« 1998年11月 | トップページ | 1999年1月 »

1998年12月

1998年12月29日 (火)

三和住研(株)[札幌市]

業績不振

建築工事の三和住研(札幌市豊平区美園9条7丁目2番13号)は12月28日と29日、道銀平岸支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億5000万円。

近年の住宅市況低迷から売上高が落ち込み、また収益面も従来より低調で、昨年には債権者を集め話し合いももたれていたが、不調に終わり今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1999/01/18
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年12月28日 (月)

(株)十勝甘納豆北海道本舗[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第3322号)

(株)十勝甘納豆北海道本舗(札幌市東区伏古8条2丁目2番17号)は12月28日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は野並正彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年2月5日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年3月12日午後3時。

1999/02/01
札幌地方裁判所民事第4部

帯宝建設(株)[音更町]

放漫経営

クレーン揚重の帯宝建設(河東郡音更町宝来仲町南2丁目7番地1)は12月25日と28日、帯広信金木野支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

平成8年3月期の後は伸び悩み、二期連続の赤字を計上、設備投資負担、ダンピング受注も重なり資金繰りは悪化していた。

東京商工リサーチ
1999/01/18
http://www.tsr-net.co.jp/

上磯観光開発(株)[上磯町]

破産宣告(平成10年(フ)第805号)

上磯観光開発(株)(上磯郡上磯町柳沢323番地1)は12月28日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は米塚茂樹弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成11年1月29日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年4月13日午前10時。

1999/01/22
函館地方裁判所

1998年12月25日 (金)

(有)木村物産[旭川市]

売掛金回収難

農産物販売の木村物産(旭川市永山9条1丁目4番8号)は12月11日と25日、遠軽信金永山支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

回収のズレから資金繰りが狂い今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1999/02/01
http://www.tsr-net.co.jp/

北海道生科研(株)[大樹町]

特別清算開始(平成10年(ヒ)第6号)

北海道生科研(株)(広尾郡大樹町緑町22番地15)は12月25日、釧路地裁帯広支部から特別清算開始決定を受けた。

1999/01/27
札幌地方裁判所帯広支部

1998年12月24日 (木)

(株)高橋電機製作所[小樽市]

破産宣告(平成10年(フ)第258号)

(株)高橋電機製作所(小樽市手宮1丁目5番28号)は12月24日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は菰田尚正弁護士(小樽市)。

債権届出の期間は平成11年2月5日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年2月24日午前10時。

1999/01/29
札幌地方裁判所小樽支部

(株)函館トーヨー[函館市]

破産宣告(平成10年(フ)第777号)

(株)函館トーヨー(函館市昭和2丁目39番1号)は12月24日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小林紀一郎弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成11年1月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年3月16日午前11時。

1999/01/20
函館地方裁判所

1998年12月22日 (火)

アサヒ金属工業(有)[旭川市]

銀行取引停止

金属加工・取付工事のアサヒ金属工業(旭川市東旭川町下兵村120番地)は12月21日と22日、士別信金東光支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

工事量減少で業績は落ち込んでいた。

東京商工リサーチ
1999/01/18
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年12月21日 (月)

成田鋼材(株)[石狩市]

石狩の成田鋼材 銀行取引停止 負債16億円

鋼材販売の成田鋼材(本社・石狩、資本金二千五百万円、従業員三十五人)は二十一日、二回目の不渡りを出して銀行取引停止となった。東京商工リサーチ北海道支社によると、負債総額は約十六億円。

同社は一九四七年創業し、ピークの九八年四月期は十七億六千四百万円を売り上げた。しかし、取引先の倒産が相次ぎ、収益が低迷した。

北海道新聞
1998/12/22
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1998年12月17日 (木)

(有)大楽毛ハマノ薬局[釧路市]

破産宣告及び破産廃止(平成10年(フ)第140号)

(有)大楽毛ハマノ薬局(釧路市大楽毛1丁目8番4号)は12月17日、釧路地裁から破産宣告・破産廃止決定を受けた。

1999/02/03
釧路地方裁判所

(株)商銀不動産[札幌市]

特別清算開始(平成10年(ヒ)第424号)

(株)商銀不動産(札幌市中央区南9条西4丁目10番地)は12月17日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

1999/05/19
札幌地方裁判所

1998年12月15日 (火)

(株)新興[登別市]

破産宣告(平成10年(フ)第244号)

(株)新興(登別市富浦町223番地1)は12月15日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川忠利弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成11年2月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年3月3日午後2時。

1999/01/22
札幌地方裁判所室蘭支部

1998年12月11日 (金)

(有)オートプロデュースザッパー[中標津町]

破産宣告(平成10年(フ)第26号)

(有)オートプロデュースザッパー(標津郡中標津町東11条南3丁目1番地)は12月11日、釧路地裁根室支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は小野塚聰弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成11年1月11日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年2月10日午後1時30分。

1999/01/04
釧路地方裁判所根室支部

(株)大札幌ゴルフ場[札幌市]

大札幌ゴルフ場破産 負債205億円

石狩管内当別町で大札幌カントリークラブを経営する大札幌ゴルフ場(本社・東京、資本金九千万円)は十四日までに、札幌地裁に自己破産を申請、同地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人の伊藤隆道弁護士によると、負債総額は二百五億七千八百万円。親会社の中堅食品商社、東食(本社・東京)が昨年十二月に倒産、東食から運転資金などの支援がなくなり、資金繰りのめどが立たなくなった。

負債総額のうち、ゴルフ場会員五百三人の預託金は九億九千九百万円。一般債権として扱われるため、配当の見通しは厳しい。残りは東食グループからの借入債務。同社は一九七六年に大札幌カントリークラブを開業した。営業再開は、新しい経営者が見つからなければ難しい。

北海道新聞
1998/12/14
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1998年12月10日 (木)

留萌地方米穀(株)[留萌市]

留萌地方米穀が倒産、負債は約5億円(北海道)

北海道の二次卸である留萌地方米穀(株)(留萌市栄町34)は10日、北洋銀行(留萌中央)で2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。民間の信用調査会社によると、「負債総額は5億円内外」と見られている。

同社は昭和31年11月に留萌地方米穀(協)の基盤を引き継ぎ設立されたいわゆる二次卸だが、「地元管内はもとより札幌に進出するなど積極策を展開。売り上げは15億円前後で推移していたが、不良債権の多発で余裕のない経営が続いていた」(同)という。

平成7年8月に6000万円強の大口不良債権が発生したあと、急激に資金繰りが悪化した上に主力銀行であった拓銀の破綻が追い打ちをかけ、8月30日に1回目の不渡りを出していた。関係筋に支援を要請していたが話し合いが不調に終わり、ついに支え切れずに2回目の不渡りを出し営業を停止したもの。

米穀データバンク
1998/12/21
http://www.japan-rice.com/news-old/98-12.htm

1998年12月 9日 (水)

(株)ケンユウ[苫小牧市]

破産宣告(平成10年(フ)第297号)

(株)ケンユウ(苫小牧市山手町2丁目4番6号)は12月9日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は愛須一史弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年1月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年2月26日午後1時30分。

1999/01/19
札幌地方裁判所苫小牧支部

1998年12月 8日 (火)

美幌宅建(株)[美幌町]

美幌宅建が自己破産 負債は11億6千万円

不動産業の美幌宅建(本社・網走管内美幌町、従業員七人)は八日、釧路地裁北見支部に自己破産を申請した。民間信用調査機関の帝国データバンク北見支店によると、負債総額は約十一億六千四百万円。

子会社の宅建ホーム(本社・同)も十一月三十日に二回目の不渡りを出して事実上倒産しており、負債総額は約三億五千万円。

美幌宅建は一九七二年設立。建売住宅販売などを手がけていたが、住宅市況の低迷で、九八年一月期の売上高は約八億三百万円と、九五年のピーク時の五九%に落ち込んでいた。

北海道新聞
1998/12/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1998年12月 7日 (月)

(株)司ハウス/司観光開発(株)[札幌市]

司ハウスが破産申請 司観光開発も 負債は総額42億円

注文住宅建築・販売の道内中堅、司ハウス(本社・札幌、社員数七十七人)と宅地開発・分譲マンションの司観光開発(同、同、社員数十八人)は資金繰りが行き詰まり、七日、札幌地裁に自己破産を申請した。破産申請代理人の米屋佳史弁護士によると、負債総額は合わせて四十二億一千四百万円。近く同地裁から破産宣告を受ける見通し。

司ハウスは一九七六年、司観光開発は七四年に創業し、二社一体となって経営してきた。東京商工リサーチ北海道支社によると、司ハウスはピーク時の九六年九月期に四十六億四千万円、司観光開発は九七年三月期に十九億八千三百万円を売り上げた。

しかし、住宅市況の冷え込みに加えて、主取引銀行だった旧拓銀から北洋銀へ借入金が継承されず、信用不安が広がっていた。旧拓銀からの借入金三億六千万円は整理回収銀行に引き継がれている。

両社の在庫は、施工中の注文住宅が札幌、江別、帯広、函館など七市三町に三十二戸あるほか、未売却の宅地が岩見沢市幌向と札幌市西区に計六区画、分譲マンションは札幌市豊平区に四戸ある。未完成の注文住宅について、米屋申請代理人は「札幌地裁に選任される破産管財人の判断に任されるが、工事の継続は難しい点が多い」と話している。

北海道新聞
1998/12/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)インテリアハウザー[札幌市]

赤字累積

建築工事のインテリアハウザー(札幌市手稲区手稲前田573番地83)は11月30日と12月7日、札幌信金琴似支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

収益面は経費増加を吸収できず欠損計上が続いており、繰越欠損を抱え余裕のない資金繰りを強いられていた。

東京商工リサーチ
1998/12/21
http://www.tsr-net.co.jp/

オヤマ通商(株)[小樽市]

販売不振

木材販売のオヤマ通商(小樽市富岡2丁目15番3号)は11月9日と12月7日、小樽信金本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8500万円。

昨年末からの業界不振、倒産多発により業界内の信用収縮が進み、決済条件等の変更も強いられ、資金繰りは悪化していた。

東京商工リサーチ
1998/12/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)アートクラフト[旭川市]

破産宣告及び破産廃止(平成10年(フ)第341号)

(有)アートクラフト(旭川市豊岡3条6丁目6番10号)は12月7日、旭川地裁から破産宣告・破産廃止決定を受けた。

1999/01/18
旭川地方裁判所民事部

1998年12月 4日 (金)

紋別運輸(株)[紋別市]

業績不振

運送の紋別運輸(紋別市元紋別102番地37)は11月30日と12月4日、紋別信金本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5億5000万円。

車両改修負担に加え、一部採算を度外視した受注もあり資金繰りに余裕がなく、市中金融の利用も行い切り抜けていたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1998/12/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)藤森重機リース[江別市]

破産宣告(平成10年(フ)第2926号)

(有)藤森重機リース(江別市朝日町4番地の1)は12月4日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は花形満弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年1月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年3月5日午後3時。

1999/01/08
札幌地方裁判所民事第4部

1998年12月 3日 (木)

(有)高木タイル工業[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第2927号)

(有)高木タイル工業(札幌市白石区栄通10丁目1番25号)は12月3日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は村上英治弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年1月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年2月9日午後3時。

1998/12/24
札幌地方裁判所民事第4部

(株)アートグループ[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第2930号)

(株)アートグループ(札幌市白石区本通10丁目北6番23号)は12月3日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は祖母井里重子弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年2月4日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年3月4日午後3時。

1999/01/08
札幌地方裁判所民事第4部

1998年12月 2日 (水)

太興電建(株)[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第2886号)

太興電建(株)(札幌市白石区中央2条2丁目2番43号)は12月2日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は野田信彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年1月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年2月17日午後3時。

1998/12/22
札幌地方裁判所民事第4部

1998年12月 1日 (火)

(株)ビゾン・静内[静内町]

業績低迷

毛皮縫製加工のビゾン・静内(静内郡静内町こうせい町2丁目13番2号)は11月30日と12月1日、札銀静内支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

徐々に需要は後退し、売上高は大幅な落ち込みを見せていた。

東京商工リサーチ
1998/12/28
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1998年11月 | トップページ | 1999年1月 »