« 1998年10月 | トップページ | 1998年12月 »

1998年11月

1998年11月30日 (月)

カネキチ本間水産(有)[釧路市]

販売不振

漁業のカネキチ本間水産(釧路市入舟5丁目4番9号)は11月2日と30日、道銀釧路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約10億円。

収益面は漁獲量の低迷、魚価安などから低調な推移で、借り入れに依存した資金繰りが続いていた。このため所有船の売却、漁協からの支援により経営を維持していたが、さらなる市況低迷により資金繰りも限界となり支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1998/12/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年11月27日 (金)

北海道農産振興(株)[旭川市]

破産宣告(平成10年(フ)第444号)

北海道農産振興(株)(旭川市春光台2条6丁目4番2号)は11月27日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は古田渉弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成11年1月4日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年2月10日午後3時。

1998/12/01
旭川地方裁判所民事部

1998年11月21日 (土)

(株)深川温泉観光ホテル[深川市]

深川温泉観光ホテル 社長失そうし休業

【深川】温泉ホテルでは北空知地方最大規模の深川温泉観光ホテル(深川市音江町豊泉、資本金三千万円)が二十一日の営業を最後に休業し、社長が行方不明の状態になっていることが二十八日までに分かった。ホテルは閉鎖され、再開のめどは立っていない。

国道12号に面した同ホテルは一九六四年の創業で、地下一階地上四階建て(六十七室、二百五十五人収容)。九五年、廃棄物処理機の製造販売などで急成長した新日本技研(九七年に破産)の社長=当時=が個人で買収し、同社の破産後、氏が社長に就任した。

従業員らによると、は十月二十八日に「資金繰りをしにいく」と言い残して出かけたまま連絡がなく、パートを含め十六人の従業員が自主営業を続けたが、予約客の切れた二十一日で営業継続を断念した。九七年度は日帰り入浴や宿泊で約三万九千人が同ホテルを利用、約一億三千万円の売り上げを計上したが、恒常的な資金不足から納入業者には現金決済が続いていたという。従業員らは滝川労働基準監督署に未払い賃金の救済措置などを申請している。

北海道新聞
1998/11/29
http://www.hokkaido-np-co.jp/

1998年11月19日 (木)

(株)雄電社[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第2794号)

(株)雄電社(札幌市東区北22条東2丁目2番17号)は11月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は原敦子弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年1月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年2月25日午後3時。

1998/12/16
札幌地方裁判所民事第4部

1998年11月18日 (水)

(有)ホクト[江別市]

破産宣告(平成10年(フ)第2780号)

(有)ホクト(江別市東光町33番地7)は11月18日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は野口幹夫弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年1月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年2月23日午後1時30分。

1998/12/16
札幌地方裁判所民事第4部

1998年11月16日 (月)

エス・ティー・ワイ(株)[札幌市]

放漫経営

冷暖房工事のエス・ティー・ワイ(札幌市中央区大通東7丁目12番地)は11月13日と16日、北洋銀西線支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約1億円。

当初より収益性は低く大幅な繰越欠損を抱え、余裕のない運営が続いていた。

東京商工リサーチ
1998/11/30
http://www.tsr-net.co.jp/

帯広ステーションビル(株)[帯広市]

第三セクター・帯広ステーションビル自己破産申請へ 負債4億円

【帯広】帯広市が筆頭株主の第三セクターで、経営難に陥っているJR帯広駅内の商業施設「帯広エスタ」を運営・管理する帯広ステーションビル(本社・帯広、資本金二億二千万円)は十六日、臨時取締役会を開き、自己破産に向けた法的手続きに入ることを決めた。近く釧路地裁帯広支部に申請する。負債総額は、建設工事代金の未払い金など約四億円とみられる。まちの玄関口である駅の商業施設が破たんするのは、極めて異例で、第三セクターの自己破産も全国的にも珍しい。

エスタ帯広は一九九六年十一月、JR根室線の鉄道高架開通に伴い、市からの移転補償費十四億五千九百万円をもとにテナント四十五店で開業した。しかしテナント募集が計画通りに進まず、開業直前に保証金や敷金を値下げして埋めたため、当初の資金計画が大幅に狂った。

また、商業スペースがJR駅改札口を挟んで西館と東館に分断される構造上の問題や、大型店の郊外進出で同市中心街の空洞化が進んだことなどから、開店直後から集客難が続き、テナントの撤退が相次いだ。店の売上高に比例して同社が徴収するテナント料収入も伸びず、九四年三月期以降、五期連続で赤字を計上。大家であるJR北海道に支払う半期ごとの構内営業料二千三百万円も、開業以来一度も支払えなかった。

事態打開のため、同社と帯広市、JR北海道で協議を重ねたが、資金面での支援を要請する同社に対し、市は「経営破たんの責任、経営見通しと借入金返済計画が明確にされていない」として拒否。一時「JRが西館の設備を買い取り、債務の返済に充てる」という再建案も浮上したが、残る東館だけでは経営の見通しが立たないとの理由から実現しなかった。

十月上旬にはエスタ帯広の内装工事などを請け負った同市内の建設会社四社の共同企業体が同社を相手取り、工事費の未払い金約一億八千百万円の支払いを求める訴えを釧路地裁帯広支部に起こし、十七日に第一回口頭弁論が予定されている。

同社は六五年、旧駅舎併設の駅デパートとして設立され、九六年十一月、市などがエスタ帯広の運営・管理会社として再出発した。

北海道新聞
1998/11/18
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
三セク・帯広ステーションビル 自己破産申請へ テナント次々撤退 市が支援要請を拒否 負債4億円
【写真説明】経営不振から自己破産の手続きに入ることになった帯広ステーションビルが管理するエスタ帯広 掲載 1998/11/17

 

1998年11月12日 (木)

北海道温調設備(株)[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第2682号)

北海道温調設備(株)(札幌市東区北24条東3丁目1番16号)は11月12日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は尾崎祐一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年1月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年2月26日午前10時。

1998/12/08
札幌地方裁判所民事第4部

1998年11月11日 (水)

(有)アーチスト住建[札幌市]

放漫経営

建築工事のアーチスト住建(札幌市東区北32条東6丁目3番22号)は11月10日と11日、北洋銀美香保支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

受注単価の低迷により赤字計上が続き、大幅な繰越欠損を抱えての運営を強いられて、余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
1998/11/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年11月10日 (火)

(有)大宮組[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第2665号)

(有)大宮組(札幌市手稲区曙6条3丁目8番7号)は11月10日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は市川隆之弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年12月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年1月22日午後4時。

1998/12/04
札幌地方裁判所民事第4部

(有)ウッディビレッジ[旭川市]

他社倒産の余波

家具製造販売のウッディビレッジ(旭川市東5条6丁目2番12号)は10月28日と11月10日、秋田銀行旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

主力販売先であった旭協販の倒産で不良債権が発生し今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1998/11/30
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)ササガワ電気[旭川市]

設備投資過大

家具用照明のササガワ電気(旭川市北門町14丁目2145番地81)は11月5日と10日、札銀旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億208万円。

事務所移転時に多額の設備投資を行ったため資金繰りを圧迫、業績も低迷していた。事後処理を弁護士に一任している。

東京商工リサーチ
1998/11/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年11月 9日 (月)

(有)明和企業[大樹町]

業績不振

パチンコ店経営の明和企業(広尾郡大樹町字振別9番地3)は11月2日と9日、帯広信金大樹支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6000万円。

「パーラースターライト」の店名でオープン。その後競合激化や帯広方面への顧客流出から売上高は減少、収益面でも初期投資の設備負担で妙味はなく、5月の店舗内部の全焼で再開を目指していたが計画どおりの資金調達ができず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1998/11/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)太田商店[江別市]

破産宣告(平成10年(フ)第2667号)

(有)太田商店(江別市文京台南町37番地の11)は11月9日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は新川生馬弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年12月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年1月28日午後1時30分。

1998/12/04
札幌地方裁判所民事第4部

(有)フリーサービス[旭川市]

破産宣告(平成10年(フ)第439号)

(有)フリーサービス(旭川市江丹別町嵐山149番地)は11月9日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は廣瀬隆司弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成10年12月11日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年1月19日午後2時。

1998/11/10
旭川地方裁判所民事部

1998年11月 6日 (金)

(有)アート・トレース[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第2638号)

(有)アート・トレース(札幌市白石区本通10丁目北6番23号)は11月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は祖母井里重子弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成11年1月11日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年2月10日午後3時。

1998/12/01
札幌地方裁判所民事第4部

1998年11月 5日 (木)

東成建設(株)[釧路市]

業績不振

鋼構造物工事の東成建設(釧路市治水町6番14号)は11月2日と5日、釧路商工信組寿支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9000万円。

下請稼働により収益面は低調で、固定費等の増加もあり資金繰りは悪化していた。加えて今年に入っても受注が回復せず支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1998/11/30
http://www.tsr-net.co.jp/

横本建具(有)[旭川市]

業績不振

家具建具製造の横本建具(旭川市東光1条6丁目1番13号)は11月2日と5日、士別信金東光支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

平成5年以降、販売先の倒産で散発的な不良債権が発生、同時に販売先の消滅で売上高は減少して資金繰りは悪化していた。

東京商工リサーチ
1998/11/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年11月 4日 (水)

(有)マルイノースイ[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第2597号)

(有)マルイノースイ(札幌市西区発寒9条10丁目1番19号)は11月4日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は丸尾正美弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年12月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成11年1月14日午後3時。

1998/12/01
札幌地方裁判所民事第4部

1998年11月 2日 (月)

(有)丸光栄光建設[札幌市]

業績不振

土木・建築工事の丸光栄光建設(札幌市西区発寒14条5丁目3番24号)は10月26日と11月2日、北洋銀発寒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2500万円。

住宅市況の冷え込みもあり受注は低迷、余裕のない運営が続いていた。

東京商工リサーチ
1998/11/16
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1998年10月 | トップページ | 1998年12月 »