« 1996年11月 | トップページ | 1997年1月 »

1996年12月

1996年12月27日 (金)

(有)エーワイシステム[釧路市]

破産宣告(平成8年(フ)第78号)

(有)エーワイシステム(釧路市愛国東4丁目37番24号)は12月27日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は稲澤優弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成9年1月27日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年2月26日午後2時。

1997/01/24
釧路地方裁判所

(株)コダックシグマ札幌[札幌市]

特別清算開始(平成8年(ヒ)第48号)

(株)コダックシグマ札幌(札幌市中央区南3条西8丁目7番地大洋ビル地下1階)は12月27日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

1997/01/23
札幌地方裁判所

1996年12月25日 (水)

東藻琴村林産(協)[東藻琴村]

理事長個人で破産申し立て 東藻琴村林産協組

【東藻琴】資金繰りが悪化し、操業停止状態となっている網走管内東藻琴村林産協同組合理事長が十六日、北見市内の弁護士を通じ釧路地裁網走支部に同協組の破産申し立てを行った。

破産申し立てには、原則として同協組の理事会の議決が必要だが、理事長によると、十一日に招集された理事会は、十一人の理事のうち四人しか出席せず、定足数に達しなかったため不成立となった。このため、理事長個人が同協組の破産を申し立てる「純自己破産」の形で提出された。

北海道新聞
1996/12/17
http://www.hokkaido-np-co.jp/

 

破産宣告(平成8年(フ)第29号)

東藻琴村林産(協)(網走郡東藻琴村360番地の1)は12月25日、釧路地裁網走支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は今泉賢治弁護士(北見市)。

債権届出の期間は平成9年1月31日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年2月26日午前10時。

1997/01/28
釧路地方裁判所網走支部

(株)ビジネスサポート[釧路市]

破産宣告(平成8年(フ)第76号)

(株)ビジネスサポート(釧路市南大通4丁目2番9号)は12月25日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は塚田渥弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成9年1月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年2月12日午後3時。

1997/01/17
釧路地方裁判所

(有)井口塗建工業[旭川市]

放漫経営

塗装工事・アパート経営の井口塗建工業(旭川市豊岡3条6丁目4番2号)は12月20日と25日、旭川信金あたご支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

平成3年11月からアパート経営を始めたが入居率が悪く、この不動産投資が負担となり資金繰りも多忙化し、手形操作で切り抜けていたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1997/01/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)拓建工業[札幌市]

放漫経営

建築土木工事の拓建工業(札幌市豊平区清田1条1丁目6番5号)は12月20日と25日、苫小牧信金真駒内支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約11億円。

平成8年前半から受注不振に陥り、一部取引先との手形操作により、資金繰りは多忙な状態が続き支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1997/01/20
http://www.tsr-net.co.jp/

金戸建設(株)[札幌市]

放漫経営

建築・ロードヒーティング工事の金戸建設(札幌市豊平区清田1条1丁目9番12号)は12月20日と25日、北洋銀清田支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6億円。

完工高が前年を下回りジリ貧状態となり、また財務面の管理も甘く支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1997/01/13
http://www.tsr-net.co.jp/

カネモ島水産(株)[釧路市]

業績不振

漁業のカネモ島水産(釧路市入舟6丁目4番10号)は12月2日と25日、北陸銀行釧路南支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約24億円。

近年の漁業環境悪化から累積欠損を内包、今期もサンマ漁の不振から売り上げが大幅に落ち込み今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1997/01/13
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)アーキヴィレッジ[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第1378号)

(有)アーキヴィレッジ(札幌市北区新琴似1条2丁目6番12号)は12月25日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は澤田昌廣弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年1月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年2月25日午後3時。

1997/01/21
札幌地方裁判所民事第4部

1996年12月24日 (火)

シティ・キョードー(株)[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第1389号)

シティ・キョードー(株)(札幌市中央区北2条西13丁目1番地1ケーツービル3階)は12月24日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は上野八郎弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年1月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年3月11日午後3時。

1997/01/21
札幌地方裁判所民事第4部

(株)総合開発技術コンサルタント[札幌市]

負債35億円で自己破産申請

東京商工リサーチ道支社、帝国データバンク札幌支店によると、土木、建築の企画、設計の総合開発技術コンサルタント(本社・札幌)は二十四日午前、札幌地裁に自己破産を申請し、倒産した。負債額は約三十五億円。

同社は一九九〇年に開業した小樽マリーナの企画、設計を請け負うなど、九一年三月期には年売上高約三十二億円を上げていたが、バブル崩壊に伴い大型案件の受注が減少し、九六年同期には同四億三千万円まで落ちていた。さらに、バブル期に不動産、リゾート会員権などの取得に走り、借入金が膨らみ、財務内容が悪化していた。

北海道新聞
1996/12/24
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1996年12月20日 (金)

(有)丸久クボタプロジェクト企画[函館市]

破産宣告(平成8年(フ)第364号)

(有)丸久クボタプロジェクト企画(函館市宇賀浦町5番8号)は12月20日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は藤原秀樹弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成9年1月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年2月28日午前10時20分。

1997/01/20
函館地方裁判所

1996年12月16日 (月)

(有)興亜堂[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第1327号)

(有)興亜堂(札幌市中央区北3条東6丁目338番地)は12月16日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は肘井博行弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年2月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年3月10日午後3時。

1997/01/17
札幌地方裁判所民事第4部

平成運輸(株)[旭川市]

他社倒産の余波

運送の平成運輸(旭川市東鷹栖2線10号1156番地30)は12月10日と16日、北空知信金旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

支援を受けていた自動車整備工場が昨年11月に営業を停止したため、資金繰りが悪化し行き詰まった。

東京商工リサーチ
1997/01/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)石岡建設[石狩市]

弁護士に一任

建築工事の石岡建設(石狩市花川南1条1丁目52番地)は12月13日と16日、札幌信金花川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

下請主体の稼働で収益面は低調な推移を余儀なくされ、資金繰りは多忙となり、支えきれず今回の事態となった。なお、事後処理は弁護士に一任している。

東京商工リサーチ
1997/01/13
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年12月13日 (金)

(有)暁印刷社[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第1320号)

(有)暁印刷社(札幌市中央区南13条西9丁目3番15-302号)は12月13日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は名倉一誠弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年1月13日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年1月29日午後3時。

1997/01/07
札幌地方裁判所民事第4部

1996年12月12日 (木)

マルト井上建設(株)[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第1325号)

マルト井上建設(株)(札幌市豊平区清田7条2丁目16番6号)は12月12日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は松浦正典弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成9年1月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年2月24日午後3時。

1997/01/09
札幌地方裁判所民事第4部

北海道創研(株)[札幌市]

二回目の不渡り

化粧品等販売の北海道創研(札幌市中央区)は12月12日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)暁印刷社[札幌市]

二回目の不渡り

印刷業の暁印刷社(札幌市中央区)は12月12日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年12月10日 (火)

北辰建設(株)[旭川市]

破産宣告(平成8年(フ)第259号)

北辰建設(株)(旭川市旭岡6丁目6番地の1)は12月10日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は廣瀬隆司弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成9年1月20日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年2月12日午後1時30分。

1996/12/11
旭川地方裁判所

泰設工業(株)[札幌市]

二回目の不渡り

管工事の泰設工業(札幌市豊平区)は12月10日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)ミノル運動具店[函館市]

破産宣告(平成8年(フ)第324号)

(有)ミノル運動具店(函館市本町25番13号)は12月10日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は菅原憲夫弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成9年1月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年1月31日午前10時。

1996/12/20
函館地方裁判所

1996年12月 9日 (月)

総輪土木(有)[芽室町]

放漫経営

土木工事の総輪土木(河西郡芽室町西1条5丁目24番地)は12月2日と9日、帯広信金芽室支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9000万円。

収益面は低調で実質赤字経営が続き、取引先の倒産もあって財務内容が悪化していた。さらに、手形操作を行っていた国土緑化が倒産したため支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

二幸管材(株)[札幌市]

特別清算開始(平成8年(ヒ)第31号)

二幸管材(株)(札幌市東区北20条東13丁目2番1号)は12月9日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

1996/12/24
札幌地方裁判所

1996年12月 5日 (木)

富士リース販売(株)[札幌市]

富士リース販売が倒産 負債総額道内2位477億円

東京商工リサーチ道支社によると、富士リース販売(本社・札幌)は六日までに、札幌地裁に自己破産を申請し、同地裁から破産宣告を受け倒産した。負債総額は四百七十六億八千万円。道内では一九八一年十二月に倒産した北炭夕張炭鉱(負債総額一千百五十六億円)に次ぐ、史上二番目の規模となった。

富士リース販売は八〇年に石油製品販売の富士油業(本社・札幌)の子会社として設立された建設機械などのリース業者。八〇年代後半から不動産関連融資に進出、道内外のリゾート開発などに融資に力を注ぎ、九〇年九月期の売上高は約八十七億円だった。しかし、バブル経済崩壊から不良債権が発生し、業績は急激に悪化。親会社の富士油業もこの影響を受け、経営危機に陥った。

このため、富士油業は九二年秋に、三菱石油系列で東証一部上場の富士興産(本社・東京)と拓銀、道銀などの取引金融団の支援を受けた。富士リース販売は銀行管理下に入り、新規営業は行わずに債権回収を進めたが、長引く不動産不況から厳しい状況が続いていた。富士油業や金融機関では、すでに富士リース販売への債権を実質的に処理済みで、影響はほとんどないとみられている。

北海道新聞
1996/12/07
http://www.hokkaido-np.co.jp/

祥建築設計(株)[札幌市]

二回目の不渡り

建築工事の祥建築設計(札幌市中央区)は12月5日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年12月 4日 (水)

(有)アフロディア[札幌市]

二回目の不渡り

化粧品卸小売のアフロディア(札幌市白石区)は12月4日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年12月 3日 (火)

道東コンクリート工業(株)[釧路市]

破産宣告(平成8年(フ)第72号)

道東コンクリート工業(株)(釧路市鳥取南6丁目2番19号)は12月3日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成8年12月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成9年2月12日午後1時30分。

1996/12/17
釧路地方裁判所

大成工業(株)[札幌市]

二回目の不渡り

建築工事の大成工業(札幌市西区)は12月3日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)東電工[札幌市]

放漫経営

節電器販売の東電工(札幌市豊平区月寒西1条10丁目5番67号)は12月2日と3日、札幌信金美園支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

業況は厳しく資金面は多忙で、市中金融など導入したものの支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/12/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年12月 2日 (月)

大日本デベロプメント(株)[札幌市]

二回目の不渡り

建築設計・工事の大日本デベロプメント(札幌市東区)は12月2日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/12/09
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)マルタカ[札幌市]

二回目の不渡り

建築資材販売のマルタカ(札幌市白石区)は12月2日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/12/09
http://www.tsr-net.co.jp/

道北デンカ生コン(株)[比布町]

放漫経営

生コン製造の道北デンカ生コン(上川郡比布町基線6号)は10月31日と12月2日、旭川信金比布支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

後発業者で販売基盤も軟弱で振るわず、さらに武田掘削機工業グループとの手形操作に失敗し支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/12/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)バラスト[旭川市]

放漫経営

砂利採取販売のバラスト(旭川市東旭川町桜岡24番地)は11月28日と12月2日、名寄信金旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。

平成5年8月に経営が行き詰まった金富砂利を買収して発足したが、設備負担が大きく、武田掘削機工業の支援でしのいできたが、それも限界に達し今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/12/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)武田掘削機工業[旭川市]

武田掘削機工業が倒産

土木工事業の武田掘削機工業(本社・旭川)と、子会社で砂利採取販売のバラスト(同)は三日までに、二回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

民間信用調査機関の東京商工リサーチ旭川支店によると、負債総額は武田掘削機工業が約六億円、バラストが約四億円。武田掘削機工業は一九九五年十二月期は四億一千二百万円の売り上げがあったが、系列会社への資金流出などで経営が破たんした。関連三社が既に倒産している。

北海道新聞
1996/12/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1996年11月 | トップページ | 1997年1月 »