« 2000年2月 | トップページ | 2000年4月 »

2000年3月

2000年3月31日 (金)

(株)リバー商会[札幌市]

業績不振

貴金属加工販売のリバー商会(札幌市豊平区西岡4条4丁目11番12号)は3月15日と31日、北洋銀平岸中央支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1000万円。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)小町屋美容器具店[札幌市]

放漫経営

理美容器具販売の小町屋美容器具店(札幌市中央区南3条西4丁目21番地)は3月27日と31日、北洋銀札幌南支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

東京商工リサーチ
2000/05/09
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)丸正コウキ産業[釧路市]

業績不振

とび・土工工事の丸正コウキ産業(釧路市愛国東4丁目37番2号)は1月31日と3月31日、札銀鳥取支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2200万円。

従来からの繰越欠損を内包し資金面は多忙に推移、加えて物件減少に伴う受注単価の低迷もあり赤字決算に陥り、余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2000/04/17
http:/www.tsr-net.co.jp/

(有)梶山砂利[帯広市]

破産宣告(平成12年(フ)第81号)

(有)梶山砂利(帯広市川西町基線40-38番地)は3月31日、釧路地裁帯広支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は松浦護弁護士(帯広市)。

債権届出の期間は平成12年5月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月15日午後2時。

2000/04/18
釧路地方裁判所帯広支部

2000年3月30日 (木)

(有)包丁真久[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第1002号)

(有)包丁真久(札幌市中央区南4条西9丁目1006番地プラネットビル)は3月30日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は増谷康博弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年5月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月15日午後3時。

2000/04/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)荒川組[苫小牧市]

破産宣告(平成12年(フ)第87号)

(有)荒川組(苫小牧市字糸井141番地22)は3月30日、札幌地裁苫小牧支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は岡田秀樹弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成12年4月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月25日午後1時30分。

2000/04/17
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所苫小牧支部)

2000年3月29日 (水)

函館合板(株)[函館市]

函館合板 8月に清算 輸入価格に対抗できず 従業員187人を解雇

【函館】合板製造で道内中堅の函館合板(本社・函館)は二十九日午前、東南アジアから輸入される安い合板に価格面で競争できなくなったなどとして、今年八月に会社を清算することを明らかにした。在庫原料を処理するため生産は五月二十日まで続けるが、その後、従業員百八十七人を解雇する。

同社は一九七八年に三菱商事(本社・東京)と岩倉組(現イワクラ、本社・苫小牧)が出資して設立され、八一年に三菱商事一〇〇%出資子会社となった。原料の仕入れ、製品販売は三菱商事を通しており、地場企業との大きな取引はない。

同社は本社工場と渡島管内上磯、大野両町の工場三カ所で、高級家具や住宅の壁などに使われる合板を中心に製造していた。しかし、マレーシアなど東南アジアからの安価な合板の輸入が急速に増加、さらに不況による住宅着工件数の減少で道内需要が減ったため、ピーク時の九四年三月期に七十三億二千円あった売上高が、九九年同期には三十八億四千円に落ち込んだ。このため「今後も市況の回復は望めない。負債がまだ少なく、従業員に退職金などの手当を支払える現段階で会社を整理したほうがよい」(同社)としている。在庫原料の処理が終わる五月二十日までに従業員百七十人を解雇、さらに八月二十日に残務整理要員の十七人を解雇する方針。八月中に臨時株主総会を招集し、会社の清算を決定する。

北海道新聞
2000/03/29
http://www.hokkaido-np.co.jp/

新宮畜産(有)[帯広市]

破産宣告(平成12年(フ)第68号)

新宮畜産(有)(帯広市川西町西3線69番地)は3月29日、釧路地裁帯広支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は村上英二弁護士(帯広市)。

債権届出の期間は平成12年5月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月8日午後3時。

2000/04/13
釧路地方裁判所帯広支部

フードサービスリーディング(株)[札幌市]

弁護士一任

弁当製造販売のフードサービスリーディング(札幌市中央区南7条西8丁目1番18号、登記上=札幌市中央区南5条西21丁目2番1号)は2月28日と3月29日、北洋銀すすきの支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約3700万円。

平成4年に本社・豊平店を火災で全焼し事業を休業、5年2月に再開したが多額の損失を内包した経営が続いていた。加えて手形のトラブルも発生し事業継続を断念した。

東京商工リサーチ
2000/05/02
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年3月28日 (火)

(株)東札幌ゴルフ倶楽部[月形町]

東札幌ゴルフ倶楽部 地裁が財産保全命令 「リッチヒル」を経営

帝国データバンク札幌支店によると、空知管内月形町でゴルフ場「札幌リッチヒルカントリークラブ」を経営している東札幌ゴルフ倶楽部(本社・月形町)が札幌地裁に和議申請し財産保全命令を受けていたことが、二十七日までに明らかになった。負債総額は三十五億円という。

北海道新聞
2000/03/28
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

破産を宣告 負債52億円

昨年十二月、札幌地裁に和議申請していた東札幌ゴルフクラブ(本社・空知管内月形町)が和議継続を断念して自己破産を申請し、八日までに破産宣告を受けていたことがわかった。破産管財人によると負債総額は約五十二億九千万円。

帝国データバンク札幌支店によると、同社は月形町で一九九二年からゴルフ場「札幌リッチヒルカントリークラブ」を経営していたが、利用低迷に加え会員権預託金が償還期を迎えたため経営が行き詰まり、昨年十二月に和議手続きに入っていた。

しかし、今シーズンの営業実績が上がらず再建のメドが立たないため、自己破産に切り替えた。

同ゴルフ場の会員約三千人が預託金債権は約二十五億五千万円の債権を持っており、返還額は今後の焦点になる。第一回の債権者集会は二〇〇一年二月二十日に開かれる予定。

北海道新聞
2000/12/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2000年3月24日 (金)

あづま建設(株)[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第883号)

あづま建設(株)(札幌市白石区北郷8条8丁目1番1号)は3月24日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は青木豪弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年5月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月16日午後2時。

2000/04/13
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

豊浦小野田レミコン(株)[豊浦町]

破産宣告(平成12年(フ)第376号)

豊浦小野田レミコン(株)(虻田郡豊浦町字浜町67番地の1)は3月24日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は壬生賢哉弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成12年6月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年7月19日午後2時。

2000/04/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部)

大岸小野田コンクリート(株)[豊浦町]

破産宣告(平成12年(フ)第375号)

大岸小野田コンクリート(株)(虻田郡豊浦町字豊泉156番地)は3月24日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は壬生賢哉弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成12年6月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年7月19日午後2時。

2000/04/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部)

伊達小野田コンクリート(株)[伊達市]

破産宣告(平成12年(フ)第374号)

伊達小野田コンクリート(株)(伊達市長和町157番地)は3月24日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は壬生賢哉弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成12年6月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年7月19日午後2時。

2000/04/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所室蘭支部)

(株)アドバンス井畑[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第908号)

(株)アドバンス井畑(札幌市中央区南3条東2丁目12番1号)は3月24日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は長田正寛弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年4月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月23日午後1時30分。

2000/04/07
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)帯広マーブル[帯広市]

破産宣告(平成12年(フ)第69号)

(有)帯広マーブル(帯広市大通南29丁目5番地3)は3月24日、釧路地裁帯広支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は中島和典弁護士(帯広市)。

債権届出の期間は平成12年4月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月25日午後4時。

2000/04/07
釧路地方裁判所帯広支部

2000年3月21日 (火)

(株)名手[札幌市]

業績不振

食器・インテリア用品販売の名手(札幌市東区北20条東9丁目3番3号)は3月6日と21日、道銀美香保支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約2億7000万円。

従来より収益面は低調で余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
2000/04/10
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年3月19日 (日)

(株)滝商会[室蘭市]

瀧商会が破産申請 負債30億円超

【室蘭】建設資材販売施工業の瀧(たき)商会(本社・室蘭)は十九日、札幌地裁に自己破産を申請した。民間信用調査機関の帝国データバンク室蘭支店によると、負債総額は三十億円強で、室蘭市内の企業倒産では一九八七年の北海建設(負債約四十億円)に次ぐ。

瀧商会は四六年に創業、五八年に法人化。道内一円でガラスサッシや建設資材の販売などを手がけ、九四年十二月期の売上高は約五十七億五千万円に達した。しかし、近年は販売量が伸び悩み、札幌や登別の取引先の倒産により、多額の焦げ付きが発生していた。

債権者は三百人以上と見られ、二十九日午後一時から室蘭市内のホテル「セピアス花壇」で債権者説明会が開かれる。また、同社の従業員四十三人は、十九日までに全員解雇された。

北海道新聞
2000/03/20
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2000年3月17日 (金)

(有)ビビッド[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第794号)

(有)ビビッド(札幌市西区西野6条2丁目3番26号)は3月17日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は砂子章彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年4月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月25日午前11時。

2000/04/04
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2000年3月16日 (木)

テスク(株)[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第786号)

テスク(株)(札幌市豊平区西岡4条9丁目1番25号)は3月16日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は内田信也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年5月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月16日午後3時。

2000/04/04
札幌地方裁判所民事第4部

2000年3月15日 (水)

石井組土建(株)[登別市]

石井組土建が自己破産申請 負債8億4千万円

【登別】建築土木業の石井組土建(本社・登別)は十五日、札幌地裁室蘭支部に自己破産を申請した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ室蘭支店によると負債総額は約八億四千万円。

同社は一九五九年に創業。一般住宅から店舗など大型施設まで幅広く施工し、九四年三月期は売上高十二億円を計上した。しかし、その後、受注が低迷し九九年三月期は売上高が七億台に減少。赤字受注や借入金依存の経営体質が災いして二月に一回目の不渡りを出し、手がけていた住宅建設が今月上旬に完工したため十五日、破産を申請した。

従業員十五人は、同日までに全員解雇された。

北海道新聞
2000/03/16
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2000年3月14日 (火)

武蔵工業(株)[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第820号)

武蔵工業(株)(札幌市北区北6条西6丁目2番地)は3月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川正也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年4月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月25日午後2時。

2000/03/31
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2000年3月13日 (月)

(株)サツケン[札幌市]

放漫経営

土木工事のサツケン(札幌市北区北22条西8丁目1番12号)は3月10日と13日、北洋銀北栄支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5億3200万円。

収益面は従来から低調に推移し余裕のない資金繰りが続いていたなか、主力受注先であった武蔵工業が倒産し、資金繰りに行き詰まった。

東京商工リサーチ
2000/04/03
http:/www.tsr-net.co.jp/

島崎工業(株)[音更町]

破産宣告(平成12年(フ)第59号)

島崎工業(株)(河東郡音更町宝来仲町南2丁目3番地)は3月13日、釧路地裁帯広支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は斉藤道俊弁護士(帯広市)。

債権届出の期間は平成12年4月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月18日午後3時。

2000/03/28
釧路地方裁判所帯広支部

2000年3月10日 (金)

藤井商事(株)[小樽市]

破産宣告(平成12年(フ)第42号)

藤井商事(株)(小樽市長橋2丁目10番19号)は3月10日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は柴田誠一弁護士(小樽市)。

債権届出の期間は平成12年4月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月19日午後3時30分。

2000/03/27
札幌地方裁判所小樽支部

(有)大森建業[釧路市]

受注不振

大工工事の大森建業(釧路市芦野5丁目1番3号)は3月9日と10日、釧路信組愛国支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

建設市況の悪化から受注が激減、完工高が落ち込み二期連続の大幅赤字を計上していた。累積消そ(札幌地方裁判所民事第4部)ンにより財務内容が悪化、手形操作により切り抜けていたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
2000/04/03
http:/www.tsr-net.co.jp/

(株)東日本製作所[上磯町]

既往のシワ寄せ

鋼構造物設計・製作・施工の東日本製作所(上磯郡上磯町七重浜1丁目2番1号)は2月29日と3月10日、道銀函館支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

設備投資負担と出張工事に伴うコスト高、受注競合激化による単価の低迷から赤字経営が続き、前期は単年度黒字を計上したが、累積欠損は解消できなかった。また、関連企業への資金流出もあったもようで、資金的に厳しい運営が続いていた。

東京商工リサーチ
2000/03/27
http:/www.tsr-net.co.jp/

道水工業(株)[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第731号)

道水工業(株)(札幌市白石区東札幌1条3丁目2番37号)は3月10日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は粟生猛弁護士(札幌市北区)。

債権届出の期間は平成12年4月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月22日午後3時。

2000/03/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

2000年3月 9日 (木)

(株)ヒット圧接工業[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第750号)

(有)ヒット圧接工業(札幌市東区伏古12条5丁目5番10号)は3月9日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は古山忠弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年4月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月16日午後2時。

2000/03/24
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(株)ササキ陶業[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第694号)

(株)ササキ陶業(札幌市北区新琴似5条7丁目4番13号)は3月9日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は奥田真与弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年5月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年6月6日午後3時。

2000/03/29
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

アサヒデザイン(株)[旭川市]

破産宣告(平成12年(フ)第111号)

アサヒデザイン(株)(旭川市7条通20丁目右10号)は3月9日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は林孝幸弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成12年4月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月31日午後3時。

2000/03/10
旭川地方裁判所民事部

2000年3月 8日 (水)

(株)北海道産業観光[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第714号)

(株)北海道産業観光(札幌市中央区北1条西2丁目 経済センター)は3月8日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は愛須一史弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年4月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月12日午前11時。

2000/03/23
http://kanpou.npb.go.jp/
(札幌地方裁判所民事第4部)

(有)キタシバ[富良野市]

破産宣告及び破産廃止(平成10年(フ)第177号)

(有)キタシバ(富良野市東町7番2号)は3月8日、旭川地裁から破産宣告・破産廃止決定を受けた。

2000/03/28
http://kanpou.npb.go.jp/
(旭川地方裁判所民事部)

(有)恵誠工業[恵庭市]

破産宣告(平成12年(フ)第675号)

(有)恵誠工業(恵庭市恵南6番地の93)は3月8日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山口均弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年4月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月22日午前11時。

2000/03/29
札幌地方裁判所民事第4部

(有)たかの[羽幌町]

破産宣告(平成12年(フ)第77号)

(有)たかの(苫前郡羽幌町南6条4丁目10番地)は3月8日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は廣瀬隆司弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成12年4月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月23日午後3時。

2000/03/10
旭川地方裁判所民事部

2000年3月 7日 (火)

(有)和村建設[浦河町]

破産宣告(平成12年(フ)第555号)

(有)和村建設(浦河郡浦河町字姉茶163番地98)は3月7日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は難波徹基弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年4月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月19日午後2時30分。

2000/03/22
札幌地方裁判所民事第4部

2000年3月 6日 (月)

マルダイ三友産業(株)[札幌市]

業績不振

配管工事のマルダイ三友産業(札幌市白石区平和通16丁目北4番32号)は3月3日と6日、北門信金札幌東支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は1500万円。

業界の不振により工事量が減少、同業者との競合も激しく受注単価も厳しい条件で赤字経営が続き、繰越欠損を内包していた。

東京商工リサーチ
2000/03/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

2000年3月 3日 (金)

北海道コンベンションビューロー(株)[札幌市]

札幌の「きょうさいサロン」運営会社が破産

札幌市内の結婚式場、宴会場の老舗(しにせ)「きょうさいサロン」(中央区北四西一、共済ビル内)を運営していた北海道コンベンションビューロー(本社・札幌、従業員約四十人)は六日までに、札幌地裁から破産宣告を受けた。

負債額は約三億五千万円。同社は一九六六年に設立され、最盛期には年間七億円前後の売り上げがあった。しかし、主力の結婚式や宴会の分野で、大手ホテルなどが相次いで参入したことから、じり貧になった。昨年四月期では売上高三億八千六百万円にとどまり、一億円超の累積欠損を抱えた。二月二十八日に自己破産を申請し、今月三日に破産宣告を受けた。

また同社の系列会社で、北海道経済センター(札幌市中央区北一西二)で宴会場、喫茶店の「ニュー札幌」を運営していた北海道産業観光(本社・札幌、従業員約二十人)も営業を停止しており、事後処理を弁護士に一任。近く札幌地裁に自己破産を申請する見通しで、負債額は約一億八千万円とみられる。同社の破産申し立て代理人は成田教子弁護士。

北海道新聞
2000/03/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

2000年3月 2日 (木)

リバー開発工業(株)[札幌市]

破産宣告(平成12年(フ)第630号)

リバー開発工業(株)(札幌市豊平区中の島1条2丁目2番4-405号)は3月2日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は坂原正治弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成12年4月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成12年5月19日午後1時30分。

2000/03/21
札幌地方裁判所民事第4部

2000年3月 1日 (水)

マツダ食品(株)[札幌市]

破産後も営業を続行 200人の雇用を確保 地裁が“いきな計らい”

食肉加工・製造のマツダ食品(旧マツダハム、本社・札幌、従業員・パート約百四十人)は、札幌地裁から破産宣告を受けながらも、別の業者へ営業譲渡することを前提に、同地裁の許可を得て営業を続行している。従業員も解雇などされずに働いている。会社が破産すれば、残余財産の処分などの目的以外は、直ちに営業停止させられるのが一般的。営業譲渡するまで続行を認められるケースは全国的にも珍しく、関係者の注目を集めている。民間の信用調査会社の東京商工リサーチ北海道支社によると、同社の負債総額は二十億三千三百万円。

同社は小樽市内の漁業会社が食肉部門の子会社(現在は完全独立)として一九七九年に設立。「マツダハム」のブランドでハム、ソーセージ、ウインナーなどを道内外に出荷し、九四年三月期には約二十三億円を売り上げた。しかし旧親会社で、現在も同社の敷地と工場建物も所有する漁業会社に対する過大な債務が、経営の足かせとなっていた。同社は債務を整理した上で営業譲渡する方向で債権者らと交渉を続けていたが、漁業会社との調整が難航。現状のままでは将来展望も開けないことから、今月一日に自己破産を申請。六日に破産宣告を受けた。

しかし、同社の製品は贈答品としても人気が高く、売り上げは九五年に同社から分離した販売会社と合わせると現在も順調に推移しており、道内外の複数の業者が買収に名乗りを上げていた。しかも営業を停止すれば、関連の販売会社にも連鎖し、両社合わせて約二百人もの従業員(パートを含む)が解雇される恐れもあった。札幌地裁は、こうした事情に配慮し、極めて特殊なケースとして営業続行を認めたようだ。破産管財人の川村昭徳弁護士は「破産宣告後は債権者との協議も順調で、最近も複数の業者と売却に向けて交渉を続けている」と話している。

道内の雇用情勢が悪化している中、結果として二百人もの雇用を守ることになった今回の札幌地裁の判断について、関係者の話では「四月一日に施行される(中小企業などの倒産手続きを簡略・迅速化し、再建を容易にする)民事再生法の趣旨を先取りした“いきな計らい”だった」との声も出ている。

北海道新聞
2000/03/16
http://www.hokkaido-np.co.jp/

啓友工業(株)[札幌市]

受注不振

建築・電気工事の啓友工業(札幌市白石区本郷通13丁目南1番22号)は2月29日と3月1日、札幌信金南郷支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

建築業界の不振と景気低迷により完工高が落ち込み、実質赤字経営を強いられていた。

東京商工リサーチ
2000/03/20
http:/www.tsr-net.co.jp/

« 2000年2月 | トップページ | 2000年4月 »