« 2000年3月 | トップページ | 2000年5月 »

2000年4月

2000年4月28日 (金)

(株)二田工務店[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第1400号)

(株)二田工務店(札幌市白石区平和通11丁目北5番4号)は4月28日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山下史生弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年6月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年7月19日午後2時。

2000/05/22
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)シークィーン食品[釧路市]

破産宣告(平成12年(フ)第81号)

(株)シークィーン食品(釧路市大楽毛11番地の31)は4月28日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成12年6月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年7月19日午後3時。

2000/04/30
釧路地方裁判所

(株)上山一宗形商店[小樽市]

破産宣告(平成12年(フ)第78号)

(株)上山一宗形商店(小樽市色内2丁目18番23号)は4月28日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は菰田尚正弁護士(小樽市)。

債権届出の期間は平成12年6月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年7月19日午前10時。

2000/05/18
札幌地方裁判所小樽支部

(株)東栄電気工業[帯広市]

破産宣告(平成12年(フ)第101号)

(株)東栄電気工業(帯広市西5条北3丁目11番地の2)は4月28日、釧路地裁帯広支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は那知哲弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成12年5月29日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月29日午後4時。

2000/05/18
釧路地方裁判所帯広支部

(有)マルセ鋼商[旭川市]

業績不振

建築資材販売のマルセ鋼商(旭川市東光10条5丁目6番3号)は3月27日と4月28日、旭川信金東光支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

最近になって売り上げ不振になり、また収益面も赤字を抱えて資金繰りは苦しく、1回目の不渡りを出してから債権者に支援を要請したが、不調に終わり営業を停止していた。

東京商工リサーチ
2000/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)旭川カラープロセス[鷹栖町]

業績不振

写真製版の旭川カラープロセス(上川郡鷹栖町2962番地361)は3月31日と4月28日、北空知信金旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

コンピューター設備機能も得意先である印刷業者自らが持つようになったことから受注は減収傾向をたどり、こうしたなか、先の設備投資負担が重荷となり資金繰りが悪化していた。

東京商工リサーチ
2000/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)リバーストーン[札幌市]

銀行取引停止

土木工事のリバーストーン(札幌市南区藤野5条9丁目262番地179)は4月25日と28日、北門信金ふじの支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

工事量の減少により同業者との競合も激しく、業績はジリ貧となっていた。

東京商工リサーチ
2000/05/30
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)ロングアップ[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第1392号)

(株)ロングアップ(札幌市東区東苗穂15条3丁目3番2号)は4月28日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は市川隆之弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年5月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月19日午後2時。

2000/05/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2000年4月27日 (木)

(株)和晃[札幌市]

和晃が任意整理へ 負債29億円

北海道銀行の親密取引先だった内装工事業の和晃(本社・札幌)は二十七日までに事業の継続を断念し、任意整理に向けた事後処理を弁護士に一任した。東京商工リサーチによると、負債額は約二十九億円。同社は任意整理のうえで会社を清算する方針を債権者に文書で通知しており、五月一日に札幌市内で債権者説明会を開く予定。

同社は一九七四年の設立でバブル期には分譲マンションの販売なども手がけ、九五年三月期の売上高は四十五億四千万円。しかし、取引業者への貸付支援が焦げ付き、不動産投資の失敗も重なって業績は悪化し、九九年三月期の売上高は十九億三千九百万円と低迷。資金面で依存していた道銀からの支援も得られなくなり、資金繰りが悪化した。今年二月には当時、社長が、自殺している。

また社長を務めていた同社の子会社は九二年、道銀から約九十億円の融資を受けて、道銀の不良債権先の鉄骨加工・不動産業の三井(昨年三月に解散)から札幌中心部の土地とマンションを購入。不動産業界などでは「実質的に道銀の不良債権隠しに協力した」ともささやかれた。この子会社は現在、道銀からの百億円前後の負債を抱えたまま事実上休眠状態になっている。

北海道新聞
2000/04/28
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2000年4月26日 (水)

(有)丸元工業[札幌市]

銀行取引停止

左官工事の丸元工業(札幌市北区篠路10条2丁目9番22号)は4月21日と26日、北門信金篠路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1000万円。

東京商工リサーチ
2000/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

浦野建設(株)[札幌市]

銀行取引停止

建築工事の浦野建設(札幌市白石区菊水上町4条4丁目54番地)は4月7日と26日、北陸銀行豊平支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

地元建設業者の下請稼働が主体であったが、業績は頭打ちであった。

東京商工リサーチ
2000/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年4月25日 (火)

奥家産業(株)[滝川市]

破産宣告(平成12年(フ)第58号)

奥家産業(株)(滝川市花月町1丁目7番26号)は4月25日、札幌地裁滝川支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は菅野直樹弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年5月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月20日午後1時30分。

2000/05/12
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所滝川支部)

2000年4月24日 (月)

松田漁業(株)[小樽市]

民事再生法を申請 小樽 松田漁業、道内3件目

【小樽】老舗(しにせ)の底引き網漁業者「松田漁業」(本社・小樽、資本金九千四百五十万円)は二十四日までに、札幌地裁に民事再生法の適用を申請した。民間信用調査会社の帝国データバンク小樽支店によると、負債総額は約四十億円の見込みで、道内の同法適用申請は三件目。

同社は一九一七年(大正六年)の創業で、五五年に株式会社となった。近年は大型船二隻でカニやホッケ、スケソウなどを漁獲し、九五年十二月期は約十億二千百万円の売上高があったが、底引き網漁の不振から九八年十二月期は約七億三千四百万円に低迷。また、食品製造の関連会社への貸付金が固定化したことも、資金繰りの悪化を招いた。

金融機関からの借入金でしのいできたが、先行きの見通しが立たなくなり、民事再生法の適用を申請した。

北海道新聞
2000/04/25
http://www.hokkaido-np.co.jp/

ビルテック(株)[札幌市]

銀行取引停止

不動産管理のビルテック(札幌市中央区南7条西1丁目13番地)は4月21日と24日、北洋銀札幌西支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

マンション・ビル・病院等の管理を手掛けていた。

東京商工リサーチ
2000/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

大友電気工業(有)[帯広市]

銀行取引停止

電気工事の大友電気工業(帯広市東6条南16丁目3番地)は4月17日と24日、北洋銀帯広支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

収益面は同業他社との競合から妙味ない推移で、繰越欠損を内包し厳しい運営を強いられていた。また、平成11年11月に倒産した建友ホームに対し、多額の焦げ付きが発生し財務内容は悪化していた。

東京商工リサーチ
2000/05/16
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年4月21日 (金)

サニーコスモ(株)[札幌市]

銀行取引停止

電気工事のサニーコスモ(札幌市東区北38条東18丁目3番31号)は3月22日と4月21日、道央信金北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1000万円。

東京商工リサーチ
2000/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年4月20日 (木)

(株)田村木工[旭川市]

破産宣告(平成12年(フ)第183号)

(株)田村木工(旭川市工業団地1条1丁目2番33号)は4月20日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は竹本康志弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成12年6月7日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年7月19日午後2時。

2000/04/22
旭川地方裁判所民事部

2000年4月19日 (水)

(株)奥野組[様似町]

放漫経営

土木工事の奥野組(様似郡様似町西町123番地4)は3月28日と4月19日、日高信金様似支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

平成12年3月期は受注の減少により完工高は低迷し、さらに代表者が会社の資金を流用したため、資金繰りは悪化していた。

東京商工リサーチ
2000/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)三興建設[登別市]

売掛金回収難

建築工事の三興建設(登別市若草町6丁目5番地1)は3月31日と4月19日、北洋銀東室蘭支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

近年は業況悪化により受注が減少、内装・営繕工事も手掛けるなど業務を拡大していたが効果は上がらず、こうしたなか昨年11月に受注した内装工事で焦げ付きが発生し、資金繰りは多忙に推移していた。

東京商工リサーチ
2000/04/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年4月18日 (火)

(株)土門[小樽市]

破産宣告(平成12年(フ)第72号)

(株)土門(小樽市銭函3丁目274番地4)は4月18日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は原洋司弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年6月2日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年7月14日午後3時。

2000/05/02
札幌地方裁判所小樽支部

2000年4月17日 (月)

(株)大一寝装[札幌市]

銀行取引停止

繊維製品加工販売の大一寝装(札幌市西区西野8条3丁目3番16号)は4月14日と17日、北陸銀行琴似支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

寝具の加工・販売を手掛けていた。

東京商工リサーチ
2000/05/23
http:/www.tsr-net.co.jp/

マルシン工藤土木(株)[七飯町]

行き詰まる

土木工事のマルシン工藤土木(亀田郡七飯町字大中山824番地)は4月3日と17日、道銀亀田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3000万円。

今期は受注減少に転じ設備負担も重く、一部ノンバンクの利用でしのいできたものの支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)カネイチエスエー工業[札幌市]

業績不振

金属建具製作・加工のカネイチエスエー工業(札幌市北区篠路町上篠路328番地)は4月10日と17日、札幌信金栄町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

近年は市況低迷もあり売上高は減少、過年度行った工場設備への投資も負担となり、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

丸忠大和建設(株)[帯広市]

放漫経営

建築工事の丸忠大和建設(帯広市西3条南24丁目19番地)は4月14日と17日、北見信金しらかば支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

民間主体のため安定性に欠け、事業多角化による資金流出もあり繰越欠損を内包していた。このため市中金融の利用や仕入先への手形ジャンプなどでしのいでいたが、平成11年度も受注回復には至らず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
2000/04/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年4月14日 (金)

(株)丸山山田[名寄市](5年ぶり2回目)

破産宣告(平成12年(フ)第133号)

(株)丸山山田(名寄市西3条南5丁目21番地)は4月14日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は須田保幸弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成12年5月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月13日午後3時。

2000/04/18
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

2000年4月13日 (木)

サンケイ旅行出版(株)[札幌市]

業績不振

出版・広告代理のサンケイ旅行出版(札幌市北区北12条西2丁目2番地)は4月12日と13日、札銀札幌北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

消費低迷の影響もあり近年は計画どおりに進まず、余裕のない推移が続いていた。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)井上建設[本別町]

破産宣告(平成12年(フ)第80号)

(有)井上建設(中川郡本別町北3丁目5番地34)は4月13日、釧路地裁帯広支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は村上英二弁護士(帯広市)。

債権届出の期間は平成12年5月15日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月21日午後2時。

2000/04/26
釧路地方裁判所帯広支部

2000年4月12日 (水)

市川木製品工業(株)[旭川市]

市川木製品が自己破産申請

【旭川】旭川家具を代表する老舗(しにせ)の家具卸業、市川木製品工業(本社・旭川、資本金三千万円)は十二日、旭川地裁に自己破産を申し立て、受理された。代理人の岡部信之弁護士によると、負債総額は十四億四百四十八万円で、原因は業績不振。

東京商工リサーチ旭川支店によると、同社は一九三三年(昭和八年)の創業。婚礼家具の製造・販売で業績を伸ばした。九二年に上川管内東川町に工場を新築し、九六年一月期には約十二億円の売り上げを計上したが、その後、販売不振が続いた。経営改善の一環として昨年十二月に、製造、販売、卸の三つに分社化し、社員六十人のうち四十人を製造会社に、十八人を販売会社に移した。自己破産した卸会社の市川木製品工業の社員は二人。

北海道新聞
2000/04/13
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)北海熱機[札幌市]

銀行取引停止

空調設備工事の北海熱機(札幌市北区篠路9条2丁目5番10号)は4月5日と12日、道銀新川中央支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1500万円。

大手メーカーの指定業者としていたが、従来より収益面は低調に推移していた。

東京商工リサーチ
2000/05/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

三容建設工業(有)[北広島市]

受注不振

土木工事の三容建設工業(北広島市大曲南ケ丘4丁目9番地1)は4月3日と12日、北洋銀発寒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1500万円。

業界不振の影響で業績は落ち込み累積欠損を内包していた。

東京商工リサーチ
2000/05/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

北見紙器(有)[北見市]

銀行取引停止処分

紙器製造の北見紙器(北見市本町3丁目6番6号)は4月10日と12日、北洋銀北見中央支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億1000万円。

多額の繰越欠損を抱え資金面は多忙となり、市中金融の利用でしのいでいたが支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
2000/04/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年4月11日 (火)

(株)キョーエイ工業[苫小牧市]

放漫経営

建設資材販売のキョーエイ工業(苫小牧市音羽町2丁目12番12号)は3月13日と4月11日、札銀苫小牧北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

建設業界の不振により販売量は低下、さらに資金援助していた系列の北海道資源開発が破綻してことで事業継続の見通しが立たなくなった。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

北海道資源開発(株)[苫小牧市]

受注不振

土木工事の北海道資源開発(苫小牧市音羽町2丁目12番12号)は3月13日と4月11日、札銀苫小牧北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

建設業界の不振により完工高は落ち込み、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年4月10日 (月)

(株)辻建設[小樽市]

破産宣告(平成12年(フ)第67号)

(株)辻建設(小樽市長橋2丁目10番3号)は4月10日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は花形満弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年6月2日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年7月7日午後1時30分。

2000/04/24
札幌地方裁判所小樽支部

(株)松浦サッシ工業[函館市]

業績不振

サッシ製造加工の松浦サッシ工業(函館市亀田本町61番21号)は4月6日と10日、みちのく銀行亀田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億4000万円。

受注競争による単価の低迷で二期連続の赤字決算を強いられ、一部仕入先から資金的援助を受けてきたが支え切れず今度の事態となった。なお、営業は続行している。

トーヨー化工(株)[札幌市]

トーヨー化工が民事再生法申請 負債8億8千万円

長靴などゴム製靴製造のトーヨー化工(本社・札幌、資本金九千八百万円)は十日までに、札幌地裁に民事再生法の適用を申請し、同地裁から保全命令を受けた。営業は続ける。民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は八億八千八百万円の見込みで、道内の同法適用申請は二件目。

同社は一九七六年に設立された。ピークの九四年三月期の売上高は約十二億円だったが、中国製などの安価な海外製品の輸入増のあおりを受けて業績が悪化した。不動産の売却により借入金の軽減を図ったが、二〇〇〇年三月期の売上高は八億円程度まで落ち込み、四期ぶりに赤字に転落する見通しになった。

同社は防寒、通気性に優れた新タイプのゴム長靴や北海道国際航空(エア・ドゥ)のロゴマークをデザインしたゴム長靴を開発・製造し、関係者から注目を集めていた。

北海道新聞
2000/04/11
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2000年4月 7日 (金)

サンエイエンジニアリング(株)[札幌市]

業績不振

ガス設備工事のサンエイエンジニアリング(札幌市手稲区前田7条18丁目4番31号)は4月6日と7日、札銀手稲あけぼの支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

近年は受注も先細りの状況にあり、売上高は低迷していた。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

オリエンタル興発(株)[札幌市]

銀行取引停止処分

屋根・内装工事のオリエンタル興発(札幌市豊平区中の島1条7丁目1番1号)は3月24日と4月7日、道央信金中の島支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

建設市況の低迷により完工高が落ち込み、工事消化も外注が多く管理体制の不備もあって赤字決算が続いていた。

東京商工リサーチ
2000/04/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年4月 6日 (木)

(有)日成商会[札幌市]

業績不振

内装工事の日成商会(札幌市白石区北郷4条6丁目9番10号)は4月3日と6日、道銀行啓通支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

岩綿吹き付け、断熱材吹き付け等の工事を受注していた。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)アルト札幌[札幌市]

販売不振

中古車販売のアルト札幌(札幌市厚別区厚別南4丁目32番22号)は4月3日と6日、北洋銀新さっぽろ支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

小規模経営のうえ同業者との競合も激しく、業績は下降線をたどっていた。

東京商工リサーチ
2000/04/25
http:/www.tsr-net.co.jp/

仁山高原観光(株)[七飯町]

仁山高原観光 2回目不渡り 負債30億円

【七飯】スキー場経営の仁山高原観光(本社・渡島管内七飯町)は十二日までに二回目の不渡り手形を出し、銀行取引停止となった。東京商工リサーチ函館支店によると、負債総額は約三十億円の見込み。

同社は同町仁山にスキー場のほか、ゴルフ練習場やホテル、ゴーカートコースなども設け、通年営業している。ピークの一九九六年三月期決算では売上高が四億八千八百万円あった。しかし、スキー場入場者の減少と、人工降雪機導入など過大な設備投資が響き、九八年三月期には二億八百万円、九九年三月期は二億千三百万円の当期損失を計上していた。同社は七一年設立で資本金は四千八百万円。従業員は十四人。

北海道新聞
2000/04/13
http://www.hokkaido-np.co.jp/

新三共建設工業(株)[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第1053号)

新三共建設工業(株)(札幌市北区太平12条6丁目2番6号)は4月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は浅水正弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年5月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月20日午後2時。

2000/04/21
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2000年4月 5日 (水)

(株)おざき[札幌市]

業績不振

ガス配管設備工事のおざき(札幌市東区伏古9条1丁目5番11号)は3月31日と4月5日、空知信金札幌北支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)テクトロ[札幌市]

銀行取引停止処分

制御装置販売のテクトロ(札幌市北区北18条西4丁目21番地13)は1月31日と4月5日、北洋銀大学北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

制御装置販売のほか家庭用電機製品の販売を行っていた。

東京商工リサーチ
2000/05/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)圭・オフィス[札幌市]

銀行取引停止処分

婦人服縫製の圭・オフィス(札幌市豊平区西岡4条5丁目5番21号)は3月31日と4月5日、北海信金札幌支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

東京商工リサーチ
2000/05/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)長谷川工業[札幌市]

銀行取引停止処分

左官工事の長谷川工業(札幌市白石区中央2条7丁目4番26号)は4月4日と5日、道央信金白石支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1000万円。

受注不振により支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2000/05/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)伊藤建設[美深町]

業績不振

管・水道・建築土木工事の伊藤建設(中川郡美深町字北町11番地2)は2月29日と4月5日、名寄信金美深支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

近年は市況低迷から、収益面でも欠損の計上が続いていた。

東京商工リサーチ
2000/04/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年4月 4日 (火)

マルホ観光開発(株)[札幌市]

ゴルフ場経営のマルホ観光開発 民事再生法を申請 道内初、負債は110億円

ゴルフ場経営のマルホ観光開発(本社・札幌、従業員十五人)は四日までに、一日に施行された民事再生法の適用を札幌地裁に申請した。同法の適用申請は道内では初めて。営業は続行され、同社は例年通り四月下旬に今シーズンの営業を開始する考えだ。

民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると負債総額は約百十億円で、今年に入って最大。同社は民事再生法の手続きに沿って再建計画の策定を進めているが、申請代理人の磯部憲次弁護士によると「(再建計画では)会員の預託金はカットしない方向で調整している」という。

同社は一九八五年に設立。会員から集めた預託金と銀行借り入れなど総事業費約八十億円を投じて九一年、石狩管内当別町にハッピーバレーゴルフクラブ(二十七ホール)を開業した。九四年には年間四万九千七百人が入場し、九五年二月期には七億八千万円前後を売り上げた。しかし景気の低迷とともに入場者数は次第に減少し、昨年の入場者数は約三万八千四百人と低迷していた。会員は法人と個人を合わせて千百四十四人で、その預託金が負債総額のうち約七十億円を占めるが、昨年から一部の預託金の返還期を迎え、資金繰りに苦しんでいた。

北海道新聞
2000/04/05
http://www.hokkaido-np.co.jp/

カネハル佐藤工務店(有)[札幌市]

銀行取引停止処分

土木・とび土工工事のカネハル佐藤工務店(札幌市北区新川775番地)は3月3日と4月4日、札幌信金発寒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

市内中堅の土木工事会社に営業を展開していた。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年4月 3日 (月)

(有)保電気工事[札幌市]

赤字累積

電気工事の保電気工事(札幌市北区篠路4条2丁目2番13号)は3月24日と4月3日、北洋銀篠路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

収益面は低調に推移し繰越欠損を抱えての運営にあった。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)道央通商[北広島市]

販売不振

もやし製造の道央通商(北広島市山手町4丁目6番地1)は3月31日と4月3日、道銀北広島支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

地元スーパーやコンビニエンスに販売していた。

東京商工リサーチ
2000/05/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)明昭産業[江別市]

受注不振

土木工事の明昭産業(江別市錦町33番地1)は3月24日と4月3日、石狩中央信金五丁目支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4500万円。

業界不振により完工高は落ち込み、累積欠損を内包していた。

東京商工リサーチ
2000/05/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

近藤木材(株)[旭川市]

近藤木材が破産 負債額23億円

【旭川】地場大手の木材加工業、近藤木材(本社・旭川、資本金三千万円)は三日までに、旭川地裁に破産を申し立て、同地裁が同日これを受理した。同社は会社整理の手続きに入った。代理人の金子利治弁護士によると負債総額は二十三億円とみられる。

東京商工リサーチ旭川支店によると、同社は一九四八年の創業で、旭川市内では老舗(しにせ)企業。家具材の生産が主だが、家具・木工業界の低迷から売上高は九六年八月期の三十億七千九百万円をピークに九九年は十九億五千二百万円まで落ち込み、業績不振に陥っていた。三月三十一日に一回目の不渡り手形を出した後、事実上業務を停止していた。

系列会社の近藤工芸(本社・旭川)、近藤木工(同)は、営業を続行の方向で債権者と協議中。

北海道新聞
2000/04/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 2000年3月 | トップページ | 2000年5月 »