« (株)金萬田中商店[釧路市] | トップページ | 丸大新生建設(株)[札幌市] »

1999年4月22日 (木)

(株)ミッテル など17社[札幌市]

拓銀系17社が特別清算 不良債権受け皿 負債総額数百億円に

ミッテルなど拓銀の不良債権受け皿会社だったとされる十七社が十七日までに、札幌地裁から特別清算の開始決定を受けていたことが明らかになった。帝国データバンク札幌支店によると、十七社の負債総額は数百億円規模に上るもようだ。

同支店によると、これらは拓銀の不良債権を隠すためにつくられた経営実体のない会社で、いずれも札幌市内に本社を登記。カブトデコムなどに対するう回融資などに使われていた。バブル経済期の一九八九年から九二年に設立され、このうち十四社は九二年二月から同年八月までの半年間に集中的に設立されていた。う回融資の一例としては九二年暮れ、拓銀から約四百億円の融資を受けたミッテルが、これを経営が悪化していたカブトデコムとカブトグループ企業の計十社に再融資。カブトなど十社は、この四百億円をたくぎんファイナンスサービスやたくぎん抵当証券への借入金返済に充てていた。

こうした一連の操作により、不良債権化していたカブトグループ向け融資の一部は、たくぎんファイナンスサービスやたくぎん抵当証券から、ミッテルに移し替えられていた。

十七社の債権者は、拓銀の不良債権の回収を進めている整理回収機構(RCC)が大半を占めるとみられる。清算人には、十七社とも須田久節弁護士(札幌)が選任された。

ミッテル以外の十六社は次の通り。

テフコ、ネスコ、アメティファイナンス、クレス、アンテレス、セイル、テー・ジー・ファイナンス、ユニクス、アクシム、エヌエスワイ、テー・エフ信用、北斗信販、ユーズ、ライト、コレクト、テーシーエフ。

北海道新聞
1999/05/18
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 -------------------------------------

17社の本店所在地はすべて札幌市中央区南2条西5丁目10番地2、清算人は須田久節弁護士。

(ヒ)405号:(株)エヌエスワイ
(ヒ)406号:(株)テー・エフ信用
(ヒ)407号:(株)北斗信販
(ヒ)408号:(株)ユーズ
(ヒ)409号:(株)ライト
(ヒ)410号:(株)コレクト
(ヒ)411号:(株)テーシーエフ
(ヒ)412号:テー・ジー・ファイナンス(株)
(ヒ)413号:(株)アメティファイナンス
(ヒ)414号:(株)セイル
(ヒ)415号:(株)ネスコ
(ヒ)416号:(株)クレス
(ヒ)417号:(株)アンテレス
(ヒ)418号:(株)アクシム
(ヒ)419号:(株)テフコ
(ヒ)420号:(株)ユニクス
(ヒ)421号:(株)ミッテル

http://hokkaido-index.cocolog-nifty.com/

« (株)金萬田中商店[釧路市] | トップページ | 丸大新生建設(株)[札幌市] »

0010 札幌市中央区」カテゴリの記事

拓銀破綻」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/34725173

この記事へのトラックバック一覧です: (株)ミッテル など17社[札幌市]:

« (株)金萬田中商店[釧路市] | トップページ | 丸大新生建設(株)[札幌市] »