« 1998年5月 | トップページ | 1998年7月 »

1998年6月

1998年6月30日 (火)

北栄(株)[札幌市]

北栄が任意整理 ピザ宅配店、居酒屋など展開 負債27億円

ピザ宅配店など経営の北栄(本社・札幌、正社員二十三人)は三十日までに会社を任意整理することを決め、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約二十七億円。

民間信用調査機関の東京商工リサーチなどによると、同社は一九八一年に設立。当初は会計処理業務などを手掛けたが、その後「ピザ・カリフォルニア」の北海道地区本部としてピザ宅配事業に進出する一方、居酒屋、カレー専門店などを道内外で展開した。

しかし、病原性大腸菌O157問題の影響などから売り上げが伸び悩み、出店に伴う借入金の金利負担も重なって今年四月に一回目の不渡り手形を出していた。今後も一部店舗の営業は続けながら、段階的に任意整理を進めていく。

北海道新聞
1998/07/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)米内工務店[札幌市]

業績不振

建築工事の米内工務店(札幌市北区新琴似5条15丁目3番9号)は6月22日と30日、北門信金新琴似支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

下請受注が主体で収益面は欠損含みで低調に推移、近年は住宅市況の冷え込みから完工高も伸び悩みの状況にあった。

東京商工リサーチ
1998/07/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)フジスチール[旭川市]

焦げ付き発生

板金工事のフジスチール(旭川市新星町885番地7、登記上=旭川市9条通20丁目1959番地3)は6月1日と30日、旭川商工信組新旭川支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

採算性は伴っておらず収益面は毎期低調に推移、こうしたなか3月に取引先に焦げ付きが発生、仕入先に支援の要請を行っていたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1998/07/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年6月24日 (水)

(有)西脇建設工業[美唄市]

破産宣告(平成10年(フ)第113号)

(有)西脇建設工業(美唄市西3条北7丁目5番24号)は6月24日、札幌地裁岩見沢支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉岡直樹弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年7月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年9月3日午後3時。

1998/07/21
札幌地方裁判所岩見沢支部

1998年6月23日 (火)

(株)北海道クスダ[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第1294号)

(株)北海道クスダ(札幌市西区西野1条3丁目2番8号)は6月23日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は郷路征記弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年9月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年10月9日午後3時。

1998/07/24
札幌地方裁判所民事第4部

1998年6月22日 (月)

(株)モリグチ[札幌市]

建築のモリグチ 自己破産を申請 負債10億円

建築工事業のモリグチ(本社・札幌、従業員十六人)は二十二日、札幌地裁に自己破産を申請した。民間信用調査会社の帝国データバンク札幌支店によると、負債額は約十億円。

モリグチは大手ゼネコンの下請けとして病院、学校などの公共施設、ゴルフ場のクラブハウスなどの建築工事を手掛け、ピーク時の一九九四年一月期には売上高約十五億四千八百万円を計上した。

しかし、建設需要の伸び悩みから、外注に依存する体質が逆に足かせとなり、売り上げが急減。受注単価の低落もあって赤字幅が拡大した。

北海道新聞
1998/06/23
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)山地工創[東川町]

業績不振

建築工事の山地工創(上川郡東川町西8号北4番地)は6月15日と22日、北陸銀行旭川四条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

住宅需要の減少は著しく、完工高は落ち込んでいた。また、一部無理な受注もあり採算性が悪化し、余裕のない運営が続いていた。

東京商工リサーチ
1998/07/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年6月18日 (木)

(株)エムケイ・マーカー[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第1250号)

(株)エムケイ・マーカー(札幌市南区藤野4条9丁目263番地125)は6月18日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は笹森学弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年7月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年8月20日午後1時30分。

1998/07/16
札幌地方裁判所民事第4部

北海道ダイナトロンボンド(株)[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第1251号)

北海道ダイナトロンボンド(株)(札幌市南区藤野4条9丁目263番地125)は6月18日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は愛須一史弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年7月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年8月20日午後3時。

1998/07/16
札幌地方裁判所民事第4部

(有)富士合金製作所[函館市]

破産宣告(平成10年(フ)第345号)

(有)富士合金製作所(函館市浅野町1番63号)は6月18日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は嶋田敬弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成10年7月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年9月7日午後1時30分。

1998/07/17
函館地方裁判所

(有)函館漁網[函館市]

破産宣告(平成10年(フ)第344号)

(有)函館漁網(函館市宮前町32番18号)は6月18日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は嶋田敬弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成10年7月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年9月7日午後1時30分。

1998/07/17
函館地方裁判所

1998年6月17日 (水)

佐賀冷蔵(株)[羅臼町]

既往のシワ寄せ

水産加工・鮮魚販売の佐賀冷蔵(目梨郡羅臼町春日町24番地)は6月16日と17日、根室信金羅臼支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億円。

業界の衰退と漁獲高の減少により平成5年に多額の欠損を内包、その後も資金繰りに余裕がなく、他人資本依存度の高い経営が行われていた。

東京商工リサーチ
1998/07/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年6月15日 (月)

苫小牧産業(株)[苫小牧市]

破産宣告(平成10年(フ)第136号)

苫小牧産業(株)(苫小牧市字沼ノ端590番地16)は6月15日、札幌地裁苫小牧支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は岡田秀樹弁護士(苫小牧市)。

債権届出の期間は平成10年7月15日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年8月17日午後1時30分。

1998/07/09
札幌地方裁判所苫小牧支部

(有)松田呉服店[砂川市]

銀行取引停止

婦人服小売の松田呉服店(砂川市西1条南2丁目1番7号)は6月9日と15日、北門信金砂川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

同業者との競合激化もあって収益性に恵まれず、6月上旬より店舗を閉めていた。

東京商工リサーチ
1998/07/06
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年6月12日 (金)

小室電気商事(株)[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第1201号)

小室電気商事(株)(札幌市中央区北1条西24丁目3番11号)は6月12日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は長野順一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年7月31日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年9月10日午後1時30分。

1998/07/14
札幌地方裁判所民事第4部

(有)よしだドラッグストアー[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第1133号)

(有)よしだドラッグストアー(札幌市南区藤野2条8丁目2番3号)は6月12日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は八木宏樹弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年7月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年8月25日午後3時30分。

1998/07/14
札幌地方裁判所民事第4部

1998年6月11日 (木)

大日本化工(株)[北広島市]

アサヒ靴子会社 大日本化工に破産の宣告

倒産した靴製造大手、アサヒコーポレーション(本社・福岡県久留米市)の子会社で融雪機器など製造の大日本化工(同・北広島、従業員四人)は二十二日までに札幌地裁から破産宣告を受けた。民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると負債額は約七億円。

一九七六年設立。融雪機器や工業用ゴムの製造販売を手がけ、九六年十二月期には三億二千万円の売上高を計上したが、親会社の倒産で資金面、販売面で行き詰まった。

北海道新聞
1998/06/23
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

破産宣告(平成10年(フ)第1179号)


大日本化工(株)(東京都中央区京橋1丁目10番1号)は6月11日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は本間裕邦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年8月11日まで、第1回の債権者集会の期日、債権調査の期日は平成10年9月11日午後4時。

1998/07/16
札幌地方裁判所民事第4部

1998年6月10日 (水)

大雪山菜加工(株)[上川町]

銀行取引停止

食品加工の大雪山菜加工(上川郡上川町字日東28番地2)は6月2日と10日、旭川信金上川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

採算ラインには至らず赤字経営が続き、繰越欠損を抱えて資金繰りは厳しい状況にあった。

東京商工リサーチ
1998/07/06
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)礎建設工業[苫小牧市]

礎建設、破産申請へ 負債総額は13億円

民間信用調査機関の帝国データバンク苫小牧支店によると、建築工事業の礎建設工業(本社・苫小牧、資本金二千五百万円)は十日、一回目の不渡りを出し店舗を閉鎖、週明けにも自己破産申請する。負債総額は約十三億円とみられる。

同社は一九八〇年の設立。木造住宅やマンション工事などを手掛け、九七年三月期で売上高二十二億八千二百七十二万円を上げていた。しかし、得意先の経営不振により債権回収が長期化し、行き詰まった。

北海道新聞
1998/06/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)モッコウ[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第1200号)

(株)モッコウ(札幌市白石区菊水3条4丁目4番26号)は6月10日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉原美智世弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年9月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年10月9日午後3時。

1998/07/08
札幌地方裁判所民事第4部

高橋建設工業(株)[砂原町]

破産宣告(平成10年(フ)第231号)

高橋建設工業(株)(茅部郡砂原町字場中8番地の9)は6月10日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は藤田徹弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成10年7月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年8月18日午前11時20分。

1998/07/07
函館地方裁判所

1998年6月 9日 (火)

道南漁業資材(株)[函館市]

会社更生法申請

65年からはゴム長靴メーカーのミツウマ(小樽)に支援を受け、函館の漁業資材製造の著名会社である樹脂製品、発砲スチロール魚箱などの製造・販売の道南漁業資材が、9日までに函館地裁に会社更生法の申請を行い、同地裁から財産保全命令を受け、事実上倒産した。負債総額は約16億円。

91年12月期に約13億円の売上げ実績を見せたが、その後は漁業環境の厳しさなどから売上げが減少し、昨年12月期には9億5000万円まで落ち込んだ。経営が苦しいところにもってきて、この5月の取引先の倒産で貸し倒れが発生、資金繰りに窮した。

(有)拓伸建材[苫小牧市]

破産宣告(平成10年(フ)第105号)

(有)拓伸建材(苫小牧市桜木町4丁目17番10号)は6月9日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は浅井俊雄弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年7月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年8月25日午後1時30分。

1998/07/07
札幌地方裁判所苫小牧支部

1998年6月 5日 (金)

(株)北海道産商[札幌市]

業績不振

コンクリート圧送工事の北海道産商(札幌市北区北34条西6丁目2番6号)は6月1日と5日、札幌中央信組北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。事後処理を弁護士に一任している。負債総額は約8500万円。

市況低迷から受注は落ち込み、余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
1998/06/22
http://www.tsr-net.co.jp/

大和機電産業(株)[岩見沢市]

業績不振

各種機械製作の大和機電産業(岩見沢市南町8条2丁目7番地)は5月6日と6月5日、空知信金本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億円。

平成9年12月期は売り上げが大きく落ち込み赤字経営となり、1回目の不渡り後、事情説明と支援要請を行っていたが、不調に終わり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1998/06/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年6月 4日 (木)

五輪協立建設工業(株)[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第1098号)

五輪協立建設工業(株)(札幌市中央区南2条西1丁目1番地)は6月4日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は渡辺達生弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年7月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年8月27日午後4時。

1998/06/24
札幌地方裁判所民事第4部

丸三アサヒ(株)[釧路市]

北日本アサヒ商事に連鎖

靴・鞄・日用雑貨卸の丸三アサヒ(釧路市浪花町8丁目8番地)は4月30日と6月4日、拓銀釧路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

資金面は北日本アサヒ商事に依存していたため、同社の倒産により連鎖する形となった。

東京商工リサーチ
1998/06/15
http://www.tsr-net.co.jp/

月舘建設(株)[室蘭市]

和議開始(平成10年(コ)第1号)

月舘建設(株)(室蘭市中島町2丁目24番5号)は6月4日、札幌地裁室蘭支部から和議手続開始決定を受けた。

管財人は伊藤隆道弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年7月18日まで、債権者集会の期日は平成10年8月18日午後1時30分。

1998/06/26
札幌地方裁判所室蘭支部

1998年6月 3日 (水)

帯広測量(有)[帯広市]

弁護士に一任

測量・土木工事・レジャー施設運営の帯広測量(帯広市西5条南2丁目12番地)は6月3日、帯広信金本店で不渡りを出し、事後処理を弁護士に一任した。負債総額は約18億円(内一般債務11億円、金融債務7億円)。

昭和62年8月、新得町新内にサーキット場を開業したが、利用客の減少から採算悪化を招き累積赤字を内包、その後区画整理事業を中心に営業してきたが、トラブル発生や認可が下りないケースも出て、今後の事業の目途が立たないとして営業続行を断念した。

東京商工リサーチ
1998/06/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年6月 2日 (火)

今野建設(株)[札幌市]

破産宣告(平成10年(フ)第1005号)

今野建設(株)(札幌市北区篠路6条1丁目3番8号)は6月2日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は澤田昌廣弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年8月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年9月16日午前10時。

1998/06/26
札幌地方裁判所民事第4部

(有)東武商事[門別町]

業績不振

パチンコ店経営の東武商事(沙流郡門別町字緑町22番地95)は6月1日と2日、拓銀苫小牧支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億5000万円。

門別町内に2店舗を経営していたが、同業他社の進出により入場者数が減少、売り上げもジリ貧状態となり採算面も悪化していた。

東京商工リサーチ
1998/07/06
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)アートスポーツ北海道[札幌市]

業績不振

スポーツ用品販売のアートスポーツ北海道(札幌市中央区南1条西9丁目19番地)は6月1日と2日、札銀本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

同業との価格競争も激しく、収益面は毎期低調に推移し、余裕のない資金繰りが続いていた。

東京商工リサーチ
1998/06/22
http://www.tsr-net.co.jp/

1998年6月 1日 (月)

(株)近藤商店[札幌市]

他社倒産の余波

冷菓販売の近藤商店(札幌市東区北32条東18丁目6番10号)は5月25日と6月1日、道銀元町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2000万円。

大口先のメーカー直仕入れへの移行や同業者との競合もあり減収推移にあり、加えて取引先に不良債権が発生し、連鎖的に行き詰まった。

東京商工リサーチ
1998/06/22
http://www.tsr-net.co.jp/

三ッ星産業(株)[札幌市]

弁護士に一任

帆布・資材販売の三ッ星産業(札幌市西区二十四軒3条6丁目1番6号)は6月1日、1回目の不渡りを出し、事後処理を弁護士に一任し事務所を閉鎖した。負債総額は約2億円。

市況低迷や過去の設備投資による借り入れ負担も大きく、収益面は低調に推移していた。

東京商工リサーチ
1998/06/08
http://www.tsr-net.co.jp/

佐呂間地区林産(協)[佐呂間町]

佐呂間林産組合が倒産

【佐呂間】網走管内佐呂間町の林業関係六社と同町森林組合でつくる佐呂間地区林産協同組合(本部・佐呂間、従業員十四人)は一日、二回目の手形不渡りを出し、事実上倒産した。北見の民間信用調査機関・東亜リサーチによると負債総額は三億八千万円。

同組合は出資金二千百五万円で一九五七年の創業。集成材の製造販売が主力だが、住宅着工件数の減少による需要の落ち込みで業績が悪化。ピーク時の年商は三億円を超えたが、九七年三月期は二億四千万円余りまで落ち込んでいた。また代表理事が社長を務める鈴木木材(佐呂間)が今年三月に倒産し、債権が回収不能になるなど資金繰りが悪化した。内整理して事業は継続する方針。

林産組合の経営行き詰まりでは、九六年十二月に同管内東藻琴村林産協同組合が破産している。

北海道新聞
1998/06/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

北一産業(株)[札幌市]

北一産業清算へ 負債総額18億円

鉄鋼資材、燃料卸の北一産業(本社・札幌、資本金七千万円、従業員二十四人)は一日、営業の継続を断念し、弁護士に会社清算のための法的整理を一任した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ北海道支社によると、負債総額は十八億円強。

同社は一九四七年設立。東京と室蘭に支店があり、ピーク時の九七年三月期は三十七億円程度を売り上げたが、金融機関からの借入金が負担になり、行き詰まった。

北海道新聞
1998/06/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

北海道アサヒ(株)[芦別市]

自己破産近く申請

【芦別】親会社のアサヒコーポレーション(本社・福岡県久留米市)の倒産に伴い、四月十五日に従業員を全員解雇した北海道アサヒ(本社・芦別)の社長は一日、工場再建を断念し、今週中に札幌地裁へ自己破産を申請することを決め、芦別市に連絡した。

同社長は芦別市の本社工場、北広島市の広島工場の再建を目指していたが、資金繰りと販路の確保が思うように進まなかった。従業員解雇の際に未払いになっていた退職金など、約七億円とみられる労務債の支払いを優先するため、国の立て替え払い制度利用に必要な会社の倒産を決めた。同社は四月末に一度目の不渡り手形を出し、一日に二度目の不渡りを出す見通し。

社長は「販売網の維持と資金がどうにもならず、自己破産を申請せざるを得なくなった」と述べた。

芦別市の北海道アサヒ対策委(委員長・前川勇勝助役)は「自己破産の申請が済み次第、事情を聴いて、今後の元従業員対策などを考えたい」としている。

北海道新聞
1998/06/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1998年5月 | トップページ | 1998年7月 »