« 1996年7月 | トップページ | 1996年9月 »

1996年8月

1996年8月30日 (金)

新明工業(株)[札幌市]

取引停止処分

配管工事の新明工業(札幌市北区北33条西10丁目7番16号)は8月5日と30日、北洋銀新川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3000万円。

近年は市況悪化もあり年商は低下、加えて平成7年と8年に焦げ付きが発生し資金面は厳しい状況となり、1回目不渡り後、関係先に支援要請を行っていたものの支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/09/09
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)佐々木産洋[函館市]

破産宣告(平成8年(フ)第210号)

(有)佐々木産洋(函館市大森町2番2号)は8月30日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は山崎英二弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成8年10月15日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年11月15日午前10時。

1996/09/13
函館地方裁判所

1996年8月29日 (木)

(有)直新舗装工業[札幌市]

二回目の不渡り

アスファルト舗装の直新舗装工業(札幌市北区)は8月29日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)共栄建設[札幌市]

二回目の不渡り

建築工事の共栄建設(札幌市手稲区)は8月29日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/23
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ヤマト佐々木[函館市]

破産宣告(平成8年(フ)第192号)

(株)ヤマト佐々木(函館市大縄町22番10号)は8月29日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は菅原憲夫弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成8年10月1日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年10月25日午前10時。

1996/09/13
函館地方裁判所

札幌光進(株)[札幌市]

札幌光進が倒産 不動産販売不振 負債総額約17億円

帝国データバンク札幌支店によると、不動産業の札幌光進(本社・札幌)が二十九日、二回目の不渡り手形を出したことから、銀行取引停止となり、事実上倒産した。負債総額は住専の一社である住総からの借入金を中心に約十七億円。

一九七七年に設立し、札幌中心部の不動産売買を中心に業容を拡大。九〇年一月期には年商約四億四千万円を上げていた。その後、札幌市中央区にビジネスホテルを建設したが、採算を維持できなかったうえ、長期化する不動産市況から他の所有物件も売れ行き不振に陥った。このため九五年一月期には売上高が約五千五百万円にまで減少し、借入金負担に苦しんでいた。

北海道新聞
1996/08/29
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1996年8月23日 (金)

(株)ランサーシステムズ[札幌市]

二回目の不渡り

ソフトウエア開発のランサーシステムズ(札幌市北区)は8月23日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年8月22日 (木)

(有)神工務店[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第859号)

(有)神工務店(札幌市中央区南1条西9丁目10番1号)は8月22日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は大川哲也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年10月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年11月13日午後3時。

1996/09/04
札幌地方裁判所民事第4部

(株)フィフティーズカンパニーユーエスエイ[函館市]

和議開始(平成8年(コ)第2号)

(株)フィフティーズカンパニーユーエスエイ(函館市富岡町1丁目7番8号)は8月22日、函館地裁から和議手続開始決定を受けた。

管財人は米塚茂樹弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成8年10月1日まで、債権者集会の期日は平成8年11月1日午前10時。

1996/09/06
函館地方裁判所民事部

1996年8月21日 (水)

(有)増田製本[札幌市]

二回目の不渡り

製本の増田製本(札幌市西区)は8月21日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/02
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)丸恵石川[恵庭市]

店舗を閉鎖し弁護士に一任

食料品日用雑貨販売の丸恵石川(恵庭市桜町110番地)は8月21日付で店舗を閉鎖し、弁護士に事後処理を一任した。負債総額は約7億円。

大型店との競合や米穀の規制緩和により売り上げは伸び悩み、また相次ぐ設備投資もあって金利負担は増加し資金繰りが逼迫、先行きの見通しが立たなくなり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/09/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年8月20日 (火)

(有)あらき米穀店[幕別町]

業績不振

米穀販売のあらき米穀店(中川郡幕別町札内共栄町175番地)は8月19日と20日、帯広信金札内支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4000万円。

規制緩和による販売競争も激化し支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1996/09/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年8月19日 (月)

(有)ワタル商会[小樽市]

破産宣告(平成8年(フ)第119号)

(有)ワタル商会(小樽市奥沢1丁目18番2号)は8月19日、札幌地裁小樽支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は柴田誠一弁護士(小樽市)。

債権届出の期間は平成8年9月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年10月18日午後2時。

1996/09/02
札幌地方裁判所小樽支部

1996年8月16日 (金)

(有)菊田産業[札幌市]

二回目の不渡り

骨材販売の菊田産業(札幌市豊平区)は8月16日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年8月15日 (木)

未来建設工業(株)[札幌市]

二回目の不渡り

建築工事の未来建設工業(札幌市東区)は8月15日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年8月14日 (水)

(株)産商リース[札幌市]

産商リースが倒産 負債総額は35億円

民間信用調査機関の帝国データバンク札幌支店によると、不動産賃貸業の産商リース(本社・札幌)は十九日、二回目の不渡り手形を出したことから銀行取引停止となり倒産した。負債総額は三十五億円。

造園工事業から一九八三年に札幌市内の商業ビルを買収して不動産賃貸業に進出した。九〇年には同市中心部に商業ビルを建設して、飲食店を中心に賃貸し、最近は年間売上高約一億円を上げていた。

しかし、バブル経済崩壊後はテナントがなかなか集まらず、ビルの買収や新築資金はノンバンクを中心とした金融機関からの借入金に依存していたことから、金利負担に苦しんでいた。

北海道新聞
1996/08/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/

北日本システム電建(株)[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第866号)

北日本システム電建(株)(札幌市北区北25条西16丁目5番1号)は8月14日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は原洋司弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年9月13日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年10月8日午後3時。

1996/08/27
札幌地方裁判所民事第4部

1996年8月12日 (月)

イオン工業(株)[札幌市]

二回目の不渡り

金属製品製造のイオン工業(札幌市東区)は8月12日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/02
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)谷口タイヤ[旭川市]

放漫経営

タイヤ販売の谷口タイヤ(旭川市8条通18丁目右7号)は7月10日と8月12日、旭川信金東支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5億円。

同業競合による安値販売に加え、焦げ付き発生などで収益性が乏しい営業を行っていたもようで、さらに設備投資が重荷となり苦しい経営が続いていた。1回目の不渡り後は商品引き揚げにより、実質的に営業はストップしていた。

東京商工リサーチ
1996/09/02
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年8月 8日 (木)

(株)システムライフ[札幌市]

二回目の不渡り

電気設備工事のシステムライフ(札幌市東区)は8月8日、2回目の不渡りを出し、事実上倒産した。

東京商工リサーチ
1996/09/02
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)札幌レジホンセンター[札幌市]

特別清算開始(平成8年(ヒ)第17号)

(株)札幌レジホンセンター(札幌市北区北7条西1丁目1番2)は8月8日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

1996/08/21
札幌地方裁判所

1996年8月 7日 (水)

(株)コモ[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第849号)

(株)コモ(札幌市東区北6条東5丁目1番地4)は8月7日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は坂原正治弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年9月7日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年10月25日午後3時。

1996/08/21
札幌地方裁判所民事第4部

1996年8月 5日 (月)

(株)ラック[札幌市]

支援打ち切り

スポーツ用品販売のラック(札幌市西区八軒7条東5丁目4番35号)は7月5日と8月5日、北洋銀八軒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億3100万円。

長年の間仕入先からの金融支援を得ての運営で、収益面も低調で繰越欠損を内包していた。今回、仕入先の支援打ち切りから、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/08/19
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)にしかわ[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第826号)

(株)にしかわ(札幌市豊平区平岸2条7丁目4番17-109号)は8月5日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉岡直樹弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年9月25日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年10月25日午後1時30分。

1996/08/20
札幌地方裁判所民事第4部

1996年8月 2日 (金)

(株)ツバサロジスティック[千歳市]

今年、千歳で最大の倒産 つばさ運輸の連鎖で

東京商工リサーチ苫小牧支店によると、倉庫業のツバサロジスティック(本社千歳、資本金一千万円)は二日、二回目の不渡りを出し、事実上倒産した。三十一日に二回目の不渡りを出した同系会社のつばさ運輸(同、同)の連鎖倒産。負債総額は七億五千万円―八億円内外で、千歳市内での倒産では今年に入って最大となる。

同社は八三年五月、つばさ物流倉庫の商号で設立し、九五年一月に現商号に変更。倉庫賃貸を主力に、九四年十二月期には六千八十六万円の収入高を上げていたが、九五年に五億円内外を投じて行った過大な設備投資による負担に加え、九五年七月に倒産した佐藤建設工業(千歳)に焦げ付きが発生。親会社のつばさ運輸とともに資金繰りは多忙を極めていた。

千歳市内ではこの七月から八月にかけて既に、つばさ運輸、北開建設興業、阿部食品が倒産しており、負債は四社で十八億円に上っている。

千歳民報
1996/08/06
http://www.tomamin.co.jp/group/chimin.html

« 1996年7月 | トップページ | 1996年9月 »