« (有)東亜工芸[札幌市] | トップページ | (株)セ・ボン[札幌市] »

1997年11月17日 (月)

(株)北海道拓殖銀行[札幌市|東証1部・札証 8312]

拓銀破たん 預金は全額保護 北洋銀に営業譲渡

大蔵省は十七日午前、拓銀(本店・札幌、河谷禎昌頭取)の自主再建は困難になったとして破たん処理することを発表した。北洋銀行(同、武井正直頭取)に営業譲渡する。預金保険機構の資金援助で預金は全額保護される。道内経済の混乱を避けるため、日本銀行は特別融資により必要な資金を供給し支援する。都市銀行の破たんは初めて。これにより、拓銀、道銀の合併計画は白紙撤回になる。

拓銀は経営破たんに至った責任をとり、河谷頭取、大野忠二副頭取、武馬鋭稱副頭取、永田修専務の4人の代表権者が辞職する。これに続いて残りの役員も全員辞職する見通し。

三塚博蔵相は同日午前八時二十分から記者会見し、拓銀の破たん処理を正式に発表した。日銀の松下康雄総裁も同内容の発表を行った。道外の店舗は他の金融機関に譲渡する方向だが、具体的には決まっていないという。

バブル経済の時期、成長企業に対して積極的に融資する経営方針を取ってきた拓銀は、バブル崩壊とともに大量の不良債権を抱え経営が悪化していた。今年三月、道銀との合併計画を発表したが、不良債権への認識の違いなどから、九月に計画延期を発表していた。今月三日、同じ銀行間取引で三洋証券が資金ショートして会社更生法を申請して以降、資金繰りが悪化していた。

北海道新聞(号外)
1997/11/17
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« (有)東亜工芸[札幌市] | トップページ | (株)セ・ボン[札幌市] »

0010 札幌市中央区」カテゴリの記事

上場企業」カテゴリの記事

拓銀破綻」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345999/34311238

この記事へのトラックバック一覧です: (株)北海道拓殖銀行[札幌市|東証1部・札証 8312]:

« (有)東亜工芸[札幌市] | トップページ | (株)セ・ボン[札幌市] »