« 1996年4月 | トップページ | 1996年6月 »

1996年5月

1996年5月31日 (金)

盛永電気(株)[札幌市]

盛永電気自己破産 負債総額は12億円

電気工事、照明器具販売の盛永電気(本社・札幌)は三十一日までに、札幌地裁に自己破産を申請した。東京商工リサーチによると、負債総額は約十二億円。

同社は一九六六年設立。ハウスメーカーなどから屋内配線などを請け負い、九五年十二月期は売上高二億千二百万円を計上したが、今年に入って事業拡大を目指して手形を多発し、資金繰りが悪化した。

北海道新聞
1996/05/31
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(有)美建[小樽市]

取引停止処分

建築金物製造・取付工事の美建(小樽市銭函3丁目522番地7)は5月20日と31日、道央信金西野支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億5000万円。

今期に入り再び受注は減少、加えて新規融雪関連事業への投資負担が重なり、支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1996/06/24
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)トラウスト産業[上砂川町]

業績不振

軍手製造のトラウスト産業(空知郡上砂川町字西山15番地1)は4月30日と5月31日、空知商工信組砂川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

全般的な製品価格の下落により売り上げは落ち込み、資金面は多忙化し一度不渡りを発生、その後取引先の支援によりしのいでいたものの再度資金悪化から今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/06/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)安富設備工業[池田町]

業績不振

配管工事の安富設備工業(中川郡池田町字旭町5丁目17番地4)は4月30日と5月31日、北洋銀池田支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約8000万円。

無理な受注を行っていたため赤字工事が重なり、収益面が悪化していたため資金繰りが逼迫、市中金融を利用し切り抜けていたものの支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/06/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)造工房[札幌市]

取引停止処分

家具製造販売の造工房(札幌市東区丘珠町319番地)は5月7日と31日、旭川信金栄町支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7000万円。

繰越欠損を内包しての運営で資金面は厳しく、平成7年6月に焦げ付きの発生もあり、一部恩借などで切り抜けていたが、支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/06/17
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)インテリアシュウ[札幌市]

弁護士に一任

内装工事・家具インテリア用品販売のインテリアシュウ(
札幌市東区北31条東16丁目4番5号)は5月30日と31日、北陸銀行元町支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億4000万円。

利益は低調で採算性は厳しく、加えて工事トラブルなどから未収金が発生し、支えきれず今回の事態となった。なお、事後処理を弁護士に一任した。

東京商工リサーチ
1996/06/17
http://www.tsr-net.co.jp/

北炭真谷地炭鉱(株)[夕張市]

破産宣告(平成8年(フ)第575号)

北炭真谷地炭鉱(株)(夕張市真谷地62番地)は5月31日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は吉川武弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年7月1日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年9月5日午後3時。

1996/06/19
札幌地方裁判所民事第4部

北炭幌内炭鉱(株)[三笠市]

特別清算開始(平成8年(ヒ)第5号)

北炭幌内炭鉱(株)(三笠市唐松青山町115番地)は5月31日、札幌地裁から特別清算開始決定を受けた。

1996/06/17
札幌地方裁判所

1996年5月27日 (月)

(株)日光企業[札幌市](2年ぶり2回目)

破産宣告(平成7年(フ)第1020号)

(株)日光企業(南区真駒内南町2丁目1番15号)は5月27日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高橋剛弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年7月19日まで、第1回の債権者集会の期日・債権調査の期日は平成8年8月27日午後3時。

1996/06/14
札幌地方裁判所民事第4部

(株)興凌産業[旭川市]

取引停止処分

土木工事・建設機械賃貸の興凌産業(旭川市旭神町22番地10)は4月25日と5月27日、士別信金東光支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

資金の流出や急激な事業拡大による資金の固定化により自己資本は弱体化し、資金繰りは多忙となっていた。

東京商工リサーチ
1996/06/10
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)丸和美建装[札幌市]

過少資本

内装工事の丸和美建装(札幌市白石区菊水元町7条2丁目8番8号)は5月20日と27日、札銀菊水支店ほかで不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約4億円。

近年は外注費の高騰、本州方面での稼働などで諸経費は増加し、利益は低調であった。さらに平成6年と8年に焦げ付きが散発、4年6月に建設した社屋負担も重なり今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/06/10
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年5月23日 (木)

(有)英開発[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第528号)

(有)英開発(札幌市白石区菊水元町7条2丁目8番28号)は5月23日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は愛須一史弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年6月24日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年7月16日午後3時。

1996/06/12
札幌地方裁判所民事第4部

1996年5月17日 (金)

(株)まつだ[函館市]

破産宣告(平成8年(フ)第77号)

(株)まつだ ※(函館市湯川町3丁目11番3号)は5月17日、函館地裁から破産宣告を受けた。(※「だ」は変体仮名「多」に濁点)

破産管財人は嶋田敬昌弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成8年6月21日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年7月19日午前10時。

1996/06/10
函館地方裁判所

1996年5月15日 (水)

(株)岡島金物店[旭川市]

破産宣告(平成8年(フ)第88号)

(株)岡島金物店(旭川市10条通20丁目4番地の8)は5月15日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は千葉健夫弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成8年6月28日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年7月18日午後1時30分。

1996/05/16
旭川地方裁判所

1996年5月13日 (月)

(株)北天[札幌市]

業績不振

棺桶製造・葬儀用品販売の北天(札幌市白石区東札幌6条5丁目4番)は5月10日と13日、北門信金札幌東支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

同業他社との競合は激しく、売り上げは激減し資金繰りは多忙となり、市中金融の導入などで切り抜けていたものの、支えきれず今回の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/06/03
http://www.tsr-net.co.jp/

丸岡道英建設(株)[札幌市]

営業停止

舗装・土木工事の丸岡道英建設(札幌市東区東苗穂8条1丁目743番地19)は5月10日と13日、北洋銀札苗南支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

裏付け資産も乏しく、工事の大型化による資金繰りの膨張から市中金融や高利貸しに依存したため金利負担が重荷となり、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/05/27
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年5月10日 (金)

(有)岩渕興業[苫小牧市]

過小資本

解体工事の岩渕興業(苫小牧市明野新町4丁目10番19号)は5月2日と10日、千歳信組沼の端支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2000万円。

収益面は機械設備等の資金負担から欠損が続き、繰越欠損を内包していた。

東京商工リサーチ
1996/05/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(有)武藤左官店[岩見沢市]

業績不振

左官業の武藤左官店(岩見沢市9条東1丁目2番地)は5月7日と10日、北洋銀岩見沢支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6000万円。

ジリ貧状態となり、市中金融や役員からの借り入れでしのいでいたが、代表者は4月27日頃から所在不明となり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/05/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)ノーブル綜合企画[札幌市]

他社倒産の余波

家具製造販売のノーブル綜合企画(札幌市北区新琴似8条13丁目3番19号)は5月7日と10日、道銀四番通支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

5月1日に自己破産を申請し事実上倒産したアレス(愛知県)に焦げ付きが発生し連鎖した。

東京商工リサーチ
1996/05/27
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)アークビル[札幌市]

アークビルが倒産 負債額54億円

東京商工リサーチ道支社によると、不動産売買、飲食店経営のアークビル(本社・札幌)が十日、二回目の不渡り手形を出したことから銀行取引停止となり、事実上倒産した。負債額はノンバンクからの借入金を中心に約五十四億円で、今年に入り釧路市民生協に次いで二番目の規模となった。

同社は道内のビルやマンションを主体に不動産売買を手掛ける一方、札幌市内で二軒の飲食店を経営するなど、売上高は一九九三年三月期で約十三億三千万円を上げていた。

しかし、不動産市況の低迷から、売上高は九五年三月期には約一億二千万円にまで落ち込み、三十億円以上の借入金の金利負担に耐えられなかった。

北海道新聞
1996/05/11
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1996年5月 2日 (木)

明和冷熱(株)[旭川市]

業績不振

管工事・家電販売の明和冷熱(旭川市北門町13丁目2206番地166)は5月1日と2日、旭川信金北星支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約5000万円。

収益性は低調で、クレーム工事により未収金が発生し財務内容が悪化、支え切れなかった。なお営業は続行されている。

東京商工リサーチ
1996/05/20
http://www.tsr-net.co.jp/

室蘭カスタム(株)[登別市]

破産宣告(平成8年(フ)第51号)

室蘭カスタム(株)(登別市鷲別町6丁目38番地)は5月2日、札幌地裁室蘭支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は塩谷栄道弁護士(室蘭市)。

債権届出の期間は平成8年6月17日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年7月10日午前10時。

1996/05/24
札幌地方裁判所室蘭支部

1996年5月 1日 (水)

(有)ハウジング豊和[旭川市]

他社倒産の余波

建材・金物販売のハウジング豊和(旭川市東光2条7丁目1番17号)は4月1日と5月1日、旭川商工信組豊岡支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3000万円。

親会社であるマルホ豊和建設が倒産したことにより資金繰りが行き詰まり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/05/20
http://www.tsr-net.co.jp/

« 1996年4月 | トップページ | 1996年6月 »