« 1997年1月 | トップページ | 1997年3月 »

1997年2月

1997年2月28日 (金)

(株)神建業[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第191号)

(株)神建業(札幌市東区北34条東28丁目10番26号)は2月28日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は冨田茂博弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年4月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年5月14日午後3時。

1997/03/24
札幌地方裁判所民事第4部

北星建設運輸(株)[札幌市]

少雪で除雪の仕事激減

一般貨物運送業の北星建設運輸(本社・札幌)は二十八日までに、札幌地裁に自己破産を申請し、倒産した。民間信用調査機関、帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は五億四千万円。

一九六二年創業。建設土木資材の運送を主体に、冬は除雪業務を手掛けて、ピークの九五年三月期は九億六千七百万円を売り上げた。

しかし、業界の競争激化で業績が頭打ちとなったのに加えて、今冬初期の降雪量が例年に比べて少なかったために除雪の仕事が激減し、昨年十二月以降、資金繰りが悪化していた。

北海道新聞
1997/02/28
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年2月27日 (木)

(株)中尾組[恵庭市]

恵庭の中尾組倒産 負債総額7億円余

【恵庭】帝国データバンク苫小牧支店と東京商工リサーチ道支社によると、土木業の中尾組(本社・恵庭、資本金五千万円)は二十八日までに札幌地裁に自己破産を申請、同地裁から破産宣告を受けて倒産した。負債総額は約七億六千万円。

北海道新聞
1997/03/01
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年2月26日 (水)

(株)協同広告社[札幌市]

協同広告社が倒産 ブルーハウス連鎖で最大 負債92億円

道内の広告代理店最大手の協同広告社(本社・札幌、従業員二百六十三人)は二十六日午前までに、札幌地裁に自己破産を申請し、即日、同地裁から破産宣告を受け倒産した。

同社は和議も模索していたが、多額の負債などから条件が整わず自己破産を選んだ。負債総額は九十一億七千七百七十八万円。一月初めに同地裁に自己破産を申請し倒産したブルーハウス(本社・札幌)への多額の債権が焦げ付き、資金難に陥ったため。ブ社の連鎖倒産は、全国で十九社、うち道内企業は九社となり、同広告社はこの中で最大規模。

債権者による債権届け出期間は五月二十三日まで、第一回債権者集会は六月二十四日午後に開かれる。

社長によると、数年前からブ社との取引が急速に伸び、一九九四年には四十億円程度になった。さらに昨春以降、ブ社が中心となって千歳NEWSに出店した「ワイルドバランス」の広告を受注したほか、年末の名古屋市内や札幌市手稲のブルーハウス新規出店の際の受注額が十一億円になるなど取引額が膨らんだ。ブ社の取引額が売上高の二割以上を占める突出ぶりだった。

同社は受注残があるため、「取引先に迷惑をかけないよう裁判所との話し合いの結果、暫定的に三月十五日まで営業を続ける」としている。

同社は五二年設立。道内外の新聞社やテレビ局などの媒体広告の代理業やイベント企画が主体で、九六年三月期には年間売上高は約百五十三億円を上げていた。

北海道新聞
1997/02/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年2月25日 (火)

ユー・アイ・フーズ(株)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第162号)

ユー・アイ・フーズ(株)(札幌市北区北7条西2丁目6番地山京ビル7階、登記簿上札幌市豊平区平岸4条3丁目7番11号)は2月25日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は三木明弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年4月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年5月21日午後3時。

1997/03/26
札幌地方裁判所民事第4部

(株)ウイング[札幌市]

ブルーハウスに連鎖

インテリア家具・雑貨卸のウイング(札幌市東区北36条東26丁目2番26号)は1月27日と2月25日、札銀元町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億6000万円。

主力取引先のブルーハウスの倒産により大口焦げ付きが発生、弁護士を介し取引先との折衝を重ねていたものの同意が得られず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/03/10
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年2月24日 (月)

(有)笹田建業[旭川市]

業績不振

土木建築工事の笹田建業(旭川市豊岡14条9丁目1番6号)は2月18日と24日、旭川信金あたご支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

収益性に恵まれずかなりの累積欠損を抱えていた。

東京商工リサーチ
1997/03/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)山末運輸[石狩市]

取引停止処分

運送の山末運輸(石狩市樽川450番地、登記上=札幌市西区西町南7丁目2番33号)は2月21日と24日、札幌信金琴似支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2000万円。

業況は厳しく資金繰りは多忙となり、支えきれず今回の事態となった。なお、事後処理を弁護士に一任し、任意整理の意向にある。

東京商工リサーチ
1997/03/17
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年2月19日 (水)

(有)室蘭資材機器[室蘭市]

放漫経営

事務機器販売の室蘭資材機器(室蘭市八丁平4丁目47番17号)は2月18日と19日、室蘭信金中島支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8600万円。

販促に伴う資金計画の甘さ、売り上げの減収も重なって資金繰り難から今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/03/10
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)札幌常陸銘石商会[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第131号)

札幌常陸銘石商会(株)(札幌市北区新琴似6条13丁目2番1号、登記簿上札幌市北区新琴似3条13丁目4番13号)は2月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は浅水正弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年3月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年5月7日午後3時。

1997/03/11
札幌地方裁判所民事第4部

美園産業(株)[札幌市](15年ぶり2回目)

産廃業者が事実上倒産 北広島「美園産業」

北広島西の里に事業所をもつ産業廃棄物中間処理業「美園産業」(本社・札幌市豊平区)が二月十九日、二回目の不渡りを出し事実上の倒産となっていたことが十一日までにわかった。帝国データバンクによると、負債額は約三億二千万円。

同社は一九六六年九月設立。解体業を行っていたが、九〇年九月から産業廃棄物中間処理業の許可を受けて、北広島市西の里の事業所で建設資材や金属くずを処分していた。

北海道新聞
1997/03/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年2月18日 (火)

(有)樋口左官工業所[余市町]

弁護士に整理を一任

左官工事の樋口左官工業所(余市郡余市町大川町6番地6)は2月17日と18日、北海信金本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

収益面は低調で財務内容が悪化、このため市中金融などの利用で切り抜けていた。事後処理は弁護士に一任している。

東京商工リサーチ
1997/03/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)木村鉄筋[伊達市]

業績不振

鉄筋工事の木村鉄筋(伊達市南黄金町14番地13)は1月31日と2月18日、不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3500万円。

景気の低迷などで受注量は減少、大幅な減収が収益面を圧迫し、資金繰りに支障をきたし支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1997/03/10
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)バーズプロモーション[釧路市]

破産宣告(平成9年(フ)第10号)

(有)バーズプロモーション(釧路市武佐3丁目34番8号)は2月18日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は福岡定吉弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成9年3月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年4月23日午後2時。

1997/03/04
釧路地方裁判所

1997年2月17日 (月)

(株)旭盛電機工業[旭川市]

放漫経営

電気工事の旭盛電機工業(旭川市東光10条4丁目3番5号)は2月14日と17日、士別信金東光支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億8000万円。

受注が落ち込み財務内容が悪化、このため手形操作などで切り抜けていたが、その後の資金調達のめども立たず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/02/24
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年2月13日 (木)

大洋商事(株)[札幌市]

大洋商事(札幌)など自己破産申請へ ブルーハウス連鎖10社に

東京商工リサーチ道支社によると、衣料品卸の大洋商事(本社・札幌)が十三日、事務所を閉鎖し、事後処理を弁護士に一任した。関連会社で衣料小売りのレガッタ(同)とともに来週にも札幌地裁に自己破産を申請する。負債総額は約三十九億円。主要な取引先だったブルーハウス(本社・札幌)が一月初めに倒産したことから連鎖した。これでブルーハウスの連鎖倒産は全国で十社、道内で六社となった。

大洋商事は男性用衣料品を主体に、子供服、スポーツウエアなども扱い、最近では並行輸入事業にも積極的に取り組み、主に道内の小売店に販売。一九九六年七月期で年売上高約四十一億一千万円を上げていた。

しかし、主要販売先だったブルーハウスが一月初めに自己破産を申請し倒産したことから、約八億七千九百万円の焦げ付きが発生し、資金繰りが急激に悪化した。取引先に手形ジャンプなどの支援を要請したが、足並みがそろわなかった。

連鎖倒産について、東京商工リサーチ道支社は「今後もさらに発生するだろう」と話している。

北海道新聞
1997/02/13
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年2月10日 (月)

(株)ジハード[札幌市]

24時間ぶろ レジオネラ菌に参った! ジハードが倒産

民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、家庭用「二十四時間ぶろ」に使う温水循環器の製造・販売、ジハード(本社・札幌)は十二日までに、二回目の不渡りを出し、事実上倒産した。負債総額は七億円前後。一九九〇年に設立し、九二年から温水循環器の製造、販売を開始。ピークの九六年三月期は十八億八千百万円を売り上げる一方で、競合激化に伴う広告費用の負担などで三億一千七百万円の登記欠損を出していた。

昨年十二月に、「二十四時間ぶろ」が、肺炎の原因となるレジオネラ菌を繁殖させる―との危険性を指摘されたことを契機に、製造を全面的に委託していた幸田電機製作所(同・東京)が今月五日、東京地裁より破産宣告を受けたため、製造がストップしていた。

「二十四時間ぶろ」関連企業の倒産は一月二十三日に銀行取引停止処分になったアクア・ジャパン(千葉市)に次ぐもので、道内では初めて。

北海道新聞夕刊
1997/02/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

マウントアップ(株)[札幌市]

放漫経営

鉄骨・建築工事のマウントアップ(札幌市東区中沼町92番地181)は2月5日と10日、北洋銀札苗南支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3500万円。

採算割れの受注や焦げ付きなどの発生により資金繰りは多忙となり、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/02/24
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年2月 7日 (金)

(株)スズキ[札幌市]

スズキが店舗閉鎖 札幌・負債10億円

タイル販売、同工事のスズキ(本社・札幌)は七日、経営不振から店舗を閉鎖し、事後処理を弁護士に一任した。負債額は約十億円。

同社は一九七七年に設立され、タイル、陶器の販売やタイル工事を主体に、九五年三月期で年間売上高約十億円を上げていた。

しかし、受注の低下から工事部門の採算が悪化し、九六年同期では七千万円余りの赤字となっていた。本年度も、受注が伸び悩んでいたうえ、運転資金としての借入金の負担も重く、厳しい経営が続いていた。

北海道新聞
1997/02/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)神田建材店[留萌市]

業績不振

建材販売の神田建材店(留萌市開運町1丁目66番地)は2月5日と7日、北洋銀留萌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

現社長の体調がすぐれず業績不振に陥り、今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/02/17
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年2月 6日 (木)

六華事業(協)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第54号)

六華事業(協)(札幌市中央区大通西5丁目8番地昭和ビル9F)は2月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉原美智世弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年4月9日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年5月9日午後3時。

1997/02/24
札幌地方裁判所民事第4部

1997年2月 5日 (水)

(株)ノース[千歳市]

破産宣告(平成9年(フ)第96号)

(株)ノース(千歳市文京1丁目2番地の3)は2月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は本間裕邦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年3月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年4月15日午後3時。

1997/03/03
札幌地方裁判所民事第4部

菱友建設(株)[札幌市]

既往のシワ寄せ

建築工事の菱友建設(札幌市北区太平3条3丁目23番地58)は1月31日と2月5日、北洋銀太平支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

近年は市況低迷の影響もあり売上高が減少、平成8年10月期は積極的営業展開で回復していたものの、無理な受注から採算悪化で今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/02/17
http://www.tsr-net.co.jp/

東榮土木工業(株)[小樽市]

既往のシワ寄せ

土木工事の東榮土木工業(小樽市新光1丁目2番4号)は1月6日と2月5日、小樽信金朝里支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4500万円。

受注は恵まれていたが赤字経営が続き、平成8年12月末で整理の方向を決めていた。

東京商工リサーチ
1997/02/17
http://www.tsr-net.co.jp/

青木鋼商(株)[札幌市]

青木鋼商が和議申請へ 負債総額55億円

帝国データバンク札幌支店と東京商工リサーチ道支社によると、鋼材卸の青木鋼商(本社・札幌)は早ければ六日にも、札幌地裁に和議を申請する。すでに五日には一回目の不渡り手形を出し、事後処理を弁護士に一任していた。負債総額は約五十五億円。

同社は一九〇九年(明治四十二年)に創業され、四一年(昭和十六年)に株式会社に改組された鋼材問屋のしにせで、鉄鋼製品を主体に、大理石や御影石などの建築用石材も扱い、道内の建築業者に卸していた。年間売上高は九三年三月期のピーク時で、約七十一億二千万円を上げていた。

九三年に石狩湾新港地域に加工工場を建設したが、景気低迷の長期化から鋼材市況が冷え込み、売り上げが九六年三月期には約四十八億六千万円に減少したうえ、設備負担も重かった。また、取引先の倒産から不良債権が増加し、厳しい経営が続いていた。

北海道新聞
1997/02/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年2月 4日 (火)

(有)丸山印刷[小樽市]

販売不振

印刷業の丸山印刷(小樽市勝納町6番8号)は1月28日と2月4日、小樽信金入舟支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

最近、印刷機械を設備投資したが、思うように売り上げは伸びず、設備負担の重圧と販売不振により今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/02/17
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年2月 3日 (月)

椿建設工業(株)[旭川市]

破産宣告(平成9年(フ)第24号)

椿建設工業(株)(旭川市緑町20丁目2750番地5)は2月3日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は八重樫和裕弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成9年3月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年4月25日午後2時。

1997/02/04
旭川地方裁判所民事部

« 1997年1月 | トップページ | 1997年3月 »