« 1997年3月 | トップページ | 1997年5月 »

1997年4月

1997年4月30日 (水)

広村商事(株)[札幌市]

偶発的要因

パチンコ店の広村商事(札幌市南区澄川4条1丁目1番36号)は3月31日と4月30日、道銀澄川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9億円。

近年は同業他社との競合が激しく業績は低下傾向を余儀なくされていたところに、変造プリペイドカードでトラブルが発生するなど経営環境が悪化、以降店舗は閉鎖されていた。

東京商工リサーチ
1997/05/19
http://www.tsr-net.co.jp/

貴晶物産(株)[余市町]

売掛金回収難

土木建築資材卸の貴晶物産(余市郡余市町大川町4丁目54番地)は4月7日と30日、北洋銀余市支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

矢野建設工業の商事部門として設立され、親会社主体に販売していたが、親会社の資金繰りが悪化したことにより同社も行き詰まった。

東京商工リサーチ
1997/05/12
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年4月28日 (月)

渋谷車輛建設(株)[留萌市]

破産宣告(平成9年(フ)第112号)

渋谷車輛建設(株)(留萌市大和田3丁目226番地)は4月28日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は川村武雄弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成9年6月2日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年7月4日午後1時30分。

1997/04/29
旭川地方裁判所民事部

(株)渋谷組[留萌市]

破産宣告(平成9年(フ)第111号)

(株)渋谷組(留萌市五十嵐町2丁目3番15号)は4月28日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は中村元弥弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成9年6月2日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年7月4日午後3時。

1997/04/29
旭川地方裁判所民事部

(株)プレスト[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第551号)

(株)プレスト(札幌市白石区南郷通19丁目北1番31号)は4月28日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は田中貴文弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年6月18日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年7月18日午後3時。

1997/05/27
札幌地方裁判所民事第4部

1997年4月23日 (水)

(有)生地のひつじ屋[函館市]

破産宣告(平成9年(フ)第108号)

(有)生地のひつじ屋(函館市梁川町8番22号)は4月23日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は熊谷義郎弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成9年5月27日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年6月24日午前10時。

1997/05/16
函館地方裁判所

1997年4月22日 (火)

寺尾石材工業(株)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第507号)

寺尾石材工業(株)(札幌市豊平区月寒中央通9丁目2番5号寺尾ビル、登記簿上札幌市豊平区月寒中央通9丁目)は4月22日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川正也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年5月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年7月23日午後3時。

1997/05/16
札幌地方裁判所民事第4部

(有)毛内組[留萌市]

破産宣告(平成9年(フ)第107号)

(有)毛内組(留萌市沖見町1丁目93番地)は4月22日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は千葉健夫弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成9年5月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年6月20日午後3時。

1997/04/23
旭川地方裁判所民事部

1997年4月21日 (月)

電創電気工事(株)[札幌市]

放漫経営

電気工事の電創電気工事(札幌市東区北28条東18丁目5番15号)は3月31日と4月21日、北洋銀札幌駅前支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

平成8年12月に東電工に焦げ付きが発生、さらに親会社新晃電機との手形操作を行っていたため、連鎖する形となった。

東京商工リサーチ
1997/04/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年4月19日 (土)

(株)神商[函館市]

配管資材の神商が倒産

【函館】東京商工リサーチ、帝国データバンク両函館支店によると、配管資材、住宅設備資材販売の神商(本社・函館)は、十九日までに函館地裁に自己破産を申し立て、同地裁がこれを受理し、倒産した。負債総額は約十二億円に達する見込み。

同社は一九七八年設立。業務を拡大、ピーク時の九一年三月期に約十六億円を売り上げたが、九六年七月と九七年三月に取引先企業が倒産、大口の不良債権を抱え資金繰りが悪化した。

北海道新聞
1997/04/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年4月18日 (金)

(株)アズ・クラフト[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第313号)

(株)アズ・クラフト(札幌市東区北27条東9丁目3番22号)は4月18日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山下史生弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年5月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年6月30日午後3時。

1997/05/21
札幌地方裁判所民事第4部
 

※ ブルーハウスに対し約9640万円の焦げ付き発生(債権届出額による)

 

光輪運輸(有)[中標津町]

破産宣告(平成9年(フ)第6号)

光輪運輸(有)(標津郡中標津町西町5丁目23番地)は4月18日、釧路地裁根室支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は今重一弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成9年5月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年6月27日午後1時。

1997/05/14
釧路地方裁判所根室支部

1997年4月16日 (水)

(株)スエヒロ[江別市]

破産宣告(平成9年(フ)第297号)

(株)スエヒロ(江別市野幌末広町14番地の7)は4月16日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は渡辺達生弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年6月15日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年7月15日午後3時。

1997/05/16
札幌地方裁判所民事第4部

1997年4月15日 (火)

(株)岩川商会[室蘭市]

破産宣告(平成9年(フ)第66号)

(株)岩川商会(室蘭市輪西町2丁目8番1号)は4月15日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は芝垣美男弁護士(室蘭市)。

債権届出の期間は平成9年6月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年8月6日午後2時。

1997/05/16
札幌地方裁判所室蘭支部

1997年4月14日 (月)

(株)町井楽器店[旭川市]

業績不振

楽器販売・修理の町井楽器店(旭川市5条通)は4月8日と14日、旭川信金本店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億1000万円。

平成5年に不動産管理部門から撤退し売上高が激減、このため経営悪化に陥り累積欠損を抱え、市中金融に依存していたこともあり支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/04/28
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)カタオカ[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第210号)

(株)カタオカ(札幌市北区あいの里4条5丁目10番2号)は4月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山口均弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年5月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年6月27日午後3時。

1997/05/13
札幌地方裁判所民事第4部

1997年4月11日 (金)

かつみ塗装(株)[札幌市]

業績不振

塗装・建築工事のかつみ塗装(札幌市西区西野1条5丁目5番11号)は4月10日と11日、札銀本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億1000万円。

大型物件の減少もあり売上高が低下、この間、東京支店の撤退、外注コストの見直しを行っていたが、受注状況は回復せず資金繰りは多忙化し支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/04/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年4月10日 (木)

(有)タイヤハウスクレーバー[東神楽町]

業績不振

タイヤ販売のタイヤハウスクレーバー(上川郡東神楽町ひじり野北1条5丁目61番地4)は4月7日と10日、旭川商工信組東光支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2500万円。

店舗の立地が悪く、以前の基盤をうまく引き継ぐ事ができず低迷、さらにここに来て冬タイヤの在庫過多が資金繰りを圧迫し今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/04/28
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)昂商[赤平市]

放漫経営

建設資材販売の昂商(赤平市宮下町3丁目1番地2)は3月10日と4月10日、拓銀赤平支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億6000万円。

マルニ技建への資金流出などで資金繰りが悪化していたところに、営業担当役員が退職したことも打撃となり、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/04/28
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年4月 9日 (水)

アサヒ工業(株)[追分町]

破産宣告(平成9年(フ)第449号)

アサヒ工業(株)(勇払郡追分町旭452番地)は4月9日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は長田正寛弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年5月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年6月25日午後4時。

1997/05/01
札幌地方裁判所民事第4部

牟田建設興業(有)[千歳市]

破産宣告(平成9年(フ)第448号)

牟田建設興業(有)(千歳市住吉5丁目5番20号)は4月9日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は長田正寛弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年5月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年6月25日午後3時。

1997/05/01
札幌地方裁判所民事第4部

1997年4月 8日 (火)

一長(有)卓生規会[留萌市]

破産宣告(平成9年(フ)第84号)

一長(有)卓生規会(留萌市開運町2丁目79番地)は4月8日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は古田渉弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成9年5月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年6月6日午後2時。

1997/04/09
旭川地方裁判所民事部

1997年4月 7日 (月)

(有)黒田板金工業所[小樽市]

既往のシワ寄せ

板金工事の黒田板金工業所(小樽市豊川町8番3号)は4月2日と7日、北洋銀手宮支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1500万円。

年々売上高は下降線をたどり、不採算から欠損計上が続き、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/05/19
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)山与中村水産[岩内町]

販売不振

水産加工の山与中村水産(岩内郡岩内町字宮園18番地)は3月31日と4月7日、岩内信金本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

市況悪化と原料高製品安の悪循環により業績が低迷、売り上げが落ち込み資金繰りが悪化した。

東京商工リサーチ
1997/05/19
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年4月 2日 (水)

(株)丸北北食[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第397号)

(株)丸北北食(札幌市中央区北9条西19丁目35番地122)は4月2日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高橋智弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年6月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年7月17日午後3時。

1997/05/06
札幌地方裁判所民事第4部

ハマヤホーム(株)[札幌市]

業績不振

建築工事のハマヤホーム(札幌市白石区北郷2条12丁目4番14号)は3月31日と4月2日、札幌中央信組南郷支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億4000万円。

工事は外注に頼っていたために収益面は低調で、さらに借り入れ負担の重荷もあって、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/04/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年4月 1日 (火)

苫小牧ミート(株)[苫小牧市]

販売不振

精肉販売の苫小牧ミート(苫小牧市しらかば町1丁目19番6号)は3月31日と4月1日、千歳信組苫小牧支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

近年の大型量販店進出により業績は振るわず支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1997/04/28
http://www.tsr-net.co.jp/

新晃電機(株)[札幌市]

放漫経営

電気工事資材・家電商品販売の新晃電機(札幌市白石区中央3条5丁目6番11号)は3月31日と4月1日、拓銀白石支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

収益面が低調で財務内容が悪化、このため取引先との手形操作などで切り抜けていたが、仕入先の支援の打ち切りもあって今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/04/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ホームセンターマルセ[上ノ国町]

自己破産を申請

【上ノ国】民間信用調査機関の東京商工リサーチ函館支店によると、桧山管内上ノ国町のホームセンターマルセ(資本金四千六百万円)は一日、函館地裁に自己破産を申請し倒産した。負債総額は約七千三百万円。

同社は一九八八年に設立。本店をはじめ、後志管内共和町、倶知安町など五カ所でホームセンター事業を展開していたが、主力の共和、倶知安両町で道内最大手チェーンの店舗と競合、急激に収益が悪化していた。

北海道新聞
1997/04/02
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1997年3月 | トップページ | 1997年5月 »