« (有)黒田板金工業所[小樽市] | トップページ | 堂宇建築工房(株)[札幌市] »

1998年3月10日 (火)

(株)テルメインターナショナルホテルシステム/(株)タウナステルメ札幌/ナカムラ興産(株)[札幌市]

拓銀傘下テルメ3社、破産 負債総額450億円超 道内で今年最大 経営再建ならず

拓銀傘下でホテル経営のテルメインターナショナルホテルシステム(本社・札幌、従業員二百四十六人)、プールなど大規模レジャー施設(札幌テルメ)経営のタウナステルメ(同、百九十四人)、これらの施設の資産管理会社のナカムラ興産(同、従業員無し)の三社は札幌地裁に自己破産を申請し、十日午前、同地裁から破産宣告を受けた。札幌テルメは十日で閉鎖し、ホテルは、一月間営業を続ける。札幌地裁によると、負債総額は三社合わせて少なくとも四百五十億円にのぼり、今年に入って道内最大の倒産となった。三社の負債額はテルメインターナショナルが八十五億一千百万円以上、タウナステルメが百四十億五千万円以上、ナカムラ興産が二百二十八億四千万円以上。

札幌テルメは八八年、サウナや美容室を経営するソフィア(本社・札幌)が札幌市内茨戸地区に拓銀の融資を受け開業。続いて札幌テルメとの相乗効果を狙って国際会議場などを備えたホテルも二百六十五億円投じて九三年に開業した。しかしバブル崩壊と長引く不況で客足が伸び悩み、一昨年には、拓銀が各施設の所有権をソフィアから取得して、三社を事実上傘下に置いた。拓銀は各施設の売却を検討し、一時は台湾の財閥などとの交渉を進めたが不調に終わり、再建を断念した。

同地区では九〇年春にヤオハン・インターナショナルが国際的なショッピングセンター建設構想を掲げたが、これもバブル崩壊でとん挫している。

三社の債権の届け出は五月八日まで、それぞれの債権者集会はテルメインターナショナルとタウナステルメが六月三十日、ナカムラ興産が七月十五日。

北海道新聞
1998/03/10
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (有)黒田板金工業所[小樽市] | トップページ | 堂宇建築工房(株)[札幌市] »

0010 札幌市中央区」カテゴリの記事

拓銀破綻」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/34465903

この記事へのトラックバック一覧です: (株)テルメインターナショナルホテルシステム/(株)タウナステルメ札幌/ナカムラ興産(株)[札幌市]:

« (有)黒田板金工業所[小樽市] | トップページ | 堂宇建築工房(株)[札幌市] »