« 1998年12月 | トップページ | 1999年2月 »

1999年1月

1999年1月29日 (金)

(株)ちとせデパート[千歳市]

ちとせデパート破産 負債46億円 大型店との競合響く

千歳の地場スーパー、ちとせデパート(パートを含む従業員百七十八人)は二十九日、札幌地裁に自己破産を申請し、同地裁から破産宣告を受けた。負債総額は四十六億円。同日記者会見した破産管財人の太田賢二弁護士は、在庫商品を販売し、従業員の退職金などに充てるため、二月末まで営業を継続する意向を表明した。

同社は一九八二年、地元商業者らの共同出資で設立。同年に千歳市中心部に建設された地上三階、地下一階建ての複合商業施設「エスプラザ」の地上二階までの大半を所有。施設全体の店舗面積は約八千平方メートルで当時、市内最大規模の小売店だった。また、同年にダイエーとフランチャイズチェーン(FC)契約を結び、同社から全面的に商品供給を受けていた。

最盛期の九二年二月期には年商六十二億円に達したが、九六年三月に北海道ニチイ(現マイカル北海道、本社・札幌)が旧店舗を大幅増床し、店舗面積一万七千平方メートルの「千歳サティ」として開業するなど競合が激化。ダイエーのスタッフ派遣などを受けて経営立て直しに取り組んだが、九八年二月期の売上高は二十七億円までに減少し、九六年二月期から三期連続の赤字を計上していた。

二十九日夜、千歳市内で記者会見したちとせデパートの社長は「ダイエーさんにお世話になったが、自社の判断で自己破産申請を決めた」と述べた。引き続き会見した太田弁護士は「在庫を処分し、従業員の退職金などに優先的に充てたい」とし、二月一日から四日までいったん休業し、五日から月末まで「閉店セール」を実施する意向を表明した。在庫商品の大半を納入したダイエーも商品を引き揚げず、協力する意向だ。

また建物は、三階部分でコミュニティセンターを運営する千歳市などとの区分所有となっており、「処分方法などはこれから考えたい」と述べるにとどめた。

北海道新聞
1999/01/30
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
ちとせデパート自己破産 商店街活性に打撃 開店時借入金が重荷に
【写真説明】自己破産を申請したちとせデパートが入居するエスプラザ 掲載 1999/01/30

 

光誉写真(株)[北見市]

破産宣告(平成11年(フ)第16号)

光誉写真(株)(北見市とん田西町311番地の17)は1月29日、釧路地裁北見支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は荻原怜一弁護士(北見市)。

債権届出の期間は平成11年3月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年4月19日午前11時。

1999/02/23
釧路地方裁判所北見支部

1999年1月27日 (水)

(有)柴田畳商店[札幌市]

太陽畳工業に連鎖

畳製造販売の柴田畳商店(札幌市豊平区月寒東3条17丁目12番12号)は1月12日と27日、札幌中央信組平岸支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

取引量が多かった太陽畳工業(東京)の経営悪化により、商品未納や未収金が発生し支え切れず連鎖する形となった。

東京商工リサーチ
1999/02/08
http://www.tsr-net.co.jp/

1999年1月26日 (火)

フロンティア・サービス(株)[札幌市]

破産宣告(平成11年(フ)第99号)

フロンティア・サービス(株)(札幌市中央区北2条西4丁目2番地)は1月26日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は浅井俊雄弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年3月1日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年3月31日午後3時。

1999/02/17
札幌地方裁判所民事第4部

1999年1月25日 (月)

(有)室内装飾のいたがき[旭川市]

放漫経営

内装工事の室内装飾のいたがき(旭川市神楽岡11条8丁目3番地1552、登記上=旭川市神居7条4丁目1番5号)は1月11日と25日、旭川商工信組神居支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

収益性は低く資金力は弱体で、市中金融の利用などで切り抜けていたものの支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1999/02/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1999年1月21日 (木)

(有)イトウ物流[札幌市]

既往のシワ寄せ


運送業のイトウ物流(札幌市東区本町2条7丁目6番41号)は1月20日と21日、北洋銀東苗穂支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億8000万円。

車両の償却負担も大きく、また平成8年の不良債権発生により財務内容は悪化していた。

東京商工リサーチ
1999/02/08
http://www.tsr-net.co.jp/

1999年1月20日 (水)

(株)ドムス[札幌市]

業績不振

紳士服販売のドムス(札幌市中央区北9条西18丁目35番地91)は1月11日と20日、道銀中央支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約3億5000万円。

近年は市況低迷に加え卸部門の縮小なども行ったことで、売上高は落ち込んでいた。また、拓銀の債権が整理回収銀行に移行されたこともあり、対外信用も低下していた。

東京商工リサーチ
1999/02/01
http://www.tsr-net.co.jp/

1999年1月14日 (木)

(有)ウッディベル[札幌市]

破産宣告(平成11年(フ)第93号)

(有)ウッディベル(札幌市白石区栄通20丁目12番20号)は1月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は朝倉靖弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年3月1日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年3月29日午後3時。

1999/02/08
札幌地方裁判所民事第4部

(株)鶴印島崎精機製作所[札幌市]

業績不振

産業機械製造の鶴印島崎精機製作所(札幌市東区東苗穂3条3丁目1番45号)は1月11日と14日、北陸銀行札幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。任意整理を決め、事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約1億5000万円。

工場新築による設備負担や競合により、収益面は従来より欠損含みで低調な推移にあり、余裕のない運営が続いていた。

東京商工リサーチ
1999/02/15
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)田守フード[音更町]

既往のシワ寄せ

食品スーパーの田守フード(河東郡音更町中鈴蘭南5丁目8番地10)は1月12日と14日、帯広信金木野支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

近年の大手スーパーの進出により業績は低迷、人員削減、テナント撤退等の合理化を図っていたが、多額の累積赤字を内包し債務超過に陥っていた。

東京商工リサーチ
1999/02/01
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ヤハタ[札幌市]

土木・さく井工事のヤハタが和議申請

土木・さく井工事のヤハタ(本社・札幌、従業員八十三人)は十八日までに札幌地裁に和議を申請し、同地裁から保全命令を受けた。同社によると負債額は十億円程度。今後も営業を続けながら、弁済計画に基づいて再建を目指すという。

帝国データバンク札幌支店によると、同社は一九七五年に設立され、ボーリング工事全般の専門業者として道内外から受注、九八年三月期には売上高十三億六千九百万円を計上した。業務展開に際しては金融機関からの借入金に依存してきたが、同社が債権者に出した説明文書によると、取引銀行から手形割引の与信枠削減、短期資金の返済などを求められたことなどから、資金繰りに行き詰まったという。

このため十四日に和議を申請、同日に保全命令を受けた。

同社は二十二日午前十時から道厚生年金会館(札幌市中央区)で債権者集会を開く予定。

北海道新聞
1999/01/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1999年1月13日 (水)

(株)特効センターサッポロ[札幌市]

弁護士に一任

断熱・防水工事の特効センターサッポロ(札幌市北区篠路4条2丁目14番13号)は1月13日、札銀栄町支店で1回目の不渡りを出し事務所を閉鎖、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約1億円。

一件あたりの工事金額は小さく、また同業との競合から収益も低調で資金繰りは逼迫した状態にあった。

東京商工リサーチ
1999/01/25
http://www.tsr-net.co.jp/

1999年1月12日 (火)

(有)奥村木材[札幌市]

業績不振

製材販売の奥村木材(札幌市東区北39条東7丁目2番1号)は1月11日と12日、共同信組北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

近年は建設市況の低迷から受注が落ち込んでいた。

東京商工リサーチ
1999/02/08
http://www.tsr-net.co.jp/

1999年1月11日 (月)

兼鱗高木水産(株)[釧路市]

高木水産が自己破産

【釧路】道東のしにせ水産加工会社、高木水産(本社・釧路)は十一日、釧路地裁へ自己破産を申請した。帝国データバンク釧路支店によると、負債総額は約八億円。

同社は一九二四年(大正十三年)の創業で、六一年に法人化。サケ、マス、サンマ、タラなどの加工と鮮魚卸を行ってきた。近年は鮮魚の一夜干しや珍味加工に力を入れ、本州各地の市場へ出荷。従業員三十五人に加えパート三十人を雇用し、工場の隣接地には直売店も構えていた。

しかし、売上高は八四年四月期の五十億五千百万円をピークに減少を続け、九八年四月期には九億八千九百万円まで落ち込み、原魚高などで借入金がかさんで債務超過に陥っていた。主力銀行の拓銀が破たんし、その債務が受け皿行の北洋銀に引き継がれなかったことなどで経営の先行きに見通しが立たなくなった。

社長は、道水産物荷主協会顧問や釧路市水産加工工業協同組合組合長など業界の要職に就いている。

北海道新聞
1999/01/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1999年1月 8日 (金)

(株)丸アアベ[旭川市]

業績不振

土木資材販売の丸アアベ(旭川市亀吉2条1丁目2番7号)は12月7日と1月8日、道銀旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

収益性は伴わず大幅な赤字を内包し、厳しい運営が続いていた。

東京商工リサーチ
1999/02/08
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ハウジングプラザ・エルム[札幌市]

業績不振

不動産のハウジングプラザ・エルム(札幌市中央区南3条西25丁目2番11号)は1月7日と8日、札銀本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6300万円。

近年の不動産市況の停滞から業績は低迷、繰越欠損を内包し資金繰りは多忙化していた。

東京商工リサーチ
1999/02/08
http://www.tsr-net.co.jp/

1999年1月 6日 (水)

新日本都市開発(株)[札幌市]

新日本都市開発が破産 負債総額162億円 拓銀グループ申し立て受け

不動産業の新日本都市開発(本社・札幌、資本金三千万円)は、倒産したたくぎん抵当証券とたくぎんファイナンスサービスから第三者破産を申し立てられ六日、札幌地裁から破産宣告を受けた。破産管財人の吉川正也弁護士によると、負債総額は百六十二億一千九百万円で、五十億三千九百万円の債務超過に陥っていた。

負債の大半は、旧拓銀など拓銀グループからの借入金によるもので、たくぎん抵当証券とたくぎんファイナンスサービスの申し立て債権額は、それぞれ三十八億三千六百万円、三十六億八千百万円。

東京商工リサーチ道支社によると、新日本都市開発は一九八三年設立。バブル期に札幌を中心に地元開発業者や大手建設会社と共同でビルやマンション建設、宅地造成など不動産開発事業で売り上げを伸ばし、ピークの九四年三月期は九一億四千九百万円を売り上げた。しかしバブル崩壊後、所有不動産の価格下落で、借入金の返済に行き詰まっていた。九七年三月期は、売上高二億二千四百万円、当期損益は十六億五千八百万円の赤字だった。

北海道新聞
1999/01/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)ジャストモード[札幌市]

弁護士に一任

婦人服販売のジャストモード(札幌市中央区北6条西15丁目3番7号)は1月6日で事務所を閉鎖、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約8000万円。なお、7日に北洋銀桑園支店で1回目の不渡りを出している。

近年は消費低迷が影響し大幅な減収推移にあった。また、大手量販店に販路は整っていたものの、反面収益面は低調で余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
1999/01/25
http://www.tsr-net.co.jp/

1999年1月 5日 (火)

(株)ライズ[釧路市]

販売不振

スポーツ用品販売のライズ(釧路市益浦2丁目15番21号)は1月4日と5日、釧路信金桜ヶ岡支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4600万円。

近年は不況および本州の大手同業者との競合から売上高は低下し、資金繰りも多忙化していた。

東京商工リサーチ
1999/02/01
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)北振電設[釧路町]

販売不振

電気工事の北振電設(釧路郡釧路町中央4丁目65番地3)は1月4日と5日、秋田銀行釧路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

売り上げは一進一退が続き、また収益面は低調で連続赤字を強いられ多額の欠損を内包していた。

東京商工リサーチ
1999/01/25
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)東和工機[帯広市]

業績不振

木工機械販売の東和工機(帯広市東1条南13丁目16番地)は1月4日と5日、帯広信金東支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6300万円。

木材業界不振の影響でジリ貧状態が続き、繰越欠損を抱え資金繰りは逼迫していた。

東京商工リサーチ
1999/01/25
http://www.tsr-net.co.jp/

1999年1月 4日 (月)

(株)秋元組[函館市]

業績不振

鋼構造物工事の秋元組(函館市東山町144番地135)は11月30日と1月4日、北洋銀美原支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

競合激化による受注単価の低迷で赤字決算となり、加えて工場の設備投資負担もあり財務内容は悪化していた。

東京商工リサーチ
1999/02/01
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1998年12月 | トップページ | 1999年2月 »