« 1997年7月 | トップページ | 1997年9月 »

1997年8月

1997年8月29日 (金)

笹山興業(株)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1218号)

笹山興業(株)(札幌市北区屯田8条10丁目6番36号)は8月29日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は肘井博行弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年10月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年11月10日午後3時。

1997/09/11
札幌地方裁判所民事第4部

豊友建設(株)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1231号)

豊友建設(株)(札幌市東区丘珠町643番地4)は8月29日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は奥泉尚洋弁護士(札幌市西区)。

債権届出の期間は平成9年10月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年11月4日午後3時。

1997/09/16
札幌地方裁判所民事第4部

1997年8月28日 (木)

(有)アール・シー・シー[釧路市]

破産宣告(平成9年(フ)第98号)

(有)アール・シー・シー(釧路市愛国東1丁目21番19号)は8月28日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は塚田渥弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成9年9月18日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年10月29日午後3時30分。

1997/09/09
釧路地方裁判所

札幌オクト物流(株)[札幌市]

札幌オクト物流倒産 負債総額9億5千万円

運送業道内大手の札幌オクト物流(本社・札幌)は二十八日、札幌地裁に自己破産を申請し、事実上倒産した。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は約九億五千万円。

同社は一九六九年、内山運輸として設立。七六年に東京奥田運輸(後に東京オクト物流)に買収され、社名を札幌奥田運輸に変更。九四年から現社名で営業し、同年三月期には年商十九億九千七百万円を上げた。しかし景気低迷で取引先の百貨店やスーパーからの受注が伸び悩んだうえ、グループ会社の奥田運輸(同・京都)が一昨年、東京オクト物流が昨年暮れに倒産し、資金繰りが行き詰まった。

北海道新聞
1997/08/29
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年8月27日 (水)

(株)コスミックインターナショナル[札幌市]

売掛金回収難

広告企画・制作のコスミックインターナショナル(札幌市中央区南1条西5丁目17番地2)は8月26日と27日、北海信金札幌支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

外注費の高騰などから収益面は低調な推移を余儀なくされ、また昨年から焦げ付きが散発し資金繰りは多忙となり支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/09/08
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年8月20日 (水)

コヤタ(株)[旭川市]

國井に連鎖

呉服販売のコヤタ(旭川市2条通11丁目右8号)は8月20日、旭川信金駅前支店で1回目の不渡りを出し、整理入りが決定した。負債総額は約1億5000万円。

大口納入先であった國井の倒産で焦げ付きが発生し、先行きの見通しが立たなくなった。

東京商工リサーチ
1997/09/08
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年8月19日 (火)

(株)徳丸商会[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第795号)

(株)徳丸商会(札幌市中央区南1条西9丁目1番地2)は8月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山本行雄弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年9月29日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年10月28日午後3時。

1997/09/03
札幌地方裁判所民事第4部

1997年8月18日 (月)

(株)ハタ産業[旭川市]

放漫経営

プラント設計施工のハタ産業(旭川市3条通23丁目左5号)は8月10日と18日、紋別信金四条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

収益性に乏しく、未収金の発生もあって支え切れなかった。

1997年8月12日 (火)

道東警備システム(有)[帯広市]

設備投資過大

警備の道東警備システム(帯広市西17条北1丁目3番10号)は4月16日と8月12日、帯広信金西支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3500万円。

大手同業者との競合から計画どおりの受注が得られず、設備投資による赤字で欠損を内包する運営が続いていた。

東京商工リサーチ
1997/09/08
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年8月11日 (月)

シリカ工業(株)[小樽市]

過少資本

混和剤製造販売のシリカ工業(小樽市清水町12番15号)は8月5日と11日、小樽商工信組手宮支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9400万円。

資産が乏しいため、金融機関からの資金調達ができず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/08/25
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)日興[森町]

破産宣告(平成9年(フ)第308号)

(株)日興(茅部郡森町字鳥崎町87番地)は8月11日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は藤原秀樹弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成9年9月11日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年10月13日午後1時30分。

1997/08/29
函館地方裁判所

1997年8月 8日 (金)

(有)本間組[虻田町]

既往のシワ寄せ

土木工事の本間組(虻田郡虻田町字高砂町37番地5)は8月7日と8日、伊達信金虻田支店で不渡りを出し、当座解約を受けた。負債総額は約1億円。

以前から経費負担が重く低収益体質が定着、最近は債務超過に陥っていた。

東京商工リサーチ
1997/09/08
http://www.tsr-net.co.jp/

エジマ工業(株)[釧路市]

他社倒産の余波

コンクリート・アスファルト切断工事のエジマ工業(釧路市星が浦南2丁目5番5号)は8月4日と8日、北洋銀釧路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6000万円。

平成8年度の社屋の新築負担や、相次ぐ不良債権の発生が重なって今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/09/01
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年8月 7日 (木)

(株)美創インテリア[旭川市]

他社倒産の余波

内装仕上工事の美創インテリア(旭川市錦町15丁目2979番地27)は8月1日と7日、旭川信金近文支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2500万円。

今年に入って焦げ付きが発生し支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1997/09/01
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年8月 6日 (水)

(株)丸徳幸和[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1118号)

(株)丸徳幸和(札幌市中央区北2条東11丁目23番地70)は8月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は菅野直樹弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年9月13日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年10月13日午後1時30分。

1997/08/26
札幌地方裁判所民事第4部

レキセイ商事(株)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第1096号)

レキセイ商事(株)(札幌市豊平区平岸3条13丁目5番21号)は8月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小田勝弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年9月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年10月20日午後3時。

1997/08/29
札幌地方裁判所民事第4部

1997年8月 5日 (火)

(株)國井[旭川市]

道北中心に衣料品小売店展開 国井、自己破産申請へ 負債額60億円

道北を中心に衣料品小売店九店を経営する国井(本社・旭川、従業員約二百人)が五日午前、営業を停止した。同日中にも旭川地裁に自己破産を申請する。帝国データバンク旭川支店と東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は約六十億円。

国井は一九四八年に上川管内美瑛町で製綿業を創業、その後衣料品小売りに進出し、五三年に法人化した。道北を中心に店舗を増やし、最盛期には十三店を擁し、年間百三十一億円の売り上げがあった。

しかし、大型量販店の攻勢と消費者の需要の変化への対応の遅れで業績が低迷し、最近では売り上げは八十億円台に落ち込んでいた。

このため、主力取引銀行や主な取引先から社員の派遣を受け、四月に留萌店を閉鎖するなど再建に努めてきたが、業績の回復はならなかった。

旭川に二店のほか、美瑛、富良野、上富良野、滝川、芦別、遠軽、美幌の計九店舗がある。

北海道新聞
1997/08/05
http://www.hokkaido-np.co.jp/

藤田興業(株)[小樽市]

取引停止処分

土木建築基礎工事の藤田興業(小樽市銭函3丁目501番地3)は7月10日と8月5日、拓銀円山支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億円。

重機取得に伴う設備投資が負担となり収益面は厳しく、繰越欠損を内包しての運営で、近年は春先の受注枯渇により資金繰りが悪化し、手形ジャンプなどで切り抜けていたが支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/08/25
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年8月 4日 (月)

三星企業(株)[札幌市]

パチンコ店の三星企業倒産

パチンコ店の三星企業(本社・札幌、資本金三千万円)は五日までに二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。民間信用調査機関の東京商工リサーチ道支社によると、負債総額は約十四億円。

同社は一九八四年設立。札幌市内に二店舗を構え、ピーク時の九二年五月期は四十一億円を売り上げたが、同業他社との競合が激しくなり、九六年五月期は赤字決算となっていた。

北海道新聞
1997/08/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

東豊設備工業[札幌市]

東豊設備工業が倒産

民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、管工事の東豊設備工業(本社・札幌)は四日、二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債は約十億円。

冷暖房、給排水工事が主体で九六年八月期には売上高十四億八千百万円を計上したが、賃貸アパート建設などの借入金金利負担に加え、工事単価低迷で資金繰りが悪化。六月三日に一回目の不渡りを出していた。手持ち工事は継続の方針。

北海道新聞
1997/08/05
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年8月 1日 (金)

希電工(株)[札幌市]

希電工が自己破産 負債額11億円

東京商工リサーチ道支社によると、電気工事業の希電工(本社・札幌)が一日、札幌地裁に自己破産を申請し、倒産した。負債額は十一億二千三百万円。

同社はロードヒーティング、電気工事を中心に、一九九七年三月期で年間売上高七億五千五百万円を上げていたが、親会社の北方電業(本社・札幌)が一月に自己破産を申請したため、資金繰りが悪化。七月末には二回目の不渡り手形を出していた。

北海道新聞
1997/08/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1997年7月 | トップページ | 1997年9月 »