に設立されたホテル運営、不動産会社。全国でリゾートホテルやゴルフ場などを展開し「レイトングループ」を形成していた泰建産業(同・東京、九九年に自己破産)から九四年、ホテルレイトンニセコ(後志管内ニセコ町、七十六室)とホテルレイトン釧路(釧路市、六十二室)を買い取り、運営していた。

しかし、両ホテル引き継ぎに際して約三十五億円の債務も継承したため、返済が経営を圧迫した。九七年の拓銀破たん以降、借入金は整理回収機構(RCC)に移管したが、ホテルの稼働率も低迷し、二〇〇〇年度の売上高は約八億円にとどまっていた。

二つのホテルは二十九日の営業を最後に閉鎖。ニセコ五十六人、釧路二十八人の従業員は同日解雇された。

北海道新聞
2002/05/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)だるま屋[函館市]

弁護士一任

水産物販売のだるま屋(函館市本通2丁目34番8号)は4月22日と30日、道銀亀田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約3000万円。

日乃出町の本社工場でイカ製品の加工を手掛けていたが、平成12年に本社工場が全焼、現在地に移転しその後は店頭での惣菜品販売業に転換したが、売上高は大幅に落ち込んでいた。収益面も赤字決算から累積赤字を内包し、資金繰りも厳しい状態にあった。

東京商工リサーチ
2002/05/27
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)向井建材[上富良野町]

銀行取引停止

建材販売の向井建材(空知郡上富良野町錦町1丁目4番6号)は4月15日と30日、旭川信金上富良野支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3800万円。

近年は競合や住宅新築の減少などで売り上げは低迷し採算性も悪化、過去の焦げ付き発生もあり繰越欠損を抱え体力的には弱体化していた。このため資金繰りの不安から一部仕入先が商品を引き揚げ、こうした信用不安も重なっていた。

東京商工リサーチ
2002/05/27
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)日本都市設計事務所[稚内市]

銀行取引停止

建築工事の日本都市設計事務所(稚内市こまどり1丁目14番7号)は3月30日と4月30日、道銀稚内支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6000万円(平成13年3月期時点)。

受注単価が厳しいことに加え、11年12月に不良債権が発生、その一部を償却したことで赤字を計上した。このため資金繰りは大幅に悪化、1回目の不渡りを出したが関係筋の協力を得て乗り切ってきた。しかし対外信用は失墜し完工高は減少、その後も受注面は回復せず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
2002/05/27
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)サッソン建設[札幌市]

銀行取引停止

型枠大工工事のサッソン建設(札幌市北区篠路町拓北40番地35)は4月1日と30日、札幌信金新琴似支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

4月3日に破産宣告を受けた札樽建設工業のグループ企業。下請けを主体に稼働していた。

東京商工リサーチ
2002/05/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)玉川建設[帯広市]

内整理

土木工事の玉川建設(帯広市東12条南6丁目2番地)は4月30日、道銀帯広支店で1回目の不渡りを出し事務所を閉鎖、債権者各位へ内整理する旨の通達を行った。負債総額は約7000万円。

近年は公共工事の減少から完工高は低迷、収益性は同業他社との競合などから妙味に欠ける推移をたどっていた。今期に入ってさらに受注低迷を余儀なくされ事業継続を断念し今度の事態となった。

東京商工リサーチ
2002/05/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

2002年4月26日 (金)

新総合設備(株)[札幌市]

銀行取引停止

管工事の新総合設備(札幌市白石区菊水元町6条1丁目1番27号)は4月10日と26日、札幌信金本店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

空調設備工事を主体に大型物件も手掛けていたが、近年は保守メンテナンスを中心にしていた。

東京商工リサーチ
2002/06/03
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)車横丁[札幌市]

破産宣告(平成14年(フ)第1667号)

(有)車横丁(札幌市手稲区曙6条2丁目2番8号)は4月26日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小笠原至弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年5月27日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年6月27日午後3時。

2002/05/14
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

雪印食品(株)[札幌市|東証2部 2287]

雪印食品が解散決議 札幌で株主総会 社長「断腸の思い」

偽装牛肉事件で業績が悪化し事業継続を断念した雪印食品(本社・東京、登記上の本店・札幌)は二十六日午前十時半から臨時株主総会を札幌市中央区北三西一の札幌全日空ホテルで開き、三十日に会社を解散することを決議した。一九五〇年の設立から半世紀の歴史に幕を降ろす。五月一日からは清算会社に移行し、残る事業や工場などの売却、従業員の再就職のあっせんなどを行う。

同社の株主は親会社の雪印乳業、メーンバンクの農林中央金庫などの法人のほか、個人株主が全国に約三千二百人。会場のホテル三階は株主や会社関係者以外は立ち入り禁止。株主らは一様に硬い表情で会場に入った。

総会に出席し株主は八十八人。冒頭、岩瀬弘士郎社長は「今回の事件で皆さまに多大なご迷惑をかけ、深くおわびします。再建の見通しが立たず、断腸の思いで解散を決めました」と陳謝。同社の債務超過額が約百三十億円、負債総額も約三百十億円に達することなどを明らかにした。

総会では最初の議案の解散を賛成多数で可決した後、岩瀬社長ら取締役六人を清算人に選任、清算人の報酬額を決めた。同社の労働組合員を含む株主からは清算人の報酬減額などの五件の動議が出されたが、議案はすべて原案通り可決、このほか経営責任の追及など約三十件の厳しい質問が相次いだ。総会は二時間三分で終了した。

雪印食品は、牛海綿状脳症(BSE)対策の国の牛肉買い取り制度を悪用、輸入牛肉を国産と偽って買い取りを申請し、不当に利益を得ていたことが一月下旬に発覚。信用低下による業績悪化に歯止めがかからず、二月の取締役会で解散を決定した。

北海道新聞
2002/04/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2002年4月25日 (木)

(株)横野設備[当麻町]

内整理

管・冷暖房設備工事の横野設備(上川郡当麻町3条東3丁目1番24号)は4月25日、札銀当麻支店で1回目の不渡りを出すと同時に事業停止して内整理を決定した。負債総額は約2500万円。

住宅建築の減少にともなって受注量は減少、収益面も悪化して連続した赤字決算を強いられるなど、厳しい経営が続いていた。

東京商工リサーチ
2002/05/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)アイリス[伊達市]

銀行取引停止

インテリア用品販売・内装仕上工事のアイリス(伊達市網代町21番地)は4月18日と25日、北洋銀伊達支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

近年は住宅新築の需要減に伴い工事部門が低調に推移、また一般消費の減退によって販売部門もジリ貧となり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
2002/05/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)片山[伊達市]

銀行取引停止

靴・スポーツ用品販売の片山(伊達市網代町11番地)は4月22日と25日、北洋銀伊達支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億6000万円。

長引く不況や大型量販店との販売競争激化に伴い、業績は連続減収を余儀なくされ、自社での経営を断念。主力仕入先に店舗不動産を賃貸し同社が直営店として営業を継続したが、資金繰りに行き詰まった。

東京商工リサーチ
2002/05/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

長濱興業(有)[帯広市]

銀行取引停止

土木工事の長濱興業(帯広市西16条北2丁目3番11号)は4月23日と25日、北陸銀行帯広支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億8000万円。

収益性は受注単価に恵まれず妙味ない推移をたどっていた。その間、平成12年3月に倒産した島崎工業に焦げ付くなど資金繰りは逼迫、今期も受注低迷を余儀なくされ今度の事態となった。

東京商工リサーチ
2002/05/06
http:/www.tsr-net.co.jp/

2002年4月23日 (火)

(株)アオイ熱学[旭川市]

破産宣告(平成14年(フ)第211号)

(株)アオイ熱学(旭川市東鷹栖4線10号7番地3)は4月23日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は富川泰志弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成14年5月31日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年7月2日午後3時30分。

2002/04/26
旭川地方裁判所民事部破産係

(株)宣英[札幌市]

銀行取引停止

携帯電話販売の宣英(札幌市中央区南9条西3丁目2番5号)は4月22日と23日、道銀篠路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2002/05/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

2002年4月22日 (月)

太陽コンクリート(株)[富良野市]

破産宣告(平成14年(フ)第134号)

太陽コンクリート(株)(富良野市字山部市街地)は4月22日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は成川毅弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成14年6月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年8月6日午後3時。

2002/04/23
旭川地方裁判所民事部破産係

2002年4月19日 (金)

丸壽実花美水産(株)[釧路市]

銀行取引停止

水産加工の丸壽実花美水産(釧路市興津5丁目23番14号)は4月15日と19日、北陸銀行釧路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

決算上は若干の黒字を計上していたものの実質は赤字経営が続いていたもようで、資金面は圧迫されていた。今年に入り市中金融からの借り入れで急場を凌いでいたものの、支え切れず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2002/05/06
http:/www.tsr-net.co.jp/

管建工業(株)[札幌市]

破産宣告(平成14年(フ)第1555号)

管建工業(株)(札幌市豊平区西岡4条8丁目8番8号)は4月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は岸田洋輔弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年5月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年6月24日午前11時。

2002/05/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

丸善興和建設(株)[札幌市]

破産宣告(平成14年(フ)第1524号)

丸善興和建設(株)(札幌市豊平区福住1条1丁目8番6号)は4月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は新川生馬弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年5月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年7月15日午後1時30分。

2002/05/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2002年4月16日 (火)

(有)パオ[音更町]

弁護士一任

建築工事のパオ(河東郡音更町字音更西2線53番地)は4月15日と16日、北見信金帯広支店で不渡りを出し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約1億1000万円。

住宅需要の低迷から完工高は落ち込み、収益面も同業他社との競合から妙味に欠け、取引先からの支援を受けるなど凌いでいたが、受注回復に至らず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
2002/04/29
http:/www.tsr-net.co.jp/

2002年4月15日 (月)

(有)ウッドクラフト[厚田村]

破産宣告(平成14年(フ)第1421号)

(有)ウッドクラフト(厚田郡厚田村大字望来村字フラトマリ389番387)は4月15日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は永淵慎弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年5月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年6月18日午後1時30分。

2002/04/30
http://kanpou.npb.go.jp/

北建工業(株)[千歳市]

弁護士一任

建築・防音工事の北建工業(千歳市住吉5丁目1番12号)は4月15日、事務所を閉鎖し事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約2億1000万円。

市況低迷から受注面は低下し、この間銀行借り入れも増加し借り入れ過多の状態で、12月には債権者集会を開き、取引先の支援を要請していた。

東京商工リサーチ
2002/04/29
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)山鉄設備工業所[旭川市]

銀行取引停止

管工事・水道施設工事の山鉄設備工業所(旭川市豊岡7条6丁目3番5号)は4月5日と15日、紋別信金四条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約10億円。

不況下で売上高は低下し、収益性も低く資金力に乏しい状態であった。さらに、資金援助を行っていた北海道エッチ・エス技研工業が倒産、多額の不良債権が発生したため資金繰りは悪化し厳しい状況となっていた。1回目の不渡り後、一部の仕入先が在庫を引き揚げたこともあり営業停止に追い込まれた。

東京商工リサーチ
2002/04/22
http:/www.tsr-net.co.jp/

2002年4月10日 (水)

(有)テクノライン[札幌市]

銀行取引停止

遊戯機器販売のテクノライン(札幌市東区東雁来3条1丁目4番7号)は3月11日と4月10日、北洋銀札苗南支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

東京商工リサーチ
2002/05/13
http:/www.tsr-net.co.jp/

丸利光栄木材産業(株)[札幌市]

銀行取引停止

木材販売の丸利光栄木材産業(札幌市白石区川北2270番地9)は3月11日と4月10日、石狩中央信金菊水支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億5000万円。

不良債権の発生と借り入れ負担が重荷となり財務内容が悪化、資金調達も限界に達していた。

東京商工リサーチ
2002/05/06
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)雄設計[釧路市]

銀行取引停止

建設工事の雄設計(釧路市新富町6番20号)は2月28日と4月10日、釧路信金愛国支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

住宅建築工事部門は近年の建設市況低迷の影響から一進一退の推移となっていた。加えて財務面は過小資本なこともあり資金繰りは逼迫した状態にあった。

東京商工リサーチ
2002/04/22
http:/www.tsr-net.co.jp/

齋藤コンクリート(株)[旭川市]

弁護士一任

コンクリート製品製造の齋藤コンクリート(旭川市西神楽南1条1丁目140番地3)は4月5日と10日、旭川信金豊岡支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約2億円。

最近は同業者との競合や建設業の不振により業績は伸び悩んでいた。債権者集会が行われ、任意整理が行われることが決まった。

東京商工リサーチ
2002/04/22
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)三装[札幌市]

弁護士一任

カーテン・インテリア小物販売の三装(札幌市中央区北6条西20丁目2番23号)は3月11日と4月10日、北洋銀円山支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約2億9000万円。

近年は海外製品との競合や消費低迷により販売不振に陥り売上高は低迷、売り上げは回復せず余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2002/04/22
http:/www.tsr-net.co.jp/

2002年4月 9日 (火)

(株)丸マ青沼水産[八雲町]

八雲の青沼水産 自己破産申請へ

【八雲】水産物卸売業の青沼水産(本社・渡島管内八雲町)は九日までに営業継続を断念し、弁護士に一任した。近く函館地裁に自己破産を申請する見込み。帝国データバンク函館支店によると、従業員十一人で負債総額は約十一億円。

同支店と東京商工リサーチ函館支店によると、同社は一九四五年創業で七二年に法人改組。ホタテやスケソウダラなどを手がけ、九〇年には桧山管内北桧山町にホタテの加工場を建設、九六年八月期には三十六億三千万円の売り上げがあった。

しかし、市況の低迷や不良在庫が経営を圧迫し、二〇〇一年八月期の売り上げは十三億四千万円まで落ち込み赤字決算となっていた。

北海道新聞
2002/04/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(資)桶谷鉄工所[釧路市]

弁護士一任

機械器具設置工事の桶谷鉄工所(釧路市知人町2番33号)は4月8日と9日、釧路信組本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約7000万円。

ここ数年も市況の低迷から売り上げはジリ貧に推移し、資金面は逼迫していた。業績の悪化から銀行筋の支援も限界となり市中金融からの借り入れで凌いできたが、ここに来て支え切れず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2002/04/22
http:/www.tsr-net.co.jp/

2002年4月 5日 (金)

千代田電気暖房(株)[札幌市]

破産宣告(平成14年(フ)第1287号)

千代田電気暖房(株)(札幌市中央区北2条西25丁目2番1号)は4月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は橋本智弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年5月7日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年6月17日午前11時。

2002/04/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

北栄工業(株)[千歳市]

銀行取引停止

管工事の北栄工業(千歳市北斗4丁目13番18号)は3月5日と4月5日、北洋銀千歳支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

市況低迷による受注減少から完工高が減少、加えて平成9年2月に本社を新築した際の金融借入や、13年に得意先の倒産が相次いだ事による焦げ付き補填等から、多忙な資金繰りを余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
2002/04/22
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)清水鉄工所[小樽市]

弁護士一任

機械製作・修理の清水鉄工所(小樽市長橋3丁目1番26号)は4月5日に事務所を閉鎖、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約5億円。

得意先数社に傾注した受注状況から業績面には変動が見られ、民間設備投資の減少から収益面も欠損含みの低調な推移であった。その後も受注の回復はなく業績不振に陥り、今後の資金繰りが困難となり今回の事態となった。

東京商工リサーチ
2002/04/15
http:/www.tsr-net.co.jp/

賀集産業(株)[静内町]

静内の賀集産業が民事再生法申請 負債総額25億円

【静内】木材商社の賀集産業(本社・日高管内静内町、資本金七千万円)は五日までに札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、同地裁から財産保全命令を受けた。東京商工リサーチ苫小牧支店の調べでは、負債総額は約二十五億円。

同支店によると、賀集産業は一九二六年創業の老舗で、従業員数は二十六人。九二年三月期から五年連続の欠損を計上して債務超過に陥っていた。このため、金融債務の棚上げなどで経営再建を進めたが、業績は回復しなかった。

北海道新聞
2002/04/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2002年4月 3日 (水)

(有)田子作[札幌市]

弁護士一任

仕出し料理・弁当製造の田子作(札幌市白石区菊水元町4条2丁目4番1号)は4月2日と3日、札幌中央信組南郷支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約9200万円。

同業者との競合もあり業績はジリ貧状態で、売上高は落ち込み資金調達も限界に達していた。

東京商工リサーチ
2002/04/29
http:/www.tsr-net.co.jp/

多加運輸(有)[釧路市]

銀行取引停止

運送業の多加運輸(釧路市鶴野58番地2070、登記上=釧路市星が浦北3丁目3番6号)は4月1日と3日、釧路信組西港支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

釧路管内の全般的な市況低迷による影響から、業績は落ち込んでいた。

東京商工リサーチ
2002/04/22
http:/www.tsr-net.co.jp/

札樽建設工業(株)[札幌市]

破産宣告

型枠・とび土工工事の札樽建設工業(札幌市北区屯田9条1丁目9番12号)は4月3日、札幌地裁から破産宣告を受けた。破産管財人は山下史生弁護士。負債総額は約1億円。

近年は物件自体の減少もあり伸び悩みの推移が続き、収益面も欠損含みで低調な推移にあり、大幅な繰越欠損を抱え余裕のない運営が続いていた。

東京商工リサーチ
2002/04/15
http:/www.tsr-net.co.jp/

2002年4月 2日 (火)

(株)工慶社[札幌市]

破産宣告(平成14年(フ)第1231号)

(株)工慶社(札幌市西区発寒7条12丁目3番25号)は4月2日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小田勝弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年5月2日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年6月20日午後3時。

2002/04/16
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)協立商事[美唄市]

破産宣告(平成14年(フ)第80号)

(有)協立商事(美唄市西3条南2丁目4番22号)は4月2日、札幌地裁岩見沢支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は大川哲也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成14年4月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成14年5月31日午後2時30分。

2002/04/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所岩見沢支部)

2002年4月 1日 (月)

(株)日本地場産業[札幌市]

銀行取引停止

各種ヒーター製造販売の日本地場産業(札幌市東区丘珠町167番地)は3月12日と4月1日、道銀本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

独自で開発した面状ヒーターの製造販売を主体としていた。

東京商工リサーチ
2002/05/06
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)岡崎硝子店[岩内町]

銀行取引停止

建築工事の岡崎硝子店(岩内郡岩内町字万代25番地7)は2月28日と4月1日、小樽信金岩内支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9000万円。

市況の低迷からここ数年の売上高は減少し、平成14年2月期は回復していたものの、採算ラインには達せず今度の事態となった。なお、3月25日時点で従業員を解雇し事務所を閉鎖している。

東京商工リサーチ
2002/04/29
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)ニッシン[帯広市]

銀行取引停止

土木工事のニッシン(帯広市西5条南25丁目2番地)は2月28日と4月1日、釧路信金帯広支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

公共工事の減少による受注低迷から減収を余儀なくされ、収益面も下請け稼働から妙味ない推移をたどり、平成13年度に入っても受注の回復に至らず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
2002/04/15
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)三宅建設[雄武町]

銀行取引停止

土木工事の三宅建設(紋別郡雄武町字北雄武859番地15)は2月28日と4月1日、紋別信金雄武支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

ここ数年は公共工事の削減により受注量が低下、決算上は黒字を確保していたものの、過去の設備負担もあって支えられず今事態に至った。

東京商工リサーチ
2002/04/15
http:/www.tsr-net.co.jp/

池田土木(株)[苫小牧市]

銀行取引停止

土木工事の池田土木(苫小牧市汐見町3丁目8番6号)は3月5日と4月1日、道銀苫小牧支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約2億5000万円。

主力受注先であった青木建設の業況悪化に伴い取引を解消、以後は官公庁工事に依存した営業を行っていたが、完工高も落ち込むなど厳しい運営を余儀なくされていた

東京商工リサーチ
2002/04/15
http:/www.tsr-net.co.jp/

« 2002年3月 | トップページ | 2002年5月 »