« 1996年2月 | トップページ | 1996年4月 »

1996年3月

1996年3月28日 (木)

(株)下山建設[札幌市]

他社倒産の余波

土木工事請負・骨材販売の下山建設(札幌市東区丘珠町520番地446)は3月27日と28日、札幌信金北都支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億3000万円。

採算性には乏しく収益性は低調であり、加えて平成7年1月と8年1月に焦げ付きが散発し資金繰りは悪化、系列法人より資金導入するなどしたが支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1996/04/08
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年3月27日 (水)

テレワークショップ秋葉原(株)[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第304号)

テレワークショップ秋葉原(株)(札幌市東区北15条東1丁目273番地23)は3月27日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は橋本智弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年5月10日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年6月5日午後1時30分。

1996/04/23
札幌地方裁判所民事第4部

(株)ヴァントロワ[千歳市]

破産宣告(平成8年(フ)第290号)

(株)ヴァントロワ(千歳市幸町2丁目6番地)は3月27日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は千葉悟弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年4月27日まで、第1回の債権者集会の期日・債権調査の期日は平成8年5月30日午後3時。

1996/04/18
札幌地方裁判所民事第4部

1996年3月25日 (月)

みのしま工業(株)[美幌町]

みのしま工業が経営行き詰まり 負債約20億円

【美幌】民間信用調査機関の帝国データバンクによると、鉄骨加工・組み立てのみのしま工業(資本金二千万円、本社・網走管内美幌町)は二十七日までに一回目の不渡り手形を出し、経営の行き詰まりが表面化した。すでに業務を停止、弁護士名で財産が保全されており、三十日に美幌経済センターで債権者集会が開かれる。負債総額は二十億円前後の見通し。

同社は一九七一年に設立。大手ゼネコンなどを得意先に最盛期の九一年三月期には売上高二十六億五千三百万円を計上した。

しかし、その後のバブル崩壊による受注減で業績が低迷。新工場の設備投資が負担となったほか、取引先の倒産などで資金繰りが悪化、主力の仕入れ業者からの支援も打ち切られた。

北海道新聞
1996/03/28
http://www.hokkaido-np.co.jp/

(株)ディー・ティー・ピー[札幌市]

OA機器販売のディー・ティー・ピー 2回目の不渡り

帝国データバンク札幌支店によると、パソコン、ワープロなどOA機器販売のディー・ティー・ビー(本社・札幌)は二十六日までに二回目の不渡り手形を出し、経営が行き詰まった。負債額は約一億七千万円。

同社はパソコンブームで売上高を九四年六月期の約三億三千万円から九五年六月期には約八億九千万円まで急増させた。しかし、商品を供給していた関連会社の収益が安売り競争で悪化したため、同社も資金繰りに苦しんでいた。

北海道新聞
1996/03/27
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1996年3月22日 (金)

(有)中鉢工務店[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第258号)

(有)中鉢工務店(札幌市北区新川681番地170)は3月22日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は大川哲也弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年4月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年5月29日午後3時。

1996/04/15
札幌地方裁判所民事第4部

北海大發商事(株)[石狩町]

他社倒産の余波

自動車・建設機械販売の北海大發商事(石狩郡石狩町花川南6条2丁目257番地)は3月15日と22日、北洋銀花川支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2億円。

昨年末から今年にかけ取引先が相次いで倒産し、多額の不良債権が発生。資金面は多忙となり、支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/04/01
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年3月19日 (火)

(株)武蔵アルテ[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第270号)

(株)武蔵アルテ(札幌市中央区南13条西6丁目6番5号)は3月19日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高橋剛弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年5月14日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年6月14日午後3時。
1996/04/22
札幌地方裁判所民事第4部

(株)イシダ[函館市]

破産宣告(平成8年(フ)第5号)

(株)イシダ(函館市駒場町10番2号)は3月19日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は大巻忠一弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成8年4月19日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年5月10日午前10時30分。

1996/04/12
函館地方裁判所

1996年3月18日 (月)

(有)北香商会[北見市]

破産宣告(平成8年(フ)第13号)

(有)北香商会(北見市高栄東町4丁目2番5号)は3月18日、釧路地裁北見支部から破産宣告を受けた。

破産管財人は荻原怜一弁護士(北見市)。

債権届出の期間は平成8年4月12日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年5月13日午前10時。

1996/04/02
釧路地方裁判所北見支部

1996年3月15日 (金)

拓衛工業(株)[札幌市]

他社倒産の余波

冷暖房設備工事の拓衛工業(札幌市西区発寒11条4丁目8番30号)は3月11日と15日、北洋銀発寒支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億2000万円。

元来から累積欠損を内包しての運営で、加えて昨年から焦げ付きが散発、資金繰りが悪化し支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1996/04/15
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年3月13日 (水)

(有)照本製麺店[帯広市]

破産宣告及び破産廃止(平成7年(フ)第94号)

(有)照本製麺店(帯広市西22条北1丁目7番地5)は3月13日、釧路地裁帯広支部から破産宣告・破産廃止決定を受けた。

1996/04/19
釧路地方裁判所帯広支部

1996年3月12日 (火)

(株)丸栄フーズ[釧路市]

業績不振

生鮮魚介卸売の丸栄フーズ(釧路市芦野2丁目15番7号)は3月11日と12日、富士銀行釧路支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約2200万円。

平成8年に入ってからは売り上げは伸び悩み、ロシアからの海産物輸入で増収を目論んでいたが計画前に資金繰りに行き詰まった。

東京商工リサーチ
1996/04/08
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)渡部[旭川市]

業績不振

家具製造の渡部(旭川市永山2条14丁目2番9号)は3月11日と12日、旭川信金銀座支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約6億2000万円(7年2月期時点)。

不良債権の発生と市況低迷により業績はジリ貧で、人員削減など合理化を行ったが採算性は向上せず実質的な赤字は解消できなかった。債権者集会を開催し、取引先に支援要請を行ったが不調に終わり今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/03/25
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年3月11日 (月)

(有)上杉工務店[札幌市]

他社倒産の余波

建築工事の上杉工務店(札幌市東区北36条東26丁目2番32号)は3月5日、1回目の不渡りを出し11日に債権者集会を開催、任意整理の意向を示した。負債総額は約9000万円。

系列法人の日辰住宅が不渡りを出し、当社も連鎖した。

東京商工リサーチ
1996/04/08
http://www.tsr-net.co.jp/

1996年3月 8日 (金)

(株)市原敬三商事[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第188号)

(株)市原敬三商事(札幌市中央区南1条西3丁目2番地)は3月8日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は田村智幸弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年4月22日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年5月22日午後3時。

1996/04/04
札幌地方裁判所民事第4部

1996年3月 7日 (木)

(有)編集室[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第212号)

(有)編集室(札幌市北区新琴似7条12丁目1番30号、登記簿上札幌市中央区南9条西3丁目2番1-206号)は3月7日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は高橋司弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年4月30日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年5月29日午後3時。

1996/04/04
札幌地方裁判所民事第4部

(有)千葉産業[白老町]

過少資本

土木工事の千葉産業(白老郡白老町字石山28番地34)は3月5日と7日、室蘭信金萩野支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約1億円。

工事の大半を外注に依存していたため採算性は低調で、完工高も伸び悩み、外部からの資金調達も限界に達し今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/03/18
http://www.tsr-net.co.jp/

(株)サトウ・カーサービス[函館市]

破産宣告(平成8年(フ)第12号)

(株)サトウ・カーサービス(函館市本通3丁目1番4号)は3月7日、函館地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は藤原秀樹弁護士(函館市)。

債権届出の期間は平成8年4月16日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年5月14日午前10時。

1996/04/03
函館地方裁判所

(有)名寄機械[名寄市]

破産宣告(平成8年(フ)第33号)

(有)名寄機械(名寄市字徳田110番地33)は3月7日、旭川地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は須田保幸弁護士(旭川市)。

債権届出期間は平成8年4月5日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年4月25日午前11時。

1996/03/08
旭川地方裁判所

1996年3月 6日 (水)

(株)プラザ青木[札幌市]

破産宣告(平成8年(フ)第151号)

(株)プラザ青木(札幌市南区南37条西10丁目1番23号)は3月6日、札幌地裁から破産宣告を受けた。

破産管財人は樋川恒一弁護士(札幌市中央区)。

債権届出の期間は平成8年4月6日まで、第1回の債権者集会・債権調査の期日は平成8年5月15日午後3時。

1996/03/25
札幌地方裁判所民事第4部

1996年3月 5日 (火)

(株)千代田建商[札幌市]

他社倒産の余波

コンクリート二次製品製造販売の千代田建商(札幌市豊平区西岡4条9丁目1番25号)は2月13日と3月5日、道銀西岡支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約3億円。

平成6年1月に倒産した三東ハウス、7年2月に倒産した三大土木にも焦げ付きが発生し資金繰りが悪化、2月13日に債権者会議を開催し事業継続を模索したが支え切れず今度の事態となった。

東京商工リサーチ
1996/03/18
http://www.tsr-net.co.jp/

日英商機(株)[札幌市]

札幌 日英商機が倒産

建設機械販売・レンタルの日英商機(本社・札幌)は六日までに二回目の不渡り手形を出し、経営が行き詰まった。帝国データバンク札幌支店によると、負債総額は約十二億円。

同社は一九七二年に設立され、九五年三月期の売上高は九億二百万円。昨年秋以降、札幌市内などの取引先数社が倒産し、債権が焦げ付くなどし、資金繰りに苦しんでいた。

北海道新聞
1996/03/06
http://www.hokkaido-np.co.jp/

1996年3月 4日 (月)

(有)夢限[登別市]

放漫経営

古本・中古CD販売の夢限(登別市中央町2丁目9番地1)は2月29日と3月4日、室蘭信金幌別支店で不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた。負債総額は約7500万円。

急速な多店舗化による事業拡大に資金繰りが追いつかず支え切れなかった。

東京商工リサーチ
1996/04/01
http://www.tsr-net.co.jp/

釧路市民生活(協)[釧路市]

釧路市民生協が和議申請 負債161億円 道内6番目

【釧路】多額の累積欠損で、経営に行き詰まった釧路市民生協(本部・釧路市、太田昭一理事長、組合員五万五千人)は四日午前、任意の再建を断念し、和議法に基づき釧路地裁に和議開始を申請した。同地裁はこれを受理するとともに財産保全命令を出した。事実上倒産したことになるが、道生活協同組合連合会(道生協連)などの支援で再建を目指す。負債総額は約百六十一億円で、道内の倒産としては史上六番目の規模。生協が経営危機に陥り、和議申請するのは道内で初めて。

提出した和議条件は、先に道生協連が決めた再建案とほぼ同内容。(1)組合債元利の二五%のカットと五年間の償還凍結(2)取引業者への未払い金五〇−六五%カット(3)金融機関からの借入金の元本返済猶予と金利減免―など。この日は、同生協の役員と顧問弁護士らが午前十時四十五分、釧路地裁に出向いて申請書類を提出した。

和議申請後、記者会見した釧路市民生協の太田理事長は「再建案を法的な裏付けのあるものとして確定させ、事業を継続させるために和議を行うしかないと判断した」と述べた。

北海道新聞
1996/03/04
http://www.hokkaido-np.co.jp/

« 1996年2月 | トップページ | 1996年4月 »