« (有)恒栄[札幌市] | トップページ | 太閤建設(株)[札幌市] »

2001年10月29日 (月)

北海道林屋製茶(株)[小樽市]

林屋製茶が倒産 負債総額は12億円

【小樽】茶類卸売りで売上高道内三位の北海道林屋製茶(本社・小樽、資本金一千万円、従業員約八十人)は二十九日、一回目の不渡り手形を出して事業継続を断念し、任意整理の手続きを開始した。負債総額は約十二億円。

信用調査会社によると、一九九七年一月期は約十二億四千万円の売り上げがあったが、二〇〇一年同期は約八億三千万円まで減少。消費不況などで売り上げが減り、不動産売却による債務の圧縮を図ったが、及ばなかった。同社は一九一八年(大正七年)創業。前社長は、九九年まで九期二十六年にわたり小樽商工会議所会頭を務めた川合一成氏(七一)。川合氏は昨年同社会長に退き、綿貫民輔衆院議長の実妹が社長に就任。札幌、函館、釧路などに支店・営業所を置き、道内主要百貨店や大型店に緑茶やのりを卸売りしていた。

北海道新聞
2001/10/30
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
林屋製茶が倒産 地元経済界に衝撃「小樽の看板」惜しむ声
【写真説明】北海道林屋製茶の石造り倉庫。1893年(明治26年)に第百十三国立銀行小樽支店として建築され市歴史的建造物に指定されている 掲載 2001/10/31

 

« (有)恒栄[札幌市] | トップページ | 太閤建設(株)[札幌市] »

03 後志」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/35073709

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道林屋製茶(株)[小樽市]:

« (有)恒栄[札幌市] | トップページ | 太閤建設(株)[札幌市] »