« 1996年8月 | トップページ | 1996年10月 »

1996年9月

1996年9月30日 (月)

(株)ケーアールオー・クレオ[札幌市]

二回目の不渡り

内装工事のケーアールオー・クレオ(札幌市白石区)は9月30日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/10/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)コウエイ工業[音更町]

放漫経営

配管工事のコウエイ工業(河東郡音更町宝来西町南1丁目4番地1)は7月1日と9月30日、十勝信組本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3700万円。

受注不振が続き収益も低調で累積欠損を内包していた。このため資金面は多忙で、一部恩借などで繰り回していきたが、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/10/28
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)グリーンハウス[釧路市]

放漫経営

建築工事・有機肥料販売のグリーンハウス(釧路市愛国西3丁目3番11号)は9月20日と30日、釧路商工信組西港支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

元来より資金面に余裕なく、近年は売上高も低調に推移したため、財務内容が悪化し支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/10/21
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年9月27日 (金)

(株)三洋[釧路市]

既往のシワ寄せ

貸金・手形割引の三洋(釧路市花園町7番12号)は9月25日と27日、釧路商工信組本店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約9億円。

不良債権の散発に加え、代表者の放漫経営もあって財務内容が悪化していた。このため他同業者からの借り入れでつないできたが、さらに焦げ付きの発生で支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/10/07
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年9月26日 (木)

(株)札幌クレーンセンター[札幌市]

二回目の不渡り

土木建築工事の札幌クレーンセンター(札幌市北区)は9月26日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/10/14
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年9月25日 (水)

(有)布田工業[釧路町]

他社倒産の余波

解体工事の布田工業(釧路郡釧路町新開5丁目1番地)は9月24日と25日、札銀鳥取支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億5000万円(平成8年3月31日決算時点)。

二期連続業績は低迷、さらに繰越欠損を内包していたところに取引先の倒産で焦げ付きを発生し資金繰りが行き詰まった。なお営業は続行中している。

東京商工リサーチ
1996/10/21
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ジュンマルミヤ[釧路市]

破産宣告(平成8年(フ)第54号)

(株)ジュンマルミヤ(釧路市北大通14丁目1番地)は9月25日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は笠井真一弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成8年10月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年11月19日午後2時。

1996/10/15
釧路地方裁判所

山本物産(株)[旭川市]

旭川 山本物産が自己破産

【旭川】肥料・飼料卸の山本物産(本社・旭川)は二十五日までに、旭川地裁に自己破産の申し立てを行った。

民間調査機関の東京商工リサーチと帝国データバンクによると、負債総額は十四億円余り。同社は一九四六年九月に設立。工業用機械を販売し、四八年ごろから肥料・飼料を取り扱い、ピークの九〇年には十九億円近い売り上げがあった。近年は同業者の安値攻勢や輸入品との競合などで売り上げが低迷していた。地元ではしにせ的な存在で北見市と帯広市に支店がある。

北海道新聞
1996/09/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

 

破産宣告(平成8年(フ)第204号)

山本物産(株)(旭川市大雪通6丁目)は10月7日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は廣瀬隆司弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成8年11月7日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年12月6日午後1時30分。

1996/10/08
旭川地方裁判所

1996年9月24日 (火)

(有)和光レジャー企画[札幌市]

二回目の不渡り

遊技場の和光レジャー企画(札幌市西区)は9月24日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/10/14
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)文栄堂[札幌市]

印刷業のしにせ「文栄堂」が倒産

東京商工リサーチ道支社によると、今年で創業百一年となる印刷業界のしにせの文栄堂(本社・札幌)が二十四日までに札幌地裁に自己破産を申請し、同日破産宣告を受け倒産した。負債総額は約四億円。

同社は一八九五年(明治二十八年)に個人創業された道内印刷業界の草分け。八九年九月期で売上高三億八千百万円を上げ、九一年に新社屋を建設したが、受注増につながらず、九三年九月期より三期連続で赤字決算となっていた。

北海道新聞
1996/09/26
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1996年9月19日 (木)

ユニオン教材(株)[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第999号)

ユニオン教材(株)(札幌市南区南沢4条4丁目9番20号)は9月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は佐々木泉顕弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年11月18日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年12月18日午後3時。

1996/10/08
札幌地方裁判所民事第4部

1996年9月13日 (金)

(有)コスモ総業[札幌市]

二回目の不渡り

土木工事のコスモ総業(札幌市豊平区)は9月13日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/30
http://www.tsr-net.co.jp/

あらや白老海商(株)[白老町]

業績不振

海産物販売のあらや白老海商(白老郡白老町字竹浦123番地1)は8月30日と9月13日、室蘭商工信組登別支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

近年はツアー客減少などに伴う売り上げ減少に加え、商品単価の低迷もあって採算割れが続いていた。

東京商工リサーチ
1996/09/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年9月12日 (木)

(株)三和通運[苫小牧市]

破産宣告(平成8年(フ)第105号)

(株)三和通運(苫小牧市新明町5丁目1番1号)は9月12日、札幌地裁苫小牧支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は花形満弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年10月11日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年11月21日午後1時30分。

1996/10/02
札幌地方裁判所苫小牧支部

(株)北海道スチルコーティング/(株)北海道鋼商[音更町]

北海道スチルと北海道鋼商が倒産 負債計18億円

【音更】亜鉛メッキ加工の北海道スチルコーティング(本社・十勝管内音更町)と系列販売会社の北海道鋼商(同)が十二日、釧路地裁帯広支部に自己破産を申請し、事実上倒産した。東京商工リサーチ帯広支店によると、負債総額は北海道スチルが十二億円、北海道鋼商が六億円の計十八億円。

北海道鋼商は一九八九年三月に設立。同年八月に設立された北海道スチルは道東唯一の亜鉛メッキ工場を操業していたが、工場への四億円に上る投資額などが負担となった上、受注量も伸び悩み採算が悪化していた。

北海道スチルは設立当初から赤字経営で、九二年にメーンバンクの拓銀OBが社長に就任して再建を目指したが、今年八月上旬に拓銀側から取引停止の通告と倒産の要請があった。

両社の資本金と従業員は北海道スチルが三千万円、十九人、北海道鋼商は一千万円、八人。

北海道新聞
1996/09/12
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1996年9月11日 (水)

(有)渋谷興業[白老町]

破産宣告(平成8年(フ)第106号)

(有)渋谷興業(白老郡白老町字竹浦198番地251)は9月11日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は芝垣美男弁護士(室蘭市)。

債権届出の期間は平成8年10月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年11月5日午前10時。

1996/10/03
札幌地方裁判所室蘭支部

(有)櫻田建設工業[札幌市]

二回目の不渡り

土木建築工事の櫻田建設工業(札幌市豊平区)は9月11日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/30
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)道都住設[札幌市]

二回目の不渡り

建築工事の道都住設(札幌市厚別区)は9月11日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/30
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)大藤商会[江別市]

二回目の不渡り

建築工事の大藤商会(江別市)は9月11日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年9月10日 (火)

高橋木材工業(株)[月形町]

二回目の不渡り

製材・建材販売の高橋木材工業(樺戸郡月形町)は9月10日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/30
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)東商事業部[札幌市]

二回目の不渡り

建築金物販売の東商事業部(札幌市白石区)は9月10日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/30
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)盛栄流通[札幌市]

二回目の不渡り

運送の盛栄流通(札幌市厚別区)は9月10日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/30
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)大島屋[札幌市]

二回目の不渡り

呉服小売の大島屋(札幌市南区)は9月10日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年9月 9日 (月)

(株)ゆうせい[恵庭市]

二回目の不渡り

運送のゆうせい(恵庭市)は9月9日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/23
http://www.tsr-net.co.jp/

帯広富士コンクリート製品(株)[帯広市]

帯広富士コンが和議申請 負債総額は40億円〜管内では過去最大規模

コンクリートブロック、生コン製造の帯広富士コンクリート製品(営業本部・幕別町札内北栄町)は9日、釧路地方裁判所帯広支部に和議を申請した。業績低迷と本業外への投資が響き、5日には不渡りを出すなど資金繰りが悪化していた。民間信用調査機関の東京商工リサーチ、帝国データバンク両帯広支店によると、負債総額は40億円と管内では過去最大規模。

同社は1963年設立。資本金2300万円。本部のほか、釧路、旭川、室蘭など道内に生産・営業拠点を設け、ピークの70年代後半から80年代前半にかけては年商38億円に上るなど管内のトップメーカーに成長した。また、89年には札内北町にレジャー施設「ヴュホーク城」を建設するなど、話題を集めた。

しかし、創業社長が死亡した翌90年ごろから主力となっている護岸ブロックの需要が低迷し、生コンの価格競争も激化。ここ数年、18億前後の年商にとどまり、今年3月期決算では3億8700万円の赤字を計上していた。

同社は遊休資産の売却や新商品の開発などで立て直しを図っていたが、バブル期のレジャー投資や不動産投資による借入金で膨らんだ債務超過の体質を改善できなかった。

負債のうち、30億円余りは金融債務で、連鎖倒産など他企業への直接的影響は少ない模様。同社は生産・営業を続けている。

和議法に基づき再建した管内の最近の事例では、93年に33億円の負債を抱えて行き詰まったイズヤパン(系列企業一社を含めて約40億円の負債)があり、現在、同社は国内大手・山崎製パンの傘下に入り再スタートを切っている。

十勝毎日新聞
1996/09/10
http://www.tokachi.co.jp/kachi/9609/9_10.htm
 

フォト海道(道新写真データベース)
「富士コンクリート」が破産 「ヴュホーク城」投資が裏目 帯広
【写真説明】温泉などが休業中のヴュホーク城 掲載 1996/12/12

 

1996年9月 6日 (金)

(有)サン・プレリュード[札幌市]

二回目の不渡り

飲食業のサン・プレリュード(札幌市白石区)は9月6日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年9月 5日 (木)

(株)モトサイクルオオミ[札幌市]

二回目の不渡り

二輪車販売修理のモトサイクルオオミ(札幌市北区)は9月5日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)アソーコーポレイション[札幌市]

二回目の不渡り

食品・雑貨卸のアソーコーポレイション(札幌市中央区)は9月5日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/23
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年9月 4日 (水)

(有)サイワイ電気商会[岩見沢市]

二回目の不渡り

家電販売のサイワイ電気商会(岩見沢市)は9月4日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/30
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年9月 3日 (火)

(株)丸忠高橋建設工務店[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第928号)

(株)丸忠高橋建設工務店(札幌市北区篠路2条5丁目12番3号)は9月3日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は荻野一郎弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年10月4日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年11月5日午後3時。

1996/09/18
札幌地方裁判所民事第4部

(有)丸協協和産業[札幌市]

業績不振

土木工事の丸協協和産業(札幌市白石区流通センター3丁目2番83号)は9月2日と3日、空知信金白石支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

受注単価の低迷から収益は伸びず、また今期の受注減少も大きく影響し支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1996/09/30
http://www.tsr-net.co.jp/

神居運送(有)[旭川市]

業績不振

運送の神居運送(旭川市神居5条18丁目4番17号)は9月2日と3日、紋別信金旭川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

過積載取り締まり強化と木材業界の不振が大きく影響しジリ貧となり、さらに採算面も悪化し支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/09/16
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年9月 2日 (月)

藤紀建設(株)[旭川市]

放漫経営

土木工事の藤紀建設(旭川市末広7条1丁目6番10号)は8月12日と9月2日、旭川信金末広北支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億1800万円。

年商が落ち込み赤字を計上、累積欠損を内包していた。

東京商工リサーチ
1996/09/16
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)楠瀬木工場[遠軽町]/北斗林産工業(株)[佐呂間町]

楠瀬木工場と子会社 和議手続き開始申請 遠軽・佐呂間

【遠軽】楠瀬木工場(本社・網走管内遠軽町)と子会社の北斗林産工業(本社・同佐呂間町)の二社は二日、釧路地裁北見支部に和議手続き開始を申請し、財産保全命令を受けた。負債総額は合計で約四十四億円に上る見通し。

北見市の民間調査機関の東亜リサーチと帝国データバンク北見支店によると、楠瀬木工場は一九二一年創業で、製材、木工品などを生産。八二年に合板製材の北斗林産工業を買収するなど事業を拡大した。最盛期の八九年には二社で年商六十億円を超えたが、輸入材の攻勢などに押され、九五年には三十三億円と半減していた。

北海道新聞
1996/09/03
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1996年8月 | トップページ | 1996年10月 »