« 1996年12月 | トップページ | 1997年2月 »

1997年1月

1997年1月31日 (金)

北食サービス(株)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第66号)

北食サービス(株)(札幌市南区北ノ沢4丁目1番57号)は1月31日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は池田茂徳弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年3月23日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年4月23日午後3時。

1997/02/26
札幌地方裁判所民事第4部

(株)マルサダ大野商会[札幌市]

放漫経営

塗料販売・塗装工事のマルサダ大野商会(札幌市豊平区平岸3条8丁目7番28号)は1月21日と31日、拓銀平岸支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

受注が落ち込み、また固定費や金利負担も重荷となって今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/02/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)丸徳富士産商[札幌市]

丸徳富士産商が倒産 不動産投資で負債150億円

東京商工リサーチによると、旧住宅金融専門会社(住専)の融資先の一社である丸徳富士産商(札幌)が一月三十一日に二回目の不渡り手形を出し、事実上倒産した。負債総額は金融機関からの借り入れを中心に約百五十億円。

同社はパチンコ店向けの景品卸売りを主体に、札幌市内で不動産賃貸、食堂経営などを手掛け、一九九五年三月期の売上高は百二億三千六百万円だった。

九〇年には同市内のススキノコマ劇場跡地を約三十億円で購入するなど、八〇年代後半から主に同市中心部のパチンコ店や賃貸マンションなどの不動産投資を進めた。

その資金は旧住専の一社である地銀生保住宅ローンから三十六億円の融資を受けていたほか、昨年倒産した富士リース販売(本社・札幌)などのノンバンク主体に調達していた。

北海道新聞
1997/02/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年1月29日 (水)

(株)西股建設[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第70号)

(株)西股建設(札幌市北区太平8条6丁目1番3号)は1月29日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は大久保誠弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年2月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年3月24日午後1時30分。

1997/02/24
札幌地方裁判所民事第4部

1997年1月28日 (火)

(有)クロスプロダクト[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第69号)

(有)クロスプロダクト(札幌市豊平区清田1条3丁目1番68号)は1月28日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は千葉悟弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年2月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年4月24日午後3時。

1997/02/21
札幌地方裁判所民事第4部
 

※ ブルーハウスに対し1億7000万円の焦げ付き発生(東京商工リサーチ調べ)

 

(有)サンリース釧路[釧路市]

販売不振

造花リース・生花販売のサンリース釧路(釧路市材木町14番21号)は1月21日と28日、釧路商工信組寿支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

近年は同業他社との競合から業績は一進一退で推移、また従来からの借り入れ負担が大きく、市中金融などを導入していたが支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1998/02/09
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年1月22日 (水)

(有)テーラー三浦[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第47号)

(有)テーラー三浦(札幌市中央区南4条西6丁目10番地晴ばれビル)は1月22日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は森越壮史郎弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年2月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年4月23日午後3時。

1997/02/10
札幌地方裁判所民事第4部

1997年1月21日 (火)

(株)エイチ・エム・シー[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第57号)

(株)エイチ・エム・シー(札幌市中央区北2条西13丁目1番地)は1月21日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は舛田雅彦弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年2月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年3月26日午後4時。

1997/02/10
札幌地方裁判所民事第4部

(株)北海油販[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第42号)

(株)北海油販(札幌市東区北33条東15丁目1番2号)は1月21日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は長田正寛弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年2月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年3月19日午後3時。

1997/02/07
札幌地方裁判所民事第4部

1997年1月20日 (月)

(有)プラザジャパン[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第36号)

(有)プラザジャパン(札幌市西区琴似1条2丁目6番8-801号、登記簿上札幌市南区澄川6条13丁目1番16号)は1月20日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は相原わかば弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年4月8日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年5月8日午後3時。

1997/02/07
札幌地方裁判所民事第4部

北方電業(株)[札幌市]

北方産業が自己破産 負債25億円 民間受注縮小響く

東京商工リサーチ道支社によると、電気工事の北方電業(本社・札幌)は二十日、札幌地裁に自己破産を申請し、倒産した。負債額は約二十五億円。

同社は主にビル、学校、マンション、病院などの電気工を手掛け、一九九五年三月期には年間完成工事高約二十三億二千万円を上げた。しかし、不動産業などの関係会社との資金操作失敗で、九六年三月期に特別損失を計上し、赤字に転落。その上、民間工事の受注が縮小傾向で、借入金負担も重く、厳しい経営が続けていた。

北海道新聞
1997/01/20
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)アケボノ事務器[札幌市]

業績不振

事務機用品・文房具販売のアケボノ事務器(札幌市豊平区西岡1条10丁目9番11号)は1月16日と20日、北洋銀澄川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

収益面は低調で実質赤字経営となっていた。このため市中金融などの利用で切り抜けていたが、この金利負担も重荷となり支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/02/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年1月14日 (火)

ヤマト大津物産(株)/加納工業(株)[恵庭市]

ヤマト大津物産が倒産 子会社加納工業も 多額の融通手形で

帝国データバンク札幌支店と東京商工リサーチ道支社によると、土木建築資材販売のヤマト大津物産(本社・恵庭)と子会社で土木工事の加納工業(同)が十四日までに札幌地裁へ自己破産を申請し、倒産した。負債総額はヤマト大津物産が二十四億六千三百三十万円、加納工業が二億五千万円。

ヤマト大津物産は大手ゼネコンや地場の建設業者に対し、コンクリート二次製品、生コン、鋼材などを販売し、一九九五年三月期で売上高約二十八億円、九六年三月期で約三十三億七千万円上げ、増収基調となっていた。

しかし、業務上密接な関係にあった企業に、多額の手形を融通、その額が約十三億円に膨らんだ。このため決済資金のめどが立たず、先行きの見通しが不透明となったことから、今回の措置となった。加納工業は親会社に連鎖して行き詰まった。

北海道新聞
1997/01/15
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)狭間木材店[函館市]

売掛金回収難

木材・建材販売の狭間木材店(函館市富岡町2丁目29番17号)は1月13日と14日、道銀亀田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

販売先に弱小工事業者が多く、売掛金回収難から多忙な資金操作を強いられ支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/02/03
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ハウジング栄光[旭川市]

業績不振

建築工事・住設機器販売のハウジング栄光(旭川市大町3条6丁目2397番地31)は1月10日と14日、北洋銀旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5億1000万円。

収益面は低調で資金繰りに余裕はなく、取引先の支援で切り抜けていたが、1月に入り債権者の足並みが揃わず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/02/03
http://www.tsr-net.co.jp/

勝木印刷(株)[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第26号)

勝木印刷(株)(札幌市東区本町2条10丁目1番8号)は1月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は川上有弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年2月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年3月14日午後3時。

1997/02/03
札幌地方裁判所民事第4部

1997年1月13日 (月)

(有)正栄コミュート[札幌市]

破産宣告(平成9年(フ)第24号)

(有)正栄コミュート(札幌市西区宮の沢1条4丁目13番13号)は1月13日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は小坂祥司弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年2月13日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年4月16日午後3時。

1997/02/03
札幌地方裁判所民事第4部

(株)ロートピア永市[旭川市]

放漫経営

自動車販売・リースのロートピア永市(旭川市東7条6丁目26番地)は1月6日と13日、旭川信金新旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

関係先に行っていた資金援助が次第に負担となり財務内容が悪化し資金繰りに行き詰まり、12月10日には弁護士名で会社整理を行う旨を掲示し営業を停止していた。

東京商工リサーチ
1997/02/10
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)上杉建設興業[幕別町]

放漫経営

土木工事の上杉建設興業(中川郡幕別町字千住397番地77)は1月10日と13日、帯広信金本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

採算性に乏しく、機械車両への先行投資もあり連続欠損を計上。市中金融の導入などで切り抜けていたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1997/01/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)エバーグリーンファーム[長沼町]

長沼のエバーグリーンファーム 2回目の不渡り

農作物の大規模なハウス栽培を手掛けていたエバーグリーンファーム(本社・空知管内長沼町)が二回目の不渡り手形を出し、十四日、事実上倒産した。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は約十億円。同社は有力支援先を探し、営業は継続したい―としている。

同社は一九九四年六月に設立され、同町内でソーラーシステムを導入した農作物のハウス栽培に取り組み、九六年一月期で年商三千百万円を上げていた。

昨年五月からは胆振管内厚真町で、約八〇ヘクタールの敷地に大型ビニールハウス三百棟を建て、全国でも最大規模のハウス栽培事業に着手。太陽熱と風力を熱源に利用してコストを抑え、メロンの端境期の出荷などで高収益を目指していた。

しかし、大型設備投資がかさみ、資金運営を依存していた関係会社の支援が滞ったことなどから、行き詰まった。

北海道新聞
1997/01/14
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1997年1月 8日 (水)

(株)大宮組[旭川市]

武田掘削機工業に連鎖

土木工事・砂利採取販売の大宮組(旭川市東旭川町桜岡24番地)は12月26日と1月8日、旭川商工信組北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

収益面は低調で弱い体質であったところに、武田掘削機工業グループと密接な関係を持っていたため、同グループの破綻に巻き込まれ連鎖した。

東京商工リサーチ
1997/02/03
http://www.tsr-net.co.jp/

1997年1月 7日 (火)

(株)ニッセーイガラシ[旭川市]

ブルーハウスに連鎖

文房具等製造販売のニッセーイガラシ(旭川市豊岡13条5丁目1番8号)は1月6日と7日、北陸銀行旭川四条支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億7000万円。

大口取引先であったブルーハウスが倒産したことで、多額の不良債権が発生したため資金繰りが悪化し今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/02/03
http://www.tsr-net.co.jp/

北東商材(株)[釧路町]

販売不振

製材の北東商材(釧路郡釧路町国誉2丁目3番地1)は12月30日と1月7日、北洋銀鳥取支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億4000万円。

市況の悪化と仕入環境の悪化もあって今期売り上げが落ち込み今回の事態となった。なお事業は続行中。

東京商工リサーチ
1997/01/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)矢野運輸[豊浦町]

業績不振

運送・タイヤ販売の矢野運輸(虻田郡豊浦町字東雲町23番地)は1月6日と7日、伊達信金豊浦支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億9000万円。

市況低迷などにより収益面は低調で、車両等の設備投資が重荷となり財務内容が悪化、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/01/20
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)平安建設[旭川市]

破産宣告(平成8年(フ)第271号)

(株)平安建設(旭川市春光五区2条1丁目277番地の8)は1月7日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は八重樫和裕弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成9年2月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年3月12日午後1時30分。

1997/01/08
旭川地方裁判所

熊谷木工(株)[札幌市]

初の連鎖倒産

ブルーハウス(本社・札幌)の倒産に伴い、店舗内装工事・家具製造小売りの熊谷木工(本社・同)が七日までに、一回目の不渡り手形を出し、営業を停止。肘井博行弁護士(札幌)に事後処理を一任し、事実上倒産した。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は三億円前後。ブルーハウス関連の連鎖倒産は初めてで、同支店は「今後も連鎖倒産が懸念される」とみている。

熊谷木工は一九二一年(大正十年)、家具製造で創業。八二年ごろから、店舗内装工事を手掛け業績を拡大し、昨年九月期の売上高は約七億円。

新千歳空港旧ターミナルビルの商業施設・千歳NEWS内の関連工事など、ブルーハウスを受注のほぼ六割を占める主要取引先としていたが、倒産で焦げ付きが発生した。

北海道新聞
1997/01/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)ブルーハウス[札幌市]

自己破産を申請し倒産 全社員280人を解雇

経営が行き詰まった輸入雑貨、衣料品販売のブルーハウス(本社・札幌)は七日午後、札幌地裁に自己破産を申請し倒産した。負債総額は約二百四十億円に上る見通し。道内の企業倒産としては、過去七番目の負債規模。申請後、同地裁から執行保全命令が出された。

申請代理人の中村仁弁護士によると、同社はこの日までに全社員二百八十六人を解雇するとともに、道内外で経営する計五十三店のほとんどを六日までに閉鎖した。また債権者数は七百人弱に上る見通し。

小樽市の観光名所ともなっている小樽オルゴール堂など一部は七日もいったん店を開けたが、すぐ閉店。同弁護士は「最終的には執行官の決めることだが、財産保全のため(オルゴール堂も)閉店は免れない」との見通しを示した。

ブルーハウスの関連会社で、関東地方に十三店を経営するブルーハウス関東(本社・大宮)の今後について、同弁護士は「別法人であり、同時に法的整理されることは有り得ない」と述べた。ただ、金額は明らかになっていないが両社間には債務保証関係があるとされ、関係者の話では「ブルーハウス関東も店舗網の縮小は避けられない」との見方が強まっている。

ブルーハウスが経営していた店舗の一部に「ブルーハウス関東の店舗であり、ブルーハウスとは関係ない」という趣旨の張り紙が出ていることについて、同弁護士は「店舗の経営権が移転された事実は一切ない」と述べ、張り紙の内容が事実と異なることを明らかにした。

北海道新聞
1997/01/08
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)今土木[帯広市]

破産宣告(平成9年(フ)第2号)

(有)今土木(帯広市西16条北2丁目32番1号)は1月7日、釧路地裁帯広支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は齋藤道俊弁護士(帯広市)。

債権届出の期間は平成9年2月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年4月10日午後2時。

1997/01/23
釧路地方裁判所帯広支部

1997年1月 6日 (月)

(有)ホクチュー運送[幕別町]

業績不振

運送のホクチュー運送(中川郡幕別町旭町109番地)は10月31日と1月6日、十勝信組幕別支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

近年は同業者との競合も激しく、財務内容も悪化していた。

東京商工リサーチ
1997/02/03
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)千歳フェンス工業[千歳市]

業績低迷

フェンス工事の千歳フェンス工業(千歳市東郊2丁目5番16号)は12月10日と1月6日、苫小牧信金千歳支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

下請主体から利幅も薄く、加えて平成8年以降受注量も伸び悩み、資金繰りは多忙に推移し支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1997/02/03
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)三星[上磯町]

偶発的要因

遊技場経営の三星(上磯郡上磯町七重浜7丁目4番28号)は12月2日と1月6日、函館信金ばんだい支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約14億円。

同業者の乱立、競合激化から経営環境は厳しさを増すなか、平成8年11月に従業員ほかが偽造有価証券行使(プリペイドカードの不正使用)の疑いで逮捕され対外信用の失墜で休業していた。

東京商工リサーチ
1997/02/03
http://www.tsr-net.co.jp/

釧路睦運輸(株)[釧路市]

販売不振

運送の釧路睦運輸(釧路市海運3丁目1番5号)は12月16日と1月6日、道銀釧路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3000万円。

採算面は低調で余裕のない資金繰りが続き今回の事態となった。なお事業は継続の見通し。

東京商工リサーチ
1997/01/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)猪狩興業[旭川市]

放漫経営

とび土工・解体工事の猪狩興業(旭川市神居町台場124番地6)は11月30日と1月6日、道銀神楽支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

美瑛町に産業廃棄物処理施設を設置して事業の拡大を図ったが、売り上げが計画どおり進まず、機械購入の設備負担もあって支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/01/27
http://www.tsr-net.co.jp/

東旭川土建(株)[旭川市]

武田掘削機工業に連鎖

土木工事の東旭川土建(旭川市2条通8丁目267番地2)は11月26日と1月6日、拓銀旭川東支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億5000万円。

近年は受注も挽回していたが、武田掘削機工業を中心とする手形操作に巻き込まれた形となり、行き詰まった。

東京商工リサーチ
1997/01/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)基礎プランニング[札幌市]

業績不振

建設業の基礎プランニング(札幌市白石区北郷5条6丁目5番33号)は12月5日と1月6日、道銀北都支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

近年受注が落ち込み資金繰りは多忙となり、支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/01/20
http://www.tsr-net.co.jp/

宮口建設(株)[帯広市]

業績不振

土木工事の宮口建設(帯広市稲田町西線18番地5)は11月5日と1月6日、帯広信金東支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

近年は受注不振が続き、完工高が落ち込み支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1997/01/20
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1996年12月 | トップページ | 1997年2月 »