« 1996年5月 | トップページ | 1996年7月 »

1996年6月

1996年6月30日 (日)

石狩運輸(有)[石狩町]

系列法人に連鎖

貨物運送の石狩運輸(石狩郡石狩町花川南6条2丁目257番地)は6月21日と30日、札銀花川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

系列法人のの倒産から営業は停止状態となり、支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/08/11
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年6月28日 (金)

(有)山忠旭工務[旭川市]

放漫経営

舗装・土木工事の山忠旭工務(旭川市永山8条21丁目71番地98)は6月27日と28日、道銀永山支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

無理な受注もあって収益性に恵まれず、資金繰りは苦しく、こうした状況から無理な資金調達も見られ支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/07/29
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)篠原商会[江別市]

弁護士に一任

鉄骨加工組立の篠原商会(江別市東野幌731番地29)は6月27日と28日、北洋銀野幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。また、7月2日付で事後処理を弁護士に一任した。

完工高は下降し収益も赤字が続いていた。今後は営業を廃止し社有不動産の売却による弁済を予定している。

東京商工リサーチ
1996/07/15
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年6月27日 (木)

(有)ソントルデ・ボーテ・サロンド・アミ[釧路市]

破産宣告(平成8年(フ)第32号)

(有)ソントルデ・ボーテ・サロンド・アミ(釧路市柏木町2番8号)は6月27日、釧路地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は福岡定吉弁護士(釧路市)。

債権届出の期間は平成8年8月16日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年9月18日午後3時30分。

1996/07/18
釧路地方裁判所

1996年6月25日 (火)

(株)ほくえい匠建築設計[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第672号)

(株)ほくえい匠建築設計(札幌市豊平区月寒東5条15丁目6番20号)は6月25日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は加藤恭嗣弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年7月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年8月8日午後3時。

1996/07/15
札幌地方裁判所民事第4部

1996年6月20日 (木)

(株)丸シン栄信[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第652号)

(株)丸シン栄信(札幌市豊平区福住3条8丁目7番22号)は6月20日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高橋司弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年8月5日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年9月3日午後3時。

1996/07/23
札幌地方裁判所民事第4部

鹿戸工業(株)[札幌市]

任意整理

土木・舗装工事の鹿戸工業(札幌市豊平区福住1条3丁目13番40号)は6月10日、1回目の不渡りを出した後、事務所を閉鎖し事後処理を弁護士に一任、20日に債権者集会を開催、その場で任意整理が決定した。負債総額は約3億円。

バブル期の土地ブームに乗り別会社で土地を購入、同社で造成し別会社で販売する予定であったが、バブル崩壊後土地の販売ができず代金が未収となっていた。さらに土地購入代金の金利負担等を補填するなど資金の流出もあり、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/07/01
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年6月18日 (火)

(有)イシオ建設[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第654号)

(有)イシオ建設(札幌市白石区北郷3条14丁目4番25号)は6月18日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉原美智世弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年8月2日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年9月2日午後3時。

1996/07/18
札幌地方裁判所民事第4部

1996年6月17日 (月)

(株)セントラル住設[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第631号)

(株)セントラル住設(札幌市東区北20条東6丁目1番30号)は6月17日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は長田正寛弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年7月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年9月11日午後1時30分。

1996/07/09
札幌地方裁判所民事第4部

(有)北清興業[清水町]

業績不振

運送業の北清興業(上川郡清水町字羽帯北4線98番地)は5月31日と6月17日、帯広信金清水支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

軽油の値上げや車両等の設備負担から資金面を圧迫、収益面も妙味に欠け資金繰りが悪化、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/07/15
http://www.tsr-net.co.jp/

北海道折込(株)[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第625号)

北海道折込(株)(札幌市豊平区西岡5条1丁目1番5号)は6月17日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は斎藤陽子弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年7月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年8月30日午後3時。

1996/07/09
札幌地方裁判所民事第4部

1996年6月12日 (水)

(株)ゼクロス[札幌市]

弁護士に一任

広告企画・立案・デザインのゼクロス(札幌市中央区大通西7丁目2番地)は6月10日と12日、旭川信金札幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

固定費などの支出で採算性に乏しく資金面は厳しい状況であった。事後処理を弁護士に一任しており、任意整理の意向にある。

東京商工リサーチ
1996/07/08
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年6月11日 (火)

マエダ工業(株)[旭川市]

破産宣告(平成8年(フ)第120号)

マエダ工業(株)(旭川市東光1条3丁目1番25号)は6月11日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は廣瀬隆司弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成8年7月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年8月7日午後2時。

1996/06/12
旭川地方裁判所

1996年6月10日 (月)

マルニ食品(株)[小樽市]

和議開始(平成8年(コ)第1号)

マルニ食品(株)(小樽市豊川町8番4号)は6月10日、札幌地裁小樽支部から和議手続開始決定を受けた。

管財人は藤田美津夫弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年7月8日まで、債権者集会の期日は平成8年8月2日午後1時30分。

1996/06/26
札幌地方裁判所小樽支部

(株)どばし[旭川市]

放漫経営

かばん・袋物卸のどばし(旭川市1条通22丁目右1号)は5月31日と6月10日、道銀豊岡支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

不動産売却などで金融債務を整理し会社を解散したが、一般債務の資金が足りず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/07/01
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)十字屋フードセンター[函館市]

函館「十字屋」が倒産 負債21億円 大型店進出が響く

【函館】道南の地場スーパー大手、十字屋フードセンター(本社・函館、社員百三十人)は十日、函館地裁から和議申請に基づく財産保全命令を受け、事実上倒産した。民間の信用調査機関、東京商工リサーチ函館支店によると、負債総額は二十一億九千万円。

十字屋フードセンターは、函館市内にスーパー「Jフーズ」四店と焼き肉チェーン「キングオブキングス」四店、渡島管内上磯町に精肉、鮮魚安売り「元祖生鮮びっくり市」を展開していたが、上磯町などへの大型スーパー出店による価格競争で利益率が悪化。焼き肉店二店の不振も響き、経営が行き詰まった。五日、函館地裁に和議を申請した。

同社は一九四九年、個人営業の菓子小売店として創業。五四年に法人化後、六三年にスーパーマーケット1号店を同市湯川に開店。ピーク時には焼き肉店を含め十二店舗を出店。九四年八月期決算では売り上げ四十八億七千二百万円、九五年八月期決算も同四十七億四千五百万円を計上。渡島、桧山管内の地場スーパーでは三位につけていた。

社長は具体的再建案については明言を避けたが、「売り上げの三分の一を占める『びっくり市』の収益が大型店進出で低下した。店舗数の見直しなど、ぜい肉を落として経営を再建したい。従業員の生活権にも配慮したい」と話している。

北海道新聞
1996/06/11
http://www.hokkaido-np.co.jp/
 

フォト海道(道新写真データベース)
【写真説明】負債21億円を抱え倒産した十字屋フードセンター本部のある「Jフーズ」日吉店 掲載 1996/06/11

 

1996年6月 5日 (水)

(株)グッドキャリィ[札幌市]

業績不振

運送業のグッドキャリィ(札幌市手稲区西宮の沢1条1丁目516番地135)は5月31日と6月5日、北門信金新琴似支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

昨今の受注減から資金繰りは悪化、市中金融の導入などで切り抜けていたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1996/06/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ウエスト[広島町]

取引停止処分

自動車・部品用品販売のウエスト(札幌郡広島町字北の里238番地3)は5月30日と6月5日、道銀新さっぽろ支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億2000万円。

工場増築等の無理な設備投資や不良債権の散発により財務内容が悪化、今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/06/24
http://www.tsr-net.co.jp/

北海道建設(株)[札幌市]

業績不振

建築工事の北海道建設(札幌市東区東苗穂11条2丁目943番地2)は4月30日と6月5日、旭川信金栄町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

収益性は低調で繰越欠損を内包するなど内情は厳しく、近年工事受注の減少もあり資金繰りは多忙となっていた。

東京商工リサーチ
1996/06/17
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年6月 4日 (火)

(株)成田工務店[江別市]

計画の失敗

建築工事の成田工務店(江別市元江別本町30番地6)は5月31日と6月4日、札幌信金新札幌支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3110万円。

大型物件建設の紹介があり、この受注のため他の工事を縮小し大成を整えていたが、4月に計画が白紙に戻ったため巻き返しを図ったものの、仕入先や下請の不信感により工事を拒否され経営困難となり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/06/17
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1996年5月 | トップページ | 1996年7月 »