« 1997年10月 | トップページ | 1997年12月 »

1997年11月

1997年11月28日 (金)

(有)小野原重機[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1791号)

(有)小野原重機(札幌市清田区清田8条3丁目24番16号)は11月28日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は名倉一誠弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年1月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年2月12日午後3時。

1997/12/18
札幌地方裁判所民事第4部

三洋工業(株)[釧路市]

放漫経営

土木工事の三洋工業(釧路市新富士町5丁目5番7号)は10月27日と28日、拓銀釧路支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2000万円。

本業外への資金流出で資金悪化を招き累積欠損を抱え、また平成8年に社屋を新築し、これも大きな負担となり資金面を圧迫し今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/11/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)北営興業[北見市]

破産宣告(平成9年(フ)第168号)

(株)北営興業(北見市三輪674番地の45)は11月28日、釧路地裁北見支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は今泉賢治弁護士(北見市)。

債権届出の期間は平成10年1月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年3月9日午前10時。

1997/12/17
釧路地方裁判所北見支部

天塩川木材工業(株)[美深町]

天塩川木材が自己破産 拓銀破たんで行き詰まる 負債120億円超

木材販売道内最大手の天塩川木材工業(本社・上川管内美深町)は二十八日、旭川地裁に自己破産を申請し、事実上倒産した。帝国データバンク札幌支店、東京商工リサーチ道支社によると、負債総額は百二十億円超とみられる。最近の住宅着工などの落ち込みを起因とする受注単価の下落や過剰在庫の発生などが経営を圧迫。さらに自己資本比率が約二%と借入金依存度が極めて高く、主力取引銀行であり拓銀の破たんの影響で、資金繰りに行き詰まった。

同社は一九四四年三月設立。札幌に本部、東京、名古屋、大阪に支店を持ち、大手商社などからの仕入れ販売を主力に業界最大手に成長。美深、函館の自社工場で木材製造も手がけ、九六年十二月期決算では売上高二百四十三億円を計上していた。また初代社長の故松浦周太郎氏は後に政界に転じ、運輸相を務めた。

同社の専務は「拓銀からの年末の資金の融資要請を断られ、社長が業務継続を断念したと聞いている」と話している。

これについて美深町の岩木実町長は「戦後、町の発展に大きく貢献した企業で影響は大きい。関連する従業員も百人近くになる」と衝撃を隠せない様子で語った。

同社は最近、自社製造部門の廃止を打ち出す一方、今年九月にツーバイフォー住宅メーカー最大手の三井ホーム(本社・東京)との共同出資で北海道中央ホーム(本社・旭川)を設立するなど、事業の見直しに乗り出したばかりだった。しかし、主力取引銀行の経営破たんのあおりで、経営再建はならなかった。

北海道新聞
1997/11/29
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
天塩川木材破産 “巨木”倒れマチに不安 再雇用の望み薄く 美深
【写真説明】林業のマチ美深に衝撃。人影もまばらな自己破産した天塩川木材工業の本社工場 掲載 1997/11/30

 

1997年11月27日 (木)

北栄建設工業(株)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1777号)

北栄建設工業(株)(札幌市東区北21条東1丁目4番34号)は11月27日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高橋智弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年1月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年2月9日午後3時。

1997/12/22
札幌地方裁判所民事第4部

1997年11月26日 (水)

(株)スクープ[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1768号)

(株)スクープ(札幌市北区あいの里1条3丁目12番3号)は11月26日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は朝倉靖弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年12月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年1月29日午前11時。

1997/12/11
札幌地方裁判所民事第4部

(有)日祥建設[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1782号)

(有)日祥建設(札幌市北区屯田4条7丁目7番31号第15北進建鉄ビル2階、登記簿上札幌市北区屯田5条4丁目3番16号)は11月26日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は本間裕邦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成10年1月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年2月5日午後3時。

1997/12/22
札幌地方裁判所民事第4部

1997年11月25日 (火)

光栄電機工事(株)[追分町]

既往のシワ寄せ

電気工事の光栄電機工事(勇払郡追分町若草1丁目76番地)は11月25日までに、千歳信組三川支店で2回目の不渡りを出し倒産した。

受注の減少や請負単価の低迷による採算面の低下から資金繰りは悪化していた。

東京商工リサーチ
1997/12/08
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)日翔トランスポート[苫小牧市]

破産宣告(平成9年(フ)第1784号)

(株)日翔トランスポート(苫小牧市新明町1丁目6番4号)は11月25日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は三木明弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年12月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年1月22日午前11時。

1997/12/11
札幌地方裁判所民事第4部

(株)北水エンジニアリング[旭川市]

破産宣告(平成9年(フ)第305号)

(株)北水エンジニアリング(旭川市西神楽2線4号24番地の19)は11月25日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は川村武雄弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成10年1月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年2月20日午後3時。

1997/11/26
旭川地方裁判所民事部

1997年11月21日 (金)

興誠建設(株)[札幌市]

受注不振

建築工事の興誠建設(札幌市中央区南2条西9丁目999番地)は11月17日と21日、空知信金札幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

今期に入り受注は減少し資金繰りは多忙となり、市中金融の導入などで切り抜けていたものの、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/12/08
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)タカハシ[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1594号)

(株)タカハシ(札幌市東区北36条東23丁目1番3号)は11月21日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は三木正俊弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年12月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年1月30日午前11時。

1997/12/16
札幌地方裁判所民事第4部

(有)田村建設[恵庭市]

破産宣告(平成9年(フ)第1735号)

(有)田村建設(恵庭市有明町2丁目14番5号)は11月21日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は野田信彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年12月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年2月6日午後3時。

1997/12/15
札幌地方裁判所民事第4部

1997年11月20日 (木)

(株)ロイヤルミドリ物産[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1763号)

(株)ロイヤルミドリ物産(札幌市豊平区西岡4条6丁目9番1号)は11月20日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は菅野直樹弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年12月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年2月4日午後3時。

1997/12/11
札幌地方裁判所民事第4部

1997年11月19日 (水)

(株)ボブコーポレーション[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1743号)

(株)ボブコーポレーション(札幌市豊平区美園2条3丁目2番7号)は11月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は坂本彰弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年12月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年1月26日午後3時。

1997/12/11
札幌地方裁判所民事第4部

1997年11月18日 (火)

たくぎん抵当証券(株)[札幌市]

たくぎん抵当証券倒産 負債3673億円 自己破産を申請 拓銀破たん初の連鎖

経営破たんした拓銀の関連ノンバンクのたくぎん抵当証券(本社・札幌)は拓銀の支援を得られなくなったため十八日、札幌地裁に自己破産を申請したと発表し、事実上倒産した。拓銀の破たんに伴う初の連鎖倒産。記者会見した社長によると、負債総額は約三千六百七十三億円。企業倒産の負債額としては一九八一年の北炭夕張炭鉱の七百二十一億三千万円を大きく上回り、北海道史上最大の倒産となった。経営が破たんし、北洋銀に営業譲渡する拓銀は、破産法や会社更生法に基づく整理には該当しないため、統計上は倒産に含まれない。

たくぎん抵当証券は八四年に設立。バブル景気に乗って、最盛期の九二年三月期は融資残高が五千二百八十一億円までに拡大した。しかしバブル崩壊後、主な融資先だった不動産業者の業況低迷に伴い、収益が悪化。貸出額三千四百三十八億円(十月末現在)の六割が不良債権化し、拓銀が追加融資や債権の一部放棄などで支援してきたが、二千五十二億円の債務超過に陥っていた。借入金残高は二千九百八十一億円。うち千二百十二億円を拓銀からの借り入れが占める。

十月末現在の抵当証券の販売残高は六百九十二億円。このうち、銀行、生命保険などの機関投資家二十七社を除いた一般投資家七千二百三人に対する販売残高は二百六十一億円に上る。

倒産に伴い元利金は保証されなくなったため、約定通りに元利金が支払われない場合がある。主な返済原資となる抵当証券の担保不動産は、破産宣告を受けた後、抵当証券保管機構に移管され、同機構が回収業務を行う。

記者会見に同席した破産申請代理人の橋本昭夫弁護士は「できるだけ一般投資家の保護が厚くなるように今後選任される破産管財人に要請する」と話した。

北海道新聞
1997/11/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年11月17日 (月)

(株)ハート・ドゥ・ハートコーポレーション[札幌市]

放漫経営

不動産のハート・ドゥ・ハートコーポレーション(札幌市中央区南3条西4丁目18番地1)は7月22日と11月17日、秋田銀行札幌支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約137億円。

不動産業界の低迷から分譲マンション、宅地分譲、ホテル事業および温泉レジャー施設が業績不振となり、売り上げが落ち込み赤字決算となっていた。なお、平成7年頃から約定どおりの借り入れ返済が困難となっていたため、一部債権は共同債権買取機構へ譲渡されている。

東京商工リサーチ
1997/12/01
http://www.tsr-net.co.jp/

マツダテクニカルサービス(株)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1715号)

マツダテクニカルサービス(株)(札幌市中央区北2条東3丁目2番地2)は11月17日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は砂子章彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年12月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年2月3日午後3時。

1997/12/10
札幌地方裁判所民事第4部

(株)セ・ボン[札幌市]

特別清算開始(平成9年(ヒ)第45号)

(株)セ・ボン(札幌市中央区南1条西3丁目2番地)は11月17日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

1997/12/03
札幌地方裁判所

(株)北海道拓殖銀行[札幌市|東証1部・札証 8312]

拓銀破たん 預金は全額保護 北洋銀に営業譲渡

大蔵省は十七日午前、拓銀(本店・札幌、河谷禎昌頭取)の自主再建は困難になったとして破たん処理することを発表した。北洋銀行(同、武井正直頭取)に営業譲渡する。預金保険機構の資金援助で預金は全額保護される。道内経済の混乱を避けるため、日本銀行は特別融資により必要な資金を供給し支援する。都市銀行の破たんは初めて。これにより、拓銀、道銀の合併計画は白紙撤回になる。

拓銀は経営破たんに至った責任をとり、河谷頭取、大野忠二副頭取、武馬鋭稱副頭取、永田修専務の4人の代表権者が辞職する。これに続いて残りの役員も全員辞職する見通し。

三塚博蔵相は同日午前八時二十分から記者会見し、拓銀の破たん処理を正式に発表した。日銀の松下康雄総裁も同内容の発表を行った。道外の店舗は他の金融機関に譲渡する方向だが、具体的には決まっていないという。

バブル経済の時期、成長企業に対して積極的に融資する経営方針を取ってきた拓銀は、バブル崩壊とともに大量の不良債権を抱え経営が悪化していた。今年三月、道銀との合併計画を発表したが、不良債権への認識の違いなどから、九月に計画延期を発表していた。今月三日、同じ銀行間取引で三洋証券が資金ショートして会社更生法を申請して以降、資金繰りが悪化していた。

北海道新聞(号外)
1997/11/17
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年11月14日 (金)

(有)東亜工芸[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1698号)

(有)東亜工芸(札幌市豊平区西岡4条8丁目12番24号)は11月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は野口幹夫弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年12月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年1月20日午後1時30分。

1997/12/08
札幌地方裁判所民事第4部

1997年11月12日 (水)

近江建設(株)[岩見沢市]

近江建設が倒産 負債20億円

【岩見沢】土木建築業の近江建設(本社・岩見沢)は十二日までに、札幌地裁岩見沢支部に自己破産を申請し、事実上倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社によると、負債総額は約二十億円。

一九六三年の設立。ピークの九六年三月期には二十四億五千八百万円を売り上げたが、借入金への依存度が高かった上に、今年に入ってからは民間建築の大幅な受注減となっていた。

北海道新聞
1997/11/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年11月10日 (月)

(有)江尻技建[札幌市]

業績不振

建築工事の江尻技建(札幌市西区発寒14条2丁目8番8号)は10月31日と11月10日、北洋銀発寒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

収益面は厳しく、一部焦げ付きの発生や今後の受注不振など先行き見通しが立たないとし、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/11/24
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年11月 6日 (木)

(有)三陽建設[札幌市]

受注不振

建築工事の三陽建設(札幌市西区山の手4条2丁目1番30号)は11月5日と6日、道銀琴似支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

収益性に乏しく繰越欠損を内包し、加えて今年夏場にかけ受注が枯渇するなど環境は悪化していた。

東京商工リサーチ
1997/12/01
http://www.tsr-net.co.jp/

エコー電機(株)[石狩市]

取引停止処分

通信機販売・機械器具設置工事のエコー電機(石狩市新港西1丁目718番地1)は10月31日と11月6日、北洋銀白石本郷支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

携帯電話、PHSなどの普及から通信機部門での売り上げ低下、加えて設備投資の鈍化から機械設置部門も低迷が続き、実質赤字経営を余儀なくされていた。

東京商工リサーチ
1997/11/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ローテックジャパン[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1672号)

(株)ローテックジャパン(札幌市中央区南1条西10丁目4番地)は11月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は藤本明弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年12月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年1月22日午後3時。

1997/12/01
札幌地方裁判所民事第4部

1997年11月 5日 (水)

(有)北光鉄建[旭川市]

銀行取引停止

鋼構造物工事の北光鉄建(旭川市神楽岡14条8丁目53番地)は11月5日、道銀神楽支店で2回目の不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

経営は放漫に流れがちで、10月13日には「破産手続」に入る旨の張紙をしたが、法的な手続きには入らず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/12/01
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)細谷電気商会[釧路町]

業績不振

電気工事の細谷電気商会(釧路郡釧路町鳥通東7丁目26番地)は10月31日と11月5日、根室信金釧路新橋支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3300万円。

他人資本依存の高いところに近年の受注不振が続き、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/11/24
http://www.tsr-net.co.jp/

光盛工業(株)[札幌市]

業績不振

建築工事の光盛工業(札幌市白石区北郷4条2丁目8番10号)は10月6日と11月5日、北洋銀北郷支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

受注単価の伸び悩みや、同業者との競合も激しく赤字経営が続き財務内容が悪化、今期の受注も極端に落ち込んだことから支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1997/11/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ナカフ工業[中富良野町]

取引停止処分

土木工事のナカフ工業(空知郡中富良野町字中富良野市街地)は9月30日と11月5日、富良野信金中富良野支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

営業体制などの問題で受注が減り、元来より資本力に乏しく借り入れに依存した体質であったため、売り上げ減少により資金繰りも悪化し、支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/11/17
http://www.tsr-net.co.jp/

カメイカーペット北海道(株)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1651号)

カメイカーペット北海道(株)(札幌市中央区大通西22丁目46番地)は11月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高橋智弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年12月27日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年1月27日午後3時。

1997/11/26
札幌地方裁判所民事第4部

岸田工業(株)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1666号)

岸田工業(株)(札幌市清田区真栄4条3丁目4番6号)は11月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐藤允弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年12月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年1月14日午後3時。

1997/11/26
札幌地方裁判所民事第4部

(株)釧路花卉[釧路市]

破産宣告(平成9年(フ)第145号)

(株)釧路花卉(釧路市新富士町6丁目1番23号)は11月5日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成9年12月3日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年2月18日午後3時。

1997/11/19
釧路地方裁判所

1997年11月 4日 (火)

(有)奈良建設[えりも町]

破産宣告(平成9年(フ)第1464号)

(有)奈良建設(幌泉郡えりも町字大和274番地の34)は11月4日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は海川道郎弁護士(静内町)。

債権届出の期間は平成9年12月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年1月12日午後1時30分。

1997/11/26
札幌地方裁判所民事第4部

(有)天明木工製作所[函館市]

破産宣告(平成9年(フ)第407号)

(有)天明木工製作所(函館市富岡町3丁目24番13号)は11月4日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は和根崎直樹弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成9年12月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成10年1月20日午前10時。

1997/11/20
函館地方裁判所

« 1997年10月 | トップページ | 1997年12月 »