« (株)サンボル[札幌市] | トップページ | エイペックス(株)[札幌市] »

1998年3月18日 (水)

たくぎん保証(株)[札幌市]

破産宣告を受ける

北海道拓殖銀行の系列企業で信用保証業務をおこなっていた、たくぎん保証(株)(資本金5000万円、北海道札幌市中央区南1条西1-1、従業員57人)は3月18日、札幌地裁へ自己破産を申請、同日同地裁より破産宣告を受けた。 同社は1977年(昭和52年)5月、北海道拓殖銀行(以下、拓銀)の子会社として住宅ローンを中心とする信用保証業務を目的に、北央信用保証(株)の商号で設立されたもので、88年4月に現商号へ変更した。当初より、拓銀で扱う住宅ローンの保証業務を手掛け、同行のローン契約拡大とともに業績を伸ばし、96年3月期には年収入高約15億5000万円を計上していた。 しかし、市況低迷に伴う住宅着工戸数の伸び悩みなどから、97年同期には収入高が減少し約13億8000万円と低迷、さらにローン未払いにともなう代位弁済が増加したことによる損金計上などから、同期末で約35億円にのぼる累積損失を抱え、債務超過に陥っていた。また、資金的にも代位弁済を含めて拓銀からの借り入れに依存していたことにより、厳しい状況を強いられていた。こうした中、昨年11月に親会社である拓銀が経営破綻したことから動向が注目されていたが、ここに来て、リゾート開発をおこなっていたエイペックス(株)のリゾートやゴルフ場会員権の預託金約330億円の保証問題が加わり、先行きの見通しが立たなくなって今回の措置となった。 負債は、保証債務約5600億円を含めて約6100億円に達し、96年11月に倒産した末野興産(株)(負債6000億円、大阪市)を抜いて戦後5番目、道内では過去最大の大型倒産となった。なお、拓銀の直系企業の倒産は、たくぎん抵当証券(株)(負債5391億円、97年11月、破産)、たくぎんファイナンスサービス(株)(負債2157億円、97年12月、特別清算)に次いで3件目。 帝国データバンク 1998/03/18 http://www.tdb.co.jp/

« (株)サンボル[札幌市] | トップページ | エイペックス(株)[札幌市] »

0010 札幌市中央区」カテゴリの記事

拓銀破綻」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/34225902

この記事へのトラックバック一覧です: たくぎん保証(株)[札幌市]:

« (株)サンボル[札幌市] | トップページ | エイペックス(株)[札幌市] »